石田堤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石田堤(行田市堤根地区)

石田堤(いしだつつみ)は、豊臣秀吉による関東平定の一環として小田原方の成田氏長居城である武蔵国忍城石田三成らが攻めたとき(忍城の戦い)に、水攻めのために忍城の周囲を総延長28km(現・埼玉県行田市鴻巣市内)に渡って築いた堤[1]

概要[編集]

天正18年(1590年)の関東平定において、忍城城主・成田氏長は小田原城に籠城し、残った士卒・兵・地元農民ら3000が忍城に立て籠った。攻城の総大将に任じられた石田三成は力攻めを行ったが、周囲は沼や深田という足場の悪さにも守られ、城攻めは遅々として進まなかった。そのため、三成は忍城を望むことができる丸墓山(現・丸墓山古墳)の頂きに本陣を構え、水攻めを発案し[2]、忍城周囲に総延長28kmにも及ぶ堤を築いた。

総延長28kmに及ぶ堤をわずか1週間で作り上げたと言われるが、実際には自然堤防や微高地を巧みに繋ぎ合わせたものと思われる。堤が完成した後、利根川荒川の水を引き入れたが、城にはあまり水が溜まらなかった。

その後、増水したため、堤が決壊して石田方に多数の溺死者が出て[3]、水攻めは失敗に終わった。

遺構[編集]

石田堤(石田堤史跡公園内)

現在は行田市堤根地区から鴻巣市袋地区にかけて、約250 mが残存している[4]。現在は埼玉県指定史跡となっている。旧・吹上町(現・鴻巣市)が町内に残る一部を保存して「石田堤史跡公園」として整備している[4]。最寄り駅は吹上駅だが、直線距離でも2 kmほどある。また、2015年4月1日には行田市堤根地区に駐車場を完備した「石田堤歴史の広場」がオープンした[5]

また、丸墓山古墳から南に延びる歩道も石田堤の名残である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 忍城の歴史”. 行田市. 2012年4月20日閲覧。
  2. ^ 三成の忍城攻め」『歴史と旅 - 石田三成の真実』1999年4月号、秋田書店
    中井俊一郎の考察によれば、忍城水攻めは豊臣秀吉の策であるという。
  3. ^ 忍城水攻めと堤防決壊を記録した『関八州古戦録』では「人馬溺死に及ぶもの若干」と記されている。
  4. ^ a b 石田堤”. 行田市教育委員会. 2012年4月20日閲覧。
  5. ^ 石田堤歴史の広場、八幡山古墳石室及びその他の施設について - 行田市教育委員会、2015年4月9日、2016年5月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯36度06分15秒 東経139度28分26秒 / 北緯36.104282769038度 東経139.4739130334度 / 36.104282769038; 139.4739130334 (石田堤史跡公園)