柏たなか駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
柏たなか駅
Kashiwa-Tanaka Station.JPG
西口(2009年10月12日
かしわたなか
Kashiwa-Tanaka
TX13 柏の葉キャンパス (2.0 km)
(5.7 km) 守谷 TX15
所在地 千葉県柏市小青田五丁目16-1
北緯35度54分39.3秒 東経139度57分27.2秒 / 北緯35.910917度 東経139.957556度 / 35.910917; 139.957556座標: 北緯35度54分39.3秒 東経139度57分27.2秒 / 北緯35.910917度 東経139.957556度 / 35.910917; 139.957556
駅番号 TX14
所属事業者 首都圏新都市鉄道
所属路線 つくばエクスプレス
キロ程 32.0 km(秋葉原起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
6,278人/日(降車客含まず)
-2021年-
開業年月日 2005年平成17年)8月24日
テンプレートを表示
配線図
東口(2016年6月24日)

柏たなか駅(かしわたなかえき)は、千葉県柏市小青田五丁目にある、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスである。駅番号TX14

歴史[編集]

開業約1年後の駅西側 駅前では区画整理事業が進む(2006年8月6日)

「農あるまちづくり」をテーマに街づくりが進められている地域である。利根川を背後に古くから豊かな農地によって育まれてきた緑豊かな地域で、農との交流で創る健康でやすらぎのある暮らし、都市と農業の共生を目指す[1]

年表[編集]

駅名の由来[編集]

当地の現市名である「柏」と旧村名の「田中」より。計画中の駅名の仮称は「柏北部東駅」であった。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の高架駅

駅舎[編集]

高架の軌道が膨らんだことにより駅になるということを意識して設計された。外装は利根川の流れや魚をイメージしており[3]、断面は変形楕円の形を採っている。設計は、渡辺誠(アーキテクツオフィス)、施工は、大成三井住友・松村特定建設工事共同企業体により行われた。

のりば[編集]

柏たなか駅プラットホーム
番線 路線 行先
1 つくばエクスプレス つくば方面[4]
2 秋葉原方面[4]

当駅は台地谷戸の間の斜面にあること、田中調節池の周囲堤を越えるために線路が高い位置にあることから、1階が機械室、2階が事務所・改札、3階がホームとなっている。

利用状況[編集]

2021年度の1日平均乗車人員6,278人である[利用客数 1]

開業以来の1日平均乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗車人員[統計 1][統計 2]
年度 1日平均
乗車人員
出典
2005年(平成17年) 1,587 [* 1]
2006年(平成18年) 2,060 [* 2]
2007年(平成19年) 2,327 [* 3]
2008年(平成20年) 2,514 [* 4]
2009年(平成21年) 2,640 [* 5]
2010年(平成22年) 2,786 [* 6]
2011年(平成23年) 2,854 [* 7]
2012年(平成24年) 3,053 [* 8]
2013年(平成25年) 3,407 [* 9]
2014年(平成26年) 3,627 [* 10]
2015年(平成27年) 4,006 [* 11]
2016年(平成28年) 4,434 [* 12]
2017年(平成29年) 4,909 [* 13]
2018年(平成30年) 5,920 [* 14]
2019年(令和元年) 6,843 [* 15]
2020年(令和02年) 5,625
2021年(令和03年) 6,278

駅周辺[編集]

つくばエクスプレスタウン(ラ・プリマ・チッタ)

駅西側には常磐自動車道柏インターチェンジ)、南側には国道16号千葉県道7号我孫子関宿線が走る。

駅周辺は当路線沿線開発の一環として独立行政法人都市再生機構 (UR) が開発事業を進めており、駅西側はつくばエクスプレスタウンとして大規模開発が行われており、マンションや新興住宅街が形成されている。また、開発区域の南側は工業団地となっている。駅東側の大室地区は斜面林が中心の長閑な地域であり、住宅が点在する。それを越えると東急不動産によって開発された計画住宅街「東急柏ビレジ」がある。

当駅は下総台地の外れに位置するが、守谷方面の利根川沿いは低地となっており、低地には広大な利根川遊水地田園地帯が広がる。付近の地名は正式には小青田(こあおた)であるが、地元ではこうだ(こおだ)とも発音されている[5]

東側(大室・吉祥院方面)[編集]

柏市立柏病院

西側(柏たなか病院・十余二工業団地方面)[編集]

バス路線[編集]

東口に「柏たなか駅東口」、西口に「柏たなか駅西口」の停留所があり、柏市田中・富勢地区を経由して柏駅に向かう路線バスと、市立柏高校・野田市方面への路線バスが発着する。従来は西口のみに停留所があったが、2019年12月9日から北柏駅 - 当駅 - 市立柏高校便の発着便が新設の東口バス停に移設された[7]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
東口 柏03 花野井木戸・市立柏病院入口・北柏駅入口 柏駅西口 東武バス西柏
船戸木戸 市立柏高校
西口 柏13 船戸木戸・灰毛・電建第一住宅 野田梅郷住宅循環 平日のみ運行

隣の駅[編集]

首都圏新都市鉄道
つくばエクスプレス
快速・通勤快速(平日下りのみ運転)・区間快速
通過
普通
柏の葉キャンパス駅 (TX13) - 柏たなか駅 (TX14) - 守谷駅 (TX15)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

記事本文[編集]

出典[編集]

  1. ^ 柏たなか駅 駅・駅ナカ情報 つくばエクスプレス”. www.mir.co.jp. 2019年1月30日閲覧。
  2. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月12日閲覧。 
  3. ^ 都市高速鉄道研究会 編 『つくばエクスプレス建設物語』成山堂書店、2007年3月18日、110頁。ISBN 978-4-425-96121-4 
  4. ^ a b 柏たなか駅|駅情報・路線図”. つくばエクスプレス. 首都圏新都市鉄道. 2021年5月4日閲覧。
  5. ^ 地名つれづれ (PDF)”. 広報かしわ 平成19年(2007年)1.1(No.1280). 2010年5月4日閲覧。
  6. ^ ニュース一覧|ユニットハウス・プレハブの三協フロンテア”. 2019年12月26日閲覧。
  7. ^ 2019年12月9日(月) 柏たなか駅付近の経路変更・時刻変更について (PDF) - 2019年11月25日 東武バスOn-Line

利用状況[編集]

私鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 乗車人員 - つくばエクスプレス
私鉄の統計データ
  1. ^ 千葉県統計年鑑 - 千葉県
  2. ^ 柏市統計書 - 柏市
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]