カナムグラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カナムグラ
Humulus japonicus (Dammer).png
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: アサ科 Cannabaceae
: カラハナソウ属 Humulus
: カナムグラ H. japonicus
学名
Humulus japonicus
Siebold & Zucc
シノニム

Humulus scandens (Lour.) Merr.

和名
カナムグラ
英名
Japanese hop

カナムグラ(鉄葎、Humulus japonicus)はアサ科(以前はクワ科に分類されていた)の一年草。 和名「鉄葎」は強靭な蔓をに例え、「葎」は草が繁茂して絡み合った様を表すように、繁茂した本種の叢は強靭に絡み合っており、切ったり引き剥がしたりすることは困難である。 後述ヤエムグラヤブムグラ等、本種と似た小種名の植物は多いが、本種とは系統的に離れたアカネ科に属するものが多い。漢名は律草(りつそう)。

分布[編集]

中国大陸、台湾および、日本全国(北海道九州)に分布する[1]。原野や道端、荒地などの日当たりの良い場所に自生する[2]。また好窒素的な傾向が強く、畜産農業、家庭排水などの影響により富栄養化した土壌などでより繁殖し、優占種となる傾向が強い[3]

アメリカでは園芸用に栽培されたものが野生化し、外来雑草となっている[4]

形態[編集]

雌雄異株つる植物で一年草[5][1]。伸張が旺盛で、一面に広まる[2]から葉柄にかけて小さな鋭いがあり、木や電柱、ガードレールなど他物に絡みつく[2]

は長い葉柄で対生し、長さ5 - 12センチメートル程度の5 - 7裂に深く切れ込んだ掌状で、葉縁に鋸歯が多く、葉の表面と葉柄は荒い毛があってザラつく[2][1]

花期は晩夏から秋にかけて(8月 - 10月)で、雄株は分枝した花茎を伸ばし、円錐花序に細かい淡緑色の雄花を多数つける[2]。また雌花は、雌株の葉腋から花茎を伸ばして短い穂を垂らし、に包まれた紫褐色の花をつける[2]。雌花は受粉後に成熟して果実となると赤紫色を帯びる。

利用[編集]

茎葉と花は薬草になる部分で、苦味健胃や利尿に効果があるとされ、夏に茎葉を切り取って天日で乾燥させたものを用いるが、生薬名は特に用いない[2]

健胃利尿膀胱炎に、1日量5 - 10グラムの律草を水400 ccでとろ火で半量になるまで煎じ、3回に分けて服用する利用法が知られている[2]。また、健胃に花穂1日稜5 - 8グラムを、水400 ccで煎じて3回に分服する用法が知られている[2]

類似種[編集]

  • セイヨウカラハナソウ(西洋唐花草、Humulus lupulus )→ホップを参照。
  • カラハナソウ(唐花草、Humulus lupulus var. cordifolius

その他[編集]

万葉集における「やえむぐら(八重葎)」は現代とは異なり、アカネ科ヤエムグラではなく本種を指していると思われる。

キタテハ食草である。

本種の花粉は、ブタクサヨモギなどと並び、秋の花粉症の原因となる[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 菱山忠三郎 2014, p. 147.
  2. ^ a b c d e f g h i 馬場篤 1996, p. 36.
  3. ^ 土壌の富栄養化が農村地域の河川周辺雑草群落の動態に及ぼす影響 雑草研究(日本雑草学会会報) Vol.42, No.2(19970830) pp. 107 - 114
  4. ^ Invasive.org(pdf)
  5. ^ 馬場篤 1995, p. 36.
  6. ^ アレルギー性疾患の研究(第6報) : クワモドキ及びカナムグラについて第14回日本アレルギー学会総会・ Vol.14, No.4(19650430) pp. 261-262

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、36頁。ISBN 4-416-49618-4
  • 林弥栄監修、平野隆久写真 『野に咲く花』 山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑1〉、1989年、ISBN 4-635-07001-8
  • 菱山忠三郎『「この花の名前、なんだっけ?」というときに役立つ本』主婦の友社、2014年10月31日、147頁。ISBN 978-4-07-298005-7

外部リンク[編集]