キタテハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キタテハ
Polygonia c-aureum in Higashiyama Zoo and Botanical Gardens.jpg
東山動植物園のキタテハ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: タテハチョウ科 Nymphalidae
亜科 : タテハチョウ亜科 Nymphalinae
: タテハチョウ族 Nymphalini
: キタテハ属 Polygonia
: キタテハ P. c-aureum
学名
Polygonia c-aureum
(Linnaeus, 1758)
和名
キタテハ(黄立羽)
キタテハ(羽裏側)

キタテハ(黄立羽、Polygonia c-aureum)は、チョウ目タテハチョウ科に分類されるチョウの一種。和名どおりの表が黄色タテハチョウである。

形態[編集]

成虫の前翅長は2.5-3 cm前後の中型のチョウである。翅の縁には大小の突起があり、先がとがっている。翅の表側は前後とも黄色で、褐色の縁取りと黒い斑点がある。また、後翅の表の黒斑の中に水色の小さな点がある。夏に発生する成虫(夏型)はくすんだ黄色で、縁取りや斑点が黒っぽいが、秋に発生する成虫(秋型)は黄色の部分が鮮やかな山吹色で、褐色の縁取りが薄く、黒い斑点も小さい。

いっぽう翅の裏は前後とも赤褐色で、枯葉にまぎれる保護色となる。また、後翅の裏にはC字型の小さな模様があり、学名の「c-aureum」(金色の"C"の~)はここに由来する。

分布[編集]

インドシナ半島から中国台湾朝鮮半島日本まで分布し、日本でも北海道西部から種子島まで幅広く見られる。

生態[編集]

成虫[編集]

成虫は早春から晩秋まで見られ、その間に2回-5回ほど発生する。花や樹液、腐った果実などに集まって汁を吸う。冬は成虫で越冬し、物かげでじっとしている。冬季にたまに日光浴する姿を見ることもある。

幼虫[編集]

幼虫クワ科カナムグラ食草とし[1]、葉を糸で綴じ合わせてを作る。若い幼虫は黒いケムシだが、成長するにつれ枝分かれした棘が全身に生え、終齢幼虫になるとそれらの棘が橙色を帯びる。棘はゴム状で触れても問題ない。食草カナムグラはどこにでも生える野草であり、市街地でも頻繁に見られるのはこのためである。

類似種[編集]

シータテハ Polygonia c-album
キタテハによく似ているが、翅の縁の凹凸がくっきりしていて先が円いこと、後翅の表の黒い斑点の中に水色の点がないことなどで区別する。日本の九州以北からアジア、ヨーロッパまで広く分布するが、キタテハよりも冷涼な地方を好み、九州などでは山地でわずかに見られるのみである。キタテハと同様後翅にC字型の模様があり、「c-album」(白い"C"の~)という学名や和名はここに由来する。幼虫はホップ、ハルニレ、エノキなどを食草とする。秋型は翅の切れ込みが深く、移動性が比較的強い。

参考文献[編集]

  • 猪又敏男(編・解説)・松本克臣(写真) 『蝶』 山と溪谷社〈新装版山溪フィールドブックス〉、2006年6月。ISBN 4-635-06062-4

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キタテハ”. 会津若松市. 2011年10月15日閲覧。

関連項目[編集]