アカネ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカネ科
アカネ
アカネRubia argyi
分類
: 植物界 Plantae
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asterdiae
: アカネ目 Rubiales
: アカネ科 Rubiaceae
学名
Rubiaceae
Juss. (1789)
下位分類(属)
  • 本文参照

アカネ科 (Rubiaceae) は双子葉植物の一つで、アカネなどを含む。分類表に採用のクロンキスト体系ではアカネ目だが、新エングラー体系APG植物分類体系ではリンドウ目に分類される。

草本または低木で、熱帯に特に多いが温帯にも草本がある。約60010,000以上を含む大きな分類群である。は単葉で対生か(見かけ上)輪生。托葉があり、アカネ属やヤエムグラ属では葉と同じ形になるため輪生に見える。は合弁花で5裂するもののほか4裂するものも多い。カフェインを含むコーヒーノキなど、アルカロイドを含む種が多い。代表的な種には次のようなものがある。

主な種[編集]

主な分類群[編集]

クルマバソウ(アカネ亜科)
ヤエムグラ(アカネ亜科)
ペンタス(アカネ亜科)
Ixora coccinea(サンタンカ亜科)

新エングラー体系で独立の科とされていたヘンリクェジア科クロンキスト体系ではアカネ科とされている。以下に主な亜科・属を示す。

またAPG植物分類体系ではディアリペタラントゥス科ヤマトグサ科もアカネ科に含められている。