金平亮三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金平 亮三(かねひら りょうぞう、1882年1月1日 - 1948年11月27日)は、日本の植物学者、林学者。陸軍司政長官

経歴[編集]

金平惣伍の三男として岡山県に生まれる[1]東京帝国大学を卒業後、台湾総督府技師となり、同府営林局、中央研究所林業部長などを歴任した[1]1928年(昭和3年)九州帝国大学教授となり、1942年(昭和17年)3月に退官した[1]。同年11月、陸軍司政長官に就任した[1]台湾のほかフィリピンニューギニアペルーなどで植物、特に森林資源の調査を行った。

著書[編集]

  • 『台湾樹木誌』(台湾総督府殖産局、1917年)
  • 『熱帯有用植物誌』(南洋協会臺灣支部、1925年)
  • 南洋群島植物誌』(南洋庁、1933年)(昭和11年度日本農学会賞受賞[2]
  • 『ニューギニヤ探検』(養賢堂、1942年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 帝国秘密探偵社 1943, 海外8頁.
  2. ^ 日本農学賞”. 日本農学会. 2018年2月3日閲覧。

参考文献[編集]