オットー・シュタッフ (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Otto Stapf 1924

オットー・シュタッフ(Otto Stapf、1857年3月23日 - 1933年8月3日)はオーストリアオーバーエスターライヒ州バート・イシュル出身で主にイギリスで働いた植物学者である。

略歴[編集]

バート・イシュル近くのPerneckに生まれた。1887年にウィーン大学で博士号と教授資格を得た。1891年から1922年の間、イギリスの王立植物園(キューガーデン)で働いた。1898年からウィリアム・ターナー・シセルトン=ダイアー(William Turner Thiselton-Dyer)の『ケープ植物誌』("Flora Capensis")の改訂版のイネ科の巻を執筆した。アドルフ・エングラーとカール・プラントルの『野生植物』("Die natürlichen Pflanzenfamilien")のゴマ科・ツノゴマ科の巻や、ダニエル・オリヴァーの『熱帯アフリカの植物』("Flora of Tropical Africa")の イネ科の巻を執筆した。

1908年に王立協会フェローに選ばれた。ロンドン・リンネ協会の会員でもあり、1927年にリンネ・メダル、1931年にヴィーチ記念メダルを受賞した。

ターネラ科の属名、Stapfiellaやイネ科の属DesmostachyaのシノニムであるStapfiolaがシュタッフに献名された他、Onosma stapfiiなど多くの種名にシュタッフに献名されている。

著作 (一部)[編集]

  • The Aconites of India. 1905.

参考文献[編集]

  • Robert Zander, Fritz Encke, Günther Buchheim, Siegmund Seybold (Hrsg.): Handwörterbuch der Pflanzennamen. 13. Auflage. Ulmer Verlag, Stuttgart 1984, ISBN 3-8001-5042-5.
  • Franz Speta: Stapf Otto. In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 13. Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 2007–2010, ISBN 978-3-7001-6963-5, S. 98 f. (Direktlinks auf S. 98, S. 99).