ハシカグサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハシカグサ
Paederia scandens
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類I Euasterids I
: リンドウ目 Gentianales
: アカネ科 Rubiaceae
亜科 : アカネ亜科 Rubioideae
: ヘクソカズラ連 Paederieae
: フタバムグラ属 Hedyotis
: H. lindleyana
変種 : ハシカグサ H. lindleyana var. hirsta
学名
Hedyotis lindleyana Hook. var. hirsta (L. fil.)
和名
ハシカグサ

ハシカグサ Hedyotis lindleyana Hook. var. hirsta (L. fil.) は、小柄なアカネ科の草本。同属では普通っぽい形の草。

特徴[編集]

軟らかな1年生の草本[1]。茎は枝分かれして地を這い、長さ30-40cmになって地表を覆う。葉も軟らかくて葉柄は長さ5-15mm、葉身は長さ1.5-6cm、幅0.5-2cm。葉身は卵形または狭卵形で、先端はとがり、基部は狭まり、両面に白い軟毛が生えている。托葉は半円形で3-5個の鋭い突起状の裂片がある。なお、植物体は乾燥させると黒くなる。

花期は8-9月。葉腋から1個ずつ花をつける。萼は鐘型で白い軟毛がある。その先端は4裂し、裂片は長さ2mm、卵形で大きく開き、果時には反り返る。花冠は白で、経2mm、先端は4裂し、その裂片は卵形で先端はとがっている。蒴果は急啓で径3mm。種子は小型で多数[2]

和名については、牧野は『語源はよくわからない』と記している[3]

分布と生育環境[編集]

本州から琉球列島に見られ、国外では中国から東南アジアまで分布する。ただし初島(1975)によれば、琉球列島における産地は沖縄島と西表島のみであり、沖縄では希である。

山野から道ばたまで、やや日陰の湿ったところに生える。

分類[編集]

フタバムグラ属には日本に10種ほどが知られるが、いずれも独特の草姿をした見た目の変わったものが多い。そんな中、この草は風変わりな印象が非常に少ない。とにかく際だった特徴が無く、見逃されやすい植物である[4]

種内変異としては、以下の変種が知られる。

  • H. lindleyana var. glabra オオハシカグサ

違いとしては全体に大きく、葉は長卵形で長さ4cmに達し、また葉に毛が少なくてつやがあり、萼が無毛である。本州の東北地方から中部地方に分布する。

その他[編集]

ヤマトグサは日本の学術雑誌に日本人の手で発表された最初の新種として知られるが、最初の標本を牧野は本種と誤同定していたことが知られている[5][6]

出典[編集]

  1. ^ 以下、主として佐竹他(1981),p.47
  2. ^ 北村他(1989),p.106
  3. ^ 牧野(1961),p.579
  4. ^ 岩槻(2006)p.394
  5. ^ 清水(1979),p.317
  6. ^ ちなみにこの事項は、『朝日百科 植物の世界』全15巻中、本種について言及のある唯一の項目である。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本III 合弁花類』,(1981),平凡社
  • 北村四郎・村田源・堀勝、『原色日本植物図鑑・草本偏I』、(1957)、保育社
  • 初島住彦『琉球植物誌(追加・訂正版)』,(1975),沖縄生物教育研究会*清水建美、「ヤマトグサ」:『朝日百科 植物の世界 1』(1097)、朝日新聞社:p.317
  • 岩槻秀明、『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』、(2006)、秀和システム