カール・フォン・リンネ (子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Carl von Linné den yngre
カール・フォン・リンネ
Forslund, Linnaeus filius.jpg
カール・フォン・リンネの肖像
生誕 1741年1月20日
スウェーデン
死没 (1783-11-01) 1783年11月1日(42歳没)
国籍  スウェーデン
出身校 ウプサラ大学
職業 博物学者植物学者
後任者 カール・ツンベルク
カール・フォン・リンネ

カール・フォン・リンネ (子) (Carl von Linné den yngre, Carolus Linnaeus filius, 1741年1月20日 - 1783年11月1日) は、スウェーデン博物学者。「分類学の父」といわれるカール・フォン・リンネ(大リンネ)の息子であり[1]、同名の父と区別するために小リンネとも表記される。

概要[編集]

Supplementum Plantarum (1781年)

9歳の時にウプサラ大学に入学し、父カールの教え子であったペール・レーフリング (Pehr Löfling)、ダニエル・ソランダーヨハン・ペーテル・ファルク (Johann Peter Falck) らに指導を受けた。1763年には、父の跡を継いでウプサラ大学の臨床薬理学の学長となった。

大リンネの死後、遺された仕事はカールが引き継いだ[1]。カールは、大リンネが『植物の種』(Species Plantarum)と『植物の属』(Genera Plantarum)でまとめた植物分類についての追補を行い、その成果を『植物の種 補遺』(Supplementum Plantarum)にまとめた。

1783年に死去。空いた植物学教員のポストには、カール・ツンベルクが就いた[2]。大リンネから引き継いだ膨大なコレクションは、母によってイギリスの植物学者であるジェームズ・エドワード・スミスに売却された。

L.f.は、植物の学名命名者を示す場合にカール・フォン・リンネ (子)を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

  1. ^ a b 松尾信一(1990)「信州大学農学部所蔵特殊コレクション・欧米書籍について」信州大学農学部紀要. 27(2): 91-114
  2. ^ MacOwan, F.L.S., F.R.H.S. 1886. Annual address read before the South African Philosophical society. Transactions of the South African Philosophical Society, 4 30-53

ウィキメディア・コモンズには、カール・フォン・リンネ (子)に関するカテゴリがあります。