ウィリアム・タウンゼント・エイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウィリアム・タウンゼント・エイトン(William Townsend Aiton、 1766年2月2日 - 1849年10月9日)は、イギリス植物学者園芸家である。父親のウィリアム・エイトンの後を継いで、王立植物園(キューガーデン)の園長を務めた。

略歴[編集]

リッチモンド・アポン・テムズ・ロンドン特別区キューにウィリアム・エイトンの長男に生まれた。チズウィック、キャンバーウェルで教育を受けた後、16歳から父親の助手として働いた。園芸家として高い評価を受け、多くの貴族たちに雇われて庭園作りを行った。1793年に父親が死ぬと、父親の後を継いで、キューとリッチモンドの王立植物園の園長に任じられた。国王ジョージ3世や王室に重用された。ジョージ4世の即位後、ブライトンロイヤル・パビリオンの庭園やウィンザー城の庭園の改装を行った。王立植物園も多くの変更を行い、1841年に引退した。

1810年から1813年に父親が初版を編集したキュー植物園の植物カタログ、"Hortus Kewensis"の増補改訂版、5巻を編集した。"Hortus Kewensis"の編集にはジョゼフ・バンクスヨナス・ドリュアンデルから継続的に援助を受け、植物学者のロバート・ブラウンによって科学的な価値が高められた。1814年に1巻の概要版が出版されたが、初版ほどには売れなかった。

王立園芸協会の創立メンバーであり、会員として活発に活動した。1817年にキュウリの栽培に関する論文で銀メダルを受賞した。

W.T.Aitonは、植物の学名命名者を示す場合にウィリアム・タウンゼント・エイトンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIW.T.Aiton Author Detailsを検索する。)

参考文献[編集]