ヨナス・ドリュアンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jonas Dryander.

ヨナス・ドリュアンデルスウェーデン語: Jonas Carlsson Dryander1748年3月5日1810年10月19日)は、スウェーデン植物学者である。

ヨーテボリで生まれた。ウプサラ大学ルンド大学で学んだ後、1777年にロンドンに渡り、王立協会司書を務め、1882年にダニエル・ソランダーの没した後、ジョゼフ・バンクスの司書を務めた。主著は『ジョセフ・バンクスの自然史書籍目録』("Catalogus bibliothecæ historico-naturalis Josephi Banks" (1796-1800))である。ウィリアム・エイトンの著作"Hortus Kewensis"のためにも働いた。著作には"Anmärkningar vid örtsläktet Albuca" (1784) や "Observations on the genus of Begonia" (1791)がある。

1784年にスウェーデン王立科学アカデミーの外国人会員に選ばれた。ヤマモガシ科のドリアンドラ(属) (Banksia ser. Dryandra:バンクシア属の亜列)に献名された。

外部リンク[編集]