シャルル・アントワーヌ・ルメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Charles Antoine Lemaire.jpg

シャルル・アントワーヌ・ルメール(Charles Antoine Lemaire、1800年11月1日 - 1871年6月)は、フランス植物雑誌編集者、植物画家植物学者である。サボテンに関する研究でも知られる。

パリで生まれた。パリ大学で学び、古典文学の教授になった。パリ自然史博物館園芸家のM. Neumannと知り合うことによって植物への興味を持ち、熱中するようになった。しばらくパリの園芸商のM. Mathieuの助手として働き、サボテンのコレクションを作った。パリの出版業者、M. Cousinが園芸雑誌の創刊をした時、ルメールはその編集を依頼され、"Jardin Fleuriste" と "L'Horticulteur Universel"の編集を長く続けた。1845年から ルイ・ヴァン・ホウテが創刊した"Flore des Serres et des Jardins de l'Europe"の編集のためにヘントに移り、1854年からはヘントでAmbroise Verschaffeltの刊行する "L'Illustration Horticole"の編集を行った。1870年にはパリに戻り、翌年にそこで没した。

植物雑誌の編集者として働く一方、サボテン科や多肉植物に関する多数の論文を発表したが、まとまった著書を著すことはなかった。

ヒユ科の属、マイレニア属(Maireana)に献名されている。

参考文献[編集]

  • Erickson, Robert F. (2002), MBG Rare Books: Author – Lemaire, Charles Antoine, archived from the original on 2011-12-05, retrieved 2011-12-05
  • Elliot, Rodger W.; Jones, David L.; Blake, Trevor (1993). Encyclopaedia of Australian Plants Suitable for Cultivation: Volume 6 - K-M. Port Melbourne: Lothian Press. p. 279. ISBN 0-85091-589-9.