アカネ色素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アカネ色素(アカネしきそ)は、アカネ科のセイヨウアカネ Rubia tinctorum (西洋茜、英語: Madder)のから抽出される、アリザリンルベリトリン酸などを主成分とする赤色の色素である。近縁のアカネ(茜、日本在来種) Rubia akane も昔は用いられたが、現在ではほとんど用いられない。

アカネ、セイヨウアカネとも、古くから染色に用いられ、万葉集には「茜さす」などの言葉が見られる。現在では色素の安定性や色調の違いや生産性などから、もっぱらセイヨウアカネ色素が生産・使用されている。染色には主にアリザリン類似化合物の合成品が使われている。また不溶化したものは顔料としても用いられたが(アカネレーキ、マダーレーキ)、今日では合成アリザリンからつくられるアリザリンレーキが使われている。ただ、絵具においては今日でもイギリスウィンザー・アンド・ニュートン社がアカネ色素からつくられたローズマダー(ローズマダージェニュイン、Rose Madder Genuine)を、日本においてもターナー色彩がナチュラルローズマダー(Natural Rose Madder)を生産している。共にNatural Red 9である。

セイヨウアカネの色素は、食品添加物着色料)として認可されていた。1997年には、ラットを用いた中期発がん性試験(前がん病変を検出する方法)で、発がん性なしとの結果が得られている。しかし、2004年に長期発がん性試験(中間結果)で腎がんの発生が見られ、また変異原性も陽性との報告があることから、発がんイニシエーター(発がん性参照)の疑いがあるとして、食品添加物としての使用は禁止された。

在来アカネの色素はセイヨウアカネ色素と成分が異なり、アリザリンでなくプルプリンを主成分とすることから、発がん性の有無は不明である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]