ヨツバムグラ

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
ヨツバムグラ
Galium trachyspermum 1.JPG
福島県会津地方 2019年7月上旬
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: リンドウ目 Boraginales
: アカネ科 Rubiaceae
亜科 : アカネ亜科 Rubioideae
: ヤエムグラ属 Galium
: ヨツバムグラ G. trachyspermum
学名
Galium trachyspermum A.Gray[1]
シノニム
  • Galium bungee Steud. var. trachyspermum (A.Gray) Cufod.[2]
和名
ヨツバムグラ(四葉葎)[3][4]

ヨツバムグラ(四葉葎、学名Galium trachyspermum)は、アカネ科アカネ亜科ヤエムグラ属の小型の多年草[3][4][5]

特徴[edit]

は下部で分枝し、細く、直立して高さ20-50cmになり、4稜があり、毛はない。茎の基部は地面を這うこともある。は4個が輪生し、輪生する4個の葉はほぼ同形で、各輪が隔たって茎につく。葉身は長さ6-15mm、幅3-6mm、卵状楕円形または卵形で、先は短くとがる。葉の縁と裏面に斜上する白毛が生える。これらの輪生する葉は、対生する本来の2個の葉と、残りの2個の、葉と同形の托葉となる[3][4][5]

花期は5-6月。茎先や上部の葉腋から短い花序をつけ、数個のをやや密集してつける。 花柄は短く、長さ1-3mmになる。花冠は杯形で、径1mmと小さく、淡黄緑色で先は4裂し、筒部はない。花冠裂片の背面に毛はない。雄蕊は4個ある。子房は2室に分かれ、各室に1個の胚珠がある。花柱は2裂する。果実は2個の分果からなり、各分果に1個の種子がある。分果には鉤状に曲がったごく短い突起状の毛が密生する[3][4][5]

同属のヒメヨツバムグラ G. gracilens に似るが、同種と比べて葉の幅が広く、果実の突起状の毛も著しいので区別できる[4]

分布と生育環境[edit]

日本では北海道、本州、四国、九州に分布し、田畑の畔や丘陵地の草むら、道ばたなどに生育する[3][4][5]。世界では、朝鮮半島中国大陸に分布する[5]

名前の由来[edit]

和名ヨツバムグラは「四葉葎」の意で、葉のつき方からいう[3][4]。ムグラ(葎)は、草むら、藪の意味がある[6]

種小名(種形容語)trachyspermum は、「ざらざらした種子の」の意味[7]

ギャラリー[edit]

下位分類[edit]

  • ケヨツバムグラ Galium trachyspermum A.Gray f. hispidum (Matsuda) Ohwi[8] - 葉や茎に白い毛が多い品種をいう[3][5]
  • ケナシヨツバムグラ Galium trachyspermum A.Gray var. miltiorrhizum (Hance) T.Yamaz.[9] - 果実に鉤状毛がほとんどないものを変種として区別する[3][5]。本州の中部地方以西、四国、九州、中国大陸に分布する[10]

脚注[edit]

[ヘルプ]
  1. ^ ヨツバムグラ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ ヨツバムグラ(シノニム)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  3. ^ a b c d e f g h 『山溪ハンディ図鑑1 野に咲く花(増補改訂新版)』p.424
  4. ^ a b c d e f g 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.971
  5. ^ a b c d e f g 内貴章世 (2017)「アカネ科」『改訂新版 日本の野生植物 4』p.275
  6. ^ 『山溪名前図鑑 野草の名前 春』pp.324-325
  7. ^ 『新分類 牧野日本植物図鑑』p.1517
  8. ^ ケヨツバムグラ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  9. ^ ケナシヨツバムグラ「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  10. ^ 山崎敬「アジア産ヤエムグラ属数種の分類学的検討」The Journal of Japanese Botany,『植物研究雑誌』Vol.66, No.1, pp.49-51, (1991)

参考文献[edit]