カール・モーリッツ・シューマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カール・モーリッツ・シューマン

カール・モーリッツ・シューマン(Karl Moritz Schumann、1851年6月17日 - 1904年3月22日)は、ドイツ植物学者である。サボテンの研究に功績をあげた。

略歴[編集]

ザクセン州ゲルリッツに生まれた。ベルリンミュンヘンブレスラウで学んだ。最初化学を専攻するが、後に植物学に転じた。1873年にブレスラウ大学で博士号を得た。ハインリヒ・ゲッパートの助手を務めた後、ヴロツワフの高校の教師を8年間務めた。1884年にアウグスト・アイヒラーに雇われ、ベルリン植物博物館の学芸員(Kustos)となった。1890年にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選ばれた。1892年に教授となり、1893年にベルリン大学での教授資格を取得した。1892年に新設されたサボテン同好学会(Gesellschaft der Kakteenfreunde)の会長となり、学会は1898年にドイツサボテン学会(Deutsche Kakteen-Gesellschaft)に改名された。

1899年に出版された、「サボテンのモノグラフ」("Gesamtbeschreibung der Kakteen")が主著でサボテンに関する最初の包括的な著作である。それまで知られていた670種のサボテンを21の属に分類し、Pereskioideae、Opuntioideae、Ceroideaeの3つの亜科に分類した。

ギルク(Ernst Friedrich Gilg)と共著で"Das Pflanzenreich"を出版し、アドルフ・エングラーとプラントルが編集した"Die naturlichen pflanzenfamilien"などにも貢献した。

1891年からサボテンの月刊誌、"Monatsschrift für Kakteenkunde"を編集し、1891年から1902年まで"Atlas der offizinellen Pflanzen"の共同編集者を務めた。

ドイツサボテン学会は、会誌、Schumanniaの誌名にシューマンの名がつけ、多肉植物の分野の研究に対して送られるカール・シューマン賞(Karl-Schumann-Preis)を設けている。

セリ科の属名SchumanniaKuntzeなどに献名されている。

著書の図版[編集]


著作[編集]

  • Die Ameisenpflanzen. Verlagsanst. und Dr. A.-G., Hamburg 1889
  • Karl Lauterbachと共著: Die Flora der deutschen Schutzgebiete in der Südsee. Gebrüder Borntraeger, Leipzig 1901
  • Karl Lauterbachと共著: Nachträge zur Flora der deutschen Schutzgebiete in der Südsee. Gebrüder Borntraeger, Leipzig

参考文献[編集]

  • J. Perkins: Carl Schumann. In: Botanical Gazette. Band 38, Nummer 2, 1904, S. 143–145.
  • Georg Volkens: Karl Schumann. In: Berichte der Deutschen Botanischen Gesellschaft. Band 22, 1904, S. 49–59. (nicht ausgewertet)