ウィリアム・ヘムズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ウィリアム・ヘムズリー(William Botting Hemsley、1843年12月29日 - 1924年10月7日)はイギリス植物学者である。王立植物園(キューガーデン)で働いた。

サセックスのイースト・ホースリーで生まれた。1860年からキューガーデンで働き、1889年王立協会フェローに選ばれた。トーマス・チーズマン(Thomas Frederick Cheeseman)と共著の、『ニュージーランドの植物の図説』(Illustrations of the New Zealand flora)やダニエル・オリバー(Daniel Oliver)の『熱帯アフリカの植物』の"Rhamneae"(クロウメモドキ連 )や"Campanulaceae" (キキョウ科)、 "Scrophulariaceae" (ゴマノハグサ科)、"Balanophorsceae"(ツチトリモチ科)などの章を執筆した。

ウリ科の属名ヘムスレイア属 Hemsleyaに献名されている。

著書[編集]

  • Handbook of Hardy Trees, Shrubs and Herbaceous Plants, 1877
  • Diagnoses Plantarum Novarum (1878–1880)
  • Biologia Centrali-americana … Botany (5巻), 1879–1888, (online)
  • Report on Scientific Results of Voyage of HMS Challenger, Botany, 1885
  • Enumeration of all Plants known from China, 1886 und 1895 (Francis Blackwell Forbesと共著)

参考文献[編集]

  • Robert Zander, Fritz Encke, Günther Buchheim, Siegmund Seybold (Hrsg.): Handwörterbuch der Pflanzennamen. 13. Auflage. Ulmer Verlag, Stuttgart 1984, ISBN 3-8001-5042-5.
Hemsl.は、植物の学名命名者を示す場合にウィリアム・ヘムズリーを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)