ヴェンセスラウ・ボーイェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴェンセスラウ・ボーイェル

ヴェンセスラウ・ボーイェル(Wenceslas Bojer、Václav または Wenzel Bojer、1795年9月23日 - 1856年6月4日)はボヘミア生まれの博物学者植物学者である。

ジェサニツェ(Řesanice)の庭師の息子に生まれた。ボーイェルも最初、庭師として働くが、植物学者のシュテルンベルク(Kaspar Maria von Sternberg)の指導を受け、博物学者のジーバー(Franz Sieber)の注意を引き、ウィーン帝立博物館に雇われた。1821年からジーバー、ヒルゼンベルク(Carl Hilsenberg)とともに、モーリシャスへ植物調査を行い、1822年には総督、ファーカー(Robert Townsend Farquhar)によってマダガスカルに派遣された。マダガスカルの西岸を旅し、アンタナナリボ(Antananarivo)に到った。1824年にアフリカで通訳として働き、何度かアフリカの海岸地域を探検し、植物や鉱物の大きなコレクションを作り上げた。モーリシャスに初めて設立された科学アカデミー(Société royale des Arts et des Sciences de l'île Maurice)の会員となった。1842年に博物館(Museum Desjardins)の学芸員になり、1848年からモーリシャスのパンプムス植物園の園長を務めた。1849年にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナ (Leopoldina) の会員に選ばれた。

1850年代にモーリシャスのサトウキビの2/3に被害を与えたサトウキビ穿孔虫(Diatraea saccharalis:メイガ科)についての論文が最後の論文となり、ポートルイスで没した。

トカゲ科の種、Gongylomorphus bojeriiEuphorbia bojeri Hookハナキリン Euphorbia miliiのシノニム)などマダガスカル原産の動植物の学名に名づけられた。

著作[編集]

  • Hortus Mauritianus : ou énumération des plantes, exotiques et indigènes, qui croissent a l'Ile Maurice, disposées d'aprés la méthode naturelle, 1837.
  • Espèces nouvelles de plantes à Madagascar et îles Comores, 1841.
  • Planches relatives au genre Gærtnera Lam., 1847.
  • Vahea madagascariensis et Cassia filipendula, 1847

参考文献[編集]

  • Noël Réganrd: Notice consacrée à Bojer dans le Dictionnaire de Biographie mauricienne Proceedings de la Société Royale des Arts et des Sciences, 1956.
  • William Jackson Hooker: Hooker's Journal of Botany and Kew Garden Miscellany, Reeve, Benham, and Reeve, 1856
  • Wilhelm Ferdinand Erichson: Bericht über die wissenschaftlichen Leistungen im Gebiete der Entomologie. 1857