ハインリッヒ・ヴィルヘルム・ショット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハインリッヒ・ヴィルヘルム・ショット(Heinrich Wilhelm Schott、1794年1月7日 - 1865年3月5日)は、オーストリア植物学者である。サトイモ科植物の研究で知られる。

現在はチェコブルノで生まれた。ウィーン大学で、植物学、農学化学を学び、ヨーゼフ・フランツ・フォン・ジャカン(Joseph Franz von Jacquin)などに学んだ。1817年から1821年の間に行われた、オーストリアによるブラジル探検に参加した。1828年にウィーンの王立植物学者(Hofgärtner)に任じられた。1845年にシェーンブルン宮殿の王立庭園の園長となった。1852年に庭園のイギリス様式への変更を担当した。ウィーンの宮殿の庭園でブラジルから持ち帰った植物を栽培した。

高山植物にも興味を持ち、ウィーンのベルヴェデーレ宮殿にアルピナム(alpinum:高山植物を栽培する植物園)の作成をする担当者となった。

Schottは、植物の学名命名者を示す場合にハインリッヒ・ヴィルヘルム・ショットを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著書[編集]

  • Meletemata botanica(シュテファン・エンドリヒャーと共著)、1832
  • Rutaceae. Fragmenta botanica、1834
  • Genera filicum、1834 - 1836
  • Aroideae、1853 - 1857
  • Analecta botanica(Theodor Kotschy と Carl Fredrik Nymanと共著)、1854
  • Synopsis Aroidearum、1856
  • Icones Aroidearum、1857
  • Genera Aroidearum Exposita、1858
  • Prodromus Systematis Aroidearum、1860

参考文献[編集]

  • Biography
  • H. Riedl|Riedl, H.; Christa Riedl-Dorn|Riedl-Dorn, Christa - Heinrich Wilhelm Schott's botanical collections at the Vienna Natural History Museum; International Association for Plant Taxonomy - Utrecht (1988) ISBN/ISSN 0040-0262

外部リンク[編集]