ベルヴェデーレ宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯48度11分30秒 東経16度22分51秒 / 北緯48.19167度 東経16.38083度 / 48.19167; 16.38083

ベルヴェデーレ宮殿
地図

ベルヴェデーレ宮殿(ベルヴェデーレきゅうでん、独:Schloss Belvedere)とは、オーストリアウィーンにあるバロック建築宮殿。Belvedereは美しい眺めの意味。

概要[編集]

ベルヴェデーレ宮殿下宮

もともとハプスブルク家に仕えたプリンツ・オイゲンが、当時の代表的な建築家であるヨーハン・ルーカス・フォン・ヒルデブラント(Johann Lukas von Hildebrandt)に、夏の離宮として造らせたものである[1]。1714から1716年にかけて下宮(Unteres Belvedere)、1720から1723年にかけて迎賓館である上宮(Oberes Belvedere)が建設された。

プリンツ・オイゲンの死後1752年に、ハプスブルク家マリア・テレジアに売却された。マリー・アントワネットが過ごし、モーツアルトが御前演奏を行った場所でもある。ナポレオン失脚後のウィーン会議の際には華やかな饗宴の場となった。第2次世界大戦後の1955年には、連合国との間でオーストリア国家条約が調印された。現在は美術館になっている。

広大な敷地の南側にある上宮は「オーストリア・ギャラリー」で、19世紀以降のオーストリア絵画を展示し、特に世紀末美術のコレクションが充実している。美術史美術館に次ぎ、オーストリアで2番目に大きな美術館である。上宮からウィーン市街を眺望できる。庭園をはさんで北側の下宮は「中世とバロック美術館」である。

オーストリアの20セントユーロ硬貨の裏面には、門越しに見た宮殿が彫られている。また、この宮殿の構内に作曲家ブルックナーが晩年を過ごした邸宅がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水野久美『いつかは行きたいヨーロッパの世界でいちばん美しいお城』大和書房、2014年、157頁。ISBN 978-4-479-30489-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]