ヨーゼフ・フランツ・フォン・ジャカン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヨーゼフ・フランツ・フォン・ジャカン

ヨーゼフ・フランツ・フォン・ジャカン(Joseph Franz Freiherr von Jacquin 1766年2月7日 - 1839年10月26日)はオーストリア化学者植物学者である。

現在のスロバキアバンスカー・シュチャヴニツァに生まれた。父親はウィーン大学の植物学教授になったニコラウス・フォン・ジャカンである。父親から自然科学の教育を受け、ウィーン大学で医学を学び1788年に博士号を得た。1788年から1791年の間、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世に命じられて、ドイツフランスイギリスに研究旅行を行い、1797年に父親の後を継いで、ウィーン大学の植物学と化学の教授に任命され、1838年に引退するまでその地位にあった。1834年からベルヴェデーレ宮殿の植物園の監督者も務めた。1820年に爵位を受け、1838年に政府評議会の職についた。1820年にドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナの会員に選ばれ、1830年にプロイセン科学アカデミーの名誉会員となった。

弟のゴットフリート・ジャカンや妹のフランツィスカはモーツァルトの親しい友人であり、ヨーゼフ・フランツ・フォン・ジャカンは富豪の娘でモーツァルトにピアノを習った、バネット・ナトルプ(Maria Barbara Natorp、Babetteは愛称)と結婚した。

著作[編集]

  • J. F. Jacquin: Lehrbuch der allgemeinen und medicinischen Chymie zum Gebrauche seiner Vorlesungen. C.F. Wappler, Wien 1798.
  • J. F. Jacquin, E. Fenzl, I. Schreibers: Eclogae plantarum rariorum aut minus cognitarum : quas ad vivum descripsit et iconibus coloratis illustravit. A. Strauss, Wien 1811–1844.
  • J. F. Jacquin, E. Fenzl, I. Schreibers: Eclogae graminum rariorum aut minus cognitarum : quae ad vivum descripsit et iconibus coloratis illustravit. A. Strauss et Sommer, Wien 1813–1844.
  • J. F. Jacquin: Ueber den Ginkgo. Carl Gerold, Wien 1819.

参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: Jacquin, Joseph Franz Freiherr von. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. Band 10. Verlag L. C. Zamarski, Wien 1863, S. 23–26 .
  • Wilhelm Reichardt: Jacquin, Joseph Franz Freiherr von. In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 13, Duncker & Humblot, Leipzig 1881, S. 631.
  • Joseph Franz von Jacquin. In: Österreichisches Biographisches Lexikon 1815–1950 (ÖBL). Band 3, Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 1965, S. 52.
  • Helmut Dolezal: Jacquin, Joseph Franz Freiherr von. In: Neue Deutsche Biographie (NDB). Band 10, Duncker & Humblot, Berlin 1974, ISBN 3-428-00191-5, S. 257 .

外部リンク[編集]