沢入駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沢入駅
沢入駅
沢入駅
そうり
SŌRI
神戸 (7.0km)
(5.3km) 原向
所在地 群馬県みどり市東町沢入962
所属事業者 わたらせ渓谷鐵道
所属路線 わたらせ渓谷線
キロ程 33.4km(桐生起点)
電報略号 ソリ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年12月31日
備考 無人駅、沢入簡易郵便局併設
テンプレートを表示

沢入駅(そうりえき)は、群馬県みどり市東町沢入にあるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線である。 間藤方面に向かう場合、この駅が群馬県最後の駅(桐生方面に向かう場合は最初)となる。

駅構造[編集]

相対式2面2線の地上駅。駅舎はログハウス。駅舎内に簡易郵便局を併設した珍しい駅だが、無人駅扱いなので郵便局で乗車券を購入する事はできない。最終列車を除いて、列車交換が当駅または神戸駅で行われている。一方の足尾駅も列車交換設備を持つが、トロッコやイベント列車を除き、普通列車同士の交換は行われない。

国道が未整備だった頃は足尾線の貨物を利用して渡良瀬川の御影石を運搬し、当駅が御影石の積載所だった。現ホームの足尾側に、もう1本ホーム跡と思われる石積みがある。

下りホーム側には、東屋や遊歩道などが整備されている。また、駅舎の桐生寄りには第3種踏切があり、跨線橋を渡らなくても下りホームや川のほうに行くことができる。

利用状況[編集]

朝夕の通学(地元中学生も利用する)の他は、地元の住民が数名利用。袈裟丸山へのアクセス駅だが、登山口まで遠いため、登山目的で利用する人は少ない。列車同士の交換をする際、下り列車が5分間停車することがあり、その際には下りホームにある紫陽花などの花を見ることができ、途中の旅の駅として楽しめる。

坂東カーブ[編集]

沢入駅から原向駅までの区間は、同鉄道の中でも急勾配区間に当たる。落石に注意する場所が数か所あり、国鉄時代にも台風や大雨による落石で運転を見合わせることがあった。そのひとつに坂東カーブがある。この区間も、蒸気機関車C12形による重連運転が行われていた。自力加速が可能なディーゼルカーでさえも、全力力走にしても足尾方面の場合40km/hが限界である。逆に桐生行きは勾配を下るため惰性走行でもかなりの速度が出るために、坂東カーブ入口手前に、速度照査式のATSが設置されている。

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  沢入線 富弘美術館、ダムサイド 神戸駅 赤城観光自動車

歴史[編集]

隣の駅[編集]

わたらせ渓谷鐵道
わたらせ渓谷線
神戸駅 - 沢入駅 - 原向駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

沢入駅 わたらせ渓谷鐵道公式サイト
沢入簡易郵便局 日本郵政公式サイト
NPO法人国際サーカス村協会