小山川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小山川
Koyama-river.JPG
共栄橋付近(深谷市)
水系 一級水系 利根川
種別 一級河川
延長 36.4[1] km
流域面積 204.1[1] km²
水源 秩父山系女岳
河口・合流先 利根川
流域 埼玉県
テンプレートを表示

小山川(こやまがわ)は、埼玉県北部を流れる一級河川利根川水系の支流である。地元では、旧名称の身馴川(みなれがわ)で呼ばれることもある。栃木県小山(おやま)との混同のためか「おやまがわ」と誤読されることも多い[2]

地理[編集]

埼玉県秩父郡皆野町北部、大字げんざ金沢の女岳に源を発し[3]北東に流れる。本庄市児玉郡美里町を流れ東へ転じ、深谷市北部を流れ熊谷市間々田付近で利根川合流する。元来は志戸川合流点の下流側の河道を旧小山川を含めた一連の流れを小山川と呼び、上流側は身馴川と呼ばれていたが、河川管理上において河川延長の長い方の流路を本流としたことから1980年現在以降は上流部も含めて小山川と呼ばれている[3][4]。流域の上流域は扇状地であり伏流していて流量が少なく一定しない[3]ため、用水の確保が難しかった地域である。また、下流域は利根川流域の沖積平野で水害の多かった地域である[3]

流域の自治体[編集]

埼玉県
秩父郡皆野町本庄市児玉郡美里町深谷市熊谷市

橋梁[編集]

上流から

支流[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 主要一級河川 - 埼玉県ホームページ、2015年11月17日閲覧。
  2. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』389頁では「おやまがわ」ともいうと記されている。
  3. ^ a b c d 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日、389頁。ISBN 4040011104
  4. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日、854-855頁。ISBN 4040011104
  5. ^ Mappleトラベル - 昭文社. 2017年11月13日閲覧。
  6. ^ 小山川 橋・川の風景 - 1 - 真下建設株式会社. 2017年11月13日閲覧。
  7. ^ 地図によっては「堰橋」と記されているものがある。
  8. ^ 小山川 橋・川の風景 - 6 - 真下建設株式会社. 2017年11月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]