十二橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十二橋駅
十二橋駅
十二橋駅
じゅうにきょう
Jūnikyō
香取 (3.0km)
(2.2km) 潮来
所在地 千葉県香取市津宮3928-14
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 鹿島線
キロ程 3.0km(香取起点)
電報略号 トニ
駅構造 高架駅[1]
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
55人/日(降車客含まず)
-2006年-
開業年月日 1970年昭和45年)8月20日[1]
備考 無人駅[1](乗車駅証明書発行機 有)
テンプレートを表示

十二橋駅(じゅうにきょうえき)は、千葉県香取市津宮にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)鹿島線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

高架線上に単式ホーム1面1線を有する高架駅である[1]。ホームは嵩上げされていない。ホームは6両編成までに対応する。

佐原駅管理の無人駅で、駅舎はなくホーム上に待合室があるのみ[1]乗車駅証明書発行機が設置されている。

利用状況[編集]

2006年の乗車人員は1日平均約55人である。

千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均乗車人員
1990 105
1991 108
1992 109
1993 121
1994 133
1995 135
1996 115
1997 113
1998 115
1999 115
2000 107
2001 95
2002 85
2003 79
2004 75
2005 65
2006 55

駅周辺[編集]

当駅周辺の土地改良事業の竣工記念石碑がある。1970年代までこの周辺は水郷地帯の中にあり、道路はなく水路によって、交通が行われていた[1]

2010年10月に駅前広場が整備され、駐車場と公衆トイレが改善された。

その他[編集]

  • 香取駅 - 当駅間に利根川橋梁がある。長大な橋梁であり強風の影響を受けやすく、しばしば速度規制や運転中止になる。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
鹿島線
香取駅 - 十二橋駅 - 潮来駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』26号 総武本線・成田線・鹿島線・東金線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月17日、24-25頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]