重本沙絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
重本 沙絵 [注 1] Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
競技 短距離走
大学 日本体育大学
生年月日 (1994-10-28) 1994年10月28日(25歳)
出身地 北海道の旗北海道七飯町[2]
身長 158cm
パラリンピック リオ 2016
編集 テンプレートのヘルプを表示する

重本 沙絵(しげもと さえ、1994年10月28日[3] - )は、日本の女子陸上競技選手。北海道七飯町出身。リオデジャネイロパラリンピック日本代表。陸上競技障害クラスT47。旧姓は辻。

2018年1月28日に一般男性と結婚。その後は夫の姓である「重本」姓で競技を続けている[4][5][6]

略歴[編集]

生まれた時から右腕のひじから先がない先天性前腕欠損[7]。函館市立鍛神小学校5年でハンドボールを始め、函館市立本通中学校を経て女子ハンドボールの強豪校茨城県立水海道第二高等学校に進学し高校総体でベスト8、国体にも出場するなど活躍する。

高等学校卒業後にスポーツ推薦で日本体育大学に入学したが、高校時代に計3度断裂した両膝前十字靱帯のケガのため入学後1年半はリハビリ中心の活動を余儀なくされた[7]。大学2年時にハンドボール部監督から障害者陸上競技への転向を打診されるも「(ハンドボールで)健常者と対等に渡り合っている」という自負から葛藤もありしばらく陸上部と兼部という形で活動を続けた。だが2015年10月の世界選手権(カタール)の女子100m(T47)で 13秒34で6位入賞し、同大会男子走り幅跳びで山本篤が金メダルを獲得したのをみて「自分もメダルがほしい」と陸上部への転部を決意した[8]

2016年、リオデジャネイロパラリンピックに出場。陸上女子400m(切断などT47)で銅メダルに輝いた[9]。 2017年7月の世界パラ選手権女子400m(切断などT47)では、1分0秒67のタイムでリオ・パラリンピックに続いて銅メダルを獲得した[10]

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 辻選手が結婚 リオパラリンピック陸上で「銅」”. どうしん電子版 (2018年2月10日). 2018年2月10日閲覧。
  2. ^ 七飯町生まれ 辻 沙絵さん リオパラリンピック陸上に出場!!”. 七飯町教育委員会 (2016年9月5日). 2017年8月16日閲覧。
  3. ^ NHKリオデジャネイロパラリンピック 陸上選手 辻沙絵”. NHK. 2016年9月15日閲覧。
  4. ^ リオパラ陸上銅メダルの辻沙絵が結婚「東京へ精進」”. 日刊スポーツ.com. 2018年2月10日閲覧。
  5. ^ 辻選手が結婚 リオパラリンピック陸上で「銅」”. どうしん電子版 (2018年2月10日). 2018年2月10日閲覧。
  6. ^ 重本沙絵(辻沙絵) (2018年2月8日). “2018年2月8日21:51のツイート”. Twitter. 2018年2月10日閲覧。
  7. ^ a b (4)パラリンピック陸上女子短距離…辻沙絵選手”. YOMIURI ONLINE (2016年5月27日). 2016年9月15日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 辻沙絵、金へ走る/パラリンピック100日前特集”. 日刊スポーツ (2016年5月30日). 2016年9月15日閲覧。
  9. ^ パラ陸上 転向1年半で快挙 辻沙絵400銅”. 毎日新聞 (2016年9月15日). 2016年9月15日閲覧。
  10. ^ “辻沙絵が銅メダル-世界パラ陸上”. 時事通信. (2017年7月24日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017072400178&g=spo 2017年8月16日閲覧。 
  11. ^ 函館市栄誉賞”. 函館市 (2016年11月1日). 2016年11月11日閲覧。
  12. ^ リオパラ銅・辻選手「東京ではもっといいメダル」 函館市が栄誉賞”. 北海道新聞社 (2016年11月11日). 2016年11月11日閲覧。
  13. ^ 日本パラスポーツ賞”. 読売新聞社 (2016年12月8日). 2017年7月26日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 2018年2月からは、 重本姓で競技を続ける(旧姓は辻)[1]

外部リンク[編集]