志村けん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイーンから転送)
移動: 案内検索
志村 けん
Shimura Ken Still alive.jpg
本名 志村 康徳(しむら やすのり)
生年月日 1950年2月20日(64歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都北多摩郡東村山町
(現・東村山市
血液型 A型
身長 166.7cm
方言 共通語西関東方言多摩弁(コントの役により)[1]
最終学歴 東京都立久留米高等学校
師匠 いかりや長介
コンビ名 カトケン
グループ名 ザ・ドリフターズ
相方 いかりや長介
高木ブー
仲本工事
加藤茶
芸風 コント喜劇
立ち位置 左端(ドリフ時代)
事務所 イザワオフィス
活動時期 1972年 -
同期 ビートたけし笑福亭鶴瓶 など
現在の代表番組 レギュラー番組
天才!志村どうぶつ園
志村座
スペシャル番組
志村けんのバカ殿様
志村けんのだいじょうぶだぁ
6人の村人!全員集合
過去の代表番組 加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ
ドリフ大爆笑
8時だョ!全員集合
ほか
作品 曲「東村山音頭
他の活動 トークバラエティ
配偶者 未婚
弟子 上島竜兵
公式サイト 志村けん オフィシャルサイト
志村けん公式ブログ
志村本舗
受賞歴
1999年 ゴールデン・アロー賞 芸能賞

志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 - )は、日本お笑いタレントコメディアン司会者。本名、志村 康徳(しむら やすのり)。旧芸名および台湾での表記は、志村健

イザワオフィス所属。身長166.7cm、体重65.3kg[2]。血液型A型。

人物[編集]

日本を代表するコメディアンの一人で、ザ・ドリフターズ(以下、ドリフと表記)の一員。

愛称は「志村」「けんさん」「しむけん」「けんちゃん」「ケン坊」など。

来歴[編集]

付き人からドリフ入り[編集]

1950年、小学校教諭であった父親の三男として東京都北多摩郡東村山町(現在の東村山市)に生まれ、厳格な家庭に育つ。本名の「康徳」は、父親が徳川家康を崇敬していたことにちなみ、頭の「徳」と尻の「康」をとり、逆さにした[3]。芸名の「けん」は、父親の名前に由来する。

幼い頃、厳格な父親の支配する家庭はいつも重苦しい雰囲気に包まれていたが、当時まだ珍しかったテレビのお笑い番組で漫才落語を見ていた時だけは、嫌な気持ちを忘れることができた。その時だけは、厳格な父親も笑いをこらえながらテレビを見ていたという。そのような体験から、お笑い芸人の世界に憧れを抱くようになった。

東村山第二中学校時代は文化祭でよくコントをしていたといい、所ジョージ(隣市・埼玉県所沢市出身)の遠戚とバンドを組んだこともあった。中学の頃から、将来はお笑いで仕事をやっていくことを決心したという。

その後、両親の方針で「お金がかからない都立に行け」とのことで、東京都立久留米高等学校に進学。同高の第1期生となる。志村の中学校から同高を受験したのは志村を含めて13人であったが、合格したのは志村1人だけであった。同高ではサッカー部にGKとして在籍した。

1968年、卒業間際にザ・ドリフターズの付き人になった。この際、リーダーのいかりや長介が志村を強引に東北地方巡業へ付き合わせたため、出席日数が足りなくなり中退の扱いにされてしまったと言われる[4]。2007年3月のブログでは、高校3年当時2月に付き人になり、3月の卒業式には参加したことを述べている[5]

初めは由利徹の弟子になろうとした。ついでコント55号かドリフのどちらに弟子入りするか迷ったが、音楽性の面からドリフを選び、1968年の2月にいかりやの家へ直接押しかけ、雪の降る中を夜中にいかりや本人が帰って来るまで12時間ほど待ち続けた。1週間後にいかりやから弟子入りを認められ、ドリフの付き人となる[6]。当時のドリフは積極的に音楽活動を行っていたため、仲間内では「付き人」ではなく「バンドボーイ」(通称ボーヤ)と呼ばれていた。

加藤茶の付き人となる[7]が、1年余りで一度脱走[8]し、バーテンダーなどのアルバイトをしたりしていた。戻ってくる時はいかりやの家に行きにくかったので、加藤の家に行って頼み、いかりやへ口添えしてもらったところ、「2度も弟子入りするやつはよくよく好きなんだろう」と、出戻りを認めてくれた。その後、しばらく加藤の付き人兼加藤家居候となる。志村は運転免許を持っていないため、無名の付き人だったにもかかわらず、当時国民的人気者の加藤が運転する車の助手席にふんぞりかえったまま、帰宅。加藤を差し置いて母親に晩御飯を用意してもらったり、先に風呂に入ったりという大物ぶりを発揮していた。

1972年、22歳の時に井山淳とお笑いコンビ・マックボンボンを結成し、芸能界デビュー。井山のボケに対して、志村が立ったままの姿勢から足で顔面にツッコミを入れるなど、身体を張ったネタを披露し、歌謡ショーの前座で人気を獲得していく。10月には早くもコンビの名前を冠したテレビ番組『ぎんぎら!ボンボン!』(『シャボン玉ホリデー』の後番組で、後に『シャボン玉ボンボン』に改題)に出演が決まり、幸運なテレビデビューとなるが、知名度の低さ、ネタの少なさもあり人気は低迷(いかりやはテレビのレギュラーが決まる前からその事を危惧していた)。12月31日放送分で番組は打ち切りとなり、この時点で井山が脱退(失踪)。コンビはその後、自衛隊出身の福田正夫を相方に迎え心機一転を図るが、福田はそもそも芸能界志望ではなく、ネタ合わせも全く身が入らない有様で、結局、自然消滅へと向かう(この頃の芸名は「志村健」の表記が多かった。なお「志村健」の芸名は、現在台湾で使用されている)。志村はその後ドリフターズの付き人に戻り、1973年12月、「メンバー見習い」の扱いでドリフに加入する[9]

1974年3月31日をもって荒井注が脱退し、4月1日に正式にドリフのメンバーとなる。この時、いかりやは自分や荒井と同年代の新メンバーの加入を検討していたが、加藤の推薦により若手の志村が起用された[10]。当時、志村は24歳だった。

「東村山音頭」でヒット[編集]

ドリフの正メンバーになって2年間ほど(この頃の芸名は「志村ケン」の表記もあった)は、志村にとってスランプの時代でギャグがあまり受けずに苦しむ。

転機となったのは、『8時だョ!全員集合』の「少年少女合唱隊」のコーナーで「東村山音頭」を歌ったことで、これにより一躍人気者となる。きっかけは1976年3月6日新潟県民会館での公開生放送での同コーナーで、新潟にちなんだ歌として「佐渡おけさ」を全員で歌い、その後にゲストやドリフメンバーの故郷の歌をそれぞれ歌うという趣向であった。そこで志村は地元の「東村山音頭」を披露することになり、制作段階でリメイクを施して4丁目が完成。これがいいということで、さらにリーダーのいかりやが3丁目を作詞・作曲し、志村の作詞・作曲による1丁目が加えられて、この3曲を本番でまとめて歌った。すると「毎回このコーナーの最後に歌った方がいい」ということになり、ついには各丁目ごとの衣装が作られるまでになり、特に1丁目は毎回様々な衣装で観客や視聴者を笑わせた。志村の「東村山音頭」は東村山市の知名度向上にも大きく寄与した(詳しくは後述)。

ドリフのコントでは大概ボケ役だったのでボケのイメージが強いが、マックボンボン時代はツッコミ役であり、『全員集合』でいかりやがポリープの手術後で声を出せない時に、メインのコントでいかりやの代役としてツッコミ役を演じたこともある。『全員集合』の後半コントなどでも女性歌手や加藤をボケ役に立て、自らはツッコミ役に回るコントもあった。1980年代後半以降の自らの冠番組でもツッコミ役が相当あり、現在も『バカ殿様』でダチョウ倶楽部相手にツッコミを入れて落とすことがある。『NHK紅白歌合戦』の応援コーナーでビートたけしとコントを演じた際も、ボケ役はたけしが演じ志村はひたすらツッコんで話を展開させていた。

この頃、同じ渡辺プロダクション所属の2歳先輩である沢田研二との、コント内でのやり取りと息の合ったコンビネーションが絶大な人気を呼ぶ(詳細は#沢田研二との関係を参照)。

1979年には加藤茶との「ヒゲダンス」、1980年には「♪カラスの勝手でしょ〜(童謡『七つの子』の替え唄)」が人気を博した。

1981年2月18日仲本工事・『全員集合』番組プロデューサーの居作昌果と共に競馬のノミ行為の容疑で任意聴取を受け書類送検されたことが発覚。当時の新聞の社会面やトップを飾り、朝日新聞の見出しは「ノミ馬券だョ!全員集合」であった。賭け額が多額であった仲本と居作は略式起訴罰金刑となったが、志村は賭けた金額が1万6千円と少額であったことから起訴猶予処分となった[11]。とはいえ、この事件で1か月間謹慎となり、以降しばらく『全員集合』などへの出演を見合わせ、当時ドリフ全員で出演していた永谷園のふりかけのCMも、志村・仲本を除く3人のみが出演しているバージョンに改められた。また、『ドリフ大爆笑』で加藤茶とのコントで、加藤の馬を使ったボケに対して「俺あんまり馬で良い思い出ないんだよ」と語り、加藤が苦笑いで「俺随分働いたっけねあの時」と述べたことがあるなど、他のコントでも、加藤が志村に対してノミ行為のことをけしかけて笑いを取るという場面があった。ずっと後になり『ダウンタウンDX』に出演した際にもこのことに触れ、事件当時いかりやも賭けに加わっていたことを暗に仄めかしたものの、真相は明らかにしなかった。

冠番組へ[編集]

1985年に『全員集合』が終了する。1986年に加藤をボケ役、自らをツッコミ役とした番組『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタートする(1992年まで)。その後、自身をメイン出演者とした初の冠番組『志村けんの失礼しまぁーす!』(日本テレビ)、『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ(現在は単発不定期で放送中))、現在も続く『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ)などで、ドリフメンバー以外(田代まさし松本典子桑野信義石野陽子ダチョウ倶楽部)などとの活動が多くなる。 この頃から「変なおじさん」に代表されるような、ドリフとは一線を画す独自のコントスタイルを確立し、第2の人気ピークとなる。

1988年の大晦日には、当時フジテレビアナウンサーであった山中秀樹と共にニュース番組『デイトライン特別版』のキャスターを担当した。しかし、1992年頃から数年間に渡り一時的な低迷期を迎える。

1996年にはゴールデンタイムのレギュラー番組を失い、フジテレビで深夜枠の放送となる「志村〝X〟」、「志村〝XYZ〟」、「Shimura〝X〟天国」の番組を担当した(2000年まで)。

死亡説[編集]

1996年9月頃、突如として「志村けん死亡説」が全国的に流れた。

噂は尾ひれがついて拡大し、「群馬県赤城国際カントリークラブで急性心筋梗塞を起こし急死した」、「尾瀬を観光中に尾瀬沼に落ちて溺死した」、「煙草の吸いすぎが原因の肺ガンで、宇都宮がんセンター栃木県立がんセンター)で死んだ」、「栃木県の国道で交通事故に巻き込まれて事故死した」、「死んだことは四十九日法要が過ぎてからでないと公表されない(この時期に亡くなった渥美清が、遺言に四十九日法要が済むまで公表するなと書いていたことからと言われている)」、「今放送している番組は生前に撮り溜めしたもの」などと具体的な内容の噂に発展。栃木県立がんセンターが「志村さんは入院していない」という異例の声明を出すに至り、9月28日には本人がインターホン越しに記者会見し健在をアピールする事態になった。

この時期、志村は健康で入院が必要な大きな病気やケガもしておらず、噂の発生原因は不明だが、志村のゴールデンタイムの全国ネット番組が終了したことが信憑性を高めたものと見られる。騒動が収まったのち、読売テレビのバラエティ番組『ダウンタウンDX』に志村とともに出演した高木ブーが自身が聞いた発生説として「この時期に「しむらけん」という人が北関東地方[12]で亡くなり、それが志村と混同されたからだ」と語っている。このことを知らなかった志村自身も驚いていた。

志村はこの騒動をちゃっかりネタにしている。騒動の直後に収録された、不定期放送番組『ドリフ大爆笑』の「公開コント」(修行僧コント)では、加藤茶に「あ、知ってる?志村けんが死んだってよ」とネタにされ、本人が苦笑しながらツッコんだ。また翌年の『志村けんのバカ殿様』では猿岩石との「母子コント」で「母ちゃんだって、死んでたって噂になってたよ」などギャグにされ、母親役の志村は「その頃『電波少年』で旅をしていたのになんで知ってんだよ」とやり返していた。

さらには、死亡説直後に放送された『志村X』の第1回放送では、コントの中で志村が「ガンじゃありませんよ!死んじゃあいませんよ!」というセリフを入れて、笑いにしていた。

その後から現在[編集]

1997年後半以降、バラエティ番組のゲストとして呼ばれることが多くなった。また、子供の時にテレビで志村を見て育った芸能人などから再び注目され始め、第3の人気ピークを迎える。ただし以前のピーク時とは異なり、重鎮的なポジションで扱われる立場となったこともあり、全盛時と比べて露出度は穏やかなものとなっている。

1998年12月30日夜、TBSの『21世紀プロジェクト〜年越し30時間テレビ 今日だけお見せ数々の名番組大集合!〜』の後半に、加藤と共に出演。

『古畑任三郎』の犯人役のオファーを断るなど、一貫してコントやバラエティ以外のテレビ番組や映画等の作品には出演しないことを信条としていた志村だったが、1999年には映画『鉄道員(ぽっぽや)』に俳優として出演した。自宅の留守番電話に主演の高倉健直々の出演依頼のメッセージが残されていたため、「健さんの申し出があったのに出演しないとは言えなかった」と断れなかったという。この時の録音テープは、家宝としてその後も大切に保存しているという。

『バカ殿』で共演していた先輩コメディアンの東八郎に「東さんはいい歳になってもなぜ馬鹿な演技ができるのでしょうか」と尋ねた時、東から「芸人が本当は利口だと思わせようとしたり、文化人面(づら)したりするようになったらおしまい」と言われた。志村はこの言葉に深く感銘を受け、東に尊敬の念を抱いていたと何度も発言している。

1990年代半ばあたりまでの志村は非常に照れ屋で、フリートークが苦手だったため、トーク主体のバラエティ番組への出演はほとんどなかった。トークバラエティ番組に出た時は歓迎されたが、やはりツッコミが主な仕事であった(これは他のドリフメンバーにも共通する特徴であった)。当初はほとんどがコント用のかつらにメイクをした姿(変なおじさん、バカ殿など)での出演であったが、これはそれまでコント一筋だった志村にとって、バラエティ番組に出演することは勝手が分からず気恥ずかしいという気持ちからである。「自分自身のことを語るトーク番組の出演は苦手であり、地声は低音である」と、2002年5月29日に放送された『わたしはあきらめない』(NHK制作)で語っている。しかし、その後ダウンタウンの番組に頻繁にゲスト出演する経験を経て、素顔でも出演するようになった。現在はどちらでも出演している。

2000年9月24日東京ドームで野球観戦時に隣の席に座っていた(志村の)ファンの子供にサインをあげたが、翌年の正月のバカ殿にゲスト出演した元木大介が「あの時にサインをあげたお子さん、実は斎藤さん(斎藤雅樹)の息子さんですよ」と明かし、志村は驚愕している(この日に、元木・斎藤の所属する読売ジャイアンツはリーグ優勝を達成した)。奇しくもこの日、志村の愛弟子的存在であった田代まさしが自身の転落人生の発端となった盗撮事件(所謂ミニタコ事件」)を起こして警視庁書類送検されている(詳細は田代まさし#書類送検・芸能活動の休止を参照)。

2001年、「けん♀♂けん」として、研ナオコとのデュエット曲「銀座あたりでギン!ギン!ギン!」をリリース。2002年4月、ハロー!プロジェクト所属のミニモニ。と共に「バカ殿様とミニモニ。姫」として活動。持ちギャグの「アイーン!」を冠した曲を歌った。

2001年12月、共演していたタレントで志村の「弟子」的存在だった田代まさしが、男性宅の風呂を覗き見および覚醒剤所持で2度目の逮捕をされたことに対し、桑野信義と共に「あいつは最低なことをしたのだから芸能界から消えてもらいたい」とコメントした(のち2009年11月に、志村の楽屋に田代が訪れて土下座したことを自身のブログで報告し、ブログ上で田代にエールをおくる。しかし田代は、2010年9月にまたも逮捕された)。

2004年4月15日日本テレビ系で、自身がMCを務める動物バラエティ番組、『天才!志村どうぶつ園』がスタート。元来の動物好き、シャイで涙もろい人柄をそのまま番組に活かし、人気番組となる。当初木曜日午後7:00からの放送だったが、2007年4月から、土曜日午後7:00からに枠移動している。

2004年12月7日、東京都三鷹市内の自宅に泥棒が侵入し、時計や宝石類1000万円相当と現金40万円を盗まれる被害に遭った。本人は会見で「迷惑だねぇ」と困惑の色を隠せなかったが、のちに「ちゃんと仕事して金稼いで下さい」と犯人にコメントし、最後に「だいじょうぶだぁー」と締めた。後に『天才!志村どうぶつ園』でこの事件が取り上げられた際、ペットの犬たちは人懐こいため泥棒に吠えなかったことが明かされ、「番犬にならない」と苦笑していた。また、ホームセキュリティに加入していたにも関わらず、警備員が駆けつける前に盗難被害に遭ったことも話題となった。似たような事件が2年前小出義雄の自宅でも起こっており、約500万円の現金が盗まれている。小出は「警察には被害届を出さない代わりに、その金を元手に商売するか、まっとうに仕事をしろ!」と犯人にアピールした。志村のコメントは小出のアピールを引用したものと思われる。

2005年、ビートたけしと組んで1時間半のコント番組『たけし☆志村 史上最強の爆笑スペシャル!!』を制作。ダチョウ倶楽部やたけし軍団の一部も参加した。番組の最後には、志村の三味線とたけしのタップダンスの競演が披露された。

2006年4月に「理想のお笑い」を追求すべく、東京芸術劇場で『志村魂(しむらこん)』と銘打って公演。前半に「バカ殿様」とコント1本、後半は藤山寛美の作品『一姫二太郎三かぼちゃ』をラサール石井がリメイクした舞台を上演した。

2007年6月には、東京芸術劇場と中日劇場で第2弾『志村魂2』を上演。第1弾の演目に加え、「津軽三味線」が上演された。2008年5月から7月にかけては、全国で第3弾『志村魂3』を上演。後半に藤山寛美の作品『人生双六』をリメイクした舞台を上演した。2009年7月には、銀河劇場と中日劇場で第4弾『志村魂4』を上演。2010年7月から8月にかけては、全国で第5弾『志村魂 -初午の日に-』を上演。後半に『初午の日に』を上演した。2011年7月には、天王洲銀河劇場で第6弾『志村魂 -初午の日に-再び!』を上演。2012年6月から7月にかけては、全国で第7弾『志村魂 -先づ健康-』を上演。後半に『先づ健康』を上演した。[13]

現在では健康オタク、動物愛好家としても知られている。そのためか、最近ではお笑いタレントと言うよりコメンテーター色が強くなっている。ただし、現在のトーク主流のテレビ番組のあり方については、自説として、いくつかの雑誌などでのインタビューで疑問符を投げかけている。また、最近のテレビ不況についても嘆いており、自身のコントでも「クイズ番組が多すぎる」「時代劇が不振」と苦言を呈している。

自身のブログをほぼ定期的に更新しているが、日々の生活とともに自身の体調についての話題も不定期に書き込まれており、近年は体調の変化が書き込まれる機会が増えている。

持ち芸[編集]

  • 『全員集合』や『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』などで、スイカを異常に速く食べる芸を披露した。使用したスイカはテレビに映らない裏側部分が削り取られており、身の部分は非常に薄い(通称「ドリフカット」)ものだったが、フジテレビの『めちゃ×2イケてるッ!』では削られていない通常のスイカでも早食いができることを証明した(『全員集合』時代には、観客から貰ったスイカ(スタッフが仕込みとして用意しておいたもの)をその場で食べてしまったこともある。早食いはしていない)。
  • 「あなたは神様ですか?」「とんでもねえ、あたしゃ神様だよ」というギャグは、アメリカの小説『競売ナンバー49の叫び』のヴェスパーヘイヴン養老院のシーンからの引用という説がある[14]
  • 様々なキャラクターに扮しているが、その中でのお気に入りベスト3は、という質問をされたとき、志村は「バカ殿様、変なおじさん、そして一番はひとみ婆さん」と答えた。
  • 2008年6月21日放送の『志村どうぶつ園』のロケで、目を細め五木ひろしのものまねをして見せた。

『8時だョ!全員集合』・『ドリフ大爆笑』時代[編集]

東村山音頭
童謡の替え歌
「カラス、なぜ鳴くの、カラスの勝手でしょ」の元ネタは「七つの子」で、裏番組『欽ちゃんのドンとやってみよう!』内コーナー「レコード大作戦」の視聴者投稿作品でもあった。志村自身は「赤坂界隈の子供が言っているのをもらった」と言っている。当初は少年少女合唱団のコーナーで披露されたが、好評を博したため、冒頭のコント内で披露された。劇の最中、突然カラスの操演物(可動式のぬいぐるみ)が登場し、「カー、カー!」と鳴き声を発するのを合図に歌われる(同時に観客の子供たちも声をそろえて歌う)。最後に志村が観客席に向かって、威張り口調で「ありがとうございました!」と言って締める。三船敏郎はこの歌が大好きであった。
ぞうさん」の「かあさん」の部分を、当初は「ちんちん」に替えて歌っていたが、視聴者からの苦情が殺到し、2週ほどでやめさせられた。その後、「そうよ、短けりゃ、ブタなのよ」という歌詞に改められた。
「赤い靴、履いてたら脱げた」(「赤い靴」の替え歌)
「あんだ、バカヤロー!」、「おこっちゃヤーヨ!」
いかりやに対して反抗の意志を示すために、腕とあごを突き出してポーズをとる。「アイーン」はこの時のポーズが後に転じたもの。
ディスコ婆ちゃん
1970年代のディスコソング風BGMに乗って激しく踊る。合間にしきりに「あーぁ」「ゲェッ!」「サンキューベイベー」と喚く。
キョーデー・ナンデー
加藤茶とのコンビ。お互いを「キョーデー」(兄弟)・「ナンデー」(何だい)と呼び合い、『ヤン坊マー坊天気予報』の替え歌を歌い始める。「大きなものから」(志村)「小さなものまで」(加藤)のところでお互いの股間を指し合うが、途中で2人ともいかりやにどつかれてオチがつく。
ジャンケン決闘
西部劇の酒場風セットにて行う「最初はグー」で始まるジャンケン。仲本工事とのペア。敗者には罰ゲーム(水や膨らむ風船などをズボンに入れられる、透明ケースを頭に被せられ多量の粉(呼吸器への影響を考慮して喉の薬を使用)を注入されるなど)が待っている。
後に「最初はグー、またまたグー(または「お次はチョキ」)、いかりやチョー介、頭がパー、正義は勝つ!」になった。最後の「勝つ」の部分はグーを出す。なお、本人および加藤茶によると、「最初はグー」は、ジャンケンする人数が多すぎる場合にタイミングを合わせるべく、『全員集合』の現場で始まったという。これにより、ジャンケン掛け声の第一声に「最初はグー」と言うのが世間に広まったとされる[15]
ヒゲダンス
加藤茶とのコンビ。黒タキシードと付けヒゲを着用し、煉瓦の壁をバックに踊りながら様々な芸を披露する。エレキベースによる印象的なBGM(『「ヒゲ」のテーマ』)は、ソウルの「Do Me」をたかしまあきひこがアレンジしたもの。たかしまによると、ソウル通の志村がテディ・ペンダーグラスの「Do Me」のレコードを持って来て「これと似たようなBGMできないかな?」と言ったという。ちなみに付けヒゲは、振付師兼ギャグアドバイザーだった藤村俊二のトランクから拝借したと、藤村本人が語っている。
私ってダメな女ね
桜田淳子との夫婦コント。『全員集合』の後半戦で、桜田がゲスト出演するたび毎回のように披露された。何をやっても駄目な新妻・桜田を、夫・志村が事細かく叱りまくり、叱られるたびに桜田が「私って駄目な女ね。あなたの妻でいる資格なんかないわ」と泣き崩れる(切ない音楽と共に照明が暗くなる)。そのたび、志村がなだめて桜田をおだて、(軽やかな音楽と共に照明が明るいピンク色になり)明るい表情に一変した桜田が「淳子、しあわせ…」と愛される幸せをかみしめる…というパターンを何度か繰り返す。(例:桜田「お帰りなさい、あなた。ご飯にする?それともお風呂にする?」志村「じゃ、お風呂」というと桜田がお風呂に水を入れておくのを忘れていた。あるいは、ご飯炊くの忘れていた等)。ところが、志村の背広のポケットから“おさわりバー・百恵”という文字の入ったマッチが出てきて(“百恵”は山口百恵のこと。桜田と同じ花の中三トリオで親友かつライバル)、逆に桜田が志村を徹底的に糾弾。志村が「私って駄目な男ね。あなたの夫でいる資格なんかないわ」と泣き崩れてオチがつく。
パターン踏襲スタイルの古典的なコントではあるものの、志村と桜田のキャラクターと演技力に加えて、BGMや照明などの舞台効果が高度に計算されており、何度見ても笑えると評判になった。
お食事タイプライター
上記の夫婦コントの中などでも、たびたび行われていたギャグ。食事の前に「何かいい音楽ないの?」と志村が切り出し、相方がテープレコーダーのスイッチを入れると、ルロイ・アンダーソンの楽曲「タイプライター」が流れてくる。最初は普通に食べているが、余りのテンポの速さにせわしない食べ方になってしまい、「チーン、サッ」の音とともに、素早くカメラ目線をしては元に戻るという動作を繰り返す。最後には「やめろよ! 落ち着いて食事ができないじゃないか!」と志村が怒ってオチがつく。
借金取り
加藤、女性ゲストとの三人で演じる時代劇コント。志村演じる病気の父と健気に看病する娘のもとへ、加藤演じる借金取りが現れて返済を迫る。加藤が「借金のカタに娘をもらってくぜ!」と言って強引に娘を連れ出そうとすると、志村が「加藤の旦那、それだけはご勘弁を!」と加藤を何度も壁に叩きつけたり、プロレス技をかけたりと散々痛めつけ、倒れた加藤が「おい、借金はいいからよ、医者呼んでくれ…」と音をあげてオチがつく。
ドリフ大爆笑』ではこのパターンをテレビ画面に映し、その傍で女性が着替えや入浴で服を脱ぐごとに、志村と加藤がコントそっちのけで目移りしてしまうなどのメタ的な変化を加えた派生型のコントも存在する。
バカ殿様
歌舞伎「一条大蔵譚」のパロディ。フジテレビでのシリーズが有名だが、1980年前後に『全員集合』で披露されたコントが原型と言われている。橋幸夫演じる立派な殿様の影武者として、いかにも愚者らしい白塗りの顔の志村が抜擢され、城内で大騒動が起こる・・・という内容だった。バカ殿に振り回される家老はいかりやが演じた。コナミよりファミコンソフト「ハイパーオリンピックバカ殿版」が発売され、コント内でも使用された。当時は黒澤明の映画『影武者』が話題になっており、橋幸夫も漫才コンビザ・ぼんちに物まねをされて再ブレイクしていた。
志村、後ろ!
コント劇で志村の背後にお化けなどの恐ろしい存在が現れ、それに志村が気づいていない(という演技をしている)時、観客(主に子供)が叫ぶ言葉。志村が能動的に行うギャグではなく、観客の偶発的なリアクションだったが、同種のコントを披露するたび「志村、後ろ、後ろ!」と客席から声が飛ぶようになり、番組中の一種の「お約束」になっていった。
後輩コメディアンいわく「舞台上の演技にタイミングを合わせて『後ろ、後ろ!』と声を掛けるのが難しく、プロのコメディアンであっても意識的に再現できる物ではない」という。
観客のリアクションに関して、志村は番組終了後の特番で「朝からリハーサルやってんだから言われなくてもわかってるんだよ」と述懐している。生放送中にも、観客席の子供に向かって「言われなくても分かってる!」と言い返していたことを、同特番で加藤茶に暴露された(真偽は不明)。
お前、それはないだろう[16]
地位が上のいかりやの横暴にじっと平伏しているが、途中でいきなり強気で反論し始める。現在で言う“逆ギレ”。相手を指差しながら殿様のように淡々と言うバージョンもある。
勝手にシンドバッド
沢田研二の「勝手にしやがれ」とピンク・レディーの「渚のシンドバッド」の音をコラージュし、音に合わせて両方の振り付けで踊るが、どんどん滅茶苦茶になっていく。後年に作成されたサザンオールスターズのデビュー曲「勝手にシンドバッド」はこれがヒントになっている。
魅せられて
ジュディ・オングの「魅せられて」のパロディ。例の真っ白な衣装を着た志村にバックライトが当たり、ゴツゴツした体型がシルエットになって浮かび上がる。
ジャイアント馬場のものまね
「オッポー!」(「アッパー」と「オッポー」の中間)と声を発しつつ、ギクシャクとしたスローモーな動きを真似る。アントニオ猪木のまねで、アゴをしゃくれさせて「なんだ、この野郎!」と叫ぶこともあった。加藤と一緒に馬場と猪木のハリボテ面を被る場合もある。
宮崎美子・ピカピカに光って
宮崎美子が出演したミノルタカメラのCMのパロディ。CMソング(いまのキミはピカピカに光って)をBGMに服を脱ぎビキニ姿になり、腹の贅肉をつかんで「みやざきよしこー!」と一言。仲本や加藤が背景の木を持って補助。なお志村は宮崎のファンで、初対面の際には真っ赤になって照れて一言も話せなくなった。
マダムヤーン
1982年にハウス食品から発売されたインスタントラーメン「楊夫人」(マダム・ヤン。現在絶版)のCMソングがモチーフ。若い女性アイドル歌手に「○○ちゃーん(アイドルの名前)、マダムヤン、マダム・ヤーン♪」と歌いながら奇妙な手つきでからむ。
ピッカピッカの一年生
1980年の小学館小学一年生』のCMがモチーフ。主に場面転換で舞台から退く直前、加藤茶と並んで「俺達○○するかなぁ?」「分かりません」「ピッカピッカの、一年生、ビシッ!」とやりとり。大抵は直後2人ともいかりやにどつかれ、急かされる様に一旦退場する。
アー・ミー・マー 
英語の一人称変格のI - MY - ME - MINEと、志村が好きなビートルズの曲「アイ・ミー・マイン」("I Me Mine")にヒントを得て変化させたもの。学校コントの英語授業で、いかりやが志村を指名して変格を言わせる際のお決まりとなっていた。以後、ユー・ヤー・ユー(YOU - YOUR - YOURSの誤用)、ヒー・ホー・ヒー(HE - HIS - HIMの誤用)、シー・ハッ・ハー(SHE - HER - HERSの誤用)と続き、シー・ハッ・ハーの時は一段と声を荒げ、おかしな顔をして笑いをとる。
「正しい英語教育の支障になる」として、「カラスの勝手でしょ」と共にPTAから槍玉に挙げられたが、居作昌果は著書『8時だョ!全員集合伝説』にて「日本に正しい英語教育そのものが存在していない」と反論している。
テレビ人形劇『飛べ!孫悟空』では、孫悟空の変身の際の呪文としても使われた。また、このギャグがエスカレートしたときの志村の振り付けが、後年に生み出された持ち芸の一つである変なおじさんの振り付けに転用されている。
その他
「5秒前!、4、3、2、1」「デーン」「ビシッ!」(加藤茶とのペア、ノミ行為による出演自粛中にネタおろしされ、フリはいかりやが担当していた)
Here we go, everybody, come on rock'n roll(ゴーゴーダンスの振りをつけながら、野太い声で。スネークマンショーのネタである「咲坂と桃内」を真似たもの)
あーあ、か・・・はたまたやーや、か・・・ しからずんば ぬーぬ、か・・・(バカ殿コントの導入部で暇をもてあました殿が独り言のようにつぶやく)

『加トちゃんケンちゃん』・『だいじょうぶだぁ』以降[編集]

だいじょうぶだぁー、ウェ、ウェ、ウェ
3連の団扇太鼓を叩きながら「だいじょうぶだぁー」「ウェ、ウェ、ウェ」と言い、相手もその都度同じことを繰り返す。「ウェ、ウェ、ウェ」は「ウァ、ウォ、ウェ、ウィ」など時々変わる場合がある。
志村の兄が福島県喜多方市の女性と結婚し、その家に志村が遊びに行った時に、そこの家のお父さんから「あがっせ、あがっせ、だいじょぶだぁ」さらに「食べっせ、食べっせ、だいじょぶだぁ」と言われたのが起源となる。
また他説として、岩手県西和賀町にロケで宿泊した旅館の夕食にて、珍しい郷土料理を見て「これ、食べても大丈夫ですか?」との質問に、親父さんが「だいじょうぶだぁ、クェ、クェ、クェ(食べなさいの意)」と答えたのが語源となる。
後にこれが『志村けんのだいじょうぶだぁ』の契機となる。また同番組放送開始直後に、裁判コントで桑野信義らがインスパイアした。
ケンちゃんブー
加藤茶の「加トちゃんペ」に対抗するギャグとして編み出されたが、まったく定着しなかった。
変なおじさん
「何だ、チミ(君)はってか? え?」「そうです、私が変なおじさんです!」
変なおじさんがコントのオチで言うセリフの「だっふんだ」は、桂枝雀の落語に出てきた「偉い人のくしゃみ」が「だっふんだ」に聞こえたのがきっかけ[17]。「♪あはは、うふふ、えへへのおほほでだっふんだ」の歌は、四代目三遊亭金馬らの人気番組『お笑い三人組』のメロディーを使用している。
変なおじさんのメロディは、沖縄民謡のハイサイおじさんが原曲だと言われている。
アイーン
もともと「アイーン」というセリフはなく、“怒っちゃヤーヨ!”の腕の位置がもう少し下がったポーズである。また、志村自身は「アイーンはギャグじゃない。ただのポーズだ。」と述べている[18]
岡村隆史は、「アイーン」という音の考案者は木村明浩バッファロー吾郎)であると語っている。過去に木村が、上記の志村のポーズにオリジナルで「アイーン」と音を付けて披露していた。これを覚えていた岡村が、志村との競演時に木村同様に音をつけて「アイーン」を行い、志村が逆にそれ取り入れたことで、現在のものになったという。また、人気番組『進ぬ!電波少年』(日本テレビ)で、なすびが志村の真似をした際に「アイーン」と声を発したことで、全国的に認知されるようになった。
ウンジャラゲ
クレージー・キャッツのカバーだが、歌詞と振り付けの一部がオリジナルとは異なる。
ひとみ婆さん
メガネをかけた手の震えるばあさん。「ひとみと申します。ひぃちゃんと呼んでください」。非常に目が悪く物や人を見るときは近距離で見る。いつも早起きで、マッサージのコントでは、客をマッサージ中に寝てしまうことが多く、客から「寝てたんじゃないの?」や「起きてる?」などといったことを言われ、それに対しひぃちゃんは「寝えませんよ。」や「起きてましたよ」などと答える。一人の孫がいる。おじいさんは年上で、すでに他界している。
その他
爺さんや、婆さんや(田代まさしとの掛け合い)
ご、ご、ご、5時!?(いしのようことのコンビ)
そこまで言う!? 早見優北天佑しょうゆラー油、アイラブユー。仲直り!(いしのようことのコンビ)
陽子さんや、メシはまだか?(いしのようことのコンビ)
うわぁ、効くなぁ(栄養ドリンクを飲んだ後に言う)
糸まきまき、糸まきまき、ひいてひいてとんとんとん
いいよなおじさん(「○○はいいよなぁー」と言って、勝手に人のものを食べたりするが、何故か憎めない)
いえいえおじさん(小心者で「いえいえ…」と遠慮するが、結果的にヤクザを退治したり、トラブルを解決してしまう。本人は割と気に入っていたキャラだったが、出番に恵まれず埋もれてしまった)

TV・ラジオ出演[編集]

この節では志村自身の出演作品を記述する。

テレビ[編集]

レギュラー番組

単発・不定期番組

以前の出演番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

映画・舞台[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 沢田・志村の「さぁ、殺せ!」(2003年)
  • 志村魂(しむらこん)(2006年4月)
  • 志村魂2(2007年6月)
  • 志村魂3(2008年5~7月)
  • 志村魂4(2009年7月)
  • 志村魂 -初午の日に-(2010年7,8月)
  • 志村魂 -初午の日に-再び!(2011年7月)
  • 志村魂 -先づ健康-(2012年6,7月)

音楽・出版物[編集]

CD・レコード[編集]

著作[編集]

  • 変なおじさん(日経BP社
  • 変なおじさんリタ〜ンズ(日経BP社)
  • 志村流 金・ビジネス・人生成功の哲学(マガジンハウス
  • 志村流 遊び術(マガジンハウス)
  • 志村けん わたしはあきらめない(KTC中央出版
  • これでカラダだいじょうぶだぁ!〜志村けんのズボラ健康塾(アスコム
  • 月刊CIRCUS連載 やっぱり志村さんに訊こう。(KKベストセラーズ
  • 変なおじさん(書籍)
  • 志村流(書籍)

漫画[編集]

  • わ〜お!ケンちゃん(作:竹村よしひこ小学館コロコロコミックス、全6巻、1991年 - 1995年)
    • 志村をディフォルメした小学生「志村ケン太」が主人公のギャグ漫画。ほかのドリフメンバーでは加藤茶がケン太の親友「加藤茶太郎」で、いかりや長介がケン太の通う小学校の校長「おこりや長介」というキャラクター。
    • それ以外の芸能人では、ビートたけしやウッチャンナンチャン、宮沢りえデーブ・スペクター(デブ・スペクターというデブキャラに設定されている)やダウンタウン、観月ありさジミー大西津川雅彦(当時、出演していたパナソニックのテレビ受像機「画王」CMキャラクターの王様で)、間寛平ルー大柴島木譲二ラッキィ池田、タモリ、加勢大周(モチーフは加勢だが、「汗体臭」と言う名前の汗臭いキャラに設定されている)、山田邦子などのデフォルメキャラがいる。そのまんま東(現:東国原英夫)もさりげなくキャラとして描かれていた。
    • 連載開始当初は『元気いっぱいシムラくん』というタイトルだったが、すぐに上記タイトルに変更された。なお、志村の通う小学校は板橋区志村小学校となっていて、実際に板橋区立志村小学校として存在するが、無関係である。

ゲーム[編集]

TVゲーム[編集]

パチンコ[編集]

  • CRフィーバーしむけん(2000年、SANKYO
  • CRフィーバーバカ殿(2002年、SANKYO)
  • CR志村ワールド(2006年、SANKYO)
  • CRフィーバー変なおじさん(2007年、SANKYO)

パチスロ[編集]

  • シムケンG(2000年、ダイドー
  • シムケンS(2000年、ダイドー)
  • 変なおじさんS(2002年、ダイドー)

エピソード[編集]

音楽[編集]

ソウル・ミュージックファンクジャズなど、あらゆる分野の音楽に興味を示し、自宅には膨大な数のレコードやCDのコレクションがある。「ヒゲダンス」で使用されたBGMがテディ・ペンダーグラスの「Do Me」のリフループしたものであったり、「ドリフの早口ことば」が当時、渡辺音楽出版が発売権を買い付けたシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」の印象に、ウィルソン・ピケットの「Don't Knock My Love」のバックトラックをはめ込んだものであったりしたが、これは当時ソウル・ミュージックを好んで聴いていた志村が探し出して推薦したものである。更に志村加入後に発売されたドリフターズのシングル「ドリフのバイのバイのバイ」では、志村によるソウルフルな合いの手も聞かれる。また、かつて音楽誌『jam』でソウル・アルバムのレビューを書いていたこともある。

ドリフにおける担当はキーボード。過去のバンド演奏でキーボードを弾いている姿が見られる。しかし、高木ブーは「ギターだった俺が荒井の担当だったキーボードになって、ギターしか弾けない志村がギター担当になった」と発言している[19]。番組内でビートたけしのタップダンスに合わせて三味線を弾いたり、コントで霊媒師を演じた時には琵琶ギターのテクニックの一つであるチョーキングを披露するなど、元々のバンドマンとしての技能が見られる。

なお、『志村けんの全員集合 東村山音頭』はザ・ドリフターズ名義の曲として、唯一加藤以外がソロボーカルとなる曲である。

中学以来のビートルズファン[20]。このためか、中学時代に畑でバンドをやっていたという(兄談)。ビートルズの日本公演を観に行った際、持参したカメラで1枚のみ隠し撮りをしており[21]、その写真をパネル化してテレビ番組で公開したことがある。その写真ではジョン・レノンが丸いサングラスをかけており、1966年7月2日公演と分かる。同日の公演は、音源・映像とも、公式には一切収録されていない。

近年は津軽三味線を趣味としており、上妻宏光の指導を受けて短期間で上達、舞台(『志村魂』など)の後半で度々披露するようになっている。なれそめは、上妻の楽曲「紙の舞」を聴いて感銘を受けた志村が、その曲が弾けるようになりたいと上妻に指導を頼み込んだことにある。当初、上妻は「紙の舞」は非常に高度な技術が要求されるため、志村には基礎的なじょんから節から教えようと思っていたにもかかわらず、予想を超えるスピードで志村が「紙の舞」を習得してしまったという逸話がある。志村は、この上妻の楽曲「紙の舞」を舞台で度々演奏する。

ドリフメンバーとの関係[編集]

ドリフのリーダーであり、志村の師匠でもあるいかりや長介とは一時期(1989年から1990年代始め頃)不仲と伝えられ、実際この頃の『ドリフ大爆笑』ではいかりやと絡むコントは無く、リハーサル、撮影とも別々に行われたこともあった。また、雑誌『Switch November 1991 特集・志村けん「笑う男」』誌上では「今のいかりやさんは面白いとは思わない。実際いかりやさんとは2年以上会っていないし・・・」と語っていた。しかし、いかりやが亡くなった時に自宅へ真っ先に向かったのは加藤茶と志村だった。二人ともショックでしばらく動けなかったという。

いかりやは弟子の志村が単独で活動・成功していることを面白く思っていないのでは、と言われていたが、いかりや自身の著書『だめだこりゃ』の中に「志村をリーダーに第2のドリフを作って欲しいと思っている」とする旨の記述がある。このことから、近年はむしろコメディアンとしての志村の活躍を快く思っていたとする見方が強い。いかりやの息子である浩一も、自身の著書の中で「自分の見た限りでは特に不仲を感じることはなかった」「父さんは『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』を見ては『こういう方法があるのか』と関心を示していた」と述べている。

上記のことからうかがえるように、いかりやは幾度も打ち合わせやリハーサルを繰り返して、予め練りに練ったシナリオをこなしていく「予定調和のお笑い」を良しとしていたのに対して、志村は適宜アドリブや楽屋オチを入れ、時には「ボケ」と「ツッコミ」が目まぐるしく逆転する「予測できないハプニングを含めたお笑い」を志向し、スタジオコントでは画像処理やCG合成など最新の手法も積極的に取り入れていたという、お互いの「笑いのスタイル」に対する考え方のズレがその後の不仲説の一端となった。この兆候は『全員集合』時代後期にすでに表れており、志村のいわゆる「客いじり」のアドリブが、当時番組内ではTBSの制作陣よりも発言力のあった、とされるいかりやが組立てたコントのタイムテーブルを崩し、生放送の中では後半の時間が詰まる原因になった。とはいえ、いかりやがそれに便乗したこともある[22]ため、全否定していたわけではない。

『全員集合』終了・『ドリフ大爆笑』不定期化後、いかりや以外のドリフメンバーとも距離を置いていたが、マックボンボン独立失敗とドリフ復帰・正式加入の際の経緯から、加藤とは比較的親密であった。いかりや逝去前後以降、その直後の特番を除いては、志村が同一の番組で共演したことのあるドリフメンバーは加藤のみである。

加藤の話によると、ドリフ再集合の話が持ち上がるとたびたび嫌がったという。理由としては、いかりやとの不仲説や、単独で他のドリフメンバーを遙かに凌ぐ人気と活躍をしながら、ドリフに戻れば一番下扱いされることが不満であったと言われる。加藤も「志村がなかなか再集合したがらないんですよ」と言っていたが、これが加藤のネタなのかどうかは定かではない。2012年3月に加藤が前年に入籍した妻との結婚式と披露宴を行った際には、高木と仲本が出席したにもかかわらず、志村はテレビ番組の収録を理由に欠席してビデオメッセージで済ませたため、一部のマスコミより加藤との不仲説が指摘された[23]

なお、コントでいかりや長介に攻撃するシーンは「本気でやっていた」とされ、加藤から楽屋オチ的なツッコミを受けることもよくあり、本人が認めたこともある。しかしこの点は他のメンバーも大同小異であった(2004年、『全員集合』など)。ただし、お笑いに関しては完璧主義者だったいかりやが、それを求めていた部分もある。

恋愛関係・若手女性タレントとの関係[編集]

ドリフメンバーの中で唯一、結婚歴がない独身。しかし、結婚の願望は強く、「母に子供の顔を見せてやりたい[24]」「人恋しく、人肌恋しい[25]」とブログに載せている。

ダウンタウンDX』に出演した際、高校生の頃から10人ぐらいの女性と同棲した経験があると告白した。付き人時代に同棲していた女性とは、結婚していないにも関わらず子供ができたが、周囲の反対で彼女と別れたことを自著『変なおじさん』の中で告白している(その女性と子供の消息は不明)。その他、3年間の同棲の果てに内縁関係(事実婚)を主張して財産の半分を持っていった女性もいた(法律上の決まりはないが、判例によると同棲期間が長いほど別れる時に高額な慰謝料が発生する場合がある)が、この女性とは結婚も考えていたと直後の記者会見で語った。また、日本航空スチュワーデスの愛人が複数いると報じられたこともある[26]。さらに大のキャバクラ好きでもある。このように、女性との交際は多いものの、特定の女性との関係を長続きさせるのが苦手であるため、なかなか結婚に踏み切れないことは本人も認めている。

1980年代後半から1990年代中盤にかけての、18歳年下のいしのようことの長い同棲生活は有名で、各メディアでたびたび報じられたものの、結婚へは辿り着かなかった。ちなみにいしのとは誕生日が同じである。

みひろ優香相田翔子夏川純ほしのあき若槻千夏岩佐真悠子安田美沙子持田香織熊田曜子吉沢明歩原幹恵小林恵美磯山さやかMEGUMI板野友美ら女優ら数十人程度とメール連絡関係にあり、誕生日には祝福のメールを欠かさない[27]。安田美沙子、後藤真希などのお気に入りアイドル数人を、携帯電話の待ち受け画面に使用してきた[28]

2004年に自宅が泥棒の被害に遭った際、女性の家政婦がいることが判明した。

ビッグ3との関係[編集]

タモリとの共演は極めて少ない。かつて『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングのゲストとして出演した際に、桑野信義が志村をゲストとして呼ぼうとしたが、「俺、明日ゴルフだから」と断った。この頃の志村は前述にあるようにトーク番組が苦手なこともあり、コント以外の番組にゲスト出演することがほとんどなかったので『笑っていいとも!』に限り出たがらなかったということではない。なお、約10年後に作家の嵐山光三郎の紹介で初めて出演し、2007年にも加藤茶の紹介で、2013年にもバカ殿様の番宣でテレフォンショッキングに出演したほか、研ナオコとのユニット「けん♀♂けん」としてもゲスト出演している。『たかじんONE MAN』に出演した際、「あの人(タモリ)の笑いはあまり好きじゃない」と語ったが、別に仲が悪いわけではなく、ただ笑いの観点が違うだけだと言われている。他には過去に『ジャングルTV 〜タモリの法則〜』や『ミュージックステーション』でもゲスト出演している。

明石家さんまとの共演も多くないが、これはさんまが得意とするトーク主体の番組を苦手としているためである。ただし、近年ではさんまが司会を務める『さんまのまんま』をはじめ、『踊る!さんま御殿!!』や『恋のから騒ぎ』にゲスト出演している。

ビートたけしとは『神出鬼没!タケシムケン』での共演を機に、お互いを尊敬し合う仲である。それ以前にビートたけしは志村をはじめ、ドリフターズに好意を持っており「たけし軍団はドリフターズを意識して結成した。こんなバカな人間が大変な賞をもらった事に、初心に帰ってバカをやらないといけない」とカンヌ国際映画祭のインタビューで話している。また、たけし軍団のメンバーがたけしを「殿」と呼ぶことについて、たけし自身が『バカ殿』の大ファンであることから「殿」と呼ばせていると、ガダルカナル・タカが大井競馬場のトークショーで語った。

沢田研二との関係[編集]

志村のドリフ加入からしばらく経過した1970年代後半、『8時だョ!全員集合』や『ドリフ大爆笑』などの番組内において沢田研二とよく共演を行っていた。当時、沢田と志村は同じ事務所に所属していたこともあり、共演する回数は多かった。また、志村はドリフ加入前の「マックボンボン」時代に沢田のコンサートの前座を何度も務めていたことがある(2009年に『爆笑問題の日曜サンデー』にゲスト出演した際、志村本人がコメント)。

1980年代中頃以降は共演する機会も減っていたが、2001年にNHKの番組で久々に共演し、「東村山音頭」を一緒に歌うなどをした。同年には沢田の希望により、共同でラジオ番組『ジュリけん』(文化放送)もやっていた。2003年には沢田と志村の両方が主役として、沢田の希望で舞台「沢田・志村のさぁ、殺せ!!」での共演が実現した。沢田とは同一事務所時代から30年以上の交流があるが、プライベートで行動を共にする機会は比較的少なかったものの、2000年代に入り徐々にではあるが、交流の機会を増やしている。

沢田は2003年の『ザ!情報ツウ』でのインタビュー(沢田の隣りに志村も同席)で「志村さんの芸が大好きで、今回も一緒に舞台をやって欲しいと思った。僕は(志村のバラエティ性を)尊敬しています」と語っていた。

志村は上記にあるように、女性の友人で付き合いの長い人物は若手を中心に多いが、男性の友人で付き合いの長い人物は極めて少ない方であり、ドリフメンバーや志村ファミリーを除くと沢田程度しかいない。

後輩タレントとの関係[編集]

天才!志村どうぶつ園』で共演している相葉雅紀)を弟子のように可愛がっており、しばしば自分の人生論などを伝授している。また相葉本人がトークなどで悩んでいたときは「自分なりの表現を貫き通せばいい」と励まして自信を持たせたという[29]

タカアンドトシが、自身の持ちギャグである「欧米か!」をこのまま続けて行くべきか真剣に悩んでいた際、「このままずっとやり続けるべきだ」と励ました[30]。志村はタカアンドトシを非常に気に入っていて、志村の冠番組での共演も数多い。

大御所となった現在、志村相手に真剣に突っ込みを入れられるタレントはほとんどいなくなったが、ダウンタウン浜田雅功は自身の番組で、平気で志村の頭を張る。このことに対し志村が「おれが頭を叩かせるのは、いかりやさんのいない今は、浜田だけなんだから」と許容している。

2009年2月9日放送の『しゃべくり007』内で、2代目志村けんとしてナインティナイン岡村隆史の名を挙げた。

出身地・東村山市[編集]

志村けんの木(東京都東村山市・東村山駅前、2009年8月22日撮影)

志村はプライベートで、東村山市および自身の実家に帰ることはほとんどないという。東村山ネタで人気が出始めた頃、地元における志村後援の動きは、元祖「東村山音頭」を企画した東村山市農業協同組合が中心であった。その後、東村山ネタが全国的なブームになり、東村山市自体も注目を集めるようになった。

1976年7月、「東村山市の知名度を高めた」功績が認められ、当時の東村山市長の熊木令治から感謝状を貰った。当初、志村の東村山ネタについて、市議会議員や教育関係者の中には否定的な者もいた。志村が当時テレビでギャグネタに「東村山市名誉市民・志村けん」を名乗ったため、本当に志村が名誉市民称号を授与されたと思い込んだファンがかなり存在するが、実際にはその事実はなく、東村山市当局も公式にこれを否定している。

なお、この時に西武鉄道東村山駅東口の交番前に、感謝状授与記念と志村への激励の証としてケヤキが植えられた。通称「志村けんの木」。またいかりや長介が「東村山非国民」というギャグを使用して笑いを取っていた。

1995年、東村山市商工会が主催した西武鉄道東村山駅開業100周年記念イベントで司会を務めた。駅前広場に立つ「東村山停車場の碑」前で開かれた式典の後の小規模な催しであったが、東村山市役所に勤務する兄の紹介で出演が実現した。

東村山市商工会ウェブサイトではタイトルロゴに「あい〜ん」と表記していたことがある[31]

志村の小学校時代の同級生が社長を務める、市内の和菓子店「餅萬」では、志村にちなむ「だいじょぶだぁ饅頭」や「だっふんだぁどら焼き」を「東村山名物」として販売している[32]

また、交友関係にある所ジョージが、『志村けんのバカ殿様』にゲスト出演した時に「東村山ラプソディー」なる曲を披露した。その中で「東村山東京の外れ!大外れ!!」と歌われたことがある。

各方面での人気と影響[編集]

日本だけでなく、台湾(『だいじょうぶだぁ』)、タイ(『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』)、インド蚊取り線香のCM)でも知名度が高い。イランの政府高官が、駐日イラン大使館の在留大使時に志村けんのコントを見て大ファンになり、帰国後「国賓として招きたい」と言ったり、テヘランのレンタルビデオショップには志村の特設コーナーもある。また、在日外国人に最も人気が高いタレントの1人とも言われ、六本木で出会ったアメリカ兵から「お前はアメリカに行くべきだ。俺の部隊の連中は、みんなお前が大好きだ」と言われたこともある[33]

太地喜和子は志村の熱心なファンであった。『ドリフ大爆笑』のコントの中でも加藤から「おまえ、太地喜和子に口説かれてるんだろ!」と冷やかされ、思わず苦笑する場面があった。志村の著書によると、若い劇団員に対し「ね。志村さんのお婆さんは本物に見えるでしょ。先ずは、そう見えるかどうかが大事なのよ」と言ってくれたという。太地は『志村けんのだいじょうぶだぁ』の常連ゲストとしてたびたび出演し、太地の急死直後には追悼番組が放映された。

鳥取県水産試験場の研究員に同姓同名の研究員がいることが、テレビ番組で放送されている。それ以来、鳥取県水産試験場の同姓同名の研究員を尋ねに来る人間が、今も多いと言う。あまりにも多くの人間が全国から来るため、鳥取県水産試験場は調査船の絵葉書などのオリジナルグッズを販売している程。

その他[編集]

  • 父親は元軍人で、戦後は小学校教諭となり教頭まで昇進した。しかし、志村が中学生の頃に、自宅前で交通事故に遭って以来、後遺症による高次脳機能障害(と思われる状態)となり、志村がドリフの付き人になろうと決意した頃には、物事の判断がほとんどできなかったという。そのため、志村が実際にドリフの付き人になった時にも、父親の反対はなかったという。志村の爺さんコントは「この時期の父親をモデルにしたもの」と自身の著書で明言している(なお、父親は志村が正式にドリフのメンバーになる前に亡くなった)。一方、母親は踊りや芸事が好きで、自分は母親の性格を受け継いだのかもしれないと語っている。母親は氷川きよしの大ファンで、『バカ殿』のコントにも出演したことがある。
  • 小学校時代、給食費を滞納しており、中学校に上がってからそのことがバレ、父親にこっぴどく怒られたという。
  • 生まれて初めてピザを食べたのは高校生の時、当時の彼女と新宿の喫茶店にて。初めてハンバーガーを食べたのも高校生の頃で、その店で食べたハンバーガーがとても美味しかったらしく、ハンバーガーはその店のものしか食べなかった(現在は閉店)。
  • 付き人時代は貧乏で、食べるにも事欠く生活だった。他のメンバーが楽屋でラーメンを食べている時でも、付き人の志村はラーメンを注文する金もなかったので、一番安いライスだけを注文し、それを他のメンバーが残したスープに入れて食べていた。ある時、志村がいつものようにライスを注文し、隣の席でラーメンを食べていた加藤がスープを残してくれるのを待っていると、加藤はスープまで残さず平らげてしまったため、志村は思わず「加藤さん! このライスの立場はどうなるんですか! 」と激怒した。加藤はこの時のことを今でも忘れずに覚えているという。
  • 送迎用にロールス・ロイスを所有しているが(おそらく志村のマネージャーが運転しているものと思われる)、彼は自動車の運転免許を持っていない。ただ、『人気者でいこう!』の企画で教習所で車の運転をしたことはある。
  • 日本中央競馬会馬主である(本名の志村康徳名義)。所有馬の1頭のアイーンベルがデビューした日には阪神競馬場の来賓者席から応援していた。志村は他に「ケンエックス」「ミツノアジ」「トノノオナリー」「ダイジョブダァ」などという名の馬も所有している。その後2012年菊花賞では京都競馬場でトークショーを行ったり勝ち馬や優勝騎手へのプレゼンターを務めたりもしていた。
  • 暗い所が苦手なため、夜寝る際は電気を付けたままにする。しかし、光が眩しくて寝られないため、アイマスクを付けて寝るという[34]
  • 2001年9月24日放送の『世界絶叫映像もろ見え超びっくり人間大集結ギネス来襲スペシャル』(日本テレビ系)で、円周11.0mのフラフープを30秒間で24回転させ、「世界で最も大きなフラフープを(30秒間)回した人」として当時のギネス世界記録に認定された。2002年1月5日放送の『世界絶叫映像もろ見えびっくり人間緊急来日ギネス爆裂スペシャル』(日本テレビ系)では、志村と同じ記録を持つスペインの女子高生(当時)と対決。志村は11.5mをクリアしたものの、12.0mは16秒で失敗し、相手に世界記録保持者の座を譲った。なお、2005年8月現在のギネス世界記録保持者は、元W辻希美加護亜依
  • 2002年ハウステンボスイベント『華の花嫁グランプリ』で加藤ローサと共演。この時、車の街角パレードで観客から笑顔で「志村!志村!」と声をかけられた志村は笑顔で手を振っていた。加藤はこの光景に対し、知らない人から呼び捨てされるのは嫌にならないかと聞いたところ、志村は「人の笑っている顔っていいじゃない」と言った[35]
  • 2009年2月28日に放送された『バラエティルーツの旅 あなたがいるから僕がいる半世紀大感謝祭!!』のエンディングで、50周年を迎えたフジテレビへの注文として「雛壇ではない、ちゃんとしたセットでコントを作らせて欲しい」と要望した。
  • 天才!志村どうぶつ園』で、「志村けんにそっくりなヤギ」と名付けられた動画が放送されたことがある。内容は、黒ヤギが志村そっくりに「ウェー」と言う声を出すという物であった。動画を見ている最中、志村本人も爆笑していた。見終わった後、スタジオで志村本人も「ウェー」と言い、タカに「同じ」と言われた程そっくりだった。そのヤギは、アメリカにいる。
  • 2011年7月、愛犬の大輔(ゴールデン・レトリーバー)を亡くした。

脚注[編集]

  1. ^ 「ちっとんべえ」(少し)、「おっぺす」(押す)など
  2. ^ 『人気者でいこう!』で測定 [いつ?]
  3. ^ 志村けんのだいじょうぶだぁ』より [いつ?]
  4. ^ 本人の証言であるが、様々なプロフィールでは卒業となっている。一説によれば、遅れて卒業したという。
  5. ^ ken's blog「今日から三月」
  6. ^ いかりやとしては、ちょうど付き人が1人やめて人手が足りない時だったので、すぐに志村の採用を決めたという。しかし、志村の回想によるといかりやの家に押しかけた直後は門前払い同然の扱いをされ、雪の降る夜中でも「待ってくれと言った覚えは無い」と容赦なく突き放されたが、それでも志村が食い下がったため、その根性を買われ後の弟子入りを認めてくれたとの事。
  7. ^ 住友建機のコラム「Power Talk」取材時の本人の証言、及び加藤茶の証言による
  8. ^ 本人の著書では、社会勉強をするため他の付き人に伝言して辞めたというが、いかりやの許可をもらったわけではないため、脱走扱いとなっている。
  9. ^ 荒井注は1973年10月に脱退を表明しており、「迷惑をかけないために、半年間、御礼奉公して辞める」との意思を既にいかりや始め周囲には伝えていた。志村の「見習い」昇格は事実上、正式加入までの移行期間として設けられたものだった。
  10. ^ ただし、いかりやの著書『だめだこりゃ』によれば、いかりやとマネージャーの井澤健ともに「志村しかいない」と考えていたとの記述があり、この辺りの経緯については矛盾している。
  11. ^ もしも、この時仲本・居作と同様に略式起訴され罰金刑となっていたら、競馬法の制限のため後に馬主にはなれなかったところである。
  12. ^ 高木が話した伝播元である北関東のうち群馬栃木は、志村姓が多い。(他には甲信越3県も志村姓の多い県である。)これは志村一族のルーツが甲斐を発祥とし、元々は武田家の足軽頭を務めており、武田氏滅亡後に武田の家臣であった真田の所領地の上野下野信濃に逃げ込み、また信玄は「余が亡くなった後、窮地に陥る事あらば、謙信の世話になるように」と遺言を残しており、上杉景勝を頼って越後に逃げ込んだ者もいる。ちなみに新潟県には志村姓も多いが「碇矢姓の発祥の地」と書籍で公表される程、碇矢姓も多い(いかりや浩一著「親父の遺言」より )。
  13. ^

    出演者[編集]

    (1)は「志村魂」、(2)は「志村魂2」、(3)は「志村魂3」、(4)は「志村魂4」、(5)は「志村魂 -初午の日に-」、(6)は「志村魂 -初午の日に-再び!」、(7)は「志村魂 -先づ健康-」での出演者。


    主な参加スタッフ[編集]

    その他[編集]

  14. ^ トマス・ピンチョン『競売ナンバー49の叫び』第4章
  15. ^ 2011年6月13日放送『SMAP×SMAP』にて、ゲスト出演した志村に香取慎吾が確認したところ、宴会の支払いの際、まとまりがつかないためにやり始めたのがきっかけと話していた。
  16. ^ もともとドリフ加入後最初に生み出したギャグであったが当時はまったく評価されず、東村山音頭でブレイクしてからようやく日の目を見るようになった。
  17. ^ 「だっふんだ」以外にも「すビバセンね」「(お日ィさんが)カーッ」等、桂枝雀の落語に出てくるギャグをしばしば好んで使用している。
  18. ^ エッセイ『変なおじさん』
  19. ^ 「ドリフのミュージックジャンボリー」でギターとキーボードを弾く志村けんの映像が確認できる。
  20. ^ ken's blog「24」
  21. ^ ビートルズの目撃者
  22. ^ 志村が観客から失敬してきたスイカを、いかりやが一緒になって食べてしまったりなど
  23. ^ 「披露宴」欠席でバレた加トケン深刻不仲(2012年3月20日、アサヒ芸能)
  24. ^ ken's blog「米寿の母です」
  25. ^ ken's blog「休みだよ」
  26. ^ 志村けんに恋人
  27. ^ 2007年4月20日放送の『ダウンタウンDX』より
  28. ^ 『ダウンタウンDX』より [いつ?]
  29. ^ 2010年4月17日放送『嵐伝〜今夜しか見られない嵐がわかりすぎるVTR一挙放出スペシャル〜』より
  30. ^ 志村が自身のブログで明かしている(Kens BLOG「さすが」(2009年5月4日))。また、2009年2月9日放送『しゃべくり007』スペシャル内や『となりのマエストロ』の記者会見(志村けんが激励「『欧米か!』一生涯やれ」 - スポーツ報知(ウェブ魚拓)(2009年10月5日))などでも同様の発言があった。
  31. ^ 東村山市商工会 - ウェイバックマシン(2007年2月3日アーカイブ分)
  32. ^ 和菓子処「餅萬」
  33. ^ エッセイ『変なおじさん』によると、志村に限らずドリフのコントは言葉よりも動きによる笑いに重点を置いていたため、日本語のあまり通じない外国人にも受けが良かったという。これと同様のことは、いかりやの自伝『だめだこりゃ』でも説明されている。
  34. ^ 2010年3月17日放送の『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』のスペシャルゲストクイズのヒントより。
  35. ^ 2008年9月29日の日本テレビ『人生変えた言葉物語』および2011年4月19日の日本テレビ『1億3千万人のエピソードバラエティー コレってアリですか?』より

関連項目[編集]

ザ・ドリフターズ[編集]

動物[編集]

外部リンク[編集]