小林斗アン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「小林斗盦」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
小林斗盦
生誕 1916年2月23日
日本の旗 日本埼玉県
死没 (2007-08-13) 2007年8月13日(91歳没)
日本の旗 日本埼玉県
国籍 日本の旗 日本埼玉県
研究分野 篆刻研究
影響を
受けた人物
西川寧
主な受賞歴 文化勲章受章(2004年
勲三等瑞宝章
プロジェクト:人物伝

小林 斗盦(こばやし とあん、1916年2月23日 - 2007年8月13日)は、日本書道家篆刻家である。埼玉県生まれ。本名は庸浩(こうよう)、号は斗盦(斗庵)。全日本篆刻連盟会長。篆刻家初の文化勲章受章者。勲三等瑞宝章

篆刻家・河井荃廬、書家・西川寧に師事。

略歴[編集]

  • 1916年(大正5年)、埼玉県に生まれる。
  • 1931年(昭和6年)、比田井天来(書)、石井雙石(篆刻)に師事する。
  • 1945年(昭和20年)、西川寧(書)に師事する。 
  • 1948年(昭和23年)、加藤常賢(文字学、漢籍)に師事にする。
  • 1950年(昭和25年)、第6回日展「耕鑿誰知帝力尚羊人在羲皇」特選「絶學無憂」 
  • 1953年(昭和28年)、太田夢庵(中国古印学)に師事する。(第9回日展「尋常之溝無呑舟之魚游」)
  • 1959年(昭和34年)、第2回新日展「鉤有須」特選・苞竹賞受賞。
  • 1962年(昭和37年)、第5回新日展審査員(以後 多年にわたり歴任)(第5回新日展「哲人知幾」)
  • 1966年(昭和41年)、(社)日展評議員(第9回新日展「馮高眺遠」)
  • 1976年(昭和51年)、第8回改組日展「大象無形」にて文部大臣賞受賞。
  • 1984年(昭和59年)、恩賜賞日本藝術院賞受賞[1]。(第15回改組日展「柔遠能邇」に対して)
  • 1985年(昭和60年)、(社)日展理事(第17回改組日展「善逸身者不殖」) 
  • 1990年(平成2年)、勲三等瑞宝章受章、(平成2年)、日本篆刻会会長(平成5年 全日本篆刻連盟に改組 同会長)、(社)日展参事(第22回改組日展「亭壽」)
  • 1993年(平成5年)、日本藝術院会員となる、(社)日展常務理事(第25回改 組日展「心齊」)、謙慎書道会董事、全日本篆刻連会長、読売書法会常任総務、全日本篆刻連盟会長となる。
  • 1994年(平成6年)、謙慎書道会常任顧問となる。第26回改組日展「淵 黙雷撃」 
  • 1996年(平成8年)、(社)日展顧問となる。
  • 1998年(平成10年)、文化功労者に選出される。
  • 2004年(平成16年)、文化勲章受章。
  • 2007年(平成19年)、肺炎により死去。

著作[編集]

  • 告西泠印社社員諸賢書
  • 中國篆刻叢刊(二玄社、1981-84年)
  • 中國璽印類編(二玄社、1996年)
  • 書道技法講座33 清人篆書三種(二玄社、1987年)

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1984年4月5日(東京本社発行)朝刊、22頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]