北川透

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北川 透(きたがわ とおる、1935年8月9日 - )は、愛知県碧南市出身の詩人文芸評論家。本名、磯貝満。

1958年愛知学芸大学(現・愛知教育大学学芸学部国語科卒業。高校教諭を経て、1962年詩誌「あんかるわ」を創刊。詩と批評を掲載する。1990年同誌を廃刊、1991年梅光女学院大学教授、校名変更で梅光学院大学特任教授。中原中也賞選考委員。現代詩から、北村透谷萩原朔太郎中原中也論など著書多数。

賞歴[編集]

主な作品[編集]

  • 北川透詩集 思潮社・現代詩文庫 1972
  • 反河のはじまり 詩集 思潮社 1974
  • 遥かなる雨季 詩集 国文社 1977
  • 隠語術 北川透の詩 弓立社 1986
  • ポーはどこまで変われるか 思潮社 1988
  • 戦場ケ原まで 思潮社 1992
  • 続北川透詩集 思潮社・現代詩文庫 1994
  • デモクリトスの井戸 思潮社 1995
  • 俗語バイスクール 砂子屋書房 2003
  • 眼の韻律
  • 闇のアラベスク
  • 溶ける、目覚まし時計 思潮社 2007

主な評論[編集]

  • 詩と思想の自立 思潮社、1966
  • 情況の詩 思潮社、1967
  • 中原中也の世界 紀伊国屋新書、1968
  • 詩の自由の論理 思潮社 1968
  • 幻野の渇き 思潮社 1970
  • <像>の不安 仮構詩論序説 青土社 1972
  • 北村透谷試論1-3 冬樹社、1974-77
  • 熱ある方位 鮎川信夫吉本隆明 思潮社 1976
  • 中原中也わが展開 天使と子供 国文社 1977
  • 詩的火線 同時代覚書・上 詩論集 思潮社 1979
  • 詩的弾道 同時代覚書・下 思潮社 1979
  • 詩神と宿命 小林秀雄論 小沢書店 1982
  • 未明の構想 白地社 1982
  • 荒地論 戦後詩の生成と変容 思潮社 1983
  • 魔女的機械 弓立社 1983
  • 現代詩前線 小沢書店 1984
  • 詩的メディアの感受性 『あんかるわ』百回通信より 未來社 1985
  • 現代文学はどこで成立するか 言葉の「演戯」と「魔術性」 河合ブックレット、 1986
  • 詩と時代の水際へ 全対話 風琳堂 1987
  • 萩原朔太郎<詩の原理>論 筑摩書房 1987
  • 侵犯する演戯 '80年代詩論 北川透評論集 思潮社 1987
  • 詩的レトリック入門 思潮社 1993
  • 萩原朔太郎<言語革命>論 筑摩書房 1995
  • 詩的90年代の彼方へ 戦争詩の方法(詩論の現在 1) 思潮社 2000
  • 詩の近代を超えるもの 透谷・朔太郎・中也など(詩論の現在 2) 思潮社 2000
  • 詩的スクランブルへ 言葉に望みを託すということ (詩論の現在 3) 思潮社 2001
  • 谷川俊太郎の世界 思潮社 2005
  • 中原中也論集成 思潮社 2007