この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

木崎ゆりあ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「木﨑ゆりあ」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
きざき ゆりあ
木﨑 ゆりあ
プロフィール
愛称 ゆりあ
生年月日 1996年2月11日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本愛知県春日井市[1]
血液型 O型
公称サイズ(2012年2月[2]時点)
身長 / 体重 156 cm / kg
スリーサイズ 77 - 57 - 85 cm
備考 靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2007年
2009年(SKE48として)
所属グループ AKB48
活動期間 2007年 -
備考 AKB48チームBキャプテン
SKE48 3期研究生→チームS→AKB48チーム4(峯岸)副キャプテン
事務所 AKS
アイドル: テンプレート - カテゴリ

木﨑 ゆりあ(きざき ゆりあ、1996年2月11日 - )は、日本アイドル。女性アイドルグループAKB48チームBのメンバーであり、同チームのキャプテンを務める。SKE48の元メンバー。

愛称は、ゆりあ[3]愛知県春日井市出身[1]AKS所属[3]

略歴

2007年

12月27日、『avex audition project 俳優・タレント・モデルオーディション』に合格[4]

2009年

11月1日、『SKE48第三期メンバーオーディション』に合格[5]

2010年

6月16日、7月7日発売の3rdシングル「ごめんね、SUMMER」の7人の選抜メンバーに入ったことが発表される。石田安奈とともに初めて選出され、選抜メンバー発表時点では研究生であった[6]

6月23日に行われたチームSの劇場公演において、チームSへの昇格が発表される[7]

10月27日にリリースされたAKB4818thシングル「Beginner」のカップリング曲「僕だけのvalue」で、石田とともにアンダーガールズの一員として、初めてAKB48名義のCDに参加。

2011年

7月27日・28日放送の『明日の光をつかめ2』に間野春香、山田澪花とともに、架空アイドルユニット「プチトマト」役で全国ネットの連続ドラマに初出演[8]

7月27日、6thシングル「パレオはエメラルド」のカップリング「花火は終わらない」においてセレクション8に選ばれる。

2012年

5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では31位で、アンダーガールズに選出される[9]

2013年

5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では22位で、アンダーガールズに選出される[10]

2014年

1月、SKE48とGALAXYによる新ユニットGALAXY of DREAMSが結成され、メンバーに選出される[11]

2月24日、Zepp DiverCityで開催された『AKB48グループ大組閣祭り〜時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!〜』において、AKB48チーム4への移籍および同チーム副キャプテン就任が発表される[12]

4月21日、この日千秋楽を迎えたSKE48 チームS 4th Stage「RESET」公演がSKE48メンバーとしての最後の劇場公演となる[13]

4月24日、この日初日を迎えたAKB48 チーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」公演AKB48劇場デビュー[14]

5月21日、フジテレビのバラエティ番組『めちゃ2イケてるッ!』のプロレス企画・「めちゃ日本女子プロレス」のリハーサル中に左手を怪我し、「左手関節橈骨遠位端骨折」で全治3週間 - 4週間と診断されたことが同社から発表される[15]

5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では23位で、アンダーガールズに選出される[16]

10月2日、自身初のラジオ冠番組『AKB48木﨑ゆりあ 2014年のシンデレラ』(MBSラジオ)が放送開始[17]

12月16日、東京ドームシティホールで開催された『第4回AKB48紅白対抗歌合戦』において、AKB48メンバーから7人が選抜され結成された新ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」への参加が発表される[18]

2015年

3月26日、さいたまスーパーアリーナで開催された『AKB48 春の単独コンサート〜ジキソー未だ修行中!〜』において、チームBへの異動および同チームのキャプテンに就任することが発表される[19]

4月8日、参加ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」が、アニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京)のエンディングテーマ「アイドルはウーニャニャの件」でシングルCDデビュー[20]

5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では22位で、アンダーガールズに選出された[21]

9月1日、新チーム体制への移行によりチームBキャプテンに就任。

2016年

5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では37位で、ネクストガールズに選出された。

人物

  • キャッチフレーズは「いつも心に? ピース!! あなたの心に?? ゆりあピース!!」[22]ブログの最後を「ゆりあ(・∀・>)ぴーす」で結んだり[23]、自身初のソロ写真集のタイトルを『ぴーす』とする[24]など、「ゆりあピース」というフレーズは木﨑の代名詞となっている[25]
  • 丸顔で小動物的なルックスと評されることがある[22]。幼稚園の頃の劇でたこやきマントマン役ができるほど幼少期から顔が丸かったと本人は述懐している[26]
  • 今までで一番嬉しかったことは「生まれてこれたこと」である[27]
  • 家族構成は、父、母、兄、本人[28]、それにペットとして育てているのニャン太[29]。両親は「親バカ」で、娘の水着ポスターを家中に貼って喜んでいるという[30]
  • 2015年の第77回小学館新人コミック大賞の少女・女性部門で大賞を受賞し、中学3年生で少女コミック誌『ちゃお』(小学館)でのマンガ家デビューが決まったときわ藍(らん)は従妹にあたり[31]、デビュー以前に、木﨑のTwitterに似顔絵が投稿されたこともあった[32]
  • 先述のavexのオーディションの同期合格者には東京女子流山邊未夢SUPER☆GiRLS田中美麗GEM森岡悠武田舞彩がいる[4]
  • 将来的な目標は、女優になり「三谷幸喜ファミリー」に入ること[33]
  • 国内旅行でも航空機に搭乗する際にパスポートが必要だと思っていたり、国会議事堂を見て「東京城」と発言したりするなど、一般教養が苦手[34]
  • 好きな教科は体育で、苦手な教科は数学[29]
  • 父親から護身術として蹴りを習っており、さまざまな高さのキックを使いこなす(本人は木﨑ックと呼んでいる)[35]。AKB48に移籍するまで住んでいた実家にはキック用サンドバッグも用意されている[36]。なお、このキックは『マジすか学園4』の殺陣でも使われている[37]
  • よく忘れ物をし、元SKE48メンバーの矢神久美とともに「忘れ物クイーン」と呼ばれている[38]
  • 漫画『ONE PIECE』の大ファンで[39]、好きなキャラクターはトニートニー・チョッパー[40]。このほか『けいおん!』も好きで、特に好きな登場人物は平沢憂[41]
  • 好きな芸能人は西田敏行である。理由は「演技が幅広く上手で、そして面白いから」とのこと[42]
  • いわゆる「絶叫マシン」は苦手で、幼少期は東京ディズニーランドの回転する『クマのプーさん』のアトラクション(プーさんのハニーハント)でさえも乗れなかった[43]
  • 小杉竜一ブラックマヨネーズ)は、木﨑のファンであると公言している[30]
  • 尊敬しているメンバーは、SKE48では松井珠理奈、斉藤真木子、AKB48では渡辺麻友である[43]

SKE48

  • SKE48内での交友は広く、メンバーに親しまれている。
    • 大矢真那から「ゆりまる」と呼ばれ、可愛がられている[44]。また、元メンバーの小木曽汐莉とは姉妹のような関係で、可愛がられている[45]。また、木下有希子を「ゆっちゃん」と呼んでいる[46]加藤るみとは「丸顔&『ONE PIECE』同盟」を結んでおり、漫画の貸し借りなどをしている[47]
    • 矢神久美は木﨑のファンで、木﨑のピンバッジを所有している[48]
  • SKE48の7期生である浅井裕華は従妹にあたる[49]

AKB48

  • AKB48に移籍して初めての誕生日には、100件以上のおめでとうメールが先輩後輩問わず届いた[30]
  • いわゆる「おバカキャラ」として知られ、同様のキャラクターで知られる川栄李奈と比較され、張り合うことも多い[30]

AKB48・SKE48での参加楽曲

シングルCD選抜楽曲

AKB48名義

SKE48名義

アルバムCD選抜楽曲

AKB48名義

  • ここにいたこと』に収録
    • ここにいたこと
  • 1830m』に収録
    • いつか見た海の底 - 「Up-and-coming girls」名義
    • 青空よ 寂しくないか?
    • やさしさの地図
  • 次の足跡』に収録
    • ボーイハントの方法 教えます
    • ぽんこつブルース
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
    • 愛の存在
    • ダウンタウンホテル100号室
    • 涙は後回し - 「峯岸Team 4」名義
  • 0と1の間』に収録
    • ミュージックジャンキー - 「Team B」名義
    • ロザリオ

SKE48名義

  • この日のチャイムを忘れない』に収録
    • フラフープでGO!GO!GO! - 「チームS」名義
    • Beginner - 「チームS」名義
    • 拗ねながら、雨… - 「セレクション8」名義

未音源化曲

その他の参加楽曲

劇場公演ユニット曲

AKB48名義

チーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 口移しのチョコレート

チームB 7th Stage「ただいま 恋愛中」公演

  • Faint

SKE48名義

SKE48 研究生「PARTYが始まるよ」公演

  • スカート、ひらり
  • 星の温度

チームS 3rd Stage「制服の芽」公演

  • 狼とプライド(森紗雪の降格後)
  • 万華鏡(ユニットシャッフル後)
  • 思い出以上(平松可奈子、山下もえ卒業後のユニットアンダー)

チームS 4th Stage「RESET」公演

  • 制服レジスタンス
  • 逆転王子様(新土居沙也加卒業後のユニットアンダー)
  • 明日のためにキスを(佐藤聖羅卒業後のユニットアンダー)

出演

テレビドラマ

バラエティ

映画

劇場アニメ

舞台

ラジオ

CM

ネット配信

配信ドラマ

書籍

写真集

カレンダー

  • クリアファイル付 卓上 AKB48 木﨑ゆりあ 2015年カレンダー(2014年12月13日、ハゴロモ)

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 韓国MBC制作ドラマ。
  2. ^ a b 日本テレビで2話まで放送、以降Huluにて順次配信、全12話。テレビドガッチ(2015年7月17日)日本テレビ 「マジすか学園5」公式HP

出典

  1. ^ a b “AKB48 木崎ゆりあ氏が地元愛知県で肝炎ウィルス検査の重要性を啓発 「知って、肝炎プロジェクト」スペシャルサポーター木崎ゆりあ(AKB48)氏が愛知県を表敬訪問” (プレスリリース), PR TIMES, (2016年9月5日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000019027.html 2016年11月7日閲覧。 
  2. ^ プロフィール 木﨑ゆりあ”. SKE48. 2012年2月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月15日閲覧。
  3. ^ a b メンバー 木﨑ゆりあ”. AKB48公式サイト. AKS. 2016年4月17日閲覧。
  4. ^ a b avex audition project 俳優・タレント・モデルオーディション合格者発表(1) - ★★★デ・ビュー オーディション結果・経過Blog★★★(2008年1月31日)(2011年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ)2014年4月28日閲覧。
    avex audition project 俳優・タレント・モデルオーディション合格者発表(2) - ★★★デ・ビュー オーディション結果・経過Blog★★★(2008年1月31日)(2011年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ)2014年4月28日閲覧。
    avex audition project 俳優・タレント・モデルオーディション合格者発表(3) - ★★★デ・ビュー オーディション結果・経過Blog★★★(2008年1月31日)(2009年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ)2014年4月28日閲覧。
  5. ^ 木崎ゆりあ「ポスト優子」へ映画初出演 - 日刊スポーツ(2014年6月17日)
  6. ^ ジャケは松井JR!SKE48、3rdシングルはメンバー全員参加 - ナタリー(2010年6月16日)
  7. ^ SKE48研究生・木崎ゆりあ、選抜入りを経てチームS昇格 - ナタリー(2010年6月24日)
  8. ^ SKE48・木崎ゆりあら3人が全国ネットの連ドラに初出演 - オリコンスタイル(2011年7月13日)
  9. ^ AKB48 27thシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ 2012年6月6日
  10. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  11. ^ GALAXY of DREAMS結成のお知らせ - SKE48オフィシャルサイト(2014年1月24日)
  12. ^ AKB48グループ大組閣祭りで大幅シャッフル! 完全移籍に号泣するメンバーも! - GirlsNews(2014年2月26日)
  13. ^ SKE48・チームS千秋楽! 木﨑ゆりあ・出口陽が希望の旅立ち - GirlsNews(2014年4月22日)
  14. ^ 峯岸みなみ、AKB新体制初日に気合「箱推しされるチームに」 - オリコン(2014年4月24日)
  15. ^ AKB木崎「めちゃイケ」収録中に骨折 - デイリースポーツ(2014年5月21日)
  16. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  17. ^ AKB木崎ゆりあ、初冠番組で女優修行? - 日刊スポーツ(2014年9月22日)
  18. ^ ぱるるら7人で「ニャーKB」結成 『妖怪ウォッチ』ED曲デビュー - オリコン(2014年12月17日)
  19. ^ AKB春の嵐…川栄卒業、北原NGT移籍に衝撃走る - ORICON STYLE(2015年3月26日)
  20. ^ ニャーKB親子でハマって「妖怪ウォッチ」コラボ - 日刊スポーツ(2015年4月4日)
  21. ^ 「AKB48 41stシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2015年6月6日)
  22. ^ a b 木崎ゆりあ AKB48名鑑 - スポーツニッポン 2015年12月27日閲覧。
  23. ^ 父の一言(・∀・>)”. SKE48 OFFICIAL BLOG (2012年1月23日). 2015年12月5日閲覧。
  24. ^ AKB48・木崎ゆりあ、初写真集にメンバーは「脱いだね!」。家族も「15冊買う」と大喜び”. De☆View (2015年2月11日). 2015年12月5日閲覧。
  25. ^ SKE48単独公演で木崎号泣「ゆりあピースはみんなの誇り」 - ナタリー(2014年4月5日)
    木﨑ゆりあが左手首骨折も、笑顔で「ゆりあピース」! - エンタメNEXT(2014年5月21日)
  26. ^ 幼女の頃から丸いです(・∀・>) - SKE48オフィシャルブログ(2014年3月8日)
  27. ^ 「マニアック(・∀・>)」 - SKE48オフィシャルブログ(2010年10月11日)
  28. ^ 「7回目っ..' ☆★」 - SKE48研究生日替わりブログ(2010年3月16日)
  29. ^ a b 「じゃーん★」 - SKE48研究生日替わりブログ(2010年3月29日)
  30. ^ a b c d “AKB48・木崎ゆりあ、初写真集にメンバーは「脱いだね!」。家族も「15冊買う」と大喜び”. ORICON STYLE (oricon ME inc.). (2015年2月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2048481/full/ 2015年2月11日閲覧。 
  31. ^ ちゃお:中学3年生がマンガ家デビュー - MANTNANWEB(2015年12月25日)
    実は、いつも似顔絵描いてくれてる私のいとこが小学館の新人賞を頂いて漫画家デビューが決まりましたー - 木﨑ゆりあTwitter(2015年12月26日)
  32. ^ 名古屋ドームで歌わせて頂いた、 - 木﨑ゆりあTwitter(2014年7月11日)
    うちのいとこ天才₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎ - 木﨑ゆりあTwitter(2014年12月25日)
    いとこが書いてくれた絵です - 木﨑ゆりあTwitter(2015年3月13日)
  33. ^ 『週刊プレイボーイ』増刊 「SKE48×週刊プレイボーイ 2012」
  34. ^ 『週刊AKB』2011年8月26日放送分。同番組DVD Vol.21収録
  35. ^ 木崎ゆりあ 新キャプテンの決意 正義感でやり切ります!”. スポーツニッポン (2015年4月5日). 2015年12月5日閲覧。
  36. ^ 木崎ゆりあ 夢はアクション女優「蹴りは楽しい」”. スポーツニッポン (2015年4月5日). 2015年12月5日閲覧。
  37. ^ “宮脇咲良、何度も泣いていた『マジすか学園4』演出・岩本仁志インタビュー[1]”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2015年3月2日). http://dogatch.jp/news/ntv/31772 2015年2月11日閲覧。 
  38. ^ 「忘れ物クイーンは誰だ?(・∀・>)」 - SKE48オフィシャルブログ(2010年12月4日)
  39. ^ 「ゆーりあっ(o> ω<o)」 - SKE48研究生日替わりブログ(2010年4月12日)
  40. ^ 「今日はあの子の誕生日(・∀・>)」 - SKE48オフィシャルブログ(2010年12月24日)
  41. ^ 「さすが♪我らが二次元!!!!(・∀・>)」 - SKE48オフィシャルブログ(2010年8月30日)
  42. ^ 「好きな芸能人ぴーす!!!」 - 本人オフィシャルブログ(2010年11月22日)
  43. ^ a b 「いつも全力!!!」 - SKE48研究生日替わりブログ(2010年5月16日)
  44. ^ 「2.ゆりまる」 - 大矢真那オフィシャルブログ(2010年11月22日)
  45. ^ 「メール(・*・」 - 小木曽汐莉オフィシャルブログ(2010年12月17日)
  46. ^ 「わーい♪わーい♪(・∀・>)」 - SKE48オフィシャルブログ(2010年12月24日)
  47. ^ 「ポジティブシンキング(・∀・>)」 - SKE48オフィシャルブログ(2010年12月29日)
  48. ^ 「(ピンバ・ω・ッチ!」 - 松井玲奈オフィシャルブログ(2010年12月28日)
  49. ^ AKB木崎ゆりあ、11歳いとこのSKE合格明かす 日刊スポーツ 2015年3月16日
  50. ^ “AKB48島崎遥香、卒業後も「楽しみ」 先輩から刺激”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月30日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1595026 2016年9月27日閲覧。 
  51. ^ “みんなで歌おう「笑顔の明日」 肝炎プロジェクト、テーマ曲完成”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2016年7月27日). オリジナル2016年8月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160814210005/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2016072702000162.html 2016年7月31日閲覧。 
  52. ^ オリコンスタイル (2011年7月13日). “SKE48・木崎ゆりあら3人が全国ネットの連ドラに初出演”. 2014年5月20日閲覧。
  53. ^ 日刊スポーツ (2014年5月20日). “木崎ゆりあ、「GTO」に生徒役で出演”. 2014年5月20日閲覧。
  54. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜 第1話”. テレビ朝日. 2015年10月10日閲覧。
  55. ^ 横山由依、入山杏奈らAKBグループ11名がヒロインに!『劇場霊』スピンオフドラマ放送決定”. マイナビニュース (2015年10月14日). 2015年10月23日閲覧。
  56. ^ 劇場霊からの招待状”. 「劇場霊」製作委員会. 2015年10月23日閲覧。
  57. ^ AKBラブナイト 恋工場 第27話”. テレビ朝日. 2016年7月31日閲覧。
  58. ^ “宮脇咲良、松井珠理奈らが“キャバ嬢”に 新ドラマ「キャバすか学園」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月10日). https://mdpr.jp/news/detail/1622523 2016年10月10日閲覧。 
  59. ^ 相関図”. キャバすか学園公式サイト. 日本テレビ放送網. 2016年11月13日閲覧。
  60. ^ AKB48ネ申テレビ 出演メンバー紹介 木﨑ゆりあ
  61. ^ モデルプレス (2014年6月17日). “AKB48木崎ゆりあ、念願の初挑戦「たくさん怒られました」”. 2014年6月19日閲覧。
  62. ^ 映画.com (2014年6月19日). “AKB48・木崎ゆりあ、本格時代劇初挑戦 中井貴一主演「柘榴坂の仇討」に出演”. 2014年6月19日閲覧。
  63. ^ AKB ShortShorts project 映画『9つの窓』ストーリー”. AKB ShortShorts project 映画『9つの窓』 公式サイト. 2016年2月11日閲覧。
  64. ^ “AKB木崎ゆりあ&SKE木本花音が声優初挑戦 映画『しまじろう』で“木”の姉妹役”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2067011/full/ 2016年2月17日閲覧。 
  65. ^ “東京マハロ「紅をさす」、舞台初挑戦のAKB48木崎ゆりあが意欲”. ステージナタリー (ナターシャ). (2016年9月27日). http://natalie.mu/stage/news/203259 2016年9月27日閲覧。 
  66. ^ 音楽ナタリー (2014年10月4日). “AKBチーム4木崎ら凱旋で「おかえり!」の声”. 2014年11月20日閲覧。
  67. ^ 新着CM !”. 新生銀行カードローン レイク. 新生銀行. 2016年7月17日閲覧。
  68. ^ AKB48総選挙スキャンダル アキバ文書”. Amazonプライム・ビデオ. アマゾンジャパン. 2016年7月31日閲覧。
  69. ^ “【Hulu】秋元康×ハリウッド日米共同製作ドラマ 柏木、珠理奈らも出演決定”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年6月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2073433/full/ 2016年6月15日閲覧。 

外部リンク