西村博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西村ひろゆきから転送)
移動: 案内検索
西村 博之
札幌で講演する西村博之
生誕 1976年11月16日(37歳)
日本の旗 日本 神奈川県 相模原市
出身校 中央大学
テンプレートを表示

西村 博之(にしむら ひろゆき、1976年11月16日 - )は、日本実業家有限会社未来検索ブラジル取締役。ただし、どのような形で収入を得ているのかは不明。(詳細は後述)

インターネット匿名掲示板である2ちゃんねるの開設者かつ初代管理人。また地域情報の電子掲示板であるまちBBSの開設者でもある。

神奈川県相模原市中央区出生。東京都北区出身(現在[いつ?]東京都新宿区在住)。通称ひろゆき。まちBBSでは地方1という固定ハンドル(コテハン)を使用。2ちゃんねるの総合案内で永遠の19歳と自称していたこともある[1]。妻は植木由佳。身長177cm。血液型O型。

来歴[編集]

国税局職員の長男として神奈川県相模原市中央区に生まれ、生後まもなく東京都練馬区田柄に移住。さらに東京都北区赤羽で育つ。 小学校の卒業文集では「クラスが選ぶ明るい人第1位」に選ばれた[2]東京都立北園高等学校在学中はフジテレビ系『アインシュタインTV』が好きで、物理学専攻を志望していたが、代数の教師と相性が悪く、単位を落として理系進学を断念[3]。高校時代は万引き自転車サドル窃盗を行い、マジックマッシュルームを摂取したことがある他、泥酔して警察に連行され説諭されたので派出所ウイスキーをばら撒いたことがあると語っている[4]。同校を卒業した時の成績は、下から10番以内だったという[5]代々木ゼミナール池袋校での1年間の浪人を経て、1996年4月、中央大学文学部教育学科心理学コース入学。文化連盟犯罪科学研究会というサークルに所属するも、会計を担当した際、帳簿をつけない等のずさんな事務を問われ退会した。在学中、原付バイクで交通事故に遭い、その慰謝料で[6]1998年夏には米国アーカンソー州アーカンソー中央大学(University of Central Arkansas)へ一年間留学(学内選抜による給費留学[要出典])した。

中央大学在学中の1998年1月(2月6日説もある)、2ちゃんねるの前身となる電子掲示板「Hirox's room」を開設。1998年3月に合資会社東京アクセスを設立。1998年6月6日、「Hirox's room」から、「実録!交通違反をもみ消して罰金を払わない方法」(別名:「交通違反の揉み消し方」)にサイト名を変更した(ただし、2ちゃんねる開設以前の詳細は不明な点が多く、ほとんどは西村自身の発言を典拠としている)。その後、米国留学中の1999年5月30日、2ちゃんねるを開設した(ただし、設立に関しては文献によって記述が異なり、実際の所は不明な点が多い)。

2001年6月にイレギュラーズアンドパートナーズ株式会社を、2002年9月に東京プラス株式会社を設立。 2006年8月以降、一時期は消息不明となり、同年9月22日付の夕刊フジの記事では行方不明と報じられた[7]。しかし、当日の西村のブログには東京ゲームショウに行っていたとの記述がある[8]。また関係者の話で裁判逃れのため新宿にこもりゲームや不法ダウンロードした映画を見て暮らしているという話がある[9]菓子うまい棒」(めんたい味)と飲料「ルートビア」が好物とされ、前者は2ちゃんねるにおけるサーバーの名称(cheeze、mentai、pizzanattococoaなど)にもなっていた。また、2001年に開設されていたうまい棒の公式サイトでの投票結果から、パッケージデザインのみではあるが「西村博之専用うまい棒」が製造された[10][11]。しかしその後うまい棒よりもじゃがりこの方が好きであるとも答えている[12]

各種の講演で講師を務めることも多く、2006年11月4日には早稲田大学[13]2007年11月25日には東京大学駒場キャンパスなど。またインターネットを通じた公開討論などでもパネリストや司会として露出する機会は多い。政財界にまで繋がりを持ち、中でも、河野太郎衆議院議員などは西村との直接対談を実施し、その業績を賞賛し続けている[14]

2008年10月、音楽配信サイト「mF247」をに・よん・なな・みゅーじっくと共同で運営していくことが決まった[15]

2009年1月2日、2ちゃんねるをシンガポールの「PACKET MONSTER」に譲渡したと公表したが、同社は西村の設立した実態の無いペーパーカンパニーであり、警視庁では関係者からの事情聴取によりそれ以後も西村が実質的に管理していると判断している[16]。2013年には広告収入の一部をPACKET MONSTERから自分に還流させていたことが判明[17]。2014年4月1日に西村がレンタルサーバー会社に2ちゃんねるを乗っ取られたとして掲載した警告文には「2ちゃんねるの諸権利は、西村博之ないしパケットモンスター社に帰属する」と明記している[1]

2009年、米エンターテインメント業界誌「ハリウッド・リポーター」にてアジアのエンターテインメント業界を牽引する20人「ネクスト・ジェネレーション・アジア」の1人に選ばれた。同誌では「日本の典型的エグゼクティブ(管理職)へのアンチテーゼ(反定立)」と評した。

2ちゃんねるの運営には飽きたと語り、理由の一つに「00年代前半期には、偏差値とインターネット利用者が比例する構図があったが、PCが安価になり始めた00年代中期頃から、一部の議論好きな人間を除いて馬鹿ばかりになってしまった。」ことを挙げた[18]。「明日できることは今日やるな」と発言したことがある。大量の仕事をさばいていく以上、効率的に時間を使って行くべき、ということ[19]

2012年12月20日、2ちゃんねる上の違法な情報を放置したとして、麻薬特例法違反(あおり、唆し)幇助の疑いで書類送検されたが[16][20]2013年3月19日東京地検は西村を不起訴処分とした。地検は掲示板を利用した薬物売買について、西村が把握していたことを示す証拠がなく、2011年11月の家宅捜索後、掲示板から違法な書き込みを削除するなど運営に改善が図られたためとみられる[21]

2013年2月18日付けでドワンゴの荒木隆司社長から辞任を要請されたため、本人の同意を経て株式会社ニワンゴの取締役を辞任[22]

2014年4月20日、前日19日に入籍したことをTwitter上で報告した[23]

発言[編集]

訴訟[編集]

西村は、2ちゃんねる絡みの多数の民事訴訟と多額の賠償債務を抱えている。最初のうちは裁判に対応していたが、途中から被告としての主義主張を展開せず、法廷徹底無視の姿勢を貫くようになり、これが原告の主張がほぼ認められる欠席裁判となり、その多くで管理責任を問われる判決を受けている(=敗訴)。

毎日新聞の記事によると2006年12月時点で賠償額は総額4000~5000万円ほど。ただし、西村の年収は1億円以上あり[24]、支払能力の有無に関わらず払う気はなく[25]時効まで放置するつもりであると見られている。また自身で「時効成立の頃には飽きて別の事をやってるかも」と語っている[26]板倉宏日本大学大学院教授によると、裁判所の強制執行があれば賠償金は回収できるが[27]、被告の資産を調べるのは原告がしなければならない。2ちゃんねるに関する訴訟を担当して西村の資産を回収しようとした弁護士は「(西村の自宅マンションにあったのは)生活必需品ばかりで差し押さえができなかった」「収入が入る金融機関口座を突き止めることができなかった」ことを明かしている[28]

2007年1月29日、元2ちゃんねる副管理人の「切込隊長」こと山本一郎が起こした、西村に対する名誉毀損裁判に出廷した。西村は「基本的には出ない(注:「出廷しない」の意)のですが、今回は知り合いなので、面白いかなと思ったんです。原告がどんな顔をしてくるのか知りたかったんです」と言っている[29]。ちなみに口頭弁論は2007年9月までに5回行われ、そのなかで山本が西村に対し「ハゲ」と投稿したことについて西村が言及した。2008年2月、西村の敗訴に終わる。過去ログ削除と80万円の支払い命令(請求200万円)。2007年2月、西村自身と西村が経営する会社に課された税金(所得税法人税)の一部が滞納され続けていることを受け、東京国税局査察部が調査を開始したと夕刊フジが報じる[30]。翌3月には読売新聞で“債務4億円、50件以上民事で提訴され43件で敗訴確定”と報じられた[31]。また、3月20日には賠償金の債務が約5億円に上ると報道され、質問を受けた報道陣に対し「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」、「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」と、支払いの意思がないことを明らかにした[32]

2010年1月、書籍『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』(ISBN 978-4104715213)の印税新潮社から西村に支払われていることに着目し、印税を差し押さえることで初めて損害賠償金が回収される[33][34]


出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • ドワンゴイロメロミックス(2005年) - 声のみの出演

雑誌[編集]

著書[編集]

  • 『元祖しゃちょう日記』、講談社、2004年10月、ISBN 406212646X
  • 『2ちゃんねるで学ぶ著作権』、共著:牧野和夫アスキー2006年7月、ISBN 4756147704
  • 『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』、扶桑社新書2007年6月、ISBN 4594053882
  • 『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』、扶桑社新書、2009年5月、ISBN 9784594059521
  • 『ホリエモン×ひろゆき 語りつくした本音の12時間 「なんかヘンだよね・・・」』、共著:堀江貴文集英社、2009年9月、ISBN 9784087805338
  • 『そこまで言うか!』、共著:堀江貴文・勝間和代青志社、2010年9月、ISBN 9784905042006
  • 『オンナは苦手。』、共著:田母神俊雄李白社、2010年11月、ISBN 9784894519268
  • その他、2ちゃんねるに匿名で投稿された文章を元に編集された多くの書籍(例として「電車男」)は、2ちゃんねるの代表者である西村が、著作者権を投稿規定に基づいて行使する形で出版されている。ただしこれには異論もあり、投稿者が投稿した当時には投稿規定が表示されなかったり、あるいは当時には投稿規定の文言が現在表示されるものと異なるため、一部の投稿については投稿規定の効力に疑問があるとする意見もある。もっともこの場合、「電車男」のログの出版・ならびにそれを元に創作された映画・ドラマ・漫画など副次的創作物が利益を出した場合、還元すべき対象はどこの誰なのか、またスレッドに書き込みをしたと自称する人物たちが名乗りをあげた場合に、どうやってそれらを真実であると証明するのか、といった多くの問題が背後に控えている。
  • 西村自身は電車男の二次著作権料は受け取っておらず、新潟県中越地震災害義捐(ぎえん)金として送金している[35]

[編集]

  • 激走爆走チーム2ちゃんねる(2000年12月25日)
  • モナ~らぶ(2001年3月11日)
  • おいら(2001年5月11日)
  • やる気なし!(2001年7月7日)
  • アメニモマケテ(2001年7月14日)
  • 89337564!(2001年10月20日)
  • 4649!(2001年11月5日)

※すべてネット上でフリーダウンロードシングルとして発表されたほか、2001年7月に開催されたイベント「2ちゃんねる祭り@2周年記念」で発売された『2ちゃんねるソング集』には「激走爆走チーム2ちゃんねる」~「アメニモマケテ」までの5曲が、2002年8月に発売された書籍『2ちゃんねる公式ガイド2002』の付録CD-ROMの音声トラックには「モナ~らぶ」と「4649!」の2曲が収録された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 西村博之(ひろゆき) 2ちゃんねる管理人 好きが高じてわらしべ社長 2006.12 月刊チャージャーVol.18 PROFILE欄(2012年3月29日閲覧)
  2. ^ ひろゆき『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』p.242(扶桑社新書、2009年 ISBN 9784594059521
  3. ^ ひろゆき『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』p.212(扶桑社新書、2009年)
  4. ^ ひろゆき『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』p.237-238(扶桑社新書、2009年)
  5. ^ ひろゆき『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』p.212-213(扶桑社新書、2009年)
  6. ^ ひろゆき『僕が2ちゃんねるを捨てた理由』p.240(扶桑社新書、2009年)
  7. ^ 2ちゃんねるの「ひろゆき」失踪…掲示板閉鎖も (2006.9 夕刊フジ ZAKZAK ウェブアーカイブ
  8. ^ ひろゆき日記@オープンSNS。(2009.6.22)
  9. ^ 2ちゃんねる逝ってヨシ? ~管理人雲隠れの真相・2~
  10. ^ 西村博之専用うまい棒のパッケージ画像(2009年4月24日閲覧、下記サイトより)
  11. ^ うまい棒同盟(2009年4月24日閲覧)
  12. ^ 2007年1月、ニワンゴのインタビュー記事「2ちゃんねる管理人 ひろゆき氏に突撃インタビューしました!」[要出典]より
  13. ^ “失踪”ひろゆきキター!!2ch管理人が早大で講演会(2006.11 産経新聞 IZA!)
  14. ^ Be Taro Kono ~河野太郎 vsひろゆき@2ちゃんねる管理人(1)~(2006.8掲載(こまめな歯ぎしり)、2006.7.30実施)等
  15. ^ mF247、ひろゆき氏が運営へ」 ITmedia、2008年10月02日。
  16. ^ a b 朝日新聞2012年12月21日朝刊1面「2ちゃんねる創設者 書類送検」
  17. ^ 申告漏れ:2ちゃんねる元管理人が1億円 広告収入の一部、譲渡後も関与裏付け 毎日新聞2013年8月24日
  18. ^ 別冊宝島1661インターネット「タブー」地帯2009 (2009 宝島社 ISBN 4796674535)西村博之インタビューより
  19. ^ 「明日できることは今日やるな」2ちゃんねる管理人・西村博之さん(2006.7 ITmedia)
  20. ^ “2ちゃんねる創設者を書類送検 麻薬特例法違反の疑い”. 朝日新聞. (2012年12月20日). https://web.archive.org/web/20121220112247/http://www.asahi.com/national/update/1220/TKY201212200560.html 2014年3月11日閲覧。 ※現在は冒頭(一般閲覧可能)部分のみインターネットアーカイブに残存
  21. ^ “2ちゃんねる元管理人を不起訴 東京地検、違法書き込み放置で”. 日本経済新聞. (2013年3月19日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1904E_Z10C13A3CZ8000/ 2013年3月21日閲覧。 
  22. ^ ひろゆきが辞任の理由を初ポロリ……ニコニコ超会議2の超ZUNビール特番」週アスPLUS 2013年3月11日
  23. ^ https://twitter.com/hiroyuki_ni/status/457790075716116480
  24. ^ 連載「ネット君臨」第1部・失われていくもの/1(その2)毎日新聞 朝刊 2007.1.1、ウェブアーカイブ
  25. ^ 某雑誌の質問に答えてみるの巻。 : ひろゆき@オープンSNS(2006.10 西村)
  26. ^ 朝日新聞社出版本部「AERA」2004年7月19日号の2ちゃんねる特集にて発言
  27. ^ 賠償金逃れは不可能…日大大学院教授が指摘(2006.10 サンケイスポーツ) [リンク切れ]
  28. ^ 「無能野郎」「氏ね」中傷氾濫…2ちゃん本印税差し押さえは有効か 産経新聞2010年5月4日(ウェブアーカイブ)
  29. ^ 2ちゃんねる訴訟に、ひろゆき氏が出廷 29日  - OhmyNews(2007.1 オーマイニュース 渋井哲也 ウェブアーカイブ)
  30. ^ 2ちゃんねる、マルサ動く・・・国税局職員の父親を直撃 (2007.2 夕刊フジ ZAKZAK)
  31. ^ 2ちゃんねる管理者、敗訴43件も制裁金4億円不払い (2007.3 読売新聞
  32. ^ 2ちゃんねる賠償金「死刑なら払う」…管理人・西村氏(2007.3 読売新聞社 ウェブアーカイブ)
  33. ^ 「2ちゃんねる」に対する損害賠償金を回収! - 新潟合同法律事務所 齋藤裕 2010年2月19日閲覧
  34. ^ 2ちゃんねるから「賠償金」 回収成功は極めて珍しいケース - 2010.2J-CASTニュース2010年2月19日閲覧
  35. ^ 某雑誌の質問に答えてみるの巻。」 ひろゆき日記@オープンSNS、2006年10月4日。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]