半保護されたページ

ゆたぼん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ゆたぼん
Yutabon 2019.png
人物
生誕 中村 逞珂
(なかむら ゆたか)[1]

(2008-12-12) 2008年12月12日(12歳)
日本の旗 日本 大阪府枚方市[2]
居住地 日本の旗 日本 沖縄県宜野湾市[1][3][4]
職業 YouTuber中学生
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年3月26日 -
登録者数 12.8万人
総再生回数 4556万1175回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年10月7日時点。
テンプレートを表示

ゆたぼん(本名:中村 逞珂[1])は、日本YouTuberである。

来歴

2008年12月12日、5人兄弟姉妹の長男として大阪府枚方市にて生まれる[5]

2017年、当時通っていた小学校で、宿題をしていなかった事をきっかけに担任教師とトラブルになり不登校になった[1]。この事が契機となり小学校に通わないことを決意し、YouTubeで「不登校は不幸じゃない」、「俺が自由な世界を創る」、「人生は冒険や」といったメッセージを発信するようになった[4][6]

不登校になってからおよそ1年が経った2018年、家族そろって沖縄県宜野湾市に移住。そして、2019年5月に、ゆたぼんの活動が琉球新報の5日付の記事に取り上げられたことをきっかけに、ネット上で賛否両論の声が上がったり、YouTubeチャンネルの登録者数が激増した他、複数の大手メディアで取り上げられた[7]

2019年6月6日に公開した動画では、久しぶりに学校に登校し給食を食べて授業を受けて下校したと公表した。しかし、ネット上では話題作りのために登校したのではないかなどの疑いの声が多い[8]。同動画内でゆたぼんは「学校に行きたければ行けばいいし、行きたくない子は行かなくていい」、「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない[注 1]」と語った[8][9]

2020年7月24日に公開した動画では、誹謗中傷に対して法的措置を進めていると公表した[10]

2021年3月24日に公開した動画では、通っていた小学校を卒業したものの、髪を染めていることから卒業式への参加ができず、校長室にて一人で卒業式を行ったと公表した[11]。また翌日に公開した動画の冒頭では、その際に授与された卒業証書を破く様子が映された。翌月7日に公開した動画では、中学校には通わないことに加え、制服指導に対する疑問や他のものにつぎ込めばいいとの考えから、学生服は購入していないと公表した[12]

人物

動画スタイル

ゆたぼんのYouTubeの動画は「ハイサイまいど!少年革命家、ゆたぼんです」という挨拶で始まり、「人生は冒険や!自由に生きよう!死んだらアカン!じゃあ」[注 2]で締めた後、2019年7月27日に公開された動画以降はオリジナルソングである「僕の唄」が流れる形が基本的にとられている[注 3]。配信する動画は歌やお笑い系が多い[3]

不登校

不登校の自由」を主張しており小学校在籍時は「小学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いていた[1][3]ほか、「大人だけではなくて子供の自殺も増えているのでそれを何とかしたい(自殺をなくしたい)」などとも発言している。但しこれに対しては後述するシバターによる指摘等もある。

身体能力

2018年にはケガで入院での退院明けで市内のわんぱく相撲に出場し、体格が上の相手に勝利している[13]

格闘技

3歳頃に極真空手を習っていた[14]

2019年には格闘家で知られる朝倉未来とスパを行い、朝倉未来から好評を受ける[14]。、その後も、格闘家のHIROYA等の選手とスパを行う動画出している。

論争

父親の影響を受け、有料の親子講演会を開催する等、自由な生き方を模索している[4][6]。それ故か、「ゆたぼんは父親のロボット(言いなり)にされているのではないか」と指摘する者がいる[4]。将来の目標は子供だけが乗れるピースボートで世界中に友達を作り戦争をなくすことで、夏休み明けの頃には、子供を集めたライブを開催する計画も練っている[3]。また、インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティに就任し、2021年2月27日まで毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送していた[3]

著名人による意見

否定的見解

  • YouTuberのシバターは、宿題が嫌だから学校へ行きたくない子供が、いじめを苦に自殺を考えている子供達に向けて「学校へ行くことが全てじゃない、一番大事なのは命」と、あたかも同じ立場であるかのような説教への違和感を指摘した[15]。また、ゆたぼんが中学校に通わないと公表した動画に対しては自身の経験をもとに学校に通うことのメリットを語った[16]が、ゆたぼんは後にこのことに対して古い考えであると反論している[17]。その後、シバターはこれに対し「YouTubeで稼げなくなって他の仕事をしなければならないときに中学や高校を出ていないと選択肢が狭まる」「耳が痛くなることを言う人がアンチなのではなく、君に耳ざわりの良いことを言う人こそ真のアンチ」と語りかけた[18]が、ゆたぼんはこのことに対して自分の決めた道なら後悔はないことや実験対象とされているのは学校通学している側の方だと述べた上でそれでも学校に行きたくなったら行くと返している[19]
  • 弁護士藤吉修崇は、学校に通わせないことは、親として学校教育法に違反するとして「ゆたぼんの親も逮捕される可能性がある」と指摘している[4][20]
  • 高須クリニック院長の高須克弥は自身のTwitterで「試験もなんにもないお化けの世界で遊んでいると常識知らずになります。学校に行く発展途上国の子供に馬鹿にされます。成人したら困窮します」と述べた[4][21]
  • タレント楽しんごは自身のInstagramで「馬鹿じゃない!不登校は不幸だよー!」と述べ、ハッシュタグでは「不登校児」、「馬鹿過ぎる」、「天才」、「天災だわ」とも記していた[22]
  • 2ちゃんねるの創設者で実業家の西村博之はTwitterで「登校が嫌なら通信制の中学校で教育を受けることは可能。子供に教育を受けさせる義務を放棄してる親には罰則が必要だと思います。教育の機会を捨てるのを是とする考えを広めるのは社会的に良くないしアホの再生産になります」としつつも「子供は被害者なので責めるべきではないです」と、ゆたぼんを擁護し、父親の教育に苦言を呈した[23]。さらに「子供を学校に通わせないで、身の回りの出来事を学ぶことで生きる力を云々という頭の悪い親がいますが、身の回り生活からどうやって虚数の概念を学べるのか聞いてみたいです」とし、「『虚数なんて知る必要がない』と考える人は知識が足りないし、子供の成長に制限をかけてることに気づかないならアホでしょ」とに綴った[23]。また、西村はホームスクーリングだと主張するゆたぼんの父親に対して「通学する中学生は一日5時間の授業を各科目で教員試験を通った大卒の教師が教えます。あなたの家庭では学校の代わりにどういった資格を持つ方が何人で1日何時間の教育をされているのですか?中学校と同等の教育なら問題ないです。まさか、なんの資格も無い中卒の人が教えてるわけではないですよね?」と質問したが、ゆたぼんの父親は「えっ?なんの資格もない中卒の人間が子どもに勉強を教えてはならないという法律でもあるのですか?」と質問に質問で返して答えなかった[24]。また西村は質問の意図について「子供をダシにした動画でしかお金稼ぎが出来ない無能が再生数のために子供から教育と学歴を取り上げること、動画を真に受けて間違えた道に進む子供が出てくる事が社会にとって良くないと思っています。客観的に提示出来る教育法なりあれば、おいらの誤解なので確認したくて質問しました。」と述べた[25]。このことに関して、ゆたぼんは「本当にクソだと思う」と発言している[26]。NHK党の立花孝志は「(賠償金を払っていない)ひろゆき君は『学校行け』という道徳を一番言っちゃいけない人」と述べた[26]
  • メンタリストDaiGoはゆたぼん自身については「すごいと思いますよ」「自身の同い年くらいのときより優れている点がある」と評価しつつも、ゆたぼんの父親については「言い方悪いけど、子供が話題になったのを上手に使って『僕はこの子のお父さんです』みたいな感じでSNSでイキっちゃうお父さんはちょっと残念ながら……」「お父さんと同い年になってあんなみっともない大人でいたくないと思っちゃうんでちょっとね、言っちゃ悪いんだけど」「義務教育の間だけ成り立つ煽りビジネス」と指摘している[27]

肯定的見解

  • 脳科学者茂木健一郎は「学校に行かなくても、学ぶことは無限にできる。社会性も、学校で身につく社会性がすべてじゃない」と自身のTwitterで述べた[4][28]。 また、茂木は中学の不登校についても「日本は(教育)レベルが低すぎる」とした上で、「日本の学校教育って全然よくないですよ。もう断言しますけど、だから日本はこんな惨状になっているわけでしょ。自分の頭でものを考えるとか批判的に思考するということが全く学校で培われていないからこういうことになる。東大に行ってもせいぜい“クイズ王選手権”に出るだけってことでしょ」と擁護した[29]
  • プロ野球選手ダルビッシュ有は自身のTwitterで「自分の好きなように生きればいいよね」とゆたぼんを応援した[30][4][31]
  • 実業家堀江貴文は自身のTwitterで「勉強嫌いならしなくていい」、「かけ算計算機があるんだからできるようになる必要がない」と述べた[4][32]
  • 女優須藤理彩は、彼女の家族の経験談を基に「不登校に理由があれば、それはいいと思う。それぞれの選択」と理解を示しつつも、「彼が今、自由でいられるのは誰かいろんな人が、やりたくないこともやってくれてるからと教えることが親の務め」と述べている[4][33]
  • 「夜回り先生」こと水谷修は、かつて高校教師であった感覚からすれば親が子を登校させないことは犯罪であるとしたうえで、不登校に対する観点においてこれまでの「行かせない」「行けない」ではない「(自らの意思で)行かない」の選択肢があることで救われる児童がいることに加え、ゆたぼんを批判する層に対してそっと何も語らず投稿動画も観ずにそっとしておいてあげたほうが良いと述べている[34]

中立的見解

  • お笑い芸人の兼近大樹は「(自分は)定時制高校で2日しか行っていない」と告白した上で「行かなかった側の人間なので、(ゆたぼんに)行けとは言えない」「みんなと同じ日々を過ごさなかったからこそ、違う自分になれたっていうのもあります」「絶対的に上手くいかずに、もちろん収入も低いですよ。僕と同じように生きてきた人は」「基本的に行っている人達で日本はできていると思う。その人たちに感性を合わせてあげる能力があることで、より違った自分を演出できるんですよ」「(学校に)行けって言われていった人たちの人生を理解してあげる能力が絶対必要。社会性っていうんですかね、この人たちで動いているので、日本が」と述べた[35]

その他

記事の売り込みと新聞社の責任

2019年、第三者のYouTuber[36]琉球新報に電話取材を申し込んだところ、琉球新報の記事は父親による売り込みの記事であることが発覚した[37]

ゆたぼんが主張する教師とのトラブルについては、記事を作成した新聞社側はトラブルの有無を学校に取材して確認をしておらず、実際にトラブルがあったのかどうかは明らかになっていない。本人の言い分のみで記事を作成したことについて琉球新報の報道責任についても問題視されている[38]

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「不登校の自由」主張して実践中の10歳ユーチューバ「ゆたぼん」あなたは賛成?反対?”. J-CAST (2019年5月15日). 2019年5月25日閲覧。
  2. ^ 自由への扉” (日本語). ゆめのたね. 2019年9月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e 「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」”. 琉球新報社 (2019年5月5日). 2019年5月25日閲覧。[リンク切れ]
  4. ^ a b c d e f g h i j 「不登校は自由」10歳のYouTuberゆたぼんをめぐり、有名人からも賛否両論が大噴出”. 女子SPA! (2019年5月15日). 2019年5月25日閲覧。
  5. ^ 『今日でゆたぼんが誕生して十年』” (日本語). 中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」. 2019年7月24日閲覧。
  6. ^ a b 10歳YouTuber『ゆたぼん』の〝革命的過ぎる発言〟に批判殺到!”. まいじつ (2019年5月9日). 2019年5月25日閲覧。
  7. ^ 不登校ユーチューバーゆたぼんに加藤浩次「YouTubeがんばれ」とイェールも、小学生「つまんないなあ」”. 日刊サイゾー (2019年5月15日). 2019年5月25日閲覧。
  8. ^ a b 不登校ユーチューバー、ついに小学校へ登校 「学校に行く義務はない」と主張も“話題作り”と冷たい声”. リアルライブ (2019年6月10日). 2019年6月11日閲覧。
  9. ^ 学校に行ってきました!”. YouTube (2019年6月6日). 2020年10月7日閲覧。
  10. ^ “「小学生YouTuber」ゆたぼん、誹謗中傷に法的措置へ 「学校では教えてもらえへんのか?」”. J-CAST. (2020年7月27日). https://www.j-cast.com/2020/07/27390913.html?p=all 2020年10月7日閲覧。 
  11. ^ 「不登校YouTuber」ゆたぼん、小学校を無事卒業 校長室で「たった1人の式典」開かれたわけ J-CAST ニュース (2021年03月26日) 2021年03月27日閲覧。
  12. ^ ゆたぼん君、中学校も不登校を継続 「制服とかも買ってない」”. exciteニュース (2021年4月9日). 2021年4月16日閲覧。
  13. ^ 2020年5月16日公開の動画より。
  14. ^ a b 朝倉未来も太鼓判!ゆたぼん格闘技デビュー 父・幸也氏「興味ある」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年5月5日閲覧。
  15. ^ 少年革命家ゆたぼんの親に対して大物YouTuberも苦言「一種の虐待」” (日本語). LogTube|国内最大級のyoutuber(ユーチューバー)ニュースメディア (2019年5月14日). 2020年4月4日閲覧。
  16. ^ シバター 人気ユーチューバー・ゆたぼんの「中学校不登校宣言」に物申す”. exciteニュース (2021年4月12日). 2021年4月16日閲覧。
  17. ^ 「中学校不登校宣言」ゆたぼんが進学勧めるシバターに反論「昭和のおっちゃんの考え」”. exciteニュース (2021年4月15日). 2021年4月16日閲覧。
  18. ^ 不登校YouTuberゆたぼんに「もういいよ。学校に行かなくていい。ただ...」 シバターが突き付けた条件” (日本語). J-CAST ニュース (2021年4月19日). 2021年4月20日閲覧。
  19. ^ ゆたぼん シバターに再反論「子供は学校に行く権利はあるけど、義務はないから!」”. 東スポweb (2021年4月20日). 2021年4月23日閲覧。
  20. ^ 少年革命家ゆたぼん(不登校ユーチューバー)の親は違法!?弁護士の解説”. YouTube. 2019年5月25日閲覧。
  21. ^ 高須克弥さんのツイート”. Twitter. 2019年5月25日閲覧。
  22. ^ 尾道えぐ美 (2019年5月10日). “楽しんご、不登校ユーチューバーを痛烈非難 「激しく同意」「学校が全てじゃない」”. インフォシーク. 2019年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月11日閲覧。
  23. ^ a b ひろゆき氏がYouTuber・ゆたぼんの中学校不登校宣言を一刀両断「アホの再生産になります」:中日スポーツ・東京中日スポーツ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2021年4月10日閲覧。
  24. ^ ひろゆき氏「中学も不登校宣言」ゆたぼんパパとツイッターでバトル 2021年4月15日閲覧。
  25. ^ 「子供をダシにした動画でしかお金稼ぎが出来ない無能」!? Twitterでひろゆきさんとゆたぼんのパパの論争が続く
  26. ^ a b ゆたぼん、ひろゆき氏酷評の理由語る「賠償金払わない人に言われるのは…」”. livedoor NEWS (2021年4月25日). 2021年4月25日閲覧。
  27. ^ メンタリストDaiGoさん「ゆたぼん君はすごいけどお父さんは……」「義務教育の間だけ成り立つ煽りビジネス」動画で語る 2021年4月15日閲覧。
  28. ^ 茂木健一郎さんのツイート”. Twitter. 2019年5月25日閲覧。
  29. ^ “中学も不登校” ゆたぼんに茂木健一郎が擁護連発「日本はレベルが低すぎる」 2021年4月15日閲覧。
  30. ^ ダルビッシュゆたぼんは「自分の好きなように」”. 日刊スポーツ (2019年5月9日). 2019年5月25日閲覧。
  31. ^ ダルビッシュ有さんのツイート”. Twitter. 2019年5月25日閲覧。
  32. ^ 堀江貴文さんのツイート”. Twitter. 2019年5月25日閲覧。
  33. ^ 須藤理彩、10歳ユーチューバーへ「やりたくないことをやってくれる人がいる」”. デイリースポーツ (2019年5月15日). 2019年5月25日閲覧。
  34. ^ 「学校に行かない」少年ユーチューバー「ゆたぼん」に夜回り先生がエール「救われる子がたくさんいる」”. まいどなニュース (2021年4月19日). 2021年4月23日閲覧。
  35. ^ EXIT・兼近 ゆたぼんの“中学校不登校宣言”に持論、自身の経験談交え「凡人の凄さを知って欲しい」 2021年4月23日閲覧。
  36. ^ 【神回】10歳のYouTuberゆたぼんについて取材した記者に電話をしてみたら…”. YouTube (2019年5月13日). 2019年7月15日閲覧。
  37. ^ 不登校ユーチューバーの記事は“親の売り込み”? 新聞社に電話し真実を明かした動画が物議”. リアルライブ (2019年5月17日). 2019年7月15日閲覧。
  38. ^ ゆたぼんの“売り込み行為”発覚で、琉球新報へ飛び火! 「不明瞭な不登校児を……」と批判”. 日刊サイゾー (2019年5月21日). 2019年7月15日閲覧。

注釈

  1. ^ なお、日本国憲法26条2項にて「教育を受けさせる義務」が定められている。
  2. ^ 「死んだらアカン!」の部分は「○○せなアカン!」等のように別の言葉が入る場合がある。
  3. ^ 例外もあり、たとえば2021年3月25日に公開した動画では締めの言葉の後で、尾崎豊の『卒業』の歌唱および小学生時代に使っていたランドセルのプレゼントに関する応募要項の説明となっていた。また2017年10月30日~2019年7月26日に公開された動画においては「天才バカボン」の替え歌が基本的に流れていた。

外部リンク