ゆたぼん

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ゆたぼん
Yutabon 2019.png
ゆたぼん(2019年撮影)
人物
生誕 中村 逞珂(なかむら ゆたか)
(2008-12-12) 2008年12月12日(14歳)
日本の旗 日本 大阪府
居住地 日本の旗 日本 沖縄県宜野湾市[1][2][3]
職業 YouTuber
公式サイト 少年革命家ゆたぼんのオフィシャルブログ
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年3月26日 -
登録者数 約15.3万人
総再生回数 約8330万回
挨拶 「ハイサイまいど!」
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年12月28日時点。
テンプレートを表示

ゆたぼん(本名: 中村 逞珂[4]〈なかむら ゆたか〉2008年平成20年〉12月12日 - )は、日本のYouTuber沖縄県宜野湾市在住[5]大阪府生まれ[4]少年革命家を自称し、自身のYouTubeチャンネルで「学校は行きたい時に行く」「不登校の自由」などを主張し動画配信を行っている[5][6][7]。父親は中村幸也[8][9][10][11]

来歴

生い立ち

2008年12月12日、心理カウンセラーを自称する父親の中村幸也と3度の流産を経験した母親との間に[12][13]、5人兄弟姉妹の長男として、大阪府にて生まれる。1人の姉と3人の妹がいる。

4歳の頃に急性巣状細菌性腎炎を患い、生死を彷徨った。その影響で腎臓の半分が現在でも機能していない[13]

小学2年生までは楽しく小学校に通っていたが、小学3年生になった2017年、一律で教育を受けさせられていることに疑問を感じるようになり、宿題をしていなかったことに起因するトラブルが担任教師との間で発生した[7][14]。また、教師の言うことに従う同級生らがロボットに見え、このまま学校に通い続ければ、「自分もロボットになってしまうかもしれない」と思うようになった[15]

そして、上記の一件が引き金となり、小学校に通わないことを決意し、不登校となった[7][14]。その時から、「不登校は不幸じゃない」「俺が自由な世界を創る」「人生は冒険や」などといったメッセージを発信するYouTuberとして活動を始めるようになった[6][7]

不登校になってからおよそ1年が経った2018年、一家の長女である姉を除いた家族そろって、大阪府枚方市から沖縄県宜野湾市に移住[16]。そして、2019年5月に、ゆたぼんの活動が琉球新報の5日付の記事に取り上げられたことをきっかけに、YouTubeチャンネルの登録者数が激増した他、複数の大手メディアで取り上げられた[17]。なお、この記事は父親による売り込みだったと後に発覚している。(節「評価」も参照)

将来の目標は子供だけが乗れるピースボートで世界中に友達を作り戦争をなくすことで、夏休み明けの頃には、子供を集めたライブを開催する計画を立てている[2]。また、インターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティに就任し、2021年2月27日まで毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送していた[2]

2019年6月6日に公開した動画では、久しぶりに学校に登校し給食を食べて授業を受けて下校したと公表した[18]。同動画内でゆたぼんは「学校に行きたければ行けばいいし、行きたくない子は行かなくていい」「子供は学校に行く権利はあるけど義務はない」と語った[18][19]

2021年3月24日に公開した動画では、通っていた小学校を卒業したものの、髪を染めていることから卒業式への参加ができず、校長室にて1人で卒業式を行ったと公表した[20]。また、翌日に公開した動画の冒頭では、その際に授与された卒業証書を破く様子が映された。

中学時代

2021年4月7日に公開した動画では、中学校には通わないことに加え、制服指導に対する疑問や制服購入費用は他のものに充てるのが良いとの考えから、制服は購入していないと公表した[21]

2021年12月16日、メルパルクホール大阪で開催された亀田興毅主催のボクシング興行「3150FIGHT vol.1」でボクシングデビュー。1分2ラウンド、ヘッドギア着用のルールで、1歳年下の三輪皇瑛(3150ファイトクラブ)とエキシビションで対戦した[22][23]

2022年6月30日より、全国の不登校の児童を支援するという名目のもと、スタディ号と名付けた軽トラックに乗り、日本一周をするという企画を開始した[24]。当初は現地の不登校児童生徒を支援する企画であるとしていたが、実際は不登校児童を支援する内容の動画は1つしかなく、投稿された多くの動画が現地の観光であったり、女子高校生と交流するといった内容であったりと[注 1]、当初の目的と大きく乖離したものとなったため、批判が相次いだ[28](節「日本一周の騒動について」も参照)また資金面でも、途中でクラウドファンディングで募った487万円の資金を使い果たし、自身のYouTubeで「まじで大赤字でお金がなくて、(中略)このままやと日本一周も厳しくて、(中略)皆さんに投げ銭をして欲しいです」と視聴者に追加資金の提供を呼びかけたため、批判を受けた[24]。翌日にあった100万円を提供するとの連絡が振り込め詐欺であったことが判明するなど嫌がらせもあったが[注 2]、10月31日に実際に100万円を支援する企業経営者が現れ[30]、資金難は解決し、翌11月13日に日本一周を達成した[31]

人物

動画スタイル

ゆたぼんの動画は、トレードマークの麦わら帽子をかぶり[7]「ハイサイまいど!少年革命家ゆたぼんです」という挨拶で始まり、「人生は冒険や!自由に生きよう!死んだらアカン!じゃっ!」[注 3]で締めた後、2019年7月27日に公開された動画以降はオリジナルソングである「僕の唄」が流れる形が基本的にとられている[注 4][独自研究?]

ライフスタイル

父親の影響を受け、有料の親子講演会を開催するなど、自由な生き方を模索している[3][6]。「不登校の自由」を主張しており小学校在籍時は「小学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いていた。2022年に竹之内教博のYouTube動画にて、週の半分は小学校に登校していたことを認めた[1][2][32]

3歳頃に極真空手を習っており、2019年には格闘家で知られる朝倉未来とスパ[要説明]を行って好評を受ける[33]。その後も格闘家のHIROYAとスパ[要説明]を行う動画を出している。2021年12月16日には、亀田興毅主催のボクシング興行にてボクシングデビューした。ボクシングデビューのきっかけは亀田史郎に誘われたからだといい[34]、亀田史郎のもとで修業を受ける動画も出している[要出典]

評価

児童虐待の可能性

ゆたぼんに関して、「本当は学校に行きたいが、親により不登校を掲げて活動させられているのでは?」「親の金儲けの道具にされているのでは?」といった父親である中村幸也に対する批判もある[35]心理学者であり家庭問題カウンセラーでもある山脇由貴子は、もし前述の批判が事実だとすれば、児童虐待に該当し、児童相談所が介入・保護する対象になる可能性があるとした[36]

ゆたぼんの居住地を管轄する児童相談所のコザ児童相談所は、「ゆたぼんさんに関してはYouTubeを開始された直後から多数の相談が寄せられており、その都度、(中略)市の教育委員会や在籍する学校と情報を共有し、対応を検討させていただいています」としている[37]

記事の売り込みと新聞社の責任

2019年、ゆたぼんが有名となる直接の要因となった琉球新報の記事は、父親による売り込みの記事であることが発覚した[38]。記事においてゆたぼんが主張する担任教師とのトラブルについては、記事を作成した琉球新報側はトラブルの有無を学校に取材して確認をしておらず、実際にトラブルがあったのかどうかは明らかになっていない。本人の言い分のみで記事を作成したことについて、琉球新報の報道責任も問題視されている[39]

なお、この件について追及したのは、元迷惑系YouTuberのへずまりゅうである。彼は元々ゆたぼんの活動を非難するアンチで、その一環として琉球新報への取材を行っていた。しかし、へずまは後日沖縄を訪れ、自身が行ってきたアンチ行為を直接ゆたぼん、及び父幸也に謝罪し[40]、以後は友好関係にある。

日本一周の騒動について

ゆたぼんは日本一周中、前述の通り当初の目的とは乖離した行動が問題視された。中でも未成年(及び無免許)であるにもかかわらず、支援者のバイクに試乗した際にバイクが暴走するトラブルがあった。他にも別の支援者から勧められたホテルの高級アイスにブランデーが掛かっている事を知らされず、それを飲んでしまうトラブルも起こった[注 5]。未成年飲酒に近い行為をしてしまう事はさることながら、前述の通りゆたぼんは幼少の頃に大病で腎臓の機能が弱っている事が過去の父幸也のブログの記載されている[13]にもかかわらず、それを止めなかった支援者及び父親の行動に非難が寄せられた。バイク騒動の支援者は謝罪せず動画投稿直後にTwitter等のアカウントを削除したが、ブランデー入りアイスの飲食を進めた支援者は動画削除後にYouTubeの本人アカウントで謝罪動画を投稿し、事の経緯を警察に話した事を打ち明けた(なお、その動画は現在削除されている)。一方ゆたぼん本人に至ってはブランデー入りアイスを飲食した動画が削除された件について、その後投稿した動画で全てアンチのせいだと一蹴し、それ以来意見を述べていない[41]

ライブドアニュースは2022年10月、前述の企画途中の資金難による投げ銭の要求について、チャンネル開設直後にあたる2018年に投稿した動画には552万回再生や340万回再生を記録した動画があるのに対し、ゆたぼん自身の自由な言動や父親である中村幸也の「ゆたぼんアンチ」に対する暴言などが物議を醸し、その影響からか再生回数は減少を続け、最近では10万回を切ることも珍しくないと指摘し、「人気YouTuberとして返り咲く為には抜本的な改革が必要かもしれない」と評した[24]。また、杉山奈津子は2022年10月、「果たして今現在のゆたぼんが、全国の不登校の子に勇気や希望を与えられる存在になっているかというのは、疑問に感じるところです」とし、活動方針の是正を求めた[28]

著名人の意見

NHK党党首の立花孝志は日本一周の一連の騒動について、「プロジェクトを支援してお金を出した人に文句を言う権利がある」「能力がある人は時に頭がおかしい人にも見える」「彼は天才すぎる」とコメントしている[42]

メンタリストDaiGoは自身のTwitterで、「ゆたぼんさんのすごいところは、登録者がそこまで多くないにもかかわらず、登録者が多いYouTuber並みに定期的にニュースになること」とツイートし、ゆたぼんの広告戦略の巧みさを指摘し、賞賛した[43]

脳科学者の茂木健一郎はゆたぼんが新聞記事に取り上げられ、世間の注目を浴びた直後に彼と対談を行っている[44]。現在でも直接的な交流はないが、ゆたぼんの誕生日会にビデオメッセージを送った他、自身のYouTubeチャンネルにて彼を擁護する発言を続けている[45] [46]

一方、以前からゆたぼん(及び彼の父親)が尊敬していた堀江貴文はゆたぼんを酷評しており、2022年11月3日に茂木をゲストに招いて対談を行った際、茂木からゆたぼんについて話題を振られ「若いだけで注目されてるやつって価値ないと思ってて、あいつ多分若いだけで注目されてるやつじゃないですか」と発言した[47]。堀江は不登校については「(堀江が学校に通っていた)当時はスマホもネットもなかったから学校行くしかなかった」と持論を展開して理解を示していたため、世間からゆたぼん擁護派と捉えられていたと日刊ゲンダイは報じている[48]

キングコング西野亮廣は、「僕はゆたぼん好きっすよ。かわいいじゃないですか、ゆたぼん?僕はファンなんですよ」とファンであることを公言している。これに対して前述の堀江は「そうなの?なんかいい人ぶってるな、俺がなんか悪いやつみたいじゃねーかよ!」と反応している[49]

戦績

ボクシングエキシビション

日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考・会場
3 2022年8月6日 勝利 2R 判定 孔志 日本の旗 日本 訳あり[50]
2 2022年5月7日 - 2R - レオナ・ペタス 日本の旗 日本 HATASHIAI[51]
1 2021年12月16日 - 2R - 三輪皇瑛 日本の旗 日本 3150FIGHT vol.1

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 女子高校生などと頻繁に写真などを撮りSNS等で発信した上で、「ホンマにモテてしゃーない」と自身の「モテ」を誇示し[25][26]、「またアンチが嫉妬する」「アンチはデートしたことがない」と「ゆたぼんアンチ」を挑発した[27]
  2. ^ 資金提供の連絡があったのち、振り込め詐欺だとわかる前に訪れた徳島で撮影された動画では、「ホンマにおめでタイ!!」と題し、鯛の定食やしゃぶしゃぶを頬張る様子が映された[29]
  3. ^ 「死んだらアカン!」の部分は「○○せなアカン!」などのように別の言葉が入る場合がある。
  4. ^ 例外もあり、たとえば2021年3月25日に公開した動画では締めの言葉の後で、尾崎豊の『卒業』の歌唱および小学生時代に使っていたランドセルのプレゼントに関する応募要項の説明となっていた。また、2017年10月30日 - 2019年7月26日に公開された動画においては「天才バカボン」の替え歌が基本的に流れていた。
  5. ^ この様子が映されている動画は公開翌日にYouTubeの規約違反により削除された。

出典

  1. ^ a b 「不登校の自由」主張して実践中の10歳ユーチューバ「ゆたぼん」あなたは賛成?反対?”. J-CAST (2019年5月15日). 2019年5月25日閲覧。
  2. ^ a b c d 「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」”. 琉球新報社 (2019年5月5日). 2019年5月25日閲覧。
  3. ^ a b 「不登校は自由」10歳のYouTuberゆたぼんをめぐり、有名人からも賛否両論が大噴出”. 女子SPA! (2019年5月15日). 2019年5月25日閲覧。
  4. ^ a b ゆたぼん☻. “プロフィール|少年革命家ゆたぼんのオフィシャルブログ” (日本語). 少年革命家ゆたぼんのオフィシャルブログ. 2021年8月10日閲覧。
  5. ^ a b 「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」” (日本語). 琉球新報デジタル. 2021年8月10日閲覧。
  6. ^ a b c 10歳YouTuber『ゆたぼん』の〝革命的過ぎる発言〟に批判殺到!”. まいじつ (2019年5月9日). 2019年5月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e 「不登校の自由」主張して実践中の10歳ユーチューバ「ゆたぼん」あなたは賛成?反対?” (日本語). J-CAST テレビウォッチ (2019年5月15日). 2021年9月13日閲覧。
  8. ^ 中村幸也”. ハート出版. 2021年12月20日閲覧。
  9. ^ 〝ゆたぼんのパパ〟中村幸也氏が衆院選出馬へ「多様な学びの機会を得られる国づくりを」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb:tokyo-sports.co.jp. 2021年11月3日閲覧。
  10. ^ 中村 幸也:立候補者情報:選挙区:沖縄2区:衆院選2021:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年11月3日閲覧。
  11. ^ 「ゆたぼん」父の中村幸也氏「言葉の粗探しをして揚げ足取りしてる奴らって本当に終わってるな」”. 日刊スポーツ (2022年10月25日). 2022年10月25日閲覧。
  12. ^ ゆたぼん☻. “プロフィール|少年革命家ゆたぼんのオフィシャルブログ” (日本語). 少年革命家ゆたぼんのオフィシャルブログ. 2021年8月10日閲覧。
  13. ^ a b c 『今日でゆたぼんが誕生して十年』” (日本語). 中村幸也オフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」. 2019年7月24日閲覧。
  14. ^ a b ゆたぼんの父が語った教育論、“毒親”と批判も「僕が息子を叱らない理由」” (日本語). 週刊女性PRIME. 2021年9月13日閲覧。
  15. ^ 10歳のユーチューバーゆたぼん〝不登校〟で叫ぶ”. 琉球朝日放送 報道制作局 (2019年5月10日). 2022年11月13日閲覧。
  16. ^ https://twitter.com/yukiya_mind/status/1008663338530639872” (日本語). Twitter. 2021年8月11日閲覧。
  17. ^ 不登校ユーチューバーゆたぼんに加藤浩次「YouTubeがんばれ」とイェールも、小学生「つまんないなあ」”. 日刊サイゾー (2019年5月15日). 2019年5月25日閲覧。
  18. ^ a b 不登校ユーチューバー、ついに小学校へ登校 「学校に行く義務はない」と主張も“話題作り”と冷たい声”. リアルライブ (2019年6月10日). 2019年6月11日閲覧。
  19. ^ 学校に行ってきました!”. YouTube (2019年6月6日). 2020年10月7日閲覧。
  20. ^ 「不登校YouTuber」ゆたぼん、小学校を無事卒業 校長室で「たった1人の式典」開かれたわけ J-CAST ニュース (2021年03月26日) 2021年03月27日閲覧。
  21. ^ ゆたぼん君、中学校も不登校を継続 「制服とかも買ってない」”. exciteニュース (2021年4月9日). 2021年4月16日閲覧。
  22. ^ ゆたぼん納得のボクシングデビュー「今後もユーチューブとボクシングを続けていく」”. 東スポ (2021年12月16日). 2022年12月2日閲覧。
  23. ^ 13歳“少年革命家”ゆたぼん、不登校継続 初体験ボクシングは「納得できるいい経験」”. デイリースポーツ (2021年12月16日). 2022年12月2日閲覧。
  24. ^ a b c ゆたぼんが赤字で投げ銭を要求 再生回数も失速し立ち位置がピンチ? - ライブドアニュース” (日本語). news.livedoor.com. 2022年10月28日閲覧。
  25. ^ ゆたぼん、またも「モテまくり」アピール 「100人以上に声かけられた」女子学生に囲まれ得意満面(J-CASTニュース)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年10月28日閲覧。
  26. ^ ゆたぼん、ネイルカラー&女子に囲まれるリア充ショット公開…「アンチに対して固執しすぎ」の声も(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年10月28日閲覧。
  27. ^ ゆたぼん「アンチはデートしたことない連中ばっかり」 モテ男アピールで挑発...「ほんまに可哀想やで」(J-CASTニュース)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年10月28日閲覧。
  28. ^ a b ゆたぼんは不登校児の希望の星になれているのか 東大卒ママの疑問と彼に期待すること〈dot.〉(AERA dot.)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年10月28日閲覧。
  29. ^ 100万円の支援手にしたゆたぼん、鯛の定食に「めっちゃうまい。最高!」…「早速豪遊かw」の声も(スポーツ報知)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年10月28日閲覧。
  30. ^ ゆたぼん “詐欺”一転…100万円支援者現れ、振り込まれたことを報告「すごいうれしいです」
  31. ^ 日本一周終了したゆたぼん、今後どうする?「俺の人生という旅はまだまだ始まったばっかりや」
  32. ^ ゆたぼん (2022年2月3日). 【ゆたぼん】お父さんの操り人形?視聴者の疑問全て答えてくれました。(15:36~) (YouTube). https://www.youtube.com/watch?v=fmps8C_p8ng&t=936s 2022年11月2日閲覧。 
  33. ^ 朝倉未来も太鼓判!ゆたぼん格闘技デビュー 父・幸也氏「興味ある」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年5月5日閲覧。
  34. ^ ゆたぼん、夢はプロボクサー「本気でやる気です!」“めっちゃ痛かった”試合も回想”. スポニチ (2022年6月10日). 2022年12月2日閲覧。
  35. ^ 日本一周中のゆたぼん、YouTube動画の炎上続きに中村幸也パパにも批判高まる 専門家は「児童虐待に相当、児童相談所が介入するべき家庭」と懸念(1ページ目)” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年10月30日閲覧。
  36. ^ 日本一周中のゆたぼん、YouTube動画の炎上続きに中村幸也パパにも批判高まる(2ページ目) 専門家は「児童虐待に相当、児童相談所が介入するべき家庭」と懸念” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年10月30日閲覧。
  37. ^ 日本一周中のゆたぼん、YouTube動画の炎上続きに中村幸也パパにも批判高まる 専門家は「児童虐待に相当、児童相談所が介入するべき家庭」と懸念(3ページ目)” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年10月30日閲覧。
  38. ^ 不登校ユーチューバーの記事は“親の売り込み”? 新聞社に電話し真実を明かした動画が物議”. リアルライブ (2019年5月17日). 2019年7月15日閲覧。
  39. ^ ゆたぼんの“売り込み行為”発覚で、琉球新報へ飛び火! 「不明瞭な不登校児を……」と批判”. 日刊サイゾー (2019年5月21日). 2019年7月15日閲覧。
  40. ^ アンチだったYouTuberへずまりゅうが沖縄まで会いに来た YouTube” (日本語). YouTube. 2022年12月8日閲覧。
  41. ^ ゆたぼんが日本一周ゴールも、地元・沖縄県民とメディアはスルー「出迎える友達もいない」寂しい結末に」 - 週刊女性PRIME” (日本語). 週刊女性PRIME. 2022年12月7日閲覧。
  42. ^ ゆたぼんへの「日本一周中止しろ」批判に立花孝志氏が猛反論 「お金出してないのに文句言う人はハイエナでしょ?」” (日本語). J-CAST ニュース (2022年9月9日). 2022年10月30日閲覧。
  43. ^ メンタリストDaiGo、ゆたぼんは“アンチ”より賢いと分析「登録者数がそこまで多くないのに…」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年11月3日閲覧。
  44. ^ 茂木健一郎先生とお話しした‼️ - YouTube” (日本語). YouTube. 2022年12月9日閲覧。
  45. ^ ゆたぼん 炎上続きも著名人らが続々擁護!茂木健一郎「ネット民の方が陳腐」、DaiGo「素直に賞賛する余裕もない大人」 - dmenuニュース” (日本語). dmenuニュース. 2022年12月9日閲覧。
  46. ^ ゆたぼん誕生日会 人気ユーチューバーから炎上系まで大集合「アンチに負けるな」と茂木健一郎氏 - 東スポWeb” (日本語). 東スポWeb. 2022年12月9日閲覧。
  47. ^ ゆたぼんは「25歳ならバカ」「消えていく」 堀江貴文ガチ酷評「若いだけで注目...価値ない」 - j-castニュース” (日本語). j-castニュース. 2022年12月8日閲覧。
  48. ^ 《味方じゃなかったの?》ホリエモンがゆたぼんに苦言を呈し…賛否両論”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2022年11月4日). 2022年12月14日閲覧。
  49. ^ ホリエモン、ゆたぼんは「興味ない」と一蹴も キンコン西野「僕はゆたぼんのファン」”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 (2022年11月18日). 2022年12月14日閲覧。
  50. ^ 13歳ゆたぼんが8歳孔志君を返り討ち 試合後に麦わら帽子贈る〝ワンピース展開〟”. 東スポ (2022年8月6日). 2022年12月2日閲覧。
  51. ^ ゆたぼんがKrush前王者の〝石の拳〟ボディーに悶絶!”. 東スポ (2022年5月7日). 2022年12月2日閲覧。

外部リンク