住正徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

住 正徳(すみ まさのり、1970年1月15日[1] - )はデジタル系デザイン事務所「株式会社デジタルビイム」代表取締役。他にデイリーポータルZ等でライター、文芸作家。神奈川県横浜市生まれ、川崎市育ち。スミマサノリ参照)とも。

略歴[編集]

  • 1970年1月15日、神奈川県横浜市生まれ。主に川崎市で育つ。途中、数年間は父親の仕事の都合により新潟市に転居した。
  • 1992年3月、法政大学文学部英文学科卒業、大学在学中は法政大学水上スキーモータークラブ(通称水上スキー部)に所属していた。デジタル系製作プロダクションに勤務。
  • 1997年、マルチメディアグランプリ'97 エンターテインメント賞、翌年、マルチメディアグランプリ'98 アーティスト賞を受賞。
  • 1998年3月、株式会社デジタルビイム設立、フリークリエーターとして独立。麻布、五反田、渋谷と事務所を移転し、現在は目黒に事務所をかまえる。

特徴[編集]

  • デイリーポータルZには、サイトデザインを担当したことをきっかけとして、草創期からライターとして参画していたが、40歳になったのを機に、2009年末で連載を休止した。休止中にも他の記事やラジオには出演をし続け、2013年4月に覆面ライター「サントス・ジュニア」としてライターに復活した。2013年9月からは住正徳名義の記事も執筆している。
  • 個性的な話し方、笑い方をする。ちょっとしたことでもすぐ笑ってしまう笑い上戸。
  • 普段は坊主に近い髪型をしているが、髪が伸びるとちり毛が目立ってしまうことに本人は気にしている。なお、本人は「ちり毛」という表現は好きではない(デイリーポータルZラジオ内の発言より)。
  • 学生時代から腰痛持ち。これまで数回、入院が必要になるまで悪化したことがある。
  • 極度の高所恐怖症で、デイリーポータルZ内の記事やポッドキャストでは、それをネタにしたものが多くある。
  • 学生時代は、酒屋、コンビニ、配送関係、建築などかなりの数のアルバイトをしていた。
  • 小説家としても活動している。
執筆作はカリグラフィー「逆転チャンス」(集英社BART E-MAIL文学賞大賞受賞)、短編小説「梟のピストル」(マガジンハウス鳩よ!」掌編小説コンクール秀作、フーコー短編小説コンテスト優秀賞受賞)など

座右の銘[編集]

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「廃墟の休日」公式サイト 2015年9月24日閲覧。

関連人物[編集]

外部リンク[編集]