山崎理恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「山﨑理恵子」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

山﨑 理恵子(やまざき りえこ、1944年 - )は、日本洋画家書家茨城県常総市いのちを語り継ぐ美術館の委員長。

略歴・人物[編集]

原爆ドームで不思議な出来事を体験して以来、原爆ドームを描き続け、世界に向けて鎮魂と平和のメッセージを送り続ける画家である。 原爆の悲惨さ、亡くなった方々の思いを語り継ぎ、広島長崎だけでなく、関東でも、このことを考える場所をつくりたいという思いから、2011年「いのちを語り継ぐ美術館」を設立。原爆ドーム合作画の会を毎年開催。

また、絵画を通しての町おこし平和を伝える活動から日に日に人々の共感を呼び、支援の輪が広がりTVや雑誌・新聞等で取り上げられる数は数十にものぼる。個展は28回(三越や丸善等)。

著書[編集]

  • 「猫と理恵子の奥の細道」
  • 「広島のハト」

外部リン ク[編集]