アメンホテプ4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメンホテプ4世 / アクエンアテン
Amenophis IV, Naphu(`)rureya / Akhenaten
アメンホテプ4世の胸像
アメンホテプ4世の胸像
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前1353年? - 紀元前1336年頃?,第18王朝
前王 アメンホテプ3世
次王 スメンクカーラー
配偶者 ネフェルティティ
キヤ
Šatiyaの娘
ブルナ・ブリアシュ2世英語版の娘
アメンホテプ4世の同父母姉妹(若い方の淑女
子息 スメンクカーラー?
トゥトアンクアテン
子女 メリトアテン
メケトアテン英語版
アンケセンパーテン
ネフェルネフェルアテン・タシェリト
ネフェルネフェルレ英語版
セテペンレ英語版
アメンホテプ3世
ティイ
生誕 紀元前1362年?
没年 紀元前1333年?
埋葬地 KV55英語版?

アメンホテプ4世: Amenhotep IV、紀元前1362年? - 紀元前1333年?)は、古代エジプト第18王朝の王(ファラオ)(在位:紀元前1353年? - 紀元前1336年頃?)。別名アクエンアテン[1]。「アメンホテプ」は「アメンヘテプ」とも表記する[2]

名前[編集]

後に改名してイクナートンヒエログリフ: <-𓇋-𓏏:𓈖:𓇳-𓅜*𓐍:𓈖-> - ドイツ語: Echnaton)と名乗った。遷都した首都名にも自分の名前、すなわちイクナートンヒエログリフ: 𓇋-𓏏:𓈖:𓇳-𓈌 - ドイツ語: Echnaton)を名付けた。現在、人名はアクエンアテン(英語: Akhenaten)、首都名はアケトアテン(英語: Achetaten[注釈 1])と、区別しやすい名前で呼び慣らわす。

人物[編集]

父はアメンホテプ3世、母は正妃ティイといわれる。

アメンホテプ4世の像は指が異常に長い、顎が尖る、脂肪の付き方が不自然であるなどマルファン症候群の特徴的な症状を持つように見受けられ、生前から奇形だったという説もあるが、王家の血筋ではない王妃ネフェルティティや家臣たちも同様の形式で描かれることから、これはアマルナ美術特有の高貴な人々の表現形態であったと見るのが妥当である。また、遺伝子調査による王族のミイラ特定に伴い、この表現は、王家の人々の容姿の特徴をかなり誇張したものであることも分かってきている。 病弱であったとする証拠は特に無く、かつては憶測のままだったが、2010年の本人のミイラ特定により、今後の研究が待たれる状態となっている。


アメンホテプⅣ世が対外政策をどの程度、軽視していたかは推測の域を出ないが、王がこの時代、他のいっさいを忘れてアマルナで宗教改革に没頭している間にアジアにおけるエジプト帝国の領地を失ってしまった平和主義者であったとする見解もかつて存在した。

しかし、現在ではこうしたアメンホテプⅣ世像は、見直されてきている。当時、描かれた光景の中には宮廷に居並ぶ兵隊の姿や、戦士の姿をしたアメンホテプⅣ世のレリーフなどがあり、また、アジアにおける「平和主義者」としての王の姿も再検討されているものの、彼も、また父親であるアメンヘテプⅢ世もアジアに対しては大規模な軍事遠征を行なってはいない。

アマルナの公文書保管所から発見された粘土板に記された書簡である、アマルナ文書からは、外国の王やエジプトの領地の支配者たちからエジプト国王に黄金や補給物資の救援を訴えていることが書かれている。しなしながら、宗教改革によって発生した経済的負担、あるいは外国における地位の失墜のためにエジプト国内で大きな反乱が起こったという事実はない。このことから、反改革運動は王自身の家族や宮廷人の間でひそかに進行していたものと思われる。[3]


アマルナ改革[編集]

アメンホテプ4世と彼の家族がアトンを信仰している姿

彼の行った改革は、アマルナ改革として有名である。アトン神を崇拝し、治世5年目(前1367年ごろ)にアテン信仰の導入を始めたが、まだ伝統的な神々への崇拝を禁止しなかった。この頃、アテンへ捧げる神殿の他に、従来の神々へ捧げる神殿も建築している。

しかし即位5年目に名前をアクエンアテンに改名し、即位7年目に首都をテーベからし、アトン神へ捧げる首都アケトアテン(現アマルナ)を建設。王朝発祥の地テーベを放棄し、遷都した。

即位9年目に入ると、アメンホテプⅣ世は旧来のエジプトの神々を排斥し、アテンが唯一の神であると宗教改革を推し進めた。この改革に関しては、アメン・ラーの力に対抗する王の試みのひとつであったと考えられる。

改革の原因[編集]

アメン(アモン、テーベの町の守護神)を祭る神官勢力がを抑えるほどの強い勢力になったことをアメンホテプ4世が嫌い、宗教的権力を王権と一本化することを狙ったと考えられる。前者の理由が一般的だが、アメンホテプ4世自身がアトンを称える詩を執筆している等、単なる政治的理由だけでは説明のつかない事も多く、後者の理由も大きかった事がうかがえる。

宗教史的意義[編集]

多神教であった従来のエジプトの宗教を廃し、唯一神アトンのみを祭る世界初の一神教を始めた事が挙げられた。しかし後の研究により、現在ではアメンホテプⅣ世が他の神々の存在を積極的に否定しなかったため、現在では唯一神教ではなく、拝一神教と見なしている学者[4]と、単一神教[5]と見なしている学者がいる。

また、著名な宗教学者のエリアーデは、アメンホテプ4世の宗教を評し、「実際には二神教であった」としている。 というのも彼の宗教ではアトンのみならず、伝統的なエジプト宗教と同じく王たるアメンホテプ4世自身も神であるとされたからである。

アトンは太陽円盤の形で数多くの手を持っており、通常のエジプト宗教においてこれは多くの民を救う為のものであると解釈されていたにも関わらず、アメンホテプ4世の宗教では、アトンはアメンホテプ4世だけの為の神であった。そしてその他の一般の民に対しては、アメンホテプ4世自身を神として崇拝するよう説いたのである。

改革の内容[編集]

  1. 首都をテーベからナイル川を277キロほど下った東岸のアケトアテン(「アテンの地平線」の意)に移転。
  2. 従来の多くの神々の崇拝を禁じて、神々の像を破壊し、唯一神アトンへの信仰に切り替えた。自らもアクエンアテンイクナートン,アトンに愛されるものの意)と名前を変えた。
  3. アマルナ美術と呼ばれる、写実的・開放的な芸術を生み出した。


その後[編集]

アメンホテプⅣ世は、後世の人々からは異端者と見なされて、その名は記念碑から削除され、彼がテーベやアケト・アテンに造営した建物は破壊された。おそらく、アテン信仰は、宮廷や他の幾つかの場所でのみ受け入れられていたと考えられている。

アメンホテプⅣ世死後、中心地は未だ完成されていないアケト・アテンを永久に去り、テーベへ戻った。後に、ホルエムヘブの命令によりアケト・アテンの町は破壊され、その石材は他の場所での建設計画のために運び去られた。冒潰され王の名前は碑文から削除された。

また、アテン大神殿は大地に引き倒され、その中にあった聖なる品々も粉々に破壊された。テーベにあったアテンの神殿も同様に解体され、アテン信仰やその憎むべき保護者である王の痕跡を抹消するあらゆる努力がなされた。アケト・アテンの残骸は、まもなく風に運ばれた砂で埋まり、その存在は全く偶然に発見されるまで何千年もの間、知られることがなかった。[3]

后妃・子女[編集]

  1. ネフェルティティ - 古代エジプト三大美女の一人と言われ、6人の娘を産んだ。大神官アイAy)と妻テイ英語版Tey)の娘。Coregency Stelaによれば、ネフェルネフェルアテンAnkhkheperure Neferneferuaten)として共同統治を行なった。
  2. キヤ (KiYa) - ミタンニトゥシュラッタの王女タドゥキパ英語版Tadukhipa[6]
  3. Enišasi(現レバノン)の統治者Šatiyaの娘[7]
  4. カッシート朝バビロンブルナ・ブリアシュ2世英語版の娘[7]
  5. アメンホテプ3世王女(若い方の淑女) - トゥトアンクアメンの実母。名は不明。アメンホテプ4世とは同父同母の姉妹である。

ほかに実子3人を共同統治者とし、妻の位を与えた。

  1. メリトアテン - 実の娘(ネフェルティティの長女)。メリタトンとも表記される。スメンクカーラーの妃。
  2. メケトアテン英語版 - 実の娘(ネフェルティティの次女)。
  3. アンケセンパーテン - 実の娘(ネフェルティティの三女)。のちのアンケセナーメン
  1. スメンクカーラー - 母親は不明。ネフェルネフェルアテンの次のファラオ。アメンホテプ3世の子でアクエンアテンの弟という研究もある。
  2. メリトアテン - ネフェルティティの長女。
  3. メケトアテン英語版 - ネフェルティティの次女。
  4. アンケセンパーテン - ネフェルティティの三女。ツタンカーメンの妃。
  5. ネフェルネフェルアテン・タシェリト - ネフェルティティの四女。James P. Allenは、ファラオ・ネフェルネフェルアテン(在位:前1335年前1333年)として次代のファラオになったと示唆している[8]
  6. ネフェルネフェルレ英語版 - ネフェルティティの五女。
  7. セテペンレ英語版 - ネフェルティティの六女。
  8. トゥトアンクアテン - スメンクカーラーの次のファラオ。黄金のマスクで有名なツタンカーメン。

死後[編集]

KV55から発見されたアメンホテプ4世の棺。顔の部分が削り取られている

テーベに彼の墓とされるものが発見されているが、(おそらく彼の反対勢力により)レリーフは一切削られている。彼のミイラと棺は王家の谷KV55英語版から発見されており、破壊を恐れて移動されたと見られる。これらはエジプト考古学博物館で保管されているが、棺が破壊されていたためミイラの保存状態が悪く、白骨化してしまっており一般には非公開である。棺も、修復して公開されているが顔の部分が削られてしまっている。KV55のミイラは、ハワード・カーターはツタンカーメンの父親のアクエンアテンのミイラだと主張していたが、スメンクカーラーだとする説もあり、はっきりしない部分があった。

2010年2月17日ザヒ・ハワスらの調査により、DNA鑑定でツタンカーメンのミイラと比較した結果、このミイラはほぼ間違いなくアメンホテプ4世であることが発表された[注釈 2]。それと共に、母ティイとツタンカーメンの母のミイラ(共にアメンホテプ2世王墓(KV35)で発見)も身元が特定され、ツタンカーメンの母はアメンホテプ4世の同父同母の姉妹であることが明らかになった[9]。(アメンホテプ3世とティイの5人の娘のうち、三女ヘヌトタネブ英語版(Henuttaneb)、四女ネベトイアハ英語版(Nebetah)、五女ベケトアテン英語版(Beketaten)の中のいずれかではないかとされる[10]

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アケトアテン(英語: Achetaten)で「アテンヒエログリフ: 𓇋-𓏏:𓈖-𓇳 - ドイツ語: aton)の地平」の意味。
  2. ^ ただし、スメンクカーラーである可能性も完全には否定できないとしている。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 池上英洋『西洋美術史入門』筑摩書房、2012年、146頁。ISBN 978-4-480-68876-7
  2. ^ 世界大百科事典 第2版の解説”. コトバンク. 2018年3月3日閲覧。
  3. ^ a b Kodai ejiputojin. David, Ann Rosalie., Kondō, Jirō, 1951-, 近藤, 二郎, 1951-. 筑摩書房. (1986). ISBN 4-480-85307-3. OCLC 673002815. https://www.worldcat.org/oclc/673002815 
  4. ^ Montserrat, Dominic, 1964- (2000). Akhenaten : history, fantasy, and ancient Egypt. London: Routledge. ISBN 0-415-18549-1. OCLC 42923652. https://www.worldcat.org/oclc/42923652 
  5. ^ Brewer, Douglas J. (2007). Egypt and the Egyptians. Teeter, Emily. (2nd ed ed.). Cambridge, UK: Cambridge University Press. ISBN 0-521-85150-5. OCLC 64313016. https://www.worldcat.org/oclc/64313016 
  6. ^ Reeves, C. Nicholas. New Light on Kiya from Texts in the British Museum, p.100 The Journal of Egyptian Archaeology, Vol. 74 (1988)
  7. ^ a b Grajetzki, Ancient Egyptian Queens: A Hieroglyphic Dictionary, Golden House Publications, London, 2005, ISBN 978-0-9547218-9-3
  8. ^ The Amarna Succession, pp.14-15
  9. ^ “ツタンカーメン解き明かされた系譜(記事全文)”. ナショナルジオグラフィック公式日本語サイト. (2010年9月). http://nationalgeographic.jp/nng/magazine/1009/feature01/ 2011年9月閲覧。 
  10. ^ Aidan Dodson, Dyan Hilton: The Complete Royal Families of Ancient Egypt. The American University in Cairo Press, London 2004

文献[編集]

  • エイダン・ドトソン+デイアン・ヒルトン著『エジプト歴代王朝史』東洋書林、2012年。ISBN 9784887217980
  • ロザリー・デイヴィッド著『古代エジプト人 : その神々と生活』筑摩書房。ISBM 4480853073


関連項目[編集]

先代:
アメンホテプ3世
古代エジプト王
131代
前1351年? - 前1336年
次代:
スメンクカーラー