アイ (第18王朝のファラオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイ
Aya
アイのものと考えられている彫像の習作
アイのものと考えられている彫像の習作
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前1323年–1319年
もしくは紀元前1327年–1323年,第18王朝
前王 ツタンカーメン
次王 ホルエムヘブ
配偶者 ティイ2世、アンケセンアメン
子女 ネフェルティティ
没年 紀元前1319、もしくは紀元前1323
埋葬地 KV23(テーベ)

アイ (Ay, Ai、在位:紀元前1323年から紀元前1319年頃 - 紀元前1327年から紀元前1323年頃)は、古代エジプト第18王朝ファラオ(王)。アメンホテプ3世の正妃ティイ(Tiy)は妹で、兄妹ともにミタンニにルーツを持つ父イウヤの子である。アフミームAkhmim)の出身とされている。

第18王朝の王族の一人であり、アメンホテプ3世の時代から王家に仕えてきた古参の臣。両親であるイウヤチュウヤはともに神官であり、自身も神官として経歴を積み、ツタンカーメンの治世にあってはアメン大神官の地位にあった。ツタンカーメンの死後紀元前1327年頃(または紀元前1324年頃)、アンケセナーメンと結婚し王位を継ぐ。妻としてはこの以前にテイ(Tey)がいたが、即位時にはすでに死別している。なお、ネフェルティティをテイとの間の娘とする説もある。

ファラオとしての即位名はケペルケペルウラー(Kheperkheperure、『神はラーの徴なり』)であるが、治世が短かったため、またツタンカーメンを暗殺したとの後世の悪評のためか即位以前のアイの名で呼ばれることが多い。

紀元前1323年頃(または紀元前1320年頃)没した。子はなかったため、彼は同郷の貴族で軍司令官のナクトミンNakhtmin)を後継者に指名していたが、王女ムトノメジットと結婚していた将軍ホルエムヘブがナクトミンを打倒して王位を継承した。その後彼はアクエンアテン以降四代の王の存在を抹殺したため、アイの名も抹消されることとなった。これは、アイによりホルエムヘブが一時失脚したことへの報復のためと考えられる。王家の谷KV23に埋葬されている。

王家の谷にあるアイの墓(KV23)の壁画

治績[編集]

即位時すでに高齢であり、治世が短かったため、これといった治績はない。ツタンカーメン時代にアメン信仰を復活させたのは彼の功績であるとされる。

ツタンカーメンの墓の壁画には、彼がツタンカーメンに「開口の儀式」を行う場面が登場することから、ツタンカーメンの葬儀の時にはすでにファラオとなっていたと考えられており、壁画に自身を描かせたのは王位継承の正当性を主張するためだったと思われる(河合望の説より)。 ただし、TBSの古代エジプト3300年目の真実においては、ニコラスリーブスの説により、定説ではツタンカーメンを埋葬する儀式を行うアイだと考えられているが、ネフェルティティを埋葬する儀式を行う子供時代のツタンカーメンだとする説を発表している。 番組中では、アイだとされていたヒョウ柄の衣服を着る人物は二重あご(当時、二重あごは当時において子どもを描くときによく使われた手法であり)で、ツタンカーメンの墓で見つかったツタンカーメンの像にそっくりである旨を紹介していた。 白い衣服を着用する女性的な体をした人物がネフェルティティであり、口元のしわがネフェルティティの木像にそっくりである旨を紹介していた。 そして、ツタンカーメンの墓の壁の奥にネフェルティティの墓があり、ネフェルティティの死後埋葬する際に白地の壁画を描き、ツタンカーメンの死後に追加で埋葬する際に壁画を黄色地に描き直したとするものであった。

創作におけるアイ[編集]

クイズ番組『世界ふしぎ発見!』では、当時著名だった霊能者がエジプトに赴いて霊視を行い彼をツタンカーメン暗殺の犯人と断定するという内容の回や、彼とホルエムヘブがエジプトの神々の前で裁判にかけられるという内容のミニドラマも放映されている。このときアイは太った禿頭の老人として描かれ、徹底的に悪役としての役回りを割り振られた挙句、アヌビス神の審判で有罪にされるという結末を迎えている。

夢枕獏原作・岡野玲子作画の『陰陽師』第13巻にもアイによるツタンカーメンの殺害が描写されている。

実際にはアイがツタンカーメンを暗殺したという明確な証拠は存在せず、これらは俗説に基づく創作であることは言うまでもない。

里中満智子の漫画『アトンの娘』では、むしろ情勢によってやむを得ず王になった、権力欲の無い老人として描かれている。

先代:
ツタンカーメン
古代エジプト王
134代
前1324年頃 - 前1320年頃
次代:
ホルエムヘブ