一神教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
唯一神から転送)
移動先: 案内検索

一神教(いっしんきょう、monotheism)とは、ただひとつの的存在者のみを認めてこれを信仰する宗教[1]

通常、ユダヤ教キリスト教イスラム教の3つがその典型だとされる[2]

概要[編集]

成立に関する説[編集]

歴史上は、次に挙げる3種が区別できる[2]

  1. 単一神教または交替神教
  2. 拝一神教
  3. 絶対的一神教 - すべての民族・国民がただひとつの神を信ずべきだとする立場[2]

一神教の成立の歴史に関する説としては、次の2種がある[2]

  • アニミズム的多神観から単一神教をへて一神教へと発展する、とする説(進化説)[2]
  • 原始的な至上者信仰から多神観へ退化する、とする説(原始一神観説 urmonotheism)[2]

定義[編集]

一神教の定義はあいまいな面も有する。

インドネシアにおいてはパンチャシラにおいて唯一神への信仰が国是となっており、無神論の表明は違法とされる。一方で仏教ヒンドゥー教儒教国教と定められている。これらの宗教も「唯一神信仰の枠組みに含まれる」と解釈されているのである[3]

日本においても真言宗大日如来を天地万物と一体である「法身仏」としており、日蓮宗神社への参拝を認めつつも釈迦牟尼如来を唯一絶対の本仏であるとしている。なお、日蓮正宗においても神道における神の扱いや「本仏」の内容は異なるものの、基本的な教学は同じである。金光教大本の流れをくむ新宗教の生長の家も唯一絶対神への信仰を掲げる唯神実相論を提唱している。

唯一神[編集]

一神教における神のことを「唯一神」(ゆいいつしん)または「唯一絶対神」(ゆいいつぜったいしん)と呼ぶこともある。唯一神教を信仰する地域の言語によっては、同一の語が「唯一神そのもの」と「唯一神の名」の両方の意味を含意しうる。クルアーンでは神を称える賛辞として「唯一なる」という語を用いることがある[信頼性要検証][4]

聖書中では、悪霊たちでさえ神はひとりであると信じているとされている[信頼性要検証][5]

一神教の東方的性質[編集]

現代極東にとって、唯一神という観念は、まるで西方世界そのもののようにも思われる[6]。しかし、東洋の「多神教」的世界の豊かさを誇る論では忘れられがちだが、唯一神観念はヨーロッパ産ではない[6]。それは古代の、イラン高原から地中海東海岸にわたる地域で発生したと見られている[6]。つまり、ヨーロッパ半島における北方西方の「蛮族」にとって、唯一神(、ザ・ロード)という観念は、遥か東方から持ち込まれたものであり、魅惑災厄を併せ持つ、不可解で異質なものだった[6]

東方の文明とともにやって来た「主」の異質さに、ヨーロッパは拒否反応を起こした[6]。ようやく受け入れた末にも、陰に陽に反発し続けていったことは、流血と戦火のキリスト教史に詳しい[6]。唯一神観念は、どこまでも異質性・外来性を備えており、このような例はキリスト教に限らない[6]イスラム教も、異民族であるアブラハムからの啓示によって成立した[6]。そもそも本家であるはずのユダヤ教自体、エジプト新興宗教アトン崇拝」が、モーセによって移植されたものだという説さえ存在する[7]。それは柄谷行人の記述で言えば、「ひとが観念をつかむのではなく、観念が人をつかむ。ひとが観念をくいつぶすのではなく、観念がひとをくいつぶす」ことに当たる(『意味という』)[8]

これに対し、唯一神観念に取り憑かれることのなかった、もう一つの西方世界を回復する試みとして、『指輪物語』(ロード・オブ・ザ・リング)が挙げられる[8]トールキンの描くこの異世界は、一神教以前の北欧神話ケルト神話で裏打ちされている[8]。すなわち、西方世界におけるファンタジーとは、神々妖精怪物等を溢れ返らせることにより、唯一にして至高なるもの(「一つの指輪」・唯一なる敵サウロン)を廃棄する試み、とも言い換えられる[8]

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑第六版【一神教】
  2. ^ a b c d e f ブリタニカ百科事典【一神教】
  3. ^ インドネシアのイスラーム社会――ムスリム・アイデンティティと消費社会
  4. ^ アッラーの99の美名”. 2013年9月23日閲覧。[信頼性要検証]
  5. ^ ヤコブの手紙(口語訳)#2:19[信頼性要検証]
  6. ^ a b c d e f g h 「主〈ザ・ロード〉という呪い」『ユリイカ』34巻6号、83頁、2002年。
  7. ^ 「主〈ザ・ロード〉という呪い」『ユリイカ』34巻6号、83-84頁、2002年。
  8. ^ a b c d 「主〈ザ・ロード〉という呪い」『ユリイカ』34巻6号、84頁、2002年。

関連項目[編集]