一神教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
唯一神から転送)
移動先: 案内検索

一神教(いっしんきょう、monotheism)とは、ただひとつの的存在者のみを認めてこれを信仰する宗教[1]

通常、ユダヤ教キリスト教イスラム教の3つがその典型だとされる[2]

成立に関する説[編集]

歴史上は、次に挙げる3種が区別できる[2]

  1. 単一神教または交替神教
  2. 拝一神教
  3. 絶対的一神教 - すべての民族・国民がただひとつの神を信ずべきだとする立場。[2]

一神教の成立の歴史に関する説としては、次の2種がある[2]

  • アニミズム的多神観から単一神教をへて一神教へと発展する、とする説(進化説)[2]
  • 原始的な至上者信仰から多神観へ退化する、とする説(原始一神観説 urmonotheism)[2]

唯一神[編集]

一神教における神のことを「唯一神」(ゆいいつしん)または「唯一絶対神」(ゆいいつぜったいしん)と呼ぶこともある。唯一神教を信仰する地域の言語によっては、同一の語が「唯一神そのもの」と「唯一神の名」の両方の意味を含意しうる。クルアーンでは神を称える賛辞として「唯一なる」という語を用いることがある[3]

定義[編集]

一神教の定義はあいまいな面も有する。

インドネシアにおいてはパンチャシラにおいて唯一神への信仰が国是となっており、無神論の表明は違法とされる。一方で仏教ヒンドゥー教儒教国教と定められている。これらの宗教も「唯一神信仰の枠組みに含まれる」と解釈されているのである[4]

日本においても真言宗大日如来を天地万物と一体である「法身仏」としており、日蓮宗神社への参拝を認めつつも釈迦牟尼如来を唯一絶対の本仏であるとしている。なお、日蓮正宗においても神道における神の扱いや「本仏」の内容は異なるものの、基本的な教学は同じである。金光教大本の流れをくむ新宗教の生長の家も唯一絶対神への信仰を掲げる唯神実相論を提唱している。

脚注[編集]

  1. ^ 広辞苑第六版【一神教】
  2. ^ a b c d e f ブリタニカ百科事典【一神教】
  3. ^ アッラーの99の美名”. 2013年9月23日閲覧。
  4. ^ インドネシアのイスラーム社会――ムスリム・アイデンティティと消費社会

関連項目[編集]