デジモンアドベンチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デジタルモンスター > デジモンアドベンチャー
デジモンアドベンチャー
ジャンル 子供向けアニメSF
冒険デジタルアドベンチャー
アニメ
原作 本郷あきよし
シリーズディレクター 角銅博之
シリーズ構成 西園悟
キャラクターデザイン 中鶴勝祥
音楽 有澤孝紀
アニメーション制作 東映アニメーション
製作 フジテレビ読売広告社
東映アニメーション
放送局 フジテレビ
放送期間 1999年3月7日 - 2000年3月26日
話数 全54話
小説
著者 角銅博之まさきひろ
出版社 集英社
レーベル スーパーダッシュ文庫
巻数 全3巻
テンプレート - ノート

デジモンアドベンチャー』は、1999年3月7日から2000年3月26日まで放送された、デジタルモンスターシリーズのテレビアニメ第1作、または1999年3月に劇場公開の東映アニメフェアの一作として製作された作品のテレビシリーズ。ナレーションは平田広明[1]

通称は「デジアド」「デジモン無印」「無印」「初代」。次作『デジモンアドベンチャー02』と対比して「01」と呼ばれる事もあるが、その場合は『デジモンアドベンチャーVテイマー01』の事を指すことの方が多い。

概要[編集]

ストーリーは劇場版第一作の舞台(1995年)から4年後(1999年)の世界を描いている。

デジタルワールドという仮想世界と現実世界の東京(特にお台場光が丘の2都市)とを巧みにリンクさせ、突如として放り出された異世界の中を、主役の子供達がデジモンや仲間との関わりの中で「自分らしさ」を見つけながら成長し、共に生き抜くという子供達の成長を描いた物語である。少しずつ明かされる子供たちの過去、選ばれた理由そして光が丘の謎など、巧みな伏線が随所に張り巡らされており、「大人にも楽しんでもらえるように」という工夫が多く盛り込まれた[2]。さらに、両親の離婚や死別など、現代日本の社会問題をも反映させた作品となっている。

劇場版第一作『デジモンアドベンチャー』、2000年公開の第二作『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』は細田守が監督を務め、その完成度から高い評価を受けた[3]。本作以降『デジモンアドベンチャー02』、『デジモンテイマーズ』、『デジモンフロンティア』、『デジモンセイバーズ』などのデジモンアニメシリーズが生まれた。メイン視聴層の小学生男女だけでなく、女子中高生の人気も得た[3]

本作のコンセプトは「ポケモン卒業生集まれ」である[4]関弘美によるとこれは「実は一度使った手なんです」としており、『ママレードボーイ』も『美少女戦士セーラームーン』の卒業生狙いだったという。また、角銅曰く「みんな均等に見せ場があり、敵を倒す回数もほぼ同じになるように、というのが基本的な作り方のスタンス」で製作されており、一部の登場人物ばかりが活躍するわけではない[5]

当初、最終回で裏主人公の大人の姿を出し、この物語はその人物の回想という種明かしを行う構想だったが、直接の続編である02が作られることが決まったため、種明かしは02の最終回へと持ち越しとなった[6]

キャラクターデザインには鳥山明に対してオファーを送ったが、連載などの忙しさから実現できず、鳥山に近い絵が描けると言う事から中鶴勝祥を起用する事になった[5]

単発企画のテレビ番組「日本のアニメ第1話&最終回ベスト100」で33位にランクインした[7]。また、「外国人の選ぶ日本のアニメベスト100」では10位に選ばれた[8]

最高視聴率:13.7%、最低視聴率:7.9%、平均視聴率:11.2%、バンダイ総玩具売上160億円[9]

フジテレビ系列で放送されたデジモンシリーズでは放送期間・放送話数ともに最長の作品である[10]

2014年の8月1日に特別記念イベントにて新シリーズの製作が発表された。放送は2015年の春予定。

ストーリー[編集]

1999年8月1日

子供会のサマーキャンプに来ていた小学生の八神 太一、武之内空、石田ヤマト、泉 光子郎、太刀川 ミミ、城戸 丈、高石 タケルの7人は突然の吹雪を他の子供達から離れて、山にあった祠に隠れてやり過ごしていた。しかし、その祠の外に出た直後、日本で発生するはずのないオーロラを目撃、さらに謎の機械が降り注いだ。さらに7人の子供達はその機械の謎の力で発生した大瀑布に吸い込まれ、気がつくと未知の場所にたどり着き、そこで自分達を待っていたと言う「デジタルモンスター」と名乗る謎の生物達と出会う。

そして子供達とパートナーデジモン達の、長くて短いひと夏の冒険が始まった。

登場キャラクター[編集]

設定・世界観[編集]

デジタルワールドとデジモンの設定[編集]

同作品でのデジタルワールド(「デジモンワールド」という言い方もされる)は、現実世界でのコンピュータ・ネットワーク上の情報、つまりデータを元に成り立っている。

しかし、ネット上の電脳空間というわけでもなく、現実世界からなんらかの作用によって流れ込んだ情報やデータが、物体として実体化する異世界である。ネット上の電脳空間はデジタルワールドとは全く別に存在し、映画「ぼくらのウォーゲーム!」で見られるようにデジタルワールドや現実世界から特定の手段を使うことで入り込むこともできる。

デジタルワールドが現実世界と比べてどこかおかしな所があるのは、データが流れ込む際の破損や欠落が原因であり、また現実世界では単なる文字列に過ぎないプログラムが実際に力を持ったりするからである。現実世界に比べて時間の流れが速く、現実世界での数分の間にデジタルワールドでは何日も経過するが、アポカリモンを倒したことにより現実世界と同じ時間の流れとなる。

デジタルワールドでは通貨の概念が存在し、現在判明している限りではドルが使われていた。金はレストランなどで使う模様。ただし、デジタルワールドには食べられる植物や、中身の入った冷蔵庫のような理不尽な物まで、至るところに食料があるので、場所にもよるが食料の確保はそう難しくは無い。海には魚がいて、デジモン以外の生物もいる様子。

基本的に食糧確保のためにデジモン同士で捕食し合う必要はないため、デジタルワールド内での攻撃行為は主に縄張り争いのためか、自己の力を示すために行われる。ただし種族や時と場合によってはデジモン同士での捕食行為も行われている模様。

同作品でのデジモンは、実体化したデータのうち生き物である物の総称で、寿命を迎えるか何らかの外因で死ぬとデータに分解されデジタマに戻り、基本的にはじまりの町へと還る。ただしエンジェモンのように外傷で死ぬ事なく、過剰な力を使った反動で死ぬような場合などはその場でデジタマに戻るようで、携帯機のデジタルモンスターの設定にある、寿命で死んだデジモンは自らのデータをデジタマとして遺す事に由来している。パタモンは一度これに則って卵に還った。作中で死んだホエーモンやピッコロモンなども、いつかは生まれ変わる模様。ただし、それがいつになるのかはわからず、以前の記憶を持って生まれ変われるのかも不明。また、現実世界で死んだデジモンが始まりの町へと還ることができるかも不明である。事実、現実世界で死んだウィザーモンは02で一度、幽霊として登場している。

パートナーデジモンとは人間の子供と特殊な繋がりをもったデジモンで、彼らの心の特質の力とその成長に比例して急速な進化を遂げることができる。

現実世界に現れたデジモンは現実世界の電子機器に影響を及ぼす。特に進化の時が電子機器に与える影響がより強い。個体差もあるようだが、通常は進化レベルが上昇するほど電子機器に与える影響力は強くなる模様。

デジタルワールドという世界自体の歪みは、その歪みがあまりに大きくなると現実世界に影響を及ぼす。歪みはデジモンの姿をとって現れることが多いが、普通の人からは目視できない。歪みの規模が大きくなると、両世界の上空に互いの世界が逆さまに現れる。また同時に現実世界に普通の人にも見えるデジモンが多数現れるが、その際に現れるデジモン達は実体を持たず、攻撃はすり抜け、触れると物体は結晶化してしまう。

製作者達(番組スタッフ)のあいだでは、「デジタルという感じではなく、ちゃんと豊かな生命があるということを意識して設定する」のが方針だったため、自然や生命豊かな世界となった。悪いデジモンがいなければ基本的には平和な世界である。

現実世界・デジタルワールド以外の世界[編集]

暗黒の世界
次元の亀裂に吸い込まれたエテモンがたどり着いた世界。エテモンはここで破壊と再生を繰り返し、クロンデジゾイドメタル合金のメタルエテモンに究極進化した。
アポカリモンの宇宙
アポカリモンの作り出した、というより「アポカリモン」という実体を持たなかった「火の壁の向こうより来たモノ」である広大な闇の空間。ここでの戦いは、時空のゆがみにより現実世界の全ての空に映り、世界中の人々が見ることとなった。
亜空間
ホーリーエンジェモンのヘブンズゲートに吸い込まれたデジモンが送られる空間。
データの世界
アポカリモンによってデータに分解された子供達とデジモン達が送られた、もしくは知覚した世界。
この時のアポカリモンの呪文は「なーみたーでーはちたえーまーお」で、逆さまから読むと「お前達はデータ皆」となっている。
何もない真っ白な世界にデータを示す基本原理である、二進法の「0」と「1」が存在している。

アイテム[編集]

デジヴァイス
人間の心の特質の力をデジモンに伝え、進化させることができるアイテム。また、デジタルワールドへの道を作り導いたり、闇の力を祓う聖なる力を持っている。普段デジヴァイスは全て透明だが、超進化やワープ進化時には選ばれし子供達それぞれの紋章の色と同じ色に変化する[11]。超進化を一度でも遂げた後は、他のデジヴァイスの所在が表示される機能が付属されるが、現実世界ではこの機能の範囲は狭まってしまう。デジタル時計として使うことも可能。
タグ
心の特質の力を増幅し、デジモンを完全体以上に進化させることを可能にするアイテム。単体では持ち主の紋章と引き合う機能しかないが、紋章と組み合わせることで真の力を発揮する。ピエモンがゲンナイ達から奪った後、経緯は不明だがデビモンによって海底の洞窟内のコンビニに隠されていた。
紋章
4年前に解析された、選ばれし子供達のそれぞれの心が示す、最もすばらしい個性を元に作られたアイテム。タグと組み合わせることで完全体以上の進化を可能にする。しかしそれには刻まれた心の特質のある程度の成長が必要であり、未熟な心では働かない。それどころか心の特質に反した行動で扱うと、暗黒進化へと導かれてしまう。紋章は、さまざな不思議な力を持っている。例を挙げると、選ばれし子供達をワープさせる、ヴァンデモンの術を無効化する、溢れ出た光で敵を拘束する、など。ピエモンがゲンナイ達から奪った後、経緯は不明だがデジタルワールド中に散っていた。
黒い歯車
デビモンの持つ暗黒の力の象徴。オーガモンを暗黒の力でこの黒い歯車に変えてしまった事もある。デジヴァイスから放たれる聖なる光に弱い。デジモンの身体に入り込んだり刺さると、暴走したり凶暴化したりする。また、この歯車が入り込んだデジモンの身体が大きくなったり、技の効果が変わる事もある。ファイル島の内部には巨大な黒い歯車が大量に配置されており、その力でファイル島を分断されたが、ガルルモンによって破壊されたり、デビモンの死などで島を分断する能力を失い、島を元に戻していった(デジモンを狂わせる能力は残っていた)。ケンタルモンや光子郎でもどうにも出来ない強力で巨大な歯車もあったが、ミミのキックであっさりと逆回転して島を元に戻していった事もある。小説版ではデジタルワールド全域に配置されたこの黒い歯車により、デジタルワールドが再統合された事になっているが、アニメではファイル島以外の場所にはこれから黒い歯車を放つという旨の発言をデビモンがしているため、アニメではデジタルワールドの再統合にどの程度関係していたかは不明。
黒いケーブル
エテモンの持つダークネットワークのケーブルで、サーバー大陸中に広がり様々な情報を集めていた。黒い歯車ほどではないが、デジモンを操るのにも使用可能。ホストコンピュータとして、エテモンに敗れた後、幽閉されたナノモンが使われていた。その中枢は砂漠の逆ピラミッドの奥にあり、無数の黒いケーブルが絡み合った異形である。ナノモンによって、拡大する暗黒の力を逆に収縮に向かわせるコンピュータウィルス入りのプラグボムを中枢に打ち込まれ暴走、多数のデジモンを飲み込んだ後にエテモンと一体化し、最後は次元の歪みに飲み込まれてエテモンと共に暗黒の世界へと消えた。小説版ではデジタルワールド全域に配置されたこの黒いケーブルにより、デジタルワールドが再統合された事になっているが、小説版ではアニメと違ってダークネットワークの中枢はプラグボムによる暴走もエテモンとの融合もしておらず、何か不具合が起きた描写は無い。ダークネットワーク、すなわち黒いケーブルの中枢が暴走した挙句、デジタルワールドから根こそぎ次元の亀裂に飲み込まれ消え去ってしまっているアニメ版ではデジタルワールドの再統合にどの程度関係していたかは不明。
デジモンカード
ヴァンデモンが人間界に侵攻する際にゲートを開くために使った10枚のカード。3×3の石版に10枚のうち9枚を選び配置しなければならない。ヴァンデモンは呪文により自動で配置したが、子供たちは後に手動で配置しなければならなかった。配置の秘密は成長期、成熟期、完全体というレベルと、ウィルス、ワクチン、データの種族が3×3の配置に対応している。ワクチンの成長期にはアグモンとゴマモンが対応しているためどちらを選ぶかは八神太一に託された。結果、「アグモンのカードは記念に取っておきたい」と思った太一はゴマモンを選び無事デジタルワールドへ旅立ったキャンプ地に帰還した(ゴマモンのカードを石版上に置く瞬間、太一が「開け!ゴマモン!」と叫んでいることからも分かるように、実は「開けゴマ」に引っ掛けたダジャレ)。なお、ワンダースワンソフト「デジモンメドレー」ではアグモンを選ぶと、デジモンアドベンチャー02の映画「前編・デジモンハリケーン上陸!!/後編・超絶進化!! 黄金のデジメンタル」の舞台アメリカへゲートが開かれる。本編では明かされないが、現実世界からデジタルワールドへのゲートを開く時は、ゴマモンではなくアグモンを配置するようになっている。『02』は及川がこの方法で光が丘からデジタルワールドに行こうとして、アグモンカードを配置している。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「Butter-Fly
作詞・作曲 - 千綿偉功 / 編曲 - 渡部チェル / 歌 - 和田光司
日本以外でも、放送されている現地語に訳されて使われている。中国では、アレンジされているほか、ドイツ(現地名-Leb deinen Traum(歌:フランク・シンデル、邦題-夢を持ってろ))、スペイン(歌:エンリケ・メデロス、現地名-Mariposa(邦題-蝶))はオリジナルオケに現地語のボーカルが入っている。ポップンミュージックシリーズ「17 THE MOVIE」に収録された。
エンディングテーマ
「I wish」(1 - 26話)
作詞 - 三浦徳子 / 作曲 - 白川善久 / 編曲 - 堀井勝美 / 歌 - 前田愛
25話では挿入歌として使われた。
「keep on」(27 - 54話)
作詞 - NK / 作曲 - 木根尚登 / 編曲 - 木根尚登、湯浅公一 / 歌 - 前田愛
挿入歌
「brave heart」
作詞 - 大森祥子 / 作曲・編曲 - 太田美知彦 / 歌 - 宮崎歩
Seven
作詞・作曲 - 小山晃平 / 編曲 - 渡部チェル / 歌 - 和田光司
「勇気を翼にして」
作詞 - 山田ひろし / 作曲・編曲 - 太田美知彦 / 歌 - 藤田淑子

各話リスト[編集]

放送日は関東圏のフジテレビおよび同時ネット局などのもの。

話数 サブタイトル 脚本 演出 作画監督 美術 放送日 登場デジモン 収録DVD&VHS
1 漂流? 冒険の島! 西園悟 角銅博之 八島善孝 飯島由樹子 1999年
3月7日
クワガーモン VOL.1
2 爆裂進化! グレイモン 信実節子 3月14日 シェルモン
3 蒼き狼! ガルルモン 吉田玲子 川田武範 出口としお 3月21日 シードラモン
4 灼熱! バードラモン 吉村元希 今村隆寛 海老沢幸男 清水哲弘 3月28日 メラモン
5 電光! カブテリモン まさきひろ 芝田浩樹 直井正博 飯島由樹子 4月4日 アンドロモン VOL.2
6 パルモン怒りの進化! 浦沢義雄 今沢哲男 八島善孝 清水哲弘 4月11日 もんざえモン
ヌメモン
7 咆哮! イッカクモン 大和屋暁 小坂春女 信実節子 飯島由樹子 4月18日 ユニモン
8 闇の使者デビモン! 西園悟 角銅博之 出口としお 清水哲弘 4月25日 デビモン
レオモン
オーガモン
9 激突! 冷凍デジモン 前川淳 川田武範 清山滋崇 飯島由樹子 5月2日 ユキダルモン
モジャモン
VOL.3
10 守護者ケンタルモン! 吉村元希 早川啓二 伊藤智子 清水哲弘 5月9日 ケンタルモン
11 踊る亡霊! バケモン 浦沢義雄 芝田浩樹 八島善孝 飯島由樹子
松本健治
5月16日 バケモン
12 冒険! パタモンと僕 まさきひろ 今村隆寛 直井正博 飯島由樹子 5月23日 エレキモン
13 エンジェモン覚醒! 西園悟 角銅博之 海老沢幸男 清水哲弘 5月30日 デビモン VOL.4
14 出航(たびだち)・新大陸へ! 吉田玲子 今沢哲男 信実節子 飯島由樹子 6月6日 ホエーモン
ドリモゲモン
15 エテモン! 悪の花道 西園悟 早川啓二 伊藤智子 清水哲弘 6月13日 エテモン
パクモン
ガジモン
16 暗黒進化! スカルグレイモン まさきひろ 川田武範 出口としお 飯島由樹子 6月20日 グレイモン
スカルグレイモン
17 幻船長コカトリモン! 浦沢義雄 芝田浩樹 八島善孝 清水哲弘 6月27日 コカトリモン
ヌメモン
VOL.5
18 妖精! ピッコロモン 前川淳 今村隆寛 清山滋崇 飯島由樹子 7月4日 ピッコロモン
クワガーモン
ディラノモン
19 迷宮のナノモン! 西園悟 角銅博之 直井正博 清水哲弘 7月11日 ナノモン
20 完全体進化! メタルグレイモン 早川啓二 伊藤智子 飯島由樹子 7月25日 エテモン
21 コロモン東京大激突! 吉田玲子 細田守 信実節子 清水哲弘 8月1日 幻影デジモン VOL.6
22 ささやく小悪魔ピコデビモン まさきひろ 川田武範 海老沢幸男 飯島由樹子 8月8日 ピコデビモン
23 友よ! ワーガルルモン 吉村元希 志水淳児 出口としお 清水哲弘 8月15日 デジタマモン
ベジーモン
24 撃破! アトラーカブテリモン 浦沢義雄 今沢哲男 八島善孝 飯島由樹子 8月22日 ベーダモン
25 眠れる暴君! トノサマゲコモン 大和屋暁 芝田浩樹 清山滋崇 清水哲弘 8月29日 トノサマゲコモン
オタマモン
ゲゴモン
VOL.7
26 輝く翼! ガルダモン 前川淳 角銅博之 直井正博 飯島由樹子 9月5日 ヴァンデモン
27 闇の城ヴァンデモン まさきひろ 早川啓二 伊藤智子 清水哲弘 9月12日 ヴァンデモン
テイルモン
デビドラモン
28 追撃! 日本へ急げ 今村隆寛 信実節子 飯島由樹子 9月19日 ドクグモン
コドクグモン
29 マンモン光が丘大激突! 西園悟 川田武範 海老沢幸男 9月26日 マンモン VOL.8
30 デジモン東京大横断!! 前川淳 志水淳児 出口としお 清水哲弘 10月3日 ゲゾモン
31 レアモン! 東京湾襲撃 まさきひろ 芝田浩樹 八島善孝 飯島由樹子 10月10日 レアモン
32 熱いぜ東京タワー! デスメラモン 西園悟 今沢哲男 清山滋崇 清水哲弘 10月17日 デスメラモン
33 パンプとゴツは渋谷系デジモン 浦沢義雄 角銅博之 直井正博 飯島由樹子 10月24日 パンプモン
ゴツモン
VOL.9
34 運命の絆! テイルモン 吉村元希 川田武範 伊藤智子 清水哲弘 10月31日
35 お台場の妖精! リリモン開花 まさきひろ 今村隆寛 信実節子 飯島由樹子 11月7日 ブラックティラノモン
バゲモン
ファントモン
36 結界突破! ズドモンスパーク! 前川淳 中村哲治 八島善孝 11月14日 メガシードラモン
ファントモン
タスクモン
スナイモン
37 完全体総進撃! きらめくエンジェウーモン 吉村元希 芝田浩樹 海老沢幸男 清水哲弘 11月21日 ヴァンデモン
ファントモン
タスクモン
スナイモン
VOL.10
38 復活! 魔王ヴェノムヴァンデモン まさきひろ 角銅博之 出口としお 飯島由樹子 11月28日 ヴェノムヴァンデモン
ピコデビモン
39 二大究極進化! 闇をぶっとばせ!! 前川淳 志水淳児 伊藤智子 清水哲弘 12月5日 ヴェノムヴァンデモン
40 魔の山の四天王! ダークマスターズ 西園悟 今沢哲男 直井正博 飯島由樹子 12月12日 ピエモン
メタルシードラモン
ムゲンドラモン
ピノッキモン
41 荒ぶる海の王! メタルシードラモン 浦沢義雄 川田武範 清山滋崇 清水哲弘 12月19日 アノマロカリモン VOL.11
42 沈黙の海底ホエーモン 大和屋暁 今村隆寛 八島善孝 飯島由樹子 12月26日 メタルシードラモン
ハンギョモン
43 危険な遊戯! ピノッキモン 吉村元希 芝田浩樹 信実節子 清水哲弘 2000年
1月9日
キウイモン
44 迷いの森のジュレイモン 前川淳 角銅博之 海老沢幸男 飯島由樹子 1月16日 ジュレイモン
ガーベモン
45 究極体激突! ウォーグレイモンVSメタルガルルモン まさきひろ 今沢哲男 伊藤智子 清水哲弘 1月23日 VOL.12
46 メタルエテモンの逆襲 川田武範 出口としお 飯島由樹子 1月30日 メタルエテモン
47 風よ! 光よ! サーベルレオモン 前川淳 吉沢孝男 直井正博 清水哲弘 2月6日 ピノッキモン
メタルエテモン
48 爆撃指令! ムゲンドラモン 西園悟 芝田浩樹 八島善孝 飯島由樹子 2月13日 ハグルモン
メカノリモン
タンクモン
メガドラモン
ギガドラモン
49 さらばヌメモン 浦沢義雄 今村隆寛 清山滋崇 清水哲弘 2月20日 ムゲンドラモン
ワルもんざえモン
ヌメモン
50 女の闘い! レディデビモン 前川淳 角銅博之 信実節子 飯島由樹子 2月27日 レディデビモン VOL.13
51 地獄の道化師ピエモン 吉村元希 吉沢孝男 伊藤智子 清水哲弘 3月5日 ピエモン
52 聖剣士! ホーリーエンジェモン まさきひろ 川田武範 出口としお 飯島由樹子 3月12日 ピエモン
イビルモン
53 最後の暗黒デジモン 吉村元希 芝田浩樹 海老沢幸男 清水哲弘 3月19日 アポカリモン
54 新たな世界 まさきひろ 今村隆寛 八島善孝 飯島由樹子 3月26日

劇場版[編集]

劇場版『デジモンアドベンチャー』[編集]

1999年3月東映アニメフェアの1作として公開された。関東圏ではこの映画の公開日の翌日がテレビ版『デジモンアドベンチャー』第1話の放送日だった。わずか20分の作品だが、至る所にテレビシリーズへの伏線が張られている。

音楽はモーリス・ラヴェル作曲の「ボレロ」のみが使われたが、有澤孝紀が編曲しているため、名義上は有澤が音楽担当者となっている。

同日封切の映画「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」のプロデューサーは本作を絶賛しており、見た直後、特撮監督を務めた樋口真嗣に「このような作品を作らないとだめだ」と言ったという[12]。怪獣に出会った兄妹が互いに違う印象を持ち続けるというコンセプトは、映画『ミツバチのささやき』からのモチーフだという[13]

同時上映は『遊☆戯☆王』。

ストーリー
1995年の春休みに起きた事件。選ばれし子供達が初めてデジモンと接触した日、そして「なぜ彼らが選ばれたか」かの原因になったある事件を描く。テレビ版のプロローグ的な話である。なおこの事件後のテレビ版では一般に「光が丘爆弾テロ事件」として報じられた。この事件がきっかけで太一たちは選ばれし子供になった。
テレビ版のストーリーと密接につながっていて、この時の話がテレビ版本編に出てきている。また、この20分の中に太一とヒカリ以外の選ばれし子供たち6人も登場している。
主要登場人物
(ボタモン)→コロモン→(アグモン→グレイモン)(声:坂本千夏
太一達の住む部屋のパソコンからデジタマで現れたデジモン。その後、短期間で急速に進化していく。テレビ版で太一のパートナーとなるアグモンとは別個体である(テレビ版でのコロモンのセリフから、先祖ではないかという説がある)。言葉を喋り自己紹介をしたのがコロモンの時のみなので、進化しても太一達にコロモンと呼ばれ続けた。コロモンまではテレビ版の個体と同サイズだが、アグモンとグレイモンはテレビ版の個体より非常に大きい。アグモンに進化してからは、動く物に反応するだけの本能の塊のようになったが、グレイモンに進化した時、太一とヒカリを(半ば偶然とはいえ)庇ったり、ボタモンの時に心を通わせた笛の音に反応したことから、喋れなくなっても心のどこかでちゃんと二人を覚えていた様子。
パロットモン
アグモンの後を追うように、上空に出現した巨大デジタマから現れた謎のデジモン。グレイモンとの激しい戦いの末、姿を消した。劇中では名前は出てこない。完全体。
劇場版のムービーブックで、デジタマとパロットモンの両者共に現実世界に迷い込んだのは偶然であり、デジタルワールドからはみ出した場外乱闘戦のような物と監督により解説されているが、小説版ではホメオスタシスがデジタマの回収のためにパロットモンを差し向けた事になっている。
スタッフ

劇場版『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』[編集]

2000年3月4日開始の東映アニメフェアで上映された。興行収入21.6億円。監督は、劇場版1作目と同じく細田守。上映時間は40分。

出版数が少なく、販売期間が短期間だった劇場版解説ブック(東映アニメフェア作品としては極めて異例のマニア向け)が出た。2007年には絵コンテ集の発売もされている。

この映画のエンディングテーマ「作品No.2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム!〜」がフルサイズで収録されているのはAiMの8cmCDシングルのみであり、その他のデジモン関連のCDアルバムには収録されていない。

ストーリー
デジタルワールドから子供達が帰ってきて数か月、2000年の春休み。突如ネットに出現したデジタマから生まれた新種デジモンは、ネットに繋がるコンピュータのデータを食い荒らし、様々な機関を暴走させながら急速に進化。世界を混乱に陥らせる謎の新種デジモンを止めるため、事態に気づいた太一、光子郎の二人は選ばれし子供達を集め、再び戦いへと乗り出すことになる。
オメガモン・井ノ上京(デジモンアドベンチャー02での選ばれし子供たちの1人)の初登場作。『02』のストーリーと密接に関わっており、『02』にはこの話につながりのある場面がいくつもある。
なお、事の起こった日付は劇中の刺身の製造日から3月4日となっている。現実ではありえないが、公式設定で春休みとなっている。また、この日はこの映画の公開初日である。
主要登場人物
新種デジモン(クラモン→ツメモン→ケラモン→(二段階進化)インフェルモン→ディアボロモン
突如ネットに現れた無邪気ながら凶悪なデジモン。凄まじい食欲を持ち、ネット上のバグが寄り集まって出来たデジタマからわずかな期間で成熟期以外の全ての進化をした。「遊び」で世界を危機に陥らす、かなり性質の悪いデジモン。
デジタマから幼年期1で「クラモン」、幼年期2で「ツメモン」、成長期で「ケラモン」、完全体で「インフェルモン」となる。映画中では出てこないが、ケラモンが通常進化すると成熟期「クリサリモン」になる。映画中では究極体の「ディアボロモン」を含めてこれらの名称は一切使われなかった。
オメガモン
ウォーグレイモンメタルガルルモンが合体した究極体デジモン。左腕がウォーグレイモン、右腕がメタルガルルモンとなっており、映画中では、ウォーグレイモンの剣でディアボロモンの攻撃を全て捌き、メタルガルルモンの砲撃でディアボロモンを一掃したりもした。
主題歌
オープニング「Butter-Fly」
作詞・作曲 - 千綿偉功 / 編曲 - 渡部チェル / 歌 - 和田光司
エンディング「作品No.2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム!〜」
作詞 - Namika / 作曲・編曲 - 宮崎道 / 歌 - AiM
挿入歌
「brave heart」
作詞 - 大森祥子 / 作曲・編曲 - 太田美知彦 / 歌 - 宮崎歩
「レクイエム」
作曲 - 有澤孝紀 / 歌 - 東京少年少女合唱隊
スタッフ
受賞歴

3D映画[編集]

『デジモンアドベンチャー3D デジモングランプリ!』
2000年7月サンリオピューロランドハーモニーランドで上映された3DCG映画。
2009年10月3日には「とびだす! 3D東映アニメまつり」として再上映される。2010年2月21日には、本作を含む4作品セットのDVD『CG東映アニメまつり』が発売。立体映像ではなく通常映像での収録となる。
スタッフ
  • 原案 - 本郷あきよし
  • 脚本 - 前川淳
  • CG製作 - 東映アニメーション
  • CG制作協力 - デジタルフロンティア、ジュアルサイエンス研究所
  • CG監督 - 森田信廣
  • 演出 - 細田守
キャスト

小説[編集]

まさきひろ角銅博之によってスーパーダッシュ文庫から全3巻でノベライズされている。ストーリー全体のおおまかな流れはテレビ版を圧縮したような内容になっているが、ほとんどの部分がアニメ版とは異なる小説版の展開としてアレンジされた、アナザーストーリーとも言える物になっており、設定などもアニメ版とは若干の違いがある。

このため、「アニメのデジモンアドベンチャー」のノベライズというよりは、小説で描かれる「アニメとは別物の、パラレルワールド的なもう一つのデジモンアドベンチャー」といったほうが的確である。

後書きに「02の小説も書くかもしれない」と記されているが、実現には至っていない。

  1. いま、冒険がはじまる (2001年4月、ISBN 4-08-630029-X
  2. 8人目の選ばれし子ども (2001年6月、ISBN 4-08-630035-4
  3. 冒険はまだ終わらない (2001年7月、ISBN 4-08-630039-7

音楽CD[編集]

シングル[編集]

  • 『Butter-Fly』 歌 - 和田光司 1999年4月23日発売
  • 『I wish』 歌 - 前田 愛 1999年4月23日発売
  • 『brave heart』 歌 - 宮崎歩 1999年6月25日発売
  • 『Keep on』 歌 - 前田 愛 1999年10月8日発売
  • 『作品No.2「春」イ長調 〜ぼくらのウォーゲーム!〜』 歌 - AiM 2000年4月26日発売

マキシシングル[編集]

  • 『Butter-Fly』 歌 - 和田光司 2004年8月1日発売
  • 『I wish』 歌 - 前田 愛 2004年8月1日発売
  • 『brave heart』 歌 - 宮崎歩 2004年8月1日発売
  • 『keep on』 歌 - 前田 愛 2004年8月1日発売

アルバム[編集]

  • 『デジモンアドベンチャー 歌と音楽集 Ver.1』 音楽 - 有澤孝紀 1999年7月23日発売
  • 『デジモンアドベンチャー シングルヒットパレード』 1999年9月22日発売
  • 『デジモンアドベンチャー キュートビートクラブ』 音楽 - 有澤孝紀 1999年12月10日発売
  • 『デジモンアドベンチャー 歌と音楽集 Ver.2』 音楽 - 有澤孝紀 2000年2月4日発売
  • 『デジモンアドベンチャー・ベストヒットパレード』 2000年3月24日発売
  • 『デジモンアドベンチャー 好敵手キャラソングファイル』 2000年5月24日発売
  • 『デジモンテーマソング オリジナルカラオケベスト15』 2001年5月2日発売

他シリーズ合同企画アルバム[編集]

  • 『デジモン挿入歌ベストエボリューション』 2001年12月29日発売
  • 『デジモンガールズフェスティバル』 2002年2月6日発売
  • 『デジモンミュージック 太田美知彦セルフカバー集 〜未来へのメッセージ〜』 2002年6月26日発売
  • 『デジモンオープニングベストスピリット(完全生産限定盤)』 歌 - 和田光司 2002年8月7日発売
  • 『デジモン挿入歌ワンダーベストエボリューション(完全生産限盤)』 2002年12月4日発売
  • 『デジモンミュージック100タイトル記念作品 We Love DiGiMONMUSiC(完全生産限定盤)』 2002年12月25日発売
  • 『We Love DiGiMONMUSIC SPECIAL 勇気を受け継ぐ子供達へ -お台場メモリアル 8/1計画-』 2003年7月24日発売
  • 『デジモン挿入歌ミラクルベストエボリューション(初回生産完全限定盤)』 2003年12月26日発売
  • 『デジモン超進化ベスト!』 2006年3月8日発売(同年12月21日に再リリース)
  • 『デジモン10th ANNIVERSARY -夢への架け橋-』 2007年8月1日発売
  • 『デジモン超進化ベスト! 2』 2007年8月22日発売
  • 『DIGIMON HISTORY 1999-2006 All The Best』 2010年1月1日発売
  • 『デジモンエンディングベストエイマー』 2013年8月1日発売
  • 『DIGIMON MOVIE SONG COLLECTION』 2014年8月1日発売

ドラマCD・関連ゲーム[編集]

『アノードテイマー』・『カソードテイマー』
この2つは、イベントなどの違いはあれどストーリーは同じ。アノードは+という意で、キメラver、カソードは-の意で、ムゲンverと呼ばれる。
1999年の大晦日、太一達が撃破した強敵達がミレニアモンの力によって復活。拘束された選ばれし子ども達を救うため、リョウがデジタルワールドへと降り立つ。
キャラクターソング ミニドラマ+ミニドラマ
連続ドラマCD版デジモンアドベンチャー。 ミニドラマシリーズ3作は基本的にパロディチックかつ破天荒であり、テレビシリーズとはかなり雰囲気が異なる、番外編のような趣である。ただし、角銅博之のサイトによるとテレビ最終回(1999年夏)から2000年春正月までの間だけでも最低3回はデジモン達と会っており、そのころの様子はドラマCDとしてリリースされており、ちゃんと新年演芸会などをやっていたとの事。
『デジモンアドベンチャー キャラクターソング ミニドラマ (1)』
1999年11月3日発売。
デジモンキャラクター総出演のオリジナルストーリー第1弾。収録されているドラマは1本目は太一、空、2本目は空、前半後半に別れた3本目は丈がメイン。3人のキャラクターソングも収録。ミニドラマ1「SOS! 5年A組」ではパラレルストーリーの中で太一が延々と声優ネタを披露したり、空と丈のドラマにメタフィクションの要素が含まれていたりと、ミニドラマシリーズの中では番外編的な印象が最も強い。
『デジモンアドベンチャー キャラクターソング ミニドラマ (2)』
1999年12月3日発売。
デジモンキャラクター総出演のオリジナルストーリー第2弾。収録されているドラマは光子郎がメイン。3人のキャラクターソングも収録。
光子郎の書いたラブレターの相手を巡って、選ばれし子供達が熱い戦いを繰り広げる。
『デジモンアドベンチャー キャラクターソング ミニドラマ (3)』
2000年1月7日発売。
デジモンキャラクター総出演のオリジナルストーリー第3弾。収録されているドラマはヤマト、タケルがメインの物とデジモン達がメインの新春デジモン演芸。ヤマトとタケル2人のキャラクターソングも収録。
『デジモンアドベンチャー オリジナルストーリー 2年半の休暇』
2003年4月23日発売。
本作と02の間を挟む2年半の、タケルとヒカリ以外の6人のそれぞれの物語。
アニメ・デジモンシリーズ終了を記念して4作同時に後日談のドラマCDを発売した。
 『デジモンアドベンチャー』
 2013年1月17日発売のPSP用ソフト。
 TVと劇場版のストーリーを完全再現した物となるが、TVには登場しなかったピヨモン達らの究極体デジモンが登場する。クリア後、歴代シリーズの主人公とデジモンがゲスト参戦する。
 メインキャラクターと重要人物のキャストは基本的に放映時と同じである(2014年現在では実質上引退しているキャストもそのまま続投している)が、タケルや一部のゲストキャラクターやキーパーソンの声優は、放映時の担当者の死去などを含めた諸般の事情より変更されている。また、端役やその他のゲストキャラクターにも新たな配役が充てられている。

作中に登場した実在の建造物・キャラクター[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 続編でナレーションが作品内の登場人物であることが明かされる。
  2. ^ 「小説デジモンアドベンチャー1 いま、冒険がはじまる」より
  3. ^ a b 「DIGIMON MOVIE BOOK」より
  4. ^ 朝日新聞2000年6月30日
  5. ^ a b 「TVアニメ&劇場版アニメデジモン公式超図鑑」より
  6. ^ 「小説デジモンアドベンチャー3」 、「デジモンアドベンチャーDVDBOXブックレット」等より
  7. ^ 決定! これが日本のベスト100 2004年9月29日放送分『アニメ最強名場面ベスト100〜幻の第1話&感動の最終回SP〜
  8. ^ 決定! これが日本のベスト100 2004年4月11日放送分『世界に進出した日本の人気アニメ ベスト100
  9. ^ バンダイ 計数資料 pdfファイル
  10. ^ シリーズ全体ではテレビ朝日系列に移籍後の『デジモンクロスウォーズ』が1年9ヶ月・79話と最長だが、同作は幾つかのシリーズに分けられている。その他の作品は1年間の放送だが、話数は『デジモンセイバーズ』が48話と最短。
  11. ^ ただし、『デジモンクロスウォーズ』に客演した際のミミはパルモンが進化していない状態で緑色のデジヴァイスを持っていた
  12. ^ 日経エンタテインメント!2007年1月号より
  13. ^ 『この人に話を聞きたい』(細田の発言)
  14. ^ ただし、このうち、タケルの配役が変更された理由は、続編と同じく不明となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 日曜朝9:00 - 9:30枠
前番組 番組名 次番組
ひみつのアッコちゃん(第3作)
(1998年4月5日 - 1999年2月28日)
デジモンアドベンチャー
(1999年3月7日 - 2000年3月26日)
デジモンアドベンチャー02
(2000年4月2日 - 2001年3月25日)