デジモンワールド リ:デジタイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デジモンワールド リ:デジタイズ
ゲーム:デジモンワールド Re:Digitize (PSP)
デジモンワールド Re:Dititize Decode (3DS)
ゲームジャンル デジタル育成RPG
対応機種 PlayStation Portable
ニンテンドー3DS
開発元 トライクレッシェンド
24Frame
発売元 バンダイナムコゲームス
(バンダイレーベル)
プロデューサー 羽生和正
ディレクター 友野祐介
キャラクターデザイン ヤスダスズヒト
プレイ人数 1人(通信時2人〜4人)
発売日 [PSP]2012年7月19日
[3DS]2013年6月27日
売上本数 [PSP]約16万本以上(ダウンロード版含む)[1]
レイティング CERO:A(全年齢対象)
漫画:デジモンワールド Re:Digitize Encode
作者 藤野耕平
出版社 集英社
掲載誌 Vジャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス
発売日 2013年12月4日 -
発表号 2013年8月号 -
巻数 既刊1巻
話数 現14話
テンプレート - ノート

デジモンワールド Re:Digitize』(デジモンワールド リ:デジタイズ、DIGIMON WORLD Re:Digitize)は、バンダイナムコゲームスから2012年7月19日に発売されたPlayStation Portableゲームソフト2005年の『デジモンワールドX』以来となるデジモンワールドシリーズ新作。キャラクターデザインはヤスダスズヒトが担当する。

2013年6月27日に、システム等の改善やシナリオを大幅追加した(ボリュームはPSP版の約2倍以上)となるニンテンドー3DS版『デジモンワールド Re:Digitize Decode』(デジモンワールド リ:デジタイズ デコード)が発売された[1]

ストーリー[編集]

亜生命体ヴィティウム編[編集]

『デジモンワールド Re:Digitize』及び『デジモンワールド Re:Digitize Decode』に収録されているストーリー。 ある日、主人公達の元に一通のメールが届く。そこに記載されていた暗号を解き明かしたことから、異世界デジタルワールドに迷い込んでしまう。そこで出会ったジジモンから「はじまりの街から出て行ったデジモンたちを呼び戻してほしい」と頼まれた主人公は、元の世界に戻る手掛かりを探しながら協力することに。しかし、その旅の最中で黒化と呼ばれる現象で暴走するデジモンや、謎の生命体ヴィティウムと遭遇し、やがて主人公は仲間たちと共に世界を救うために戦う事となる。

慟哭のX抗体編[編集]

『デジモンワールド Re:Digitize Decode』にて追加された特殊なダンジョンを攻略していくストーリー。ゲームを一定まで進めると、コロシアムの地下から何時でも突入できるようになる。

策謀の魔王編[編集]

『デジモンワールド Re:Digitize Decode』にて追加された亜生命体ヴィティウム編からの続きとなるストーリー。

登場キャラクター[編集]

主要人物[編集]

主人公
- 白石涼子
デフォルトネーム及び漫画版での名前は「タイガ」。(名前の変更は可能)
このゲームの主人公で、ロードバイクが趣味の中学生。ネットワークゲーム「デジタルモンスター」にはまっていた、ランキング3位のテイマー。デジモンをこよなく愛するが、1通のメールによってデジタルワールドに引き込まれる。
最初に出会うパートナーデジモンはデジマル(アグモン)。(同じく名前の変更は可能)進化形態はプレイヤーの育て方次第で様々なデジモンになる。
ニコライ・ヤーコヴィッチ・ペトロフ
声 - 日野聡
主人公の親友。愛称は「ニコ」。頼りがいがある一本気でストレートな性格、正義感の強い少年。「デジタルモンスター」ランキングは4位のテイマー。父親はデジモンを提供するGIGOで働いているが、主人公と一緒にデジモンワールドへ。
パートナーデジモンはサーシェンカ(ガオモン)。(進化:ガオモン→ガオガモンマッハガオガモンミラージュガオガモン)。
鈴童アキホ(りんどう-)
声 - 佐藤聡美
主人公の友人。明るい好奇心旺盛な、デジモンとの繋がりを誰よりも信じている少女。面倒見が良く、デジタルワールドでは困っているデジモンたちを助けて回ったりもする。ネットゲーム「デジタルモンスター」ランキング1位の「にゃんこテイマー」の正体。主人公との対戦を楽しみにしている。
パートナーデジモンはデジトりん(ピヨモン)。(進化:ピヨモン→バードラモンガルダモンホウオウモン)。
久我ユウヤ(くが-)
声 - 甲斐田ゆき
強力なデジモンを操る、圧倒的な実力を持つ超一流テイマー。常に物腰が柔らかく、常ににこやかな表情をしているが、彼はある目的を持ってデジタルワールドを探索しているようだ。
パートナーデジモンはブラック(ブラックウォーグレイモンX抗体)。
御神楽ミレイ(みかぐら-)
声 - 沢城みゆき
クールな表情の裏に強い意志を隠している。謎の多いミステリアスな少女。どうやらデジタルワールドの迫る危機の正体を知っているようだが、その正体は、ペトロフ博士の仲間でGIGOカンパニーのサポーターである。
パートナーデジモンはエンジェウーモンレディーデビモンの二体。
四ノ宮リナ(しのみや-)
声 - 戸松遥
『デジモンワールドRe:Digitize Decode』からの追加キャラクター。普段はおっとりしていて、場の空気にあわせることも多いが内には凛とした芯のある、心優しい少女。曲がったコトや弱者を虐げるなどの行為には毅然とした態度をとる。実はちょっとかわいいものずき。その内に強い信念を秘めている。テンションの高い口調で喋る。
活躍するのは「策謀の魔王編」からだが、「亜生命体ヴィティウム編」でもデジッターで彼女のつぶやきが閲覧できる他、主人公にメールで挑戦状を叩きつけてくることもあり、コロシアムで対戦することも可能。
パートナーデジモンはブイブイ(ブイモン)。(究極体はアルフォースブイドラモン)。

サブキャラクター[編集]

ジジモン
はじまりの街を治める長老。主人公に街の繁栄を任せる。
ヤーコフ・ボリソヴィッチ・ペトロフ(ペトロフ博士)
声 - 黒田崇矢
ニコの父親。GIGOカンパニーで働く技術者。黒き霧のデシモンや「ヴィティウム」の暴走を食い止めるため、主人公達と協力することになる。
久我ケンゾウ
ユウヤの父親。ユウヤに対しては多くを語らず背中でGIGOカンパニー総帥としての態度を教育していると本人は考えている。

ゲストキャラクター[編集]

リリ、セバスチャンは世界観に合わせてヤスダスズヒトがデザインしており、それ以外のキャラクターは原作そのものの姿で登場している。

リリ(エミリード・ロッシュフォール)
声 - 小清水亜美
お転婆なお嬢さま。最近ネットゲーム「デジタルモンスター」にはまった。
パートナーデジモンはヌメモン。
鉄拳からのゲスト出演。
セバスチャン
声 - 掛川裕彦
リリの執事。
天使系デジモンがパートナー。
八神太一(やがみ たいち)
「勇気の紋章」を持つ選ばれし子ども。
パートナーデジモンはアグモン。
デジモンアドベンチャーからのゲスト出演。
石田ヤマト(いしだ-)
「友情の紋章」を持つ選ばれし子ども。
パートナーデジモンはガブモン。
デジモンアドベンチャーからのゲスト出演。
武之内空(たけのうち そら)
「愛情の紋章」を持つ選ばれし子ども。
パートナーデジモンはピヨモン。
デジモンアドベンチャーからのゲスト出演。
松田啓人(まつだ たかと)
デジモンを愛する少年。
パートナーデジモンはギルモン。
デジモンテイマーズからのゲスト出演。
大門大(だいもん まさる)
「無敵のケンカ番長」と呼ばれる選ばれし中学生の青年。
パートナーデジモンはアグモン。
デジモンセイバーズからのゲスト主演。

漫画版[編集]

デジモンワールド Re:Digitize[編集]

ゲームのプロローグ漫画として、Vジャンプ2012年8月号(2012年6月発売)と2012年9月号(2012年7月発売)の2号連続掲載された。原案:本郷あきよし、漫画:藤野耕平、原作:株式会社バンダイナムコゲームス。 2012年7月19日に発売された攻略本に前編、後編共に収録されている他、下記のデジモンワールド Re:Digitize Encodeのコミックス第1巻にも第1、2話として掲載されている。

デジモンワールド Re:Digitize Encode[編集]

Vジャンプ2013年6月号(2013年4月発売)から2014年2月号(2013年12月発売)まで連載され、2014年1月よりVジャンプWEBでのWEB連載へと移動した。既刊2巻。原案:本郷あきよし・漫画:藤野耕平・原作:株式会社バンダイナムコゲームス

攻略本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]