デジモンセイバーズの登場キャラクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デジタルモンスター > デジモンセイバーズ > デジモンセイバーズの登場キャラクター

デジモンセイバーズの登場キャラクター』(デジモンセイバーズのとうじょうキャラクター)では、テレビアニメデジモンセイバーズ』に登場する架空の人物、及びキャラクターについて記述する。

主要キャラクター[編集]

大門 大(だいもん まさる)[編集]

声 - 保志総一朗(幼少期 - 山崎みちる
本作品の主人公、中学2年生の14歳。誕生日は4月2日。オレンジ色のデジヴァイスic、29話以降はオレンジ&黒のデジヴァイスバーストをもつ。DATS制服のカラーは赤で、大のみ制服の上着のファスナーを全開にしている。
三度の飯より喧嘩が好きというほど暴れるのが好きな少年で、喧嘩において200戦連勝を達成したという自称「日本一の喧嘩番長」。学校のことを「喧嘩相手がたくさんいる場所」などとアグモンに教えたり、とにかく喧嘩を生き甲斐としている。ラプター1ことアグモンと出会ったことにより、デジモン事件に深く関わってしまい、その後「最強の男を目指し、強い奴等と喧嘩できる」という理由でDATSに入隊する。
荒くれ者で通っている一面とは裏腹に非常に家族想いで、特に幼い妹である知香のことは気にかけている。また、10年前(当時4歳)に消息が途絶えてしまっている父・英を今でも想っており、幼い頃に父からもらったペンダントを今でも大切に持ち、首から下げている。そのため親子の問題になると他人事でも深く首を突っ込んでしまう。また行く宛ての無いイクトを自宅に引き取って面倒を見たりと、面倒見のいい面もある。
人情深く父譲りの「男」としてのあり方を度々口にし、自他を奮い立たせる。普段の生活では大雑把かつ無神経な性格をしており、そのことで妹の知香を泣かせてしまったことも。母の小百合いわく、かつては毎日喧嘩して帰ってくるなど荒れた生活をしていたが、アグモンと暮らすようになってからは変わってきたと言われている。
また、勉強面は研究者である父・英とは正反対で、学校で唯一補習で呼び出されるなど成績は良くない。淑乃やガオモン曰く機械オンチで転送機などDATSの機械を故障させてしまったこともある。しかし戦いにおいては優れた勘を発揮し、打開策を見出すこともある。
デジモンに素手でダメージを与えられるほどの身体能力を持ち、後に究極体であるサーベルレオモンの牙を殴り折ったり、クレニアムモンを槍ごど押し返すなど人間離れした力を発揮して敵味方を共に驚かせている。これは父の英もほぼ同様の力を見せている。
反面、他のテイマーとは違って彼だけはデジソウルを自分の意志で出すことはできず、相手のデジモン(広く言えばデジタルで構成された物質を殴れば良い)を殴ることによってデジソウルを腕に生み出し、その力でパートナーのアグモンを進化させることになる。46話でついに自分の意志でデジソウルを出し、アグモンを進化させた。
全てが終わった後はアグモンとの別れを惜しみ、悩んだあげく仲間や家族に別れを告げてデジモン達と共にデジタルワールドへ旅立つことを決心する。5年後、デジモン同士の喧嘩をアグモンとともに止めるなどデジタルワールドのいざこざを解決して回っているようである。その際、外見はほとんど変わっていなかった。
デジモンクロスウォーズ 〜時を駆ける少年ハンターたち〜』における詳細はそちらを参照。
デジモンTVシリーズで初めての男性声優が担当する主人公となり、本作の前後で男性声優が主人公を務めた作品はない。また、意図的にそれまでの作品の不文律を廃しており、頭のゴーグルを廃止し、名付けに関しても頭文字の「タ」「ダ」を意識していない。このことをシリーズ構成の山口は「今までのシリーズからの脱却したいという製作サイドの意図を汲み取った結果」という趣旨を語っている。また、山口によると名前の由来は「大問題の男の子」という意味で、「大門大」という名前になった。
en:Marcus Daimon

アグモン[編集]

声 - 松野太紀
大のパートナーデジモン。ラプター1というコードネームをつけられてDATSに追われ、その最中に出会った大と喧嘩をするが、その喧嘩をきっかけに大を兄貴と慕うようになる。その外見から当初は大からカエルだと思われていた。幼年期はコロモン
性格は多少乱暴ながらも基本的には非常に呑気。食欲旺盛で大門小百合の作った玉子焼きが大好物。大門家のアイドルを自称しており、小百合や知香からは「アグちゃん」と呼ばれ、更に「AGU」と書かれた専用のマクラまで持つ。プワモンが大門家でチヤホヤされた時はライバル心を見せたことがある。脳天気が故の悪気なき厚かましさがあり、大以外を基本的に呼び捨てにしており、小百合にまでも呼び捨てかつタメ口を用いるので大に叱られたことがある。また、三本指でありながら大門家での食事の際には箸を使って食べるなど器用な一面も持つ。
大には子分として羨望の眼差しを向けており、度々周囲を驚かせるほどの大の強さに驚く声をあげている。しかし、倉田との決戦では大に力というものの何たるかを改めて悟らせるなど、時にはパートナーとしての強い信頼関係を持ち合わせている。
全てが終わった後、デジタルゲートを閉じる際にガオモンたちと新しい世界を作るためにデジタルワールドへと帰ろうと提案するも、大はその寂しさから別れを認められずことが出来ずに喧嘩別れしてしまうが、出発する寸前に駆けつけた大と和解し、大と一緒にデジタルワールドへと旅立って行った。5年後も大と共にデジタルワールドの平和を乱す者と戦っている。
なお、シリーズ初の「成長期のままラスボスを倒したパートナーデジモン」で、大と同様に主人公のパートナーデジモンとしては初にして唯一の男性声優の担当キャラクターである。
種族としてのアグモンはアグモン参照。
ジオグレイモン
デジソウルチャージにより成熟期に進化した姿。第1話で初進化した。
ライズグレイモン
デジソウルフルチャージにより完全体に進化した姿。第13話で初進化した。
シャイングレイモン
デジソウルチャージオーバードライブにより究極体に進化した姿。当初は肉弾戦で戦っていたが、後にエアシグナル機能によりジオグレイソードを装備できるようになる。第29話で初進化した。
シャイングレイモンバーストモード
エアシグナル機能によるデジソウルバーストにより一時的に限界能力を開放した姿。炎の剣と盾を両腕に装備し、時には二刀流やさらに巨大な盾に変化させて戦う。第38話で初進化した。
シャイングレイモンルインモード
トーマへの怒りに満ちたデジソウルによって変貌した姿。本来のバーストモード(赤色)とはカラーリングが異なる(こちらは黒)ほか、両腕にまとった炎が剣や盾の形をしていない。34話および35話でのみ進化した。
アグモン・バーストモード
イグドラシルとの決戦で、48話で初進化。翼が生えて飛ぶことが出来るようになった。腕のベルトは大がアグモンの飛行制御をするための手綱になる。
クロスウォーズでも登場し、大をヴェノムヴァンデモンの上空へ連れて行った。このとき太一のアグモンから空を飛べることについて突っ込まれていた。
en:Agumon (Savers)

トーマ・H・ノルシュタイン[編集]

声 - 野島裕史(幼少期 - 佐藤ゆうこ
DATSのメンバーにして、大のライバル。14歳。青いデジヴァイスic、29話以降は青&黒のデジヴァイスバーストを持つ。DATS制服のカラーは青で、トーマのみ制服の上着のファスナーを最後までしめている。
14歳の若さでストックホルム王立科学大学を首席で卒業したという筋金入りの天才少年。幼い頃は母親と日本で暮らしていたが、母が交通事故で亡くなったことから父親に引き取られる。冷静沈着で何事もデータに基づいて行動するクールな性格。ボクシングの心得があり、戦闘スタイルも猪突猛進な大とは対称的。そのため意見の合わない大とは度々衝突するが、ある程度はその実力を認めており、一定の信頼関係を持っている。
出生はオーストリア貴族の父親と日本人の母親の血を引くハーフであり、彼が暮らす家は専属の執事がいるなどかなり大きな豪邸である。かなりの金持ちであるため庶民的な感覚が薄く、お好み焼き屋でもキャッシュカードを使おうとして断られ、その際現金を持っていなかったためタジタジになったことがある。貴族の血の誇りからかプライドも高く、それを傷つけられると珍しく冷静さを欠いた行動を取ることも。
母が死去し、父や妹とも疎遠になっていることもあって家族の情に特別な思いを持っており、大に「知香の誕生日を代わりに祝って欲しい」と言われた時も不思議な張り切りを見せ、その後も知香のことを気遣うことがあった。
後半は大に対して嫉妬心を抱いているかの描写もあったが、倉田に半ば人質として取られてしまった妹を救うために取った裏切りの演技を行なった際、改めて大のことを信用するようになった。
全てが終わった5年後、日々の努力によって念願であった妹・リリーナの病気の治療法を発見し、治療。わずか19歳という若さでノーベル医学賞を授与された。
en:Thomas H. Norstein

ガオモン[編集]

声 - 中井和哉
トーマのパートナーデジモン。トーマとは主従関係にあり、彼のことを「マスター」と呼び慕って忠誠を誓っている。クールなトーマに輪をかけて感情を見せない冷徹な性格で、ほとんど全ての行動を主であるトーマの命令次第で決める。しかし全く無感情ではなく、知香やリリーナの前でたじろんだりと感情的な面も持ち、特にトーマのことを馬鹿にされると激しく怒りを示し、トーマに迫る危機に対しては敏感である。
主従関係にあるがトーマはガオモンのことを道具として見ているわけではなく、パートナーとして非常に信頼して命令を下しているだけである。ガオモンもまたトーマに全幅の信頼をおいたうえで命令を忠実にこなしている。戦闘ではトーマの立てた「プラン」を始めとした戦術に従って戦う。
破天荒な行動をとる大・アグモンには度々呆れている。また、無神経に犬と呼ばれると「私は犬ではない!」と訂正する。
全てが終わった後、トーマとの再会を誓ってオリジナルブレンドの紅茶「再会の誓い」を出し、「自分のマスターはあなただけです」と翌日アグモンたちと一緒にデジタルワールドへと帰っていった。
種族としてのガオモンはガオモン参照。
ガオガモン
デジソウルチャージにより成熟期に進化した姿。第3話で初進化した。
マッハガオガモン
デジソウルフルチャージにより完全体に進化した姿。第15話で初進化した。
ミラージュガオガモン
デジソウルチャージオーバードライブにより究極体に進化した姿。第29話で初進化した。
ミラージュガオガモンバーストモード
エアシグナル機能によるデジソウルバーストにより一時的に限界能力を開放した姿。三日月型の刃とハンマーが一体化した武器を操り戦う。第42話で初進化した。
en:Gaomon

藤枝 淑乃(ふじえだ よしの)[編集]

声 - 新垣結衣
本作品のヒロイン。DATSのメンバーの紅一点。ピンク色のデジヴァイスic、29話以降はピンク&白のデジヴァイスバーストをもつ。DATS制服のカラーは赤紫で、女性隊員の制服であるスパッツタイプになっている。
主要メンバーの中では最年長の18歳で大やトーマのまとめ役。暴走しがちな2人に振り回されがち。隊長から様々な面倒事を押し付けられることもあり、嫌なことがあると「最悪なんですけど……」と言うのが口癖。故に面倒を大やトーマに押し付けるちゃっかりした所もあるが、仲間内からは信頼されているらしい。主要メンバーの中では唯一車の運転が出来、DATSの車両をよく運転している。
幼い頃は2人の姉たちと一緒にピアノを習っていたが、「自分は姉たちよりも劣っている」という思いから自信が持てず本番の場で失敗をしてしまった過去がある。現在は家族から離れ一人暮らしをしている。ララモンからは私生活では相当だらしないと言われている。
当初はとかく大の破天荒さに呆れていたが、後半からは周囲の非常識な環境にも慣れ、笑って流せるようにまでなるほど性格が丸くなった。最終回ではゲームセンターのマシンに向かって大のようにデジソウルを纏った鉄拳を繰り出し、破壊してしまうなど、それらの影響を受けるまでに至った。
全てが終わった5年後、黒崎・白川と共に警官となり薩摩の下で働いている。
en:Yoshino Fujieda

ララモン[編集]

声 - ゆかな
淑乃のパートナーデジモン。小柄だが性格は大人びており、淑乃と共にオペレーターをこなす事もある。幼い頃の淑乃の弾くピアノの音色に惹かれて人間界にデジタマの状態で現れた。幼年期はバドモン。そのため進化前も含め淑乃とは非常に長い付き合いであり、家族のような信頼感を抱いている。
温厚な性格から損な役回りをさせられたり、痛い目に遭ってしまうこともしばしば。しかし劇場版ではソーセージをヌンチャク代わりにして敵デジモンと戦うなど特異な戦闘スタイルを見せたこともある。
進化すると、それぞれ声音が大きく変わる[1]
全てが終わった後、旅を通じて強くなった淑乃の姿に安心し、デジタルワールドへと帰って行った。
種族としてのララモンはララモン参照。
サンフラウモン
デジソウルチャージ成熟期に進化した姿。第2話で初進化した。
ライラモン
デジソウルフルチャージにより完全体に進化した姿。第17話で初進化した。
ロゼモン
デジソウルチャージオーバードライブにより究極体に進化した姿。第29話で初進化した。お色気描写もある。
ロゼモンバーストモード
エアシグナル機能によるデジソウルバーストにより一時的に限界能力を開放した姿。通常のロゼモンとはカラーリング以外の違いがないが、自らに追従するエネルギー球状のビットを持つ。第43話で初進化した。
en:Lalamon

イクト[編集]

声 - 釘宮理恵
本名は野口郁人のぐち いくと)10歳。黒&紫色のデジヴァイスic、43話以降は同色のデジヴァイスバーストをもつ。自らをデジモンと自称する少年で、その正体は元デジタルワールド探検隊の野口夫妻の息子である。また、彼のデジヴァイスicはDATS製のものではなく、大門英がメルクリモンに預けていたものである。
10年前、赤ん坊の時に突如開いたデジタルゲートに吸い込まれ、デジタルワールドに紛れ込む。ファルコモンや他のデジモンに囲まれて育ったため、野生児のようになってしまった。かつて育ての親だったユキダルモンを倉田が開発したギズモンに抹殺された事から人間を深く憎み、メルクリモンの所に身を寄せて人間に強い敵意を抱く。当初はデジタルワールドにきた大達を敵視していたが、彼等との戦いの中で徐々に心情に変化がおき、そして図らずも人間界に戻った後、大たちとの交流や実の母親との再会を通じて心に大きな迷いが生まれるようになる。
その後、身を寄せていた大門家で小百合に説得されデジモンと人間の戦いを止めるため、デジタルワールドへと向かい、全ての元凶である倉田を倒す事を誓ったことで大達の仲間となる。
野生児であるため当初はデジソウルチャージの際、雄叫びをあげるだけだったが、大の仲間になってからは同じかけ声をあげるようになった。
全てが終わった後、ファルコモンたちと新しい世界を作りたいと思い、一緒にデジタルワールドへ行こうと希望するものの、ファルコモンに「家族」のことを諭されて断念。両親の元で暮らす事になった。5年後は大の妹・知香と共に中学校へ進学。この時髪飾りや顔につけていたペイントは無く、一般庶民らしい姿になっている。
en:Ikuto Noguchi

ファルコモン[編集]

声 - 神代知衣
イクトのパートナーデジモン。かつてイクトとともにユキダルモンに育てられ、人間だがイクトのことを慕っている。人間にもデジモンにもなれず苦悩するイクトのそばで彼を支える。多少臆病だが、デジタマを救うため危険を承知で人間界にきて、大達と敵対したこともあった。イクトが大達の仲間になった際は彼より早く大達と馴染んでいた。
忍者のように行動することができ、大すらその姿を捉えられないほど。
全てが終わった後、イクトとの別れを惜しみつつも仲間達とともにデジタルワールドへと帰って行った。
種族としてのファルコモンはファルコモン参照。
ペックモン
デジソウルチャージにより成熟期に進化した姿。第14話で初進化した。
ヤタガラモン
デジソウルフルチャージにより完全体に進化した姿。第25話で初進化した。
レイヴモン
デジソウルチャージオーバードライブにより究極体に進化した姿。第37話で初進化した。
レイヴモンバーストモード
エアシグナル機能によるデジソウルバーストにより一時的に限界能力を開放した姿。両腕と翼が一体化している。第43話で初進化した。
en:Falcomon

DATS[編集]

Digital Accident Tactics Squadの略名。ダットと読む。直訳すればデジタル脅威戦術部隊。

人間界における神隠し事件の増加や、デジタルワールドから迷いでてしまうデジモンが増加した事から、国家機密省により設立された科学特捜チーム。その存在は世間には秘密にされており、それを知った人間は特殊な機械で記憶処理を施され、DATSの事もデジモンの事も忘れさせられる。そのためデジモンの存在は一部を除いて認知されない。

DATSメンバーは皆デジヴァイスicを所持し、それを使ってパートナーデジモンを進化させる。29話以降は大・トーマ・淑乃のデジヴァイスicデジヴァイスバーストに進化する。43話はイクトのデジヴァイスicもデジヴァイスバーストに進化した。

部隊の前身は10年前に起きた連続失踪事件の原因探求のために結成された「デジタルワールド探検隊」。当時のメンバーは、大の父親である大門英、後のDATSの隊長となる薩摩廉太郎、同じくDATSの所長になる湯島浩、超空間研究者でイクトの親である野口憲治・野口美鈴夫妻、英の助手で後にデジモン事件の発端を起こした倉田明宏の6人。

最後は26話にて記憶を取り戻した大たちとアグモンらがDATSにやってきたため、倉田によって基地ごと爆破されてしまったが、全てが終わった後はある程度復旧を果たしていた。その5年後の世界では存在をくらまし、警視庁となる。

薩摩 廉太郎(さつま れんたろう)
声 - 楠大典
DATSの隊長。赤&黒色のデジヴァイスicをもつ。デジタルワールドと人間界を守る、厳しくも熱い男。厳格さと優しさを併せ持ち、未熟な大たちを導く。常にサングラスをかけている。彼が発する怒声は「鬼の一喝」といわれ、淑乃たちに恐れられている。かつては湯島とともに神奈川県警の刑事であった男で、連続失踪事件の原因探求のためにデジタルワールド探検隊の一員となった。
後半は大たちをデジタルワールドへ送り届ける際に聖、イワン、ナナミとの戦闘で消息不明となっていた。しかし、その後イグドラシルが英であることを知って大達を助けに向かった。
全てが終わった5年後は再び警官として働いている。
クダモン
声 - 葛城七穂
薩摩のパートナーデジモン。白い狐のような姿をした小型のデジモンで、成長期。大門英がデジモンと人間の無益な争いを避ける為に戦力として人間界へ送ったデジモンの一体である。いつも薩摩の肩に乗っており、本人曰くそこが一番落ち着くようである。
性格はクールで大人びており、デジモンに関する的確なアドバイスを与えてくれる。血気盛んな大達に頭を悩ませており、時折その行動に驚愕している。
その正体はロイヤルナイツの一体・スレイプモンであり、人間たちを監視する目的でイグドラシルにより送られたスパイである。しかしイグドラシルが人間全滅を決定した後は人間側につき、デュークモンなどかつての仲間と対立した。
戦いの後は、薩摩の肩の上で静かに別れを惜しんでいた。モデルは名前の通り管狐
レッパモン
デジソウルチャージにより成熟期に進化した姿。第27話で初進化した。
チィリンモン
デジソウルフルチャージにより完全体に進化した姿。第27話で初進化した。完全体でありながら究極体に匹敵する強さを持り、事実バイオデジモン達と互角以上の戦いを見せた。
スレイプモン
デジソウルチャージオーバードライブにより究極体に進化した姿。ロイヤルナイツの一体。初登場は第40話。デュークモンを道連れに氷付けにして海に沈んだが、デュークモンに「神は絶対ではない」ということを悟らせた後、自分のデジソウルを解放してデュークモンを助けた。
黒崎 美樹(くろさき みき)
声 - 永野愛
DATSのオペレーターで、ポーンチェスモン黒のパートナー。白&灰色のデジヴァイスicをもつ。大人びた性格でスタイルが良いが、少々ちゃっかりしている。後半からは大胆な服装へとコスチュームチェンジし、髪型も変わった。名前の通り基本の服装は黒。
全てが終わった5年後、警官となり薩摩の下で働いている。
白川 恵(しらかわ めぐみ)
声 - 埴岡由紀子
DATSのオペレーターで、ポーンチェスモン白のパートナー。灰&白色のデジヴァイスicをもつ。髪の色は金髪に近い。童顔で時折子供のような行動をとることもあるが、大達に比べれば十分大人である。後半になって白を基調としたコスチュームにチェンジした。
全てが終わった5年後、警官となり薩摩の下で働いている。
ポーンチェスモン
パペット型の成長期デジモン。
DATSのオペレーター2人組のパートナーデジモン。成長期。白と黒の2体がいる。いつもオペレーティングに徹しており、全く喋らない。兜の中には目が存在する。たまにカメモンの代わりにお茶を運ぶこともある。デジタルワールドに帰る前日、二人によって最後の思い出にと温泉に連れて行かれた。
ナイトチェスモン
デジソウルチャージにより成熟期に進化した姿。21話で初進化した。
ルークチェスモン
デジソウルフルチャージによりポーンチェスモン黒が完全体に進化した姿。36話で初進化した。
ビショップチェスモン
デジソウルフルチャージによりポーンチェスモン白が完全体に進化した姿。36話で初進化した。
湯島 浩(ゆしま ひろし)
声 - チョー(旧・長島雄一)
DATSの所長。緑色のデジヴァイスicをもつ。コカトリモンと戦う大にデジヴァイスを渡した。かつては神奈川県警特捜隊所属の警部補で、10年前のデジタルワールド探検隊に参加していた。
当初はよく釣りをしながら現れる謎の老人として度々大の前に登場し、大達に助言を与えていた。
メルクリモンとの戦いで大達を人間界に戻した後、メルクリモンの攻撃の余波で何とか脱出。以降はカメモンと共に大門英の生存を知り、デジモンと人間の争いを回避するために英の力を借りようと行方を捜す途中で、バロモンに捕らわれてしまう。しかしその後何とか同じく捕らわれた大達と合流を果たした。人間界へ戻った後、トーマの裏切りを知り、ノルシュタイン家と行動する。
全てが終わった5年後は、相変わらず釣りをしているが、その後どういった活動をしているかは不明。
カメモン
声 - 高橋直純
湯島のパートナーデジモン。成長期。大門英がデジモンと人間の無益な争いを避けるために、戦力として人間界へ送ったデジモン。カメのようなデジモンである。普段はDATSの隊員にお茶を渡しているだけの雑用係のように行動ばかりしているデジモンだったが、18話にて湯島のパートナーデジモンであったことが判明する。恥ずかしがりやで滅多に人前では喋らず、シャイなので喋るとすぐに甲羅の中に隠れてしまう。
最終回においては湯島やゴツモンとともに酒を酌み交わしていた。
ガワッパモン
デジソウルチャージにより成熟期に進化した姿。第18話で初進化した。カメモンとは違って非常にノリノリな性格。完全体のギズモン:XTやナイトモンを倒す一面もみせた。
シャウジンモン
デジソウルフルチャージにより完全体に進化した姿。第42話で初進化した。
ジャンボカメモン
デジモンセイバーズ アナザーミッションのみに登場するカメモンの究極体。本編には未登場。

DATSの家族及び関係者・協力者[編集]

大門 小百合(だいもん さゆり)
声 - 國府田マリ子
大の母親。髪型は片方がカールしている。息子が絶賛するほど料理が得意。夫が失踪して以来、女手一つで大と知香を育て上げてきた。夫が帰ってくるまで強く生きていこうとする気丈な母親。
天然ボケな性格のためか多少大きなトラブルが起きてもまるで動じず、アグモン、ピヨモン、イクト、ファルコモン等と居候が登場しても嫌な顔一つすら見せない。トーマやイクトも彼女の温和な性格に心を許している。
夫・英がデジモンの研究者だったため、デジモンを見ても全く驚かなかったが、愛する息子までもデジタルワールドへ行かせたくないという理由で大には告げなかった。よって表向きに口にすることはしないが、デジモンに家族を奪われていくことに恐怖心も少なからず抱いている。しかし同時にアグモンが大に与えていく影響を快く思っていることも口にしており、アグモンがデジタマに戻った時はアグモンの好きな卵焼きを山ほど作っていた。
戦いという危険な任務に立ち向かって行く息子の身を案じるが、母親としてあえて止めず彼の行動を常に暖かく見守っている。最終話では世界を救うためにデジソウルを出しており、全てが終わった後では初めて大を愛おしそうに抱き寄せていた。
大門 知香(だいもん ちか)
声 - 菊池こころ
大の妹。髪型はツインテール。しっかりした性格で、大門家では比較的常識人である。同時に少しませており、非常識な周囲の行動に呆れた顔をよく見せるが、年齢相応に子供っぽい顔を見せることも多い。
父・英が旅立った時はまだ生まれて間もなかったこともあり、父の事は最終話で初めて目にするまで写真でしか知らなかった。ピヨモンを急速に進化させるなど、兄と同じく強いデジソウルを秘めている。
43話では、ピヨモンと偶然再会出来たことに喜ぶも、ピヨモンはデジタマになり記憶がリセットされていたために知香のことを覚えておらず、ガッカリしてしまう。しかし45話ではピヨモンと共に大門家にいるデジモンや人間を守るために勇気を出して立ち上がり、闘う決心をつける。その際、デジヴァイスなしでピヨモンを進化させた。
全てが終わった後はピヨモンと別れを惜しんでいた。5年後はイクトと共に中学校へと進学する。
ピヨモン
声 - 寺田はるひ
突然、大門家に落ちてきたデジタマから生まれた幼年期型のプワモンが進化したデジモン。プワモンの頃は「プーちゃん」という名前が付けられていた。知香に懐いてしまうが、知香のDATS入隊を防ぐためにデジタルワールドへ送り返そうとやってきた大と決闘を始める。しかし力が及ばず圧倒されたあげく、突如メルクリモンが現れたことで、知香を守るためにメルクリモンに捨て身の攻撃を仕掛け、デジタマへと戻ってしまう。
その後、無限氷壁にてデジタマになってもなお知香への想いが消えず、成熟期アクィラモンに進化。知香を捜すため、人間界で暴れ回る。ジオグレイモンによって倒されたと思われたが、完全体ガルダモンへと進化してしまい、自我が失われていたためか、かつて仲良しだった知香にまで攻撃を仕掛けた。最後は「もう誰も哀しませないような強い男になりたい」と悔やむ大が新たなる力で進化させたライズグレイモンのトライデントリボルバーによって倒される。デジタマに戻りデジタルワールドへ返されたが、その後ロイヤルナイツによる人間界侵攻の際、突如デジタルワールドから複数の幼年期デジモンと共に大門家に飛ばされてくる。昔の記憶を全て失っていたが、ドゥフトモンの襲撃の際に改めて「知香を守りたい」という思いが生まれ、知香の力もあってガルダモンへと進化。大門家を守るようになった。
全てが終わった後、知香と別れ、デジタルワールドへと帰って行った。
アクィラモン
知香に対する思いから進化してしまった姿。成熟期。理性なく暴れまわる。
ガルダモン
知香の思いから進化し、最初は暴走した。後の43話にて、知香のデジソウル(デジヴァイスはない)により、己が意志を持った進化ができるようになる。
大門 英(だいもん すぐる)
声 - 郷田ほづみ
大の父親。黄色と黒のデジヴァイスバーストを持つ。デジモン研究の第一人者である超生物学者で、デジタルワールド探検隊の一員だった。DATSの理念やデジヴァイスicの設計は、この大門英によるものである。倉田の時空振動爆弾によって残りのメンバーを無事に脱出させるため、一人デジタルワールドに残る。その後、メルクリモンと知り合い拳を交えたことで心を通わせ、人間とデジモンの共存を目指すため、デジタルワールドの神であるイグドラシルへと会いに行くことを決意する。クレニアムモンからは「誰よりもデジタルワールド愛した男」と称されている。
旅の途中でバンチョーレオモンと拳で語り合い、意気投合したことで彼とパートナーになる。後にイグドラシルに認められて対面するが同時期に倉田のデジモン虐殺事件が発生してしまい、信用されるまで投獄されてしまう。後に倉田の横暴からイグドラシルにより処刑されかけるが、バンチョーレオモンの策略により自分の命をバンチョーレオモンに託し、パートナーと一心同体となって行動していた。しかしこれを察知したイグドラシルによって本来の英の肉体を人質に取られてしまっていた[2]
研究者でありながらデジモンと生身で争える身体能力を持ち、サーベルレオモン、メルクリモン、バンチョーレオモンといった究極体とも戦ったことがある。命や家族を非常に大事にする性格で、幼い頃より大によく言い聞かせていたことが、大の生き方に強い影響を与えている。
大門英の肉体と二つの魂を宿したバンチョーレオモンはシャイングレイモンの一撃によって消滅したが、全てが終わった後、大門英の魂と肉体はイグドラシルの采配で生き返り、悲しみに沈む妻と我が子2人の前に帰還することになる。こうして大門家は10年ぶりに再会を果たした。
全てが終わった後、大がデジタルワールドへ旅立っていく際には止めるどころか「男を磨いて来い」と賛成していた。
5年後においては、妻とともに平穏無事に暮らしている。
バンチョーレオモン
声 - 竹本英史
28話で初登場。究極体。英のパートナーデジモン。学ランを着た番長のような姿をしており、草笛を吹きながら現れるなど、独自の古風な美学がある。大からは「学ラン野郎」と呼ばれていたときがあった。
ギズモン:XTを倒すほどの戦闘力と、大をして「隙がない」と言わしめるほどの威圧感を持つ。デジヴァイスicが壊れた大達を自分の道場で鍛えるという名目でパートナーから引き離して軟禁し、デジソウルとは何かを大達に伝え、究極体進化やバーストモード発現への助言を行なった。
その後人間界へと現れ、デジタルワールドと人間界の激突を止めるべく自身のデジソウルで柱を作り、一時的に激突を食い止める。
英の処刑の際に一芝居をうち、英を殺害したと見せかけ今際の際にその命を授かっていた。そのため、バンチョーレオモンの体には自分と英の命が宿っており、普段どちらの意思で会話しているかはわかっていない(ただし心のなかで二人が会話するシーンはある)。ロイヤルナイツのクレニアムモンとは旧知の仲。
最後は英の命とともに消滅した。その後、英はイグドラシルの采配で蘇ったが、彼が復活したかどうかは明かされていない。
バンチョーレオモンバーストモード
バンチョーレオモンがエアシグナル機能によるデジソウルバーストにより一時的に限界能力を開放した姿。クレニアムモンの魔槍クラウ・ソラスを一撃で吹き飛ばす程の力を持つ。
トーマの母
声 - 相田さやか
かつて幼いトーマと共に二人で日本に住んでいたが、夏祭りの日に交通事故で亡くなった。留学先で知り合い、あまり格の高い家柄の生まれでなかったためか、フランツの母(トーマの祖母)には煙たがられていたようだ。
ノルシュタインの血筋の者
フランツ・ノルシュタイン
声 - 安元洋貴
トーマの父。トーマとは仲が悪い。家族のことを放っていたことを恨んだトーマに怒りを露にされていた。その実は決して無慈悲な人物ではなく、リリーナのことを案じるあまり悪魔の所業を黙認しようとしていた。家名のことをよく気にするが、それは家名を気にする母に対して、反論できない故である。そのためトーマとも気まずい関係で、顔をあわせれば対立していたが、後にようやく和解した。
リリーナ・ノルシュタイン
声 - 壱智村小真
トーマの妹。生まれつき体が弱く車椅子を利用している。倉田の策略でバイオデジモンとして生まれ変わることになるところをトーマによって救われ、首につけられていた爆弾も外された。
兄のことが好きで、危険を承知でトーマに駆け寄っていったこともある。最終話ではデジソウルを出していた。
全てが終わった5年後、トーマの努力により病気が完治した姿が見られた。
執事
声 - 佐々木大輔
ノルシュタイン家に仕える執事。デジモンのことを知っている数少ない人物で、ガオモンのことも知っている。トーマらとともにデジモンに関する記憶を消去された際にもカップを二つ持ってくるなど、ガオモンのことも大切に思っていたような描写が見られる。
野口 美鈴(のぐち みすず)
声 - 熊谷ニーナ
イクトの母であり、デジタルワールド探検隊の紅一点。かつて夫とともに超空間研究をする学者だったが、実験中に開いたデジタルゲートの中に赤ん坊だったイクトが吸い込まれてしまい、捜索の為に夫と共に探検隊の一員となった。しかしイクトは見つからず、長い間深く気を病んだ生活を送っていたが、娘が生まれようやく立ち直った。しかしイクトが生きていると心では信じていた。その後野口家がハグルモンの襲撃を受けた際に自身も捕らわれるが、イクトにより救出され、遂に再会を果たす。だが心の整理がつかないイクトはしばらく美鈴の前から姿を消してしまう。
倉田のDATS制圧後はホテルに軟禁されていたが、大達に救出されデジタルゲートを開くよう頼まれるもイクトの身を案じ拒否する。しかし夫・憲治とイクトの説得により、断腸の思いでイクト達をデジタルワールドへ送った。
野口 憲治(のぐち けんじ)
声 - 中博史
イクトの父であり、デジタルワールド探検隊の一人。妻と同じく超空間研究をする学者だった。娘が生まれやっと立ち直った妻を思い、イクトの生存が知らされても会う事を拒否する。
倉田のDATS制圧後は妻と共にホテルに軟禁されていたが、大達に救出され、デジタルゲートを開くよう頼まれるもイクトの身を案じ、拒否する。しかし人間とデジモン双方のことを考えるイクトの成長を目の当たりにしたことで考えを改め、笑顔でイクト達をデジタルワールドへ送り出し、初めて挨拶の物事を教えた。倉田が時空の壁を崩壊した後、妻と共に時空の壁を修復のため奮闘する。
野口 ルカ(のぐち ルカ)
野口夫妻の娘でイクトの妹にあたる。まだ赤ん坊。最終話ではデジソウルを出していた。
ユキダルモン
声 - 大塚智子
イクトとファルコモンの育ての親。かつてデジタルワールドに紛れ込んだ赤ん坊のイクトをゴツモンやメルクリモンの反発も受けながらも育て、「母親」となる決心をした。その数年後、デジタルワールドに攻めてきた倉田軍団のギズモンによって暗殺される。最期にイクトに人間を憎まないよう懇願した。
羽柴(はしば)
声 - 鶴岡聡
国家機密庁長官。DATSとは仲が悪く、倉田のことを信用していた。しかし後半でその倉田によって裏切られてしまう。

その他の人間[編集]

タカシ
声 - 吉本理江子
2話に登場。知香の同級生で大人しい性格の男の子。皆に飼育係を押し付けられ、その不満がクネモンを呼び出してしまう。
大川・小宮(おおかわ・こみや)
声 - ゴンチロビックスモールン
4話に登場。銀行強盗の二人組。金庫で通販で買ったデジタル装置が壊れてしまい、怒りと欲がドリモゲモンを呼び出してしまった。ドリモゲモンと共に行動していたがDATSに阻止されて、記憶処理と同時に逮捕された。
勝俣(かつまた)
声 - 小嶋一成
6話に登場。不良。大に喧嘩をしかけたが負けてしまい、信号機付近で愚痴を言っていたところ、エレキモンが出現してしまった。
華村 祢音(はなむら ねおん)
声 - 関智一
8話に登場。淑乃の幼馴染の青年歌手。ケラモンを使ってランキングを操作していた。大に「自分で天下を掴め」と叱責され、それを含めた記憶消去の後は自力でメジャーの座を掴んでいる。最終話においてデジソウルを出していた。
淑乃によると、昔は太っていて顔も今のようなものではなかったと言われている。本名はヒトシ。
早瀬 翼(はやせ つばさ)
声 - 千葉一伸
9話に登場。ボクサーで妻と娘が一人いる。トーマが憧れている人物。4年前の試合で反則攻撃をした選手を倒すが、それと引き換えに右ひじを壊してしまった。リハビリをやり遂げて復帰するが、それはトゲモンの暗躍のおかげである。トーマから真相を知りつつ最後の試合に望む。最終話においてデジソウルを出していた。
早瀬 まなみ
声 - 壱智村小真
9話に登場。早瀬選手の娘。父親を勝たせたい一心でトゲモンを呼び寄せてしまう。トゲモンと共に対戦相手を次々と狙っていたが、トーマ・ガオモンに阻止された。後に記憶処理される。最終話においてデジソウルを出していた。
白鳥 多助(しらとり たすけ)
声 - 小野健一
11話に登場。和菓子屋(しらとり庵)の店主。妻が病気になったためやる気を失って、借金に手を出してしまい、その金銭欲がイビルモンとピコデビモンを呼び出してしまう。イビルモンとピコデビモンの暗躍でギャンブルによる金儲けをし、彼らを神だと崇めて怠慢な生活をする。大と耕一郎が蔵に忍び込んだ際、暴言を吐き出してしまい、店を半壊にさせるほどの被害をもたらしてしまった。耕一郎の言葉により目が覚めて、和菓子作りを再開する。最終話では息子・耕一郎と共にデジソウルを出していた。
白鳥 耕一郎(しらとり こういちろう)
声 - 小田久史
11話に登場。白鳥多助の息子で、大の友達。和菓子作りに一筋な父親が怠慢な生活をする姿に、怒りを覚えてしまうほど尊敬している。その後、父親に和菓子作りを教わっている。最終話では父・多助と共にデジソウルを出していた。
スチムソン教授
声 - 上田陽司
11話に初登場。心理学教授。トーマと共に、デジモンと人間との欲の関係を解明する。

倉田軍団[編集]

デジモンの抹殺を目的とする集団。デジモンの研究者兼、元デジタルワールド探検隊の一人である「倉田 明宏」をリーダーに、デジタマさえ消滅する能力を持つ人工デジモン・人間とデジモンの融合体である三体のバイオデジモンと多数の兵士を率いている。しかし、大達によって兵器はことごとく倒されていき、38話で倉田が異次元空間へと呑みこまれ消滅。これにより計画は失敗し、同時に組織も壊滅した。

倉田 明宏(くらた あきひろ)
声 - 菊池正美
白衣と眼鏡が目印の男。かつて大門英博士の助手をしていたデジモン研究者の一人だが、非常に臆病で神経質な性格の陰気な男。また、動物アレルギーのためかデジモンが自分の近くにいるとくしゃみを立て続けに何度も出すことがある。
探検中にデジモンと鉢合わせて咄嗟に銃を撃ってしまい、これがきっかけで探検隊は何日もデジモン軍団に追われ続けることとなってしまう。倉田曰くその当時のことは「地獄のような日々」だったとのことで、これを受けてデジモンを「人間に害をなす凶悪な生物」と一方的に決めつけ、排除を考えるようになる。そのことを進言した際、英から「臆病者だ」と言われた挙句、他のメンバー4人からも全く相手にされていなかった。そのことから英をライバル視するようになる。
人間界帰還から3年後にデジモン抹殺兵器とも言える人工デジモン・ギズモンを開発。仲間の兵士達と共に再びデジタルワールドへと侵攻し、イクトの育ての親であったユキダルモンを含む多くのデジモン達を抹殺した。
デジモンと人間との間に亀裂を生み出し、デジモン事件の発端を起こした張本人であり、その後もギズモンの強化版とも言えるギズモン:ATとギズモン:XTを開発し、メルクリモンやサーベルレオモンを殺害。さらに聖達3人を人間とデジモンの融合体、バイオデジモンにしてデジモン達の抹殺を目論んだ。
その真の目的は人間界の王になることであり、人工デジモンによって集められたデジモンの生命エネルギーを使って目覚めた七大魔王の一人、ベルフェモンを利用して都市の破壊を始めた。しかし共に新しい世界を作ろうと協力したトーマに裏切られてしまい、ベルフェモンが活動停止してしまう。しかし自分自身がベルフェモンの心となることで、大たちに戦いを挑む。高い戦闘力を見せつけ大達を窮地に追い込むも、究極体を越える力であるバーストモードを得たシャイングレイモンによって圧倒され、最後はシャイングレイモンバーストモードと大の拳を叩き込まれた後、ベルフェモンは消滅してしまう。
生き残った倉田は残っていた時空振動爆弾を発動させて逃走を図るも、とうとう次元の壁が崩壊したことで倉田自身も異次元空間へと呑み込まれ消滅してしまう。
ベルフェモンスリープモード
七大魔王の一体・ベルフェモンが千年間の眠りに付いている姿の究極体。本来の姿よりも可愛らしい顔つきをしており、体には目覚まし時計のようなものが巻きつけられている。デジタルワールドのとある遺跡にあった箱の中でデジタマの状態のまま封印されていたが、倉田に発見され復活。倉田の野望の実現のためにデジモンの生体エネルギーを注入され利用されることとなる。名前の通り、眠りについているため意識を持っておらず、トーマの作ったデジモン制御装置によりコントロールされていたが、そのトーマの策略により制御装置を破壊されてしまい、コントロールが行動不能に陥った。しかし、倉田自身がベルフェモンと融合する事により、再び覚醒。これによってベルフェモン本来の姿であるべき『ベルフェモンレイジモード』へと変化を遂げた。
ベルフェモンレイジモード
声 - 安元洋貴(本来時)、菊池正美(倉田の意思の時、胸部の倉田の顔)
ベルフェモンスリープモードがトーマの策略によってコントロール不能に陥ったところを、彼に裏切られて激怒した倉田がベルフェモンと融合することによって目覚めた七大魔王の一人であり、ベルフェモン本来の姿である。意思は当初倉田であったが初進化したレイヴモンに追い詰められたことで、徐々にベルフェモンの意思が侵食しだす。一時は完全にベルフェモンのものになったと思われたが、倉田が執念で意思を再び支配(胸部に倉田の顔が浮き出ている)、時空振動爆弾を取り込むことにより時空すら切り裂く能力等を得てパワーアップする。その力で大達を苦しめていったが、バーストモードを得たシャイングレイモンの敵ではなく、最後はシャイングレイモンバーストモードと大の拳を顔面にぶつけられ、消滅した。

バイオデジモン[編集]

聖・ナナミ・イワンの3人(イワンのみバイオデジモンとなった正式な理由があり、後述を参考)が、デジモンの完全抹殺のために倉田によって生み出されたデジモンと融合した姿。腕に巻かれた特殊なデジヴァイスを使ってバイオデジモンへと変身する。バイオデジモンはベースのデジモンと比べて顔の色が違い(アーマー体は赤、究極体は緑色をしている)、アーマー体のみ培養液のような物が刺さっており、体の至るところには黒く細長い管がついている。人間と融合していることでベースのデジモンより能力が上がっている。

また、人間の状態でも大が殴るとデジソウルが現れる。人間の状態でもデジモンと融合してるためか、筋力が優れている。倒されると人間とデジタマに分離し、倒される度に違うデジモンになる事も可能である。しかし融合する際のリスクは非常に高く、身体的負担が大きい。高い戦闘力を誇っていたが、大たちとの激闘の末に敗れ、ついに全滅した。

聖(こうき)
声 - KENN
倉田の仲間。金髪に青と黄色[3]のシャツがトレードマークの不良の青年。主にアグモンと戦うことが多かった。瞳の色は紫で、口にはピアスをしており、ジャンクフード(特にスナック菓子)が大好物。ややキレやすく好戦的で残虐な性格。デジヴァイスの色は青。二度目の対決以来、大をひどく憎んでおり勝つためには手段を選ばず、卑怯な手段も辞さない。大と拳を交えられるほどの筋力を持っており、マフィアの組織を壊滅させたこともあるらしい。そのパワーは物凄く、拳でファルコモンを吹き飛ばすほど強力。最後は人間界にて大・アグモンと闘い、敗退。
最終話では彼だけデジソウルを放つシーンが無く、全てが終わった5年後の世界ではノーヘルでバイクに乗り、ちょうどパトロールをしていた警官の淑乃に追いかけられるシーンがあった。
バイオサンダーバーモン
聖がハイパーバイオエボリューションで変身した、サンダーバーモンに酷似したバイオデジモン。アーマー体。アーマー体をベースとしながらも完全体を圧倒する戦闘力を持っており、幾度となく大達を苦しめていった。また、29話では2度目の対決で大達に逆恨みしたことから、彼らの居場所を探るためにアグモン達を襲撃。さらにデジソウル道場から出られない大に対し、パートナーのアグモンを人質に取った。最後は究極体に進化したアグモン達3人には歯が立たず、シャイングレイモンを舐めてかかり、投げ飛ばされ地面に叩きつけられた所を3体の猛攻撃により、バイオクアトルモン・バイオステゴモンと共に一蹴され惨敗した。
その後で聖は、倉田の勢力によってバイオダークドラモンの能力を得た。
バイオダークドラモン
大達に倒された聖がハイパーバイオエクストラエボリューションで変身した、ダークドラモンに酷似したバイオデジモン。究極体。人間界にてシャイングレイモンと闘う。建物や人々を盾のように扱うという卑劣な戦法でシャイングレイモンに苦戦を用いらせたが、シャイングレイモンが新たなる力で得た武器・ジオグレイソードで体を貫かれ、敗北。なお、聖との決戦の前にトーマと淑乃がナナミ・イワンと戦って倒していたため、この決着により聖達バイオデジモンはついに最後を告げ、全滅してしまった。
ナナミ
声 - 小野涼子
倉田の仲間であり、倉田軍団の紅一点。主にガオモンと戦うことが多かった。ゴスロリ風のコスチュームが特徴的な天才女性。デジヴァイスの色は赤。聖同様、人間のままガオモンを蹴りで吹き飛ばすほどの凄まじい力を秘めている。口調は穏やかだが慇懃無礼。天才であるために退屈し、暇つぶしにデジモン狩りをしていた。トーマと2人で組もうと誘惑するものの、断られる。最後はエルドラディモンのいる湖に流れ込んでいる滝にてトーマ・ガオモンと戦い、敗退したが最後の力で滝を破壊した。
最終決戦では世界を救うため他の人々とデジソウルを放っていた。
バイオクアトルモン
ナナミがハイパーバイオエボリューションで変身した、クアトルモンに酷似したバイオデジモン。アーマー体。バイオサンダーバーモン同様、高い戦闘力を見せつけ大達を苦しめた(2度目の対決ではライズグレイモンたちの攻撃を見切っていた)が、究極体に進化したアグモン達の前には歯が立たず、ロゼモンに突撃するも、ローゼスレイピアで返り討ちに遭い、三体の猛攻撃によりバイオサンダーバーモン・バイオステゴモンと共に敗退する。
その後、ナナミは倉田の手によってバイオロトスモンの力を手に入れた。
バイオロトスモン
大達に倒されたナナミがハイパーバイオエクストラエボリューションで変身した、ロトスモンに酷似したバイオデジモン。究極体。自分の知恵でトーマの作戦を見抜き、バイオデジモンの新たなる能力でトーマ達を追い詰めて終始優位に立つが、最後は捨て身の作戦を決行したミラージュガオガモンが至近距離から放ったフルムーンブラスターを受け、バイオデジモンの中で最初に敗れてしまった。ロゼモン同様乳揺れの描写もある。
バイオデジモンの中では唯一属性がデータ種である。
イワン
声 - 星野貴紀
倉田の仲間。デジヴァイスの色は黄土色。主にララモンと戦うことが多かった。女好きで、淑乃を「ハニー」と呼ぶ。巨漢で寡黙そうに見えるが、考えていることを無意識のうちに口に出してしまう癖がある。天然ボケの気質がある様子で、ナナミに突っ込まれることもしばしばあった。弟たちの生活を支えるため、デジモン狩りをビジネスと割り切っていた。最後は聖なる都にて淑乃・ララモンと戦い、敗退。
最終決戦では世界を救うため弟達と共にデジソウルを放っていた。
バイオステゴモン
イワンがハイパーバイオエボリューションで変身した、ステゴモンに酷似したバイオデジモン。アーマー体。必殺技の「シェルニードルレイン(背中の棘を発射する)」を「男の純情アタック」と呼んでいた事があった。バイオサンダーバーモン同様、高い戦闘力を見せつけ大達を苦しめたが、究極体に進化したアグモン達の前には歯が立たず、ミラージュガオガモンに攻撃をかわされ一蹴された後、バイオサンダーバーモン・バイオクアトルモンと共に敗退する。
その後、イワンは倉田の手によってバイオスピノモンの力を手に入れた。
バイオスピノモン
大達に倒されたイワンがハイパーバイオエクストラエボリューションで変身した、スピノモンに酷似したバイオデジモン。究極体。聖なる都にてロゼモンと戦う。欲望を技の名前に変えて行う癖[4]がある。ロゼモンを圧倒するが、戦闘中に割り込んできたヤシャモンを抹殺するという残虐な一面も見せたため、ついに淑乃とロゼモンの怒りを買い、最後はロゼモンのフォービドゥンテンプテイションに抵抗するも、力が及ばず倒されてしまった。
本人曰く、「バイオステゴモンに比べてスピードは10倍、パワーは100倍、ハニー(淑乃)への愛は、無限大」。

人工デジモン[編集]

ギズモンシリーズとも呼ばれている、倉田が捕獲したデジモンを改造して造った人工デジモン。目からデジモンのデータを分解し、デジタマまで消滅させてしまうレーザーを放つ。この光線を食らったデジモンは体の大きさによっては消滅するまでに時間がかかる者もいて、メルクリモンやサーベルレオモンなどがその例である。
ギズモン
24話に登場。成長期。7年前に大勢のデジモン達やイクトの育ての親であるユキダルモンを殺害した。しかしその後、一部がメルクリモンによって蹴散らされ、倉田は逃走した。それ以降に現れた人工デジモンはギズモン:ATとギズモン:XTのみで、原型であるギズモンの登場は最初のデジタルワールド侵攻時の1回のみであった。名称は『新製品』と言う意味の英単語『gizmo』から。
ギズモン:AT
22話に登場。成熟期。ギズモンを進化させた人工デジモン。普通のデジモンと同様、大が殴るとデジソウルが出てくる。歩行は出来ないが、空を飛ぶことが可能である。成熟期でありながら、完全体レベルのデジモンをも寄せ付けない戦闘力を誇る。究極体であるサーベルレオモンやメルクリモンにも大ダメージを与えた。他にも多数存在する。作中では明言されていないが固体によって戦闘力に差がある模様。ベルフェモンが登場してからは個体はまだ残っていると思われるが、突如姿を消した。
ギズモン:XT
25話に初登場。完全体。倉田の人工デジソウルによりギズモン:ATが疑似進化した姿であり、その姿は人型に近い形である。ライズグレイモン達を圧倒し、メルクリモンをデジタマに至るまで完全に消滅させたが、ヤタガラモンの甕布都神(みかふつのかみ)を受けて倒された。ギズモン:ATと同じく、他にも多数存在しており、片手にライフルを装着した機動性の高い改良版も存在する。作中で明言されているわけでは無いが、ギズモン : AT同様個体によって戦闘力の差が大きい模様。
大量のギズモン:XTが寄り集まる事で、ギズモジャベリンと呼ばれる巨大な槍の様な姿を取り、強力な殺傷力を発揮する。これを使ってエルドラディモンを消滅させるという能力を見せつけたが、ギズモン:AT同様、ベルフェモンの登場によって出番が無くなった。

メルクリモンの勢力[編集]

メルクリモン
声 - 廣田行生
デジタルワールドの一部を支配する究極体デジモン。オリンポス十二神将の一体。イクトにとっては父親のような存在。その力は圧倒的でライズグレイモン達も全く歯が立たなかった。かつて10年前に人間であるイクトを赤ん坊の頃に始末しようと考えていたがユキダルモンの強い意思により見逃し、デジタルワールドに訪れた大門英とは理解しあっていたが、その後、倉田軍団がデジタルワールドに侵攻しデジモン達を虐殺した事件を許さず、人間に対し強い憎悪を持つ。デジモン虐殺事件以降はイクトを部下の一員とした。
最期はギズモン:ATの奇襲により致命傷を受け、イクトに人間とデジモンの橋渡しになるように託し、大達を救うために進化したギズモン:XTに突撃し、捨て身の攻撃を食らわせた後、ギズモン:XTの反撃を受け、眠りに着いた。
原作は一箇所に留まる事を嫌う性格という設定があるがオミットされており、作中では玉座に座っている場面が多く戦闘シーンを含めほとんど動いていない。ファイトスタイルも巨体から繰り出す拳と拳から発する光線を主力にしたもので得物であるはずのアステカが登場しない。
ゴツモン
声 - 前田健
メルクリモンに仕えるデジモン。人間を深く憎んでおり、仲間のイクトやファルコモンですらよく思っていない。人間界に侵攻した際、イクトを亡き者にしようと企んだ。
進化して完全体インセキモンとなる。素早い動きとパワーと必殺技「コズモフラッシュ」でライズグレイモン達を翻弄したが大の機転が功を制し、最後はライズグレイモンに倒される。
その後記憶をなくして生まれ変わり、大たちをイグドラシルの場所に案内する。ネガティブな発言が多く、大達に関わったばっかりに自分まで酷い目にあいそうになるため愚痴ったこともあるが、最終的にはイグドラシルの御前まで大達についてきた。
メルクリモンの手下だった頃は徹底的に人間を憎み高圧的な策を弄していたが、後半記憶を失って登場した際は逆に腰が低くなって気の弱い性格になり、大の言葉に感動するなど別人になっていた。
最終決戦の際に大達と共に人間界へ降り立つが、全てが終わった後、デジタルワールドへと帰って行った。帰る前日の夜は、湯島やカメモンと一緒に晩酌をしていた。
ヤンマモン
14話に登場。ゴツモンが乗りこなす昆虫型の成熟期デジモン。
ブロッサモン
声 - 太田哲治
16話に登場。メルクリモンに仕えるオカマ口調の完全体デジモン。ゴツモン同様人間を憎み、かつて人間が住んでいた館で大達を襲うが、ライズグレイモン、マッハガオガモンによって倒された。
マンモン
17話に登場。ゴツモンの指令で動く完全体デジモン。野生的で知能は低い。ライラモンによって倒される。
オオクワモン
19話に登場。三体の完全体。ゴツモンと共に人間界を襲ったが、その内の二体がライズグレイモン、ライラモンによって倒されて、残った一体はデジタルワールドに戻った。OPにも登場している。
ズドモン
23話に登場。ゴツモンの指令で動く完全体デジモン。野生的で知能は低い。マッハガオガモンによって倒される。
ツメモン
ゴツモンの指令で動く幼年期2デジモン。
クラモン
ゴツモンの指令で動く幼年期1デジモン。

サーベルレオモンの勢力[編集]

サーベルレオモン
声 - 上別府仁資
かつてメルクリモンの盟友であった究極体のデジモン。しかし、戦いの決断をしないメルクリモンを見限る。人間達を強く憎み、部下のプテラノモンとボアモンの大群を人間界に送り込んで総攻撃を仕掛けるものの、倉田の策略によって失敗。そして自ら戦いに人間界に行き、大達を圧倒するが、そこへ突如出現したギズモン:ATの攻撃を受けた後、大に片方の牙を拳で破壊され、立て続けにライズグレイモンのトライデントリボルバーを喰らって倒され、さらにギズモン:ATのデジモン抹殺専用の光線を受けた影響によりデジタマまで消滅してしまった。
プテラノモン&ボアモン
21話に登場する。アーマー体デジモン2体。サーベルレオモンの部下で、ゴツモンに率いられ人間界を襲う。
その数でDATSを有利に見えたが、最後は倉田が発生させたゲートに吸い込まれ、デジタルワールドへと戻された。

聖なる都の勢力[編集]

エルドラディモン
30話に初登場。究極体。甲羅に聖なる都を乗せた亀のような巨大デジモン。倉田の策略により人間界に送られ、最期はギズモジャベリンにより消滅する。
バロモン
声 - ふくまつ進紗
30話に初登場。アーマー体。聖なる都の長で人間である大達を処刑しようとしたが、大がかつて聖なる都を救った英の息子だと知って慌てて処刑を取りやめた。民を上手くまとめていたが、不意を突かれてギズモンの攻撃を受け、「エルドラディモンを守ってくれ」と言い残し消滅する。
パンプモン
30話に初登場。バロモンの手足のような存在で、複数いる。自分達の力でギズモン:XTを倒すと言う一面を見せた。
ピッコロモン
30話で多数登場。
イガモン
30話で多数登場。

イグドラシルの勢力[編集]

イグドラシル
声 - 深見梨加(本来時)、郷田ほづみ(英の体の時)
デジタルワールドでは神とも呼ばれる絶対的な存在のホストコンピュータ。作中では明言されておらず、厳密にはデジモンではないが公式サイトのデジモン図鑑では「イグドラシル_7D6」として掲載されている。究極体。
一部の人間たちの策略による度重なるデジモン・デジタルワールドの危機に憤りを感じる、そしてデジタルワールドの消滅を回避すべく人間たちの絶滅をロイヤルナイツに命じる。神であるため、その威厳を侵害されることを嫌う。大の父、英の姿をしているが、その正体はイグドラシルがバンチョーレオモン(大門英)の監視のために人質として英の体に乗り移っていた。英とバンチョーレオモンが消滅した後、真の姿を現し大たちや造反したロイヤルナイツを神の力で圧倒したが、最終的には人間とデジモンの絆に敗れる。
人間とデジモンの絆に敗れた後は、再び彼等を観察しその本質を見定めるために眠りについた。

ロイヤルナイツ[編集]

ロイヤルナイツは(デジモンセイバーズの世界においては)イグドラシルに忠誠を誓うデジタルワールド最強の騎士団。クレニアムモン以外はイグドラシルの命により人間界を襲撃したが、倒されたロードナイトモン、ドゥフトモン以外はクレニアムモンが人間界とデジタルワールドを支える姿を見てイグドラシルに造反し、クレニアムモンと共にデジタルワールドを支えた。全てが終わった後、デジタルワールドへと帰っていった。

クレニアムモン
声 - 神谷浩史
39話に初登場。究極体。人間界に対する攻撃には慎重になっていたが、イグドラシルの意志を汲み取り、決定に従う。イグドラシルの側近なのか、最もイグドラシルとの会話が多く、デュークモンたちが人間界粛清を開始した後もイグドラシルのもとに残る。最強の魔槍クラウ・ソラスと最強の盾アヴァロンを持ち、他のロイヤルナイツ達から一目置かれる程の実力の持ち主。大達との戦いで人間の可能性を感じ、大達をイグドラシルへ通した。バンチョーレオモンとは友人関係にあり、大達との戦いの後に人間界へ赴いて、知香とガルダモンに英がバンチョーレオモンだと言うことを説明し、バンチョーレオモンの代わりに人間界とデジタルワールドを支える。
デュークモン
声 - 野沢雅子
40話に初登場。究極体。最初に人間界に現われたロイヤルナイツで、人間に対する粛清を開始した。大達を窮地に追い込むが、スレイプモンの捨て身の特攻により、オーディンズブレスで共々氷づけとなって海に沈んでいった。しかしその後、「神は絶対ではない」ということを悟ったためスレイプモンに助けられ、イグドラシルに造反して大たちに生き残ったロイヤルナイツともに加勢した。
声は『デジモンテイマーズ』に登場したデュークモンと同じ。過去作にも登場したデジモンで当時と同じ声優が担当しているのは彼が唯一である。
オメガモン
声 - 高橋広樹
40話に初登場。究極体。OPや47話ではロイヤルナイツの中央に立っていることから実質的なリーダー格と思われる。
マグナモン
声 - 鈴木達央
40話に初登場。アーマー体。クレニアムモンを信頼している。
デュナスモン
声 - 小嶋一成
40話に初登場。究極体。
ロードナイトモン
声 - 千葉進歩
40話に初登場。究極体。自信家で、気品ある話し方をする。フレンツ達の乗る自家用飛行機を襲うが、ミラージュガオガモンバーストモードによって倒される。
アルフォースブイドラモン
声 - 鶴岡聡
40話に初登場。究極体。
ドゥフトモン
声 - 室園丈裕
43話に初登場。究極体。力こそが正義と信じていて、人間界を襲う。
デジタルワールドを救うためなら、デジモンの犠牲を省みない非情な性格。レイブモンバーストモードと、ロゼモンバーストモードによって倒される。
スレイプモン
詳しくはクダモンの節参照。

なお、39話以降の登場であったため、マグナモン、デュナスモン、アルフォースブイドラモンはそれほどクローズアップされていない。また、後期OPでは本編に先駆け登場しており本編未登場だったアルファモンがシルエットでのみ登場した。

その他のデジモン[編集]

コカトリモン
1話に登場。成熟期。市街地に出現して暴れ回った。ジオグレイモンによって倒される。
フライモン
2話に登場。成熟期。クネモンから進化する。飼育小屋がなくなればいいと願うタカシの心に付け入った。ジオグレイモンによって倒される。
プチメラモン
3話に登場。幼年期。一部はガオガモンによって倒される。
メラモン
3話に登場。成熟期。3匹のプチメラモンがアグモンの炎を受けて進化。ジオグレイモンによって倒される。
ヌメモン
4話に登場。成熟期。ビルの中を襲い、ララモンによって倒される。
ドリモゲモン
声 - 鶴岡聡
4話に登場。成熟期。大川、小宮の銀行強盗に利用され、暴走する。デジタルワールドへ逃げていった。
ディグモン
声 - 鶴岡聡
5話に登場。アーマー体。ドリモゲモンが進化したデジモン。ジオグレイモン、ガオガモンの合体技で倒される。
トータモン
6話に登場。成熟期。ジオグレイモンによって倒される。
エレキモン
6話に登場。成長期。電気を使い、通信を妨害し街を襲った。電気を食べてガルルモンに進化する。
ガルルモン(黒)
声 - 千々和竜策
6話に登場。成熟期。信号機を操るエレキモンから進化する。ジオグレイモンによって倒される。
ボンバーナニモン
声 - 原口あきまさ
7話に登場。成熟期。遊園地を突然襲撃する。ガオガモンによって倒され、上空に飛ばされた後、花火のように爆発した。
ケラモン
8話に登場。成長期。大きな口で大量のデータを食いつくし、華村 祢音を操る。クリサリモンに進化する。
クリサリモン
声 - 飯田利信
8話に登場。成熟期。ケラモンから進化する。ネットを操り、華村 祢音の曲を無作為に配信した。ジオグレイモンによって倒される。
トゲモン
9話に登場。成熟期。早瀬選手の娘の心を読み取って早瀬選手の対戦相手を襲っていた。ガオガモンによって倒される。
ソウルモン
10話に登場。成熟期。知香の滅茶苦茶な暴言を全て実現してしまおうとしたが、ジオグレイモンによって倒される。
イビルモン
声 - 鶴岡聡
11話に登場。成熟期。白鳥の父親のギャンブルを操って成功させていた。ジオグレイモンによって倒される。
ピコデビモン
声 - 矢部雅史松本吉朗、千々和竜策
11話に登場。成長期。イビルモンと共に白鳥の父親のギャンブルを操って成功させていた。ジオグレイモンによって倒される。
ジュレイモン
声 - 木村雅史
14話に初登場。完全体。森の守護者で争う大達とイクト達を牽制する。その後、ゴツモンの攻撃から守る大達の姿を見て、人間に対する考えを改める。
ニョキモン
14話に初登場。幼年期。ジュレイモンが守っているデジモン達。
メタルファントモン
声 - 山口健
15話に登場。完全体。人間の嫌な記憶を呼び起こし、負の情念を吸収する。最後はマッハガオガモンのウイニングナックルを受けて倒された。
ドクグモン
15話に登場。成熟期。多数存在しているメタルファントモンの部下。最後はジオグレイモンとサンフラウモンによって蹴散らされ消滅した。
ハグルモン
声 - はなわ
20話に登場。成長期。イクトの悲しみの感情に反応するように出現し、イクトがかつて遊んでいたブリキのおもちゃと野口家の住居を取り込んで巨大なロボットとなって、野口美鈴を人質とする。ライズグレイモンによって倒される。デジタマとブリキのおもちゃだけが後に残った。
ランクスモン
24話に登場。アーマー体。デジタルワールド探検隊に行った倉田の銃声で襲いかかり、大門 英の救出で川に落とされる。
ゴマモン
24話に登場。成長期。全部で4匹いて倉田の銃声で海に逃げてその中の1匹がイッカクモンへと進化する。
イッカクモン
24話に登場。成熟期。ゴマモンが進化しデジタルワールド探検隊を敵だと思い、襲いかかる。
ゲコモン
24話に登場。成熟期。人間界をさまよい、カメモンによって倒される。
リボルモン
24話に登場。成熟期。デジタルワールドに襲いかかった倉田軍団を止めようとするが、キズモンに抹殺される。
マッシュモン
28話に登場。成長期。村を全滅させたキズモンに抹殺される。
チョロモン
28話に登場。幼年期。
ギザモン
28話に登場。成長期。
キウィモン
28話に登場。成熟期。
サンダーボールモン
28話に登場。成熟期。
トーカンモン
28話に登場。アーマー体。
コンゴウモン
28話に登場。アーマー体。
ヴィカラーラモン
28話に登場。完全体。
ケルベロモン
30話で登場。完全体。
セピックモン
30話で登場。アーマー体。
ゴブリモン
30話で登場。成長期。
パンダモン
30話で登場。完全体。
フローラモン
30話で登場。成長期。
チューモン
31話で登場。成長期。
コテモン
31話で登場。成長期。
シャーマモン
31話で登場。成長期。
ティロモン
31話で登場。アーマー体。
タンクモン
31話で登場。成熟期。
ケンタルモン
31話で登場。成熟期。
タネモン
32話で登場。幼年期。
ヤシャモン
32話で登場。アーマー体。
ナイトモン
42話で登場。完全体。ロイヤルナイツの部下として世界各地を襲った。
ピョコモン
トコモン
プカモン
声 - 中川里江
プニモン
オタマモン
バブモン
ニャロモン
声 - 森夏姫
ポロモン
ユキミボタモン
43話に登場。すべて幼年期(オタマモンは本来は成長期だが、幼年期となっている)。竜巻によってデジタルワールドから大門家へ飛ばされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ララモンの時は子供のような声、サンフラウモンでは少し間延びしたような声、ライラモンは成人女性風の声、ロゼモンは大人の女性風の声。
  2. ^ イグドラシルにより英はバンチョーレオモンに自分の命が宿っていることを明かすことと、倉田軍団と戦うことを制止されていた。
  3. ^ バイオサンダーバーモンとバイオダークドラモンにも同じ色が使われている。
  4. ^ 腕を組んで街を歩きたい公園の池で一緒にボートを漕ぎたい一つのジュースを二つのストローで飲みたいがあるが、全て淑乃から断わられた。