無銭飲食

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

無銭飲食(むせんいんしょく)とは、飲食して代金を支払わずに逃げることをいう[1]。刑法上の詐欺に該当することがある。食い逃げ(くいにげ)と通称される。

手口[編集]

典型的な手口として、次のようなものがある。

  • 飲食後、店員の目を盗んで立ち去る。
  • 飲食後、すぐに戻ると店員に告げるなどして、店から出てそのまま立ち去る。

詐欺[編集]

無銭飲食は多くの場合詐欺罪に該当する。それは、支払う意思がないのに支払うと装って飲食物を注文し(欺罔行為)、その結果店員が支払いを受けられるものと誤解し(錯誤)、飲食物を交付させる(財産的処分行為)ことが詐欺罪の構成要件に該当するからである。

詐欺罪の着手時期は、欺罔行為を開始した時であるから、その後翻意して代金を支払っても、詐欺罪は成立する(詐欺未遂罪)。

支払いの段階で財布を忘れてきたことに気づき、そのまま逃げてしまった場合は、処分行為に向けての欺罔行為がなく、詐欺罪は成立しない。ただし、支払いの段階で、店員にうそをつくなどして支払いを免れた場合には、代金の支払いを免れた点に詐欺利得罪が成立する。また、店員が支払いの延期を認める、いわゆる「ツケ」とした場合でも、氏名を偽るなどして請求を不可能にしたような場合は同じく詐欺利得罪が成立する。

対策[編集]

立ち食いそば・うどん店や牛丼店などのように食券を先に購入してから商品を出すようにしている店や、食券制ではないが、先に代金を払ってから商品を出す店がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑 第4版

参考文献[編集]

関連項目[編集]