ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダーゴースト > ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター
ゴースト RE:BIRTH
第1作 ゴースト RE:BIRTH
仮面ライダースペクター
2017年4月19日

ゴースト RE:BIRTH』(ゴースト リバース)は、特撮テレビドラマ『仮面ライダーゴースト』のオリジナルビデオ作品。

概要[編集]

『仮面ライダーゴースト』のサブキャラクターを主人公に据えたスピンオフ作品。『仮面ライダースペクター』はその第1弾となる[1][2]2017年4月19日発売。

物語は、テレビ本編第50話で眼魔世界へ旅立ったマコトたちの物語や、マコトとアランの出会いと友情が描かれるほか、Cマコトの秘密も明かされる[3]。本作品と同じく最終回後を描いた『アラン英雄伝』第4話は、本作品よりも後の物語と位置づけられる[4][5]。『てれびくん超バトルDVD 仮面ライダーゴースト 真相!英雄眼魂のひみつ!』は本作品に続く物語である[6]。また、仮面ライダースペクターと仮面ライダーネクロムの新フォームも登場する[7][5]

監督は『アラン英雄伝』で監督デビューした上堀内佳寿也が、脚本はテレビシリーズメインライターの福田卓郎がそれぞれ担当する[1][2][5]。上堀内が長編作品を手がけるのは本作品が初となる[8]

テレビシリーズの主人公・天空寺タケルも登場するが、仮面ライダーゴーストに変身しない[注釈 1]

ソフトは通常版のほか、Vシネマに登場するシンスペクターゴーストアイコンが付属する初回限定版が発売される[9][1][2]

あらすじ[編集]

アランはアカリやイゴールの協力の下眼魔世界の大気を改造する計画を進めていたが難航しており、自分の理想の為に多くの民が犠牲となっている現状に心を痛めていた。そんなアランをマコトは友として支えていたが、眼魔牢獄が地上に落下し、そこから脱獄したダントンと出会う。そしてマコトは自分とカノンの出生を知り、大いに苦悩することとなってしまうのであった…

登場人物[編集]

本作のみ登場する人物を記載。テレビ本編の登場人物はこちらを参照。

ダントン[10]
マコトの秘密を知る男。眼魔世界での環境に対応するための肉体改造を研究しており、グレートアイの力で人民を救おうとしたアドニスと対立し、遂にはアドニスと眼魔世界を二分する戦争を起こすが敗北し、宇宙空間で眼魔牢獄に幽閉されていたが、再び眼魔世界へと戻ってきた[11]
人間に秘められた無限の可能性を信じ、人類の平和と幸せを願う気持ちこそ本物ではあるが、自分のやり方で人類を救うことにこだわり過ぎているが故にその思想は歪み切ってしまっており、自分に異を唱える者を平然と排除するどころか、時には自分に賛同する者でさえも道具として切り捨ててしまうという非常に質の悪い人物となってしまっている。
眼魔世界へと戻った後、迎え撃ったジャイロを瞬殺すると、自身の元を訪れたマコトに、彼が「究極の人間の完成品」として生み出された人造人間の中の一体で、その生みの親であることを明かし、彼を迎え入れる。また、「眼魔世界の大気を変える」というアラン達の方針に対する不信感や「死」への恐怖を抱く、一部の眼魔世界の住人達を同胞として引き入れる。だが、決して死ぬ事の無い「奇跡の子」だと思っていたカノンが一度死んで生き返ったことを知ると豹変し、彼女を「失敗作」と見なして殺そうとするが、西園寺の介入によって失敗に終わる。そして、自分自身の罪を受け入れシンスペクターに変身したマコトと戦い、彼を追い詰めるが、アカリとイゴールの尽力によって眼魔世界の空が青空に変わり、その直後にシンスペクターのデッドリーオメガドライブを受け敗北。最期はマコトに「青い空というのも、悪くはないな。息子よ…。」と言い残し消滅する。マコトからは「俺をこの世に生み出してくれた父さん」と評されている。
クロエ[10]
ダントンの娘。事実上のマコトのもう一人の妹。当初は氷の中に封印・拘束されていたが、ダントンによって呼び起こされた。手首には拘束具が付いたままであり、攻撃の際にもその拘束具の鎖を用いて戦う。ダントンを心から尊敬している。
ダントンがマコトに倒されたことに伴いその死を感じ取り、生きる意味を失いかけるものの、タケルに「君は君の為に生きるべきだ」と諭された。

本作品オリジナルの仮面ライダー[編集]

仮面ライダーシンスペクター[編集]

深海マコトがゴーストドライバーにシンスペクターゴースト眼魂を装填して変身する、シンスペクターゴーストを纏ったスペクターの最強形態。仮面ライダーゴーストにおけるムゲン魂に相当し[1]、名前にある「シン」は英語で罪を意味する「sin」から来ている[12]。シンスペクターゴースト・マスクの図柄の複眼の色は水色

変身音声は「プライド!グリード!ラスト!ラース!エンヴィー!グラトニー!スロウス!ブレイク!デッドリーシン![13]

変身時にシンスペクターゴースト眼魂をゴーストドライバーに装填した際には「セブン進化!」の音声が流れ、レバー操作時の音声は「シンカイガン!シンスペクター!」となる[13][注釈 2]

専用武器は存在せず、従来の形態と同様にガンガンハンド・ディープスラッシャーを使用する。また両武器共にゴーストチェンジを介さずに全モードを任意で変形・使用可能。

バンダイ担当者の関戸大彦は「ムゲン魂のスペクター版」と称している[14]

撮影用スーツはアトラクション用のムゲン魂を改造した物である[15]。手袋はムゲン魂のアップ用パーツを使用している[15]

必殺技
デッドリーオメガドライブ
ドライバーのレバーを1回引いてから押し込み、「シンダイカイガン!シンスペクター!デッドリーオメガドライブ!」の音声と共に発動する。背部に出現した6枚の翼で飛翔し、背後に浮かび上がった紋章のエネルギーを纏い、急降下しながら跳び蹴りを叩き込む。
シンダイカイガン
ドライバーのレバーを1回引いてから押し込み、「シンダイカイガン! ○○!」の音声と共に発動する。技名はそれぞれ七つの大罪を模している[2]
エンヴィースラップ
ガンガンハンド・ロッドモードの砲身にエネルギーを収束して殴り付ける。
ラストバレット
ガンガンハンド・銃モードの分身を生成して一斉に射撃する。
スロウスグレイブ[注釈 3]
ガンガンハンド・鎌モードから三角錐型のエネルギーを飛ばして敵を閉じ込める。
グラトニーバイト
蹴りに合わせて獣の頭部を模したエフェクトを放って攻撃する。
プライドフィスト
敵に突進しながら連続でパンチを叩き込む。
グリードスラッシュ
ディープスラッシャー・ソードモードの刀身にエネルギーを収束して敵を斬り裂く。
ラースフレイム
ディープスラッシャー・ブラスターモードからエネルギー弾を発射する。

仮面ライダーネクロム 友情バースト魂[編集]

アランがメガウルオウダーに友情バーストゴースト眼魂を装填して変身する、友情バーストゴーストを纏ったネクロムの強化形態。友情バーストゴーストの色は金色

変身音声は「俺がバースト!友情ファイヤー!止めてみせるぜ!お前の罪を!」。

メガウルオウダーに眼魂を装填し、左側面のスイッチを2度押すと「友情カイガン!バースト!」の音声が流れる。

ネクロムの通常形態に金色の装飾が追加され、闘魂ブースト魂に似た姿となっている[12][1]。変身にはマコトに対する熱い友情の爆発の力が必要となる[11]

ディープスペクターと互角に渡り合う程の戦闘能力を発揮し、武器は使用せずに格闘戦を行う。

バンダイ担当者の関戸大彦は「闘魂ブースト魂のネクロム版」と称している[14]

撮影用スーツはマスクはダークネクロムR、パーカー・装甲部分はアトラクション用のネクロムをそれぞれ改造した物である[16]。肩の金色のパーツは新規造形である[16]

必殺技
オメガドライブ
友情ダイカイガン!バースト!オメガドライブ!」の音声と共に発動する。空中に跳び上がり、背後に浮かび上がった紋章が全身を通過し、全身に炎を纏って急降下しながら跳び蹴りを叩き込む。

怪人[編集]

エヴォリュード
ダントンが変身する怪人。眼魔とは別の存在にあり、高速移動やテレポート、再生能力を有する。またシンスペクターのシンダイカイガンを数発食らっても倒れない強さも誇る。
眼魔スペリオル
ジャイロが変身用眼魔眼魂を使い変身した眼魔スペリオル。イゴール同様、変身と同時に銀色のパーカーが装備される。
眼魔世界に現れたダントンと戦うが、瞬殺され、炎のようなエネルギーとなって彼に吸収される。

用語[編集]

シンスペクターゴースト眼魂
ムゲンゴースト眼魂に羽根が生えた形状となっている眼魂。
マコトが自身の罪を意識したことで誕生した。
友情バーストゴースト眼魂
闘魂ブースト眼魂に酷似した眼魂。
アランがマコトに対する熱い友情を爆発させたことで、ネクロムゴースト眼魂が変化した。
メガウルオウダーに装填する際の音声は、通常とは異なりゴーストドライバーに装填する際のものに準拠する。
眼魔牢獄
宇宙に浮かぶ牢獄。アドニスに敗れたダントンが幽閉されていたが、ダントンが脱獄したことで眼魔世界に落下した。

キャスト[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 石ノ森章太郎
  • エグゼクティブプロデューサー - 加藤和夫(東映ビデオ)、佐々木基(テレビ朝日)
  • プロデューサー - 中野剛(東映ビデオ)、高橋一浩(東映)
  • 脚本 - 福田卓郎
  • 音楽 - 坂部剛
  • 撮影 - 植竹篤史
  • 照明 - 佐々木康雄
  • 美術 - 大嶋修一
  • 録音 - 遠藤和生
  • 編集 - 金田昌吉
  • スクリプター - 柿崎徳子
  • 助監督 - 大峯靖弘、石井千晶、福田和弘、茂出木和子
  • 製作担当 - 板垣隆弘
  • ラインプロデューサー 下前明弘
  • 計測 - 三坂裕之
  • 助監督応援 - 浦弘之
  • 進行主任 - 伊藤渉、本間隆廣
  • 進行 - 黒澤智仁
  • 進行助手 - 寺本勇也
  • 製作応援 - 吉川和也、餅田愛里咲
  • プロデューサー補 - 山田真行(東映ビデオ)、小高史織、安東健太(東映)
  • 制作デスク - 宮地みどり、松川絢之郎
  • 宣伝 - 斎藤貴晴、麻和祥多(東映ビデオ)
  • 広報AP - 川勝宥典(東映)
  • 委員会スタッフ - 安村基、大澤保夫(東映ビデオ)、梶淳、水高愛(テレビ朝日)、古谷大輔(アサツー・ディ・ケイ)、桃井信彦(バンダイ)
  • 特撮監督 - 佛田洋特撮研究所
  • アクション監督 - 宮崎剛
  • 監督 - 上堀内佳寿也

音楽[編集]

主題歌
「NEW WORLD」[17]
作詞 - 小関竜矢 / 作曲 - 須田原生 / 歌 - Bentham
挿入歌
「いとしいたまご」
作詞 - 渡部紫緒 / 作曲 - 坂部剛

映像ソフト化[編集]

2017年4月19日発売。Blu-ray / DVDでリリース。

  • ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター 通常版(1枚組)
    • 映像特典
      • メイキング
      • PR集
      • DXシンスペクターゴーストアイコンPV
      • デザインギャラリー
      • ポスタービジュアル
    • 音声特典(Blu-ray版のみ)
      • オーディオ・コメンタリー(山本涼介×磯村勇斗×工藤美桜×監督:上堀内佳寿也)
  • ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター シンスペクターゴーストアイコン版(1枚組・初回限定生産)
    • セット内容
      • ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター(通常版と共通)
      • DXシンスペクターゴーストアイコン
      • ライナーカード

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 劇中では、ダントンに立ち向かうためにオレ魂に変身しようとしたが、クロエに妨害された。
  2. ^ 待機音声は「バッチリミロー!」だが、通常時とは音声が異なる。
  3. ^ 玩具紹介ではスロウスブレイブと表記された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 宇宙船155 2016, p. 52, 「ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター」
  2. ^ a b c d e f 宇宙船156 2017, p. 47, 「ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター」
  3. ^ ストーリー”. Vシネマ『ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダースペクター』公式サイト. 2016年10月25日閲覧。
  4. ^ 宇宙船156 2017, pp. 48-49, 「[座談会]山本涼介×磯村勇斗×工藤美桜
  5. ^ a b c 東映HM55 2017, pp. 48-49, 「ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター」
  6. ^ 仮面ライダーゴースト 最終回を終えて 1年間ご視聴ありがとうございました”. テレビ|東映. 2017年5月5日閲覧。
  7. ^ 感謝の叫びを聞けー!”. 磯村勇斗オフィシャルブログ「キドウ」. CyberAgent (2016年10月17日). 2016年10月18日閲覧。
  8. ^ 東映HM55 2017, pp. 50-53, 取材・構成 伊東叶夢「CROSS TALK 山本涼介×上堀内佳寿也」
  9. ^ 商品情報”. Vシネマ『ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダースペクター』公式サイト. 2016年10月25日閲覧。
  10. ^ a b Vシネ「仮面ライダースペクター」にジェームス小野田、マーシュ彩が親子役で出演”. 映画ナタリー (2016年10月24日). 2016年10月25日閲覧。
  11. ^ a b フィギュア王226 2016, pp. 56-57, 「仮面ライダーゴースト ゴースト RE:BIRTH 仮面ライダー スペクター」
  12. ^ a b 仮面ライダースペクター&ネクロム、Vシネだけの新フォーム公開!”. 映画ナタリー (2016年11月1日). 2016年11月1日閲覧。
  13. ^ a b 【Blu-ray】仮面ライダーゴースト ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター DXシンスペクターゴーストアイコン版”. 2017年2月4日閲覧。
  14. ^ a b 公式完全読本 2016, p. 95, 取材・構成 ガイガン山崎「CHARACTER DESIGN TALK 関戸大彦[バンダイ]×鶴巻拓也[PLEX]」
  15. ^ a b KAIGAN 2017, pp. 80-81, 「仮面ライダーシンスペクター」
  16. ^ a b KAIGAN 2017, pp. 82-83, 「仮面ライダーネクロム 友情バースト魂」
  17. ^ Benthamデビュー日決定、新曲がVシネ「仮面ライダースペクター」主題歌に”. 映画ナタリー (2017年2月2日). 2017年2月2日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]