ジェームス小野田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェームス小野田
出生名 小野田安秀
生誕 (1959-11-08) 1959年11月8日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
学歴 文化学院建築科卒業
ジャンル ファンク
職業 歌手
ミュージシャン
俳優
担当楽器 ボーカル
活動期間 1982年 - 現在
レーベル Sony Records
共同作業者 米米CLUB
J.O.PROJECT

ジェームス小野田(ジェームスおのだ、本名:小野田 安秀(おのだ やすひで)、1959年11月8日 - )は、日本ミュージシャン歌手俳優神奈川県川崎市出身。川崎市立工業高等学校文化学院建築科卒業。株式会社インターナショナル・カルチャー所属。米米CLUBJ.O.PROJECTのメンバー。

人物[編集]

文化学院時代に大久保謙作米米CLUBを結成。1982年石井竜也の勧めでバンドとしての音楽活動を本格化。以後、米米CLUBの中心メンバーの一人として芸能活動を行う。また本名名義でミュージカルに出演するなど、俳優声優としても活動しており、米米CLUB解散後は舞台活動が中心となっている。

米米CLUBとしての活動時は、ビジュアル系で、奇抜な衣装や被り物、着ぐるみやメイクが特徴となっている。メイク顔を専門に集めた写真集『KAO'S』やジェームス小野田の週めくりカレンダーなど、そのビジュアル面は米米CLUBの代名詞のひとつとなっており、そのアートワークは後にきゃりーぱみゅぱみゅにも影響を与え、きゃりーぱみゅぱみゅ本人から尊敬されている。

メイク姿の強面が印象的であるが、素顔にサングラスあるいはメガネだけの姿で登場することもある。また小野田本人は気さくで柔和で律儀な性格であり、文化学院卒業後建築士1級取得、米米クラブ再結成前のソロ活動時代に宅建の資格も取得している。

2013年に自身の名を冠につけた音楽プロジェクトJ.O.PROJECTを結成。持ちネタとして山本リンダの歌を唄うことが多い。好きな映画はホラー映画、趣味は書道。好きな音楽はジャズソウルミュージック。アルバムPhiにある紅い人の作詞作曲をしている。

ソロライブやJ.O.PROJECTなどのライブで米米CLUBの楽曲を歌唱する際には、自身のリードヴォーカルによる曲だけでなく、『Shake Hip!』『浪漫飛行』『君がいるだけで』など石井のリードヴォーカルによる代表曲のカバーを披露することがある。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

舞台[編集]

  • 一人芝居・山口瞳原作「江分利満氏の優雅な生活」(1998年1月15日 - 16日、青山草月ホール・1月24日 - 25日、天王洲アートスフィア・3月31、京王プラザホテル)
  • サンプラザ主催:ロックミュージカル「ROCK OPERA HAMLET」出演。(1998年5月29日 - 6月7日、中野サンプラザホール) - クローディアス 役
  • ミュージカル「不思議な国のアリス」出演。(1998年8月6日 - 12日、世田谷パブリックシアター・8月14 - 15日、湘南台文化センター・8月22日 - 23日、ピッコロシアター・8月30日、長野県県民文化会館) - チェシャネコ・ニセウミガメ・トランプの兵隊 役
  • 一人芝居・山口瞳原作「江分利満氏の優雅な生活」再演(1999年2月24日 - 28日、銀座博品館劇場)
  • 新潮劇院 痛快新編娯楽京劇孫悟空vs白骨精」(2002年8月30日、スパイラルホール) - 猪八戒
  • ミュージカル「スター誕生」(2004年3月17日 - 4月18日、青山劇場
  • 「ちいさな山神スズナ姫」(2005年7月17日 - 18日、2006年、2007年7月21日 - 22日、日生劇場)喜仙大巌尊 役
  • ミュージカル「紫 式部」(2008年3月3日 - 30日、大阪松竹座)
  • ミュージカル「ガブリエル・シャネル」(2009年7月3日 - 27日、新橋演舞場・2010年、大阪松竹座・2011年5月14日 - 28日、日生劇場) - カフェ親父/セール(ミシア夫)役
  • 新潮劇院 京劇「孫悟空vs孫悟空」(2010年5月29日、関内ホール/6月5日、なかのZERO小ホール) - 猪八戒 役
  • 木下工務店PRESENTS「銀河英雄伝説 =第一章 銀河帝国編=」(2011年1月7日 - 16日、青山劇場) - ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ[1]
  • パン・プランニング「Shalll We Judge!?」(2011年10月29日 - 11月6日、ミニシアター1010) - 江田清一郎 役
  • 一人芝居・山口瞳原作「江分利満氏の優雅な生活」(2011年12月8日 - 9日、日比谷 松尾ホール・2012年6月22 - 24日、能登演劇堂)
  • 新潮劇院 京劇十三妹(シィサンメイ)〜児女英雄伝」(2014年9月13・14日、成城ホール) - 黒風僧 役
  • 「与野太郎を探せ」(2015年3月20日 - 22日、彩の国さいたま芸術劇場小ホール)
  • Kitty presents vol.2「Little Fandango」(2015年7月8日 - 12日、池袋あうるすぽっと) - フレディ郡保安官 役
  • A New Musical ALICE 〜不思議の国のアリスより〜(2016年6月 - 7月、天王洲銀河劇場新神戸オリエンタル劇場) - 帽子屋 役 [2]
  • THE☆JACABAL'S「道雪」(2019年10月2日 - 6日、東京・両国シアターX) - 島津義久
  • サゼン ~幕~(2020年2月19日 - 24日、池袋あうるすぽっと) - 水戸光圀
  • 新潮劇院 京劇 「孫悟空 vs 白骨精」(2022年2月5日・阿倍野区民センター、2022年2月6日・クレオ大阪東 ホール)猪八戒(特別出演)

映画[編集]

  • レズパラ(1997年) - コロン博士 役 ※吹き替え。日本においては劇場未公開作品

Vシネマ[編集]

テレビアニメ[編集]

CD[編集]

  • まけるな! もんじゃ(2002年7月10日)
  • 親娘だよ(2005年11月2日)
  • 筋肉ダンス DE まっちょっちょ(2008年2月20日) - ジェームス小野田 with 筋肉楽団 名義[5]
  • BLUE SOUL(2014年7月23日)

インターネット[編集]

  • ジェームズ小野田アワー(2013年4月 - 、BITMOVIE)

その他[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本が誇るスペースオペラの金字塔が舞台化!2011年1月公演決定――舞台“『銀河英雄伝説』=第一章 銀河帝国編=”製作発表会見をスペシャル動画レポート”. アニメイトタイムズ (2010年9月30日). 2019年2月5日閲覧。
  2. ^ misonoが全力でアリス役に専念、「A New Musical ALICE」”. ステージナタリー (2016年3月8日). 2016年3月8日閲覧。
  3. ^ “Vシネ「仮面ライダースペクター」にジェームス小野田、マーシュ彩が親子役で出演”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年10月24日). http://natalie.mu/eiga/news/206676 2016年10月25日閲覧。 
  4. ^ 同作品では、石井のボーカル曲である『浪漫飛行』の出演声優によるカバーが主題歌として使われた。
  5. ^ ジェームス小野田がマッチョな楽団引きつれソロ始動”. 音楽ナタリー (2008年2月7日). 2019年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]