ジェシー (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジェシー
生年月日 (1996-06-11) 1996年6月11日(23歳)
出身地 日本の旗 日本東京都[1]
身長 184 cm[2][3]
血液型 O型[4][2]
職業 俳優歌手アイドルタレント
ジャンル テレビドラマ映画音楽番組バラエティ番組
活動期間 2006年9月[5] -
事務所 ジャニーズ事務所
主な作品
テレビドラマ
私立バカレア高校
スプラウト
THE QUIZ
ビブリア古書堂の事件手帖
仮面ティーチャー
ぴんとこな
安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜
映画
劇場版 私立バカレア高校
劇場版 仮面ティーチャー
バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ
舞台
滝沢歌舞伎2016
備考
SixTONESのメンバー
テンプレートを表示

ジェシー1996年6月11日[1] - )は、日本のアイドル俳優ファンションモデルであり、ジャニーズJr.内ユニットSixTONESのメンバーである。旧芸名はルイス・ジェシー[6]

東京都出身[1]ジャニーズ事務所所属[1]

略歴[編集]

2006年9月入所[5]。ジャニーズが何かも全くわかっていなかった[7]が、当時通っていた空手道場にジャニーズJr.だったジョーイ・ティーが入ってきて仲良くなり、誘われたのがきっかけとなる[8]ジャニー喜多川が「誰かいいコいない? ハーフっぽいコ」と探していたようで、母と相談し、後日ジャニー喜多川に会いに行く[9]。特に話もせず、いきなり「なんか買ってきな」と1000円もらい、よくわからないまま踊らされたのが『ザ少年倶楽部』のリハーサルだった[9]。その2週間後には収録本番で、NHKホールのステージに立つ[10]

ジャニーズJr.内ユニットTeam USA[11]、J-international[12]などを経て、2008年11月頃[13]から2011年[14]までHip Hop Jump[13]Hip Hop JUMP[14])の一員として活動[注釈 1]。 2015年5月1日、『ジャニーズ銀座2015』で、テレビドラマ『私立バカレア高校』出演者6人でSixTONESを結成することが発表され、メンバーとなる[17]

俳優としては、2012年4月期の『私立バカレア高校』で、テレビドラマ初出演を果たす[18]。続く同年7月期の『スプラウト』では、ストーリーの中心となる4人の高校生のうち、主演であるHey! Say! JUMP知念侑李の親友かつ恋敵役を演じる[19]。さらに、同年9月1日放送の『THE QUIZ』では、単発テレビドラマながら単独初主演と、ドラマ3作目にして大役を務める[20]。 また、2012年10月公開の『劇場版 私立バカレア高校』で映画初出演、そして2016年9月公開の『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』で、松村北斗田中樹とともに映画初主演を果たす[21]

長らく「ルイス・ジェシー」として活動をしていたが、以前からジャニー喜多川に「名前が長い」と指摘されていたこともあり[1]、2012年12月、2013年1月期のテレビドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』への出演決定を機に「ジェシー」への改名を発表[6]

人物[編集]

米国人の父と日本人の母の間に生まれたハーフ[1]。またHey! Say! JUMP伊野尾慧は遠縁にあたる[22]

歌唱力に定評があり、バイリンガルゆえ英語のラップも様になる[23]。しかし、小学2年の頃に作業中に歌っていた歌を友人に下手だと言われたため、入所後3、4年は歌には触れず踊りに専念していたという。その後、A.B.C-Zのバックで時折任されるようになっていたラップを先輩に褒められ、チャンスと思い、歌うようになったと明かしている[23]。同グループのコンサート『2011 first Concert in YOYOGI』では、KinKi Kidsの「雪白の月」で初めてソロパートを任され[24]ジャニー喜多川[25]や先輩から評価されたと語っている[23]。また、SixTONES結成後、グループの売りについてメンバー全員が悩み、試行錯誤を重ねていた時期も、京本大我とジェシーはジャニーズJr.の中で歌が飛び抜けて上手いと確信していたと髙地優吾が語っており、メンバーからその歌唱力をグループの強みとして頼りにされている[26]

”俺にとって歌は特別なもの。音楽がない毎日なんて考えられない - ジェシー”
-Myojo 2014年3月号,69頁

音楽が大好きで常に聴いており、体の一部みたいなものだと語るほどである。邦楽も洋楽も好きな曲をシャッフルして聞くのが定番であるという[27]。また、「昭和の古き良きものが好き」で、徳永英明小田和正など声の柔らかいハイトーンのボーカルや、ジャニーズ事務所内では堂本剛が好きで、癒されていると語っている[28]。コンサートで歌うソロ曲も、ジャニーズの曲に留まらず、『ジャニーズJr.祭り 2018』SixTONES単独公演では 尾崎豊の「I LOVE YOU」を披露した[29]

作詞作曲も行い[30]、『ジャニーズ銀座2015』では、京本大我が作詞したものに鼻歌でメロディーを付け作曲した「僕らの朝」をデュエットし[31][32]、同公演のソロ曲では、夢でしか会えない人への恋心を綴ったラブソング「夢の中の君」をアカペラで披露した[32]。2017年の『東SixTONES×西関西ジャニーズJr. SHOW合戦』では、京本大我と共に作詞した「why」をデュエットし[33]、忘れられない大切な人への思いを繊細な歌声で紡いだ[34]

特技[編集]

空手[35]
空手の有段者(初段)[36]。全国大会に最初に出た年とその翌年は学年別で準優勝、翌々年は3位、2008年は4位という成績を残す[37]。空手をやっている父の、自分の身は自分で守れという方針により、4歳から始める[7][38]。学校が終わるとほぼ毎日道場に通い、8年間続けていたが、芸能活動が忙しくなったため、2008年10月に黒帯[36]を取ってから約1年でやめる[38]。この空手経験から、『劇場版 仮面ティーチャー』では、アクション監督の吉田浩之に「蹴りやパンチがずば抜けて上手かった」と評された[39]。また、分厚く積み重ねた瓦を割ることもでき[7]、『ガムシャラ!』では板割りを披露している[40]
モノマネ[41]
幼い頃からモノマネのスペシャル番組が大好きで、自身がモノマネ界で最も尊敬するコロッケが出ている時は必ず録画して何度も見、同じことができるか挑戦してみると語っている[42]ドナルドダックのモノマネは、2006年頃からしており、『YOUたち!』でも披露したことがある[43]。また、『安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜』の撮影の合間に、SMAP木村拓哉に披露し、その後「よう、ドナルド!」と声を掛けられたことを明かしている[44]。その他のレパートリーには、自身が尊敬するKinKi Kids堂本剛[45]の他、福山雅治久保田利伸桑田佳祐[42]徳永英明美空ひばり[41]スティッチ[46]などがある。
ルービックキューブ[10]
友人の影響で始める[47]。その腕前は、集中力を高めるため『JOHNNYS' World』の本番前にルービックキューブを解くことをルーティンとしていたSnow Man阿部亮平に、よくスピード勝負をするが強すぎて1度も勝てたことがないと言われるほどである[48]

出演[編集]

ユニットでの出演はSixTONES#出演を参照。個人での出演のみ記載。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

音楽番組[編集]

バラエティ番組[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

舞台[編集]

コンサート[編集]

  • you達の音楽大運動会(2006年9月30日 - 10月1日、国立代々木第一体育館[11]
  • 2007年謹賀新年あけましておめでとう ジャニーズJr.大集合 日本武道館 5日間公演(2007年1月2日 - 7日、日本武道館[105]
  • ジャニーズJr. の大冒険!'07@メリディアン(2007年8月15日 - 24日、ホテル・グランパシフィック・メリディアン「パレロワイヤル」)[106]
  • フォーラム新記録!!ジャニーズJr.1日4公演やるぞ!コンサート(2009年6月7日、東京国際フォーラム[107]
  • ジャニーズJr.夏休み全員集合 1日4公演!!(2009年8月18日、東京国際フォーラムA[108]
  • Johnny's Dome Theatre 〜SUMMARY2012〜(2012年9月8日 - 9日、東京ドームシティホール
  • フレッシュジャニーズJr. IN 横浜アリーナ(2012年12月16日、横浜アリーナ
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.1(2014年2月1日 - 2日、EXシアター六本木
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.2(2014年3月26日 - 28日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.3(2014年4月16日 - 17日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.4(2014年5月13日 - 14日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.5(2014年6月4日 - 5日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.6(2014年12月17日 - 18日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.8(2015年2月19日 - 21日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ J's Party !! Vol.9(2015年3月30日 - 4月2日、EXシアター六本木)
  • ガムシャラ! サマーステーション [チーム我](2015年7月23日、24日、28日、8月8日、9日、11日、13日、14日、EXシアター六本木)[109]

ミュージック・ビデオ[編集]

オリジナル曲[編集]

JASRAC公式サイトの「作品データベース検索サービス[110]」において、アーティスト名に「ジェシー」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。

  • 僕らの朝 (作詞:京本大我、作曲:JぇSSE) JASRAC作品コード:208-8058-8[注釈 6]
  • PRAY (作詞:佐藤舞花、作曲:ALBERTSSON ALBI /CHARGE KEVIN /DAICHI) JASRAC作品コード:1J5-6531-4
  • WHY (作詞:JぇSSE /京本大我、作曲:BOYES PETER /HALLGREN JON)JASRAC作品コード:1K3-6311-1[注釈 6]
  • My song[111](作詞:JぇSSE 、作曲:PALMQWIST ERIK ARVID/KVINT PETER SVEN)JASRAC作品コード:1M3-2225-1

書籍[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 途中、不在期間あり[15][16]
  2. ^ R'sメンバーレギュラー卒業に伴い、2017年3月以降はOBとして出演[78][79]
  3. ^ 普段担当しているSexy Zoneがコンサートなどの都合で休まねばならず[84]、この日のみ田中樹と担当[85]
  4. ^ 「Heart & Smile Award」第1弾は2014年8月8日から10月31日、「Heart & Smile Award」第2弾は同年12月1日から2015年1月31日に実施され、テレビCMは第2弾に合わせ、2014年12月1日から放映された[93]。また、2015年5月15日に行われた「Heart & Smile Award」授与式では、ジェシーが開会宣言を務めた[92]
  5. ^ テレビCMの放映はなく、シダックス各店舗にあるJOYSOUNDカラオケ端末の曲間プロモーション映像の配信や、店頭ポスターの掲示などのみ[95]
  6. ^ a b 京本大我とのデュエット。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “ジャニーズ新星! ジェシー、月9初出演で改名 (2/2ページ)”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2012年12月10日). オリジナルの2012年12月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121213015014/http://www.sanspo.com/geino/news/20121210/joh12121005070000-n2.html 2016年4月9日閲覧。 
  2. ^ a b 「ジャニーズJr. SPECIALカード」『Myojo』2018年10月号、集英社、84頁
  3. ^ SixTONES”. ジャニーズJr.dex. フジテレビ (2018年1月13日). 2018年1月21日閲覧。
  4. ^ SixTONES【血液検査】遂にジェシーの血液型が明らかに!!(YouTubeジャニーズJr.チャンネル)” (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  5. ^ a b 「ジャニーズJr.永久保存版データBOOK」『Myojo』2012年1月号、集英社、102頁
  6. ^ a b “ジャニーズ新星! ジェシー、月9初出演で改名 (1/2ページ)”. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2012年12月10日). オリジナルの2012年12月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121211020313/http://www.sanspo.com/geino/news/20121210/joh12121005070000-n1.html 2016年4月9日閲覧。 
  7. ^ a b c 「『劇場版 仮面ティーチャー』 ジェシー」『日本映画navi』Vol.44、産経新聞出版、2014年2月、36頁
  8. ^ 「フレッシュJr. クローズアップ」『duet』2007年2月号、ホーム社、76頁
  9. ^ a b c 「アイドルになる!BOOK」『Myojo』2014年9月号、集英社、付録5頁
  10. ^ a b c 「ジャニーズJr.の小箱 ジェシー」『読売中高生新聞』第1号、2014年11月7日、12面
  11. ^ a b 「特別付録 『you達の音楽大運動会』BOOK!」『POTATO』2006年12月号、学習研究社、59-66頁
  12. ^ 「ジャニーズJr. YEARカレンダー 2007.4-2008.3」、ワニブックス、65頁
  13. ^ a b 「Here we go!」『WiNK UP』2009年2月号、ワニブックス、68頁
  14. ^ a b 「competitive」『WiNK UP』2011年12月号、ワニブックス、78-79頁
  15. ^ WiNK UPオフィシャルサイト > 2010年4月号 詳細”. ワニブックス. 2016年7月24日閲覧。
  16. ^ WiNK UPオフィシャルサイト > 2010年5月号 詳細”. ワニブックス. 2016年7月24日閲覧。
  17. ^ Yomerumo編集部 (2015年5月1日). “ジャニーズJr."バカレア組"に正式ユニット名「シックストーンズ」”. ニュース&エンタメ情報『Yomerumo』 (GMOモバイル). http://news.merumo.ne.jp/article/genre/2806336 2015年5月7日閲覧。 
  18. ^ duet』2012年5月号、ホーム社、51頁
  19. ^ a b 完全保存版 TVドラマガイド 2012年夏ドラマ”. インターネットTVガイド. 東京ニュース通信社. 2012年8月26日閲覧。
  20. ^ a b “ジャニーズJr.“注目株”ルイス・ジェシーがドラマ初主演「僕でいいんですか?」”. ランキング・ニュース (オリコンDD). (2012年8月23日). http://career.oricon.co.jp/news/2015974/full/ 2012年8月26日閲覧。 
  21. ^ a b 『バニラボーイ トゥモロー・イズ・アナザー・デイ』オフィシャルサイト”. 2016年4月26日閲覧。
  22. ^ duet』2012年8月号、ホーム社、158-159頁
  23. ^ a b c 「ジャニーズJr.この夏注目の30人」『日経エンタテインメント!』2013年8月号、日経BP社、62-63頁
  24. ^ 「d PATROL撮影道具プレゼント」『duet』2016年12月号、ホーム社、135頁
  25. ^ 『2016/4-2017/3 Myojo特別編集 Johnnys'Jr. カレンダー DATA BOOK』2016年3月発売、集英社、38頁
  26. ^ 「On STARGE ジャニーズJr.!vol.9 SixTONES」『STARGE navi』TVnaviプラス ステージナビ2018 vol.20、産経新聞、29頁
  27. ^ 「SixTONES × LOVE」『duet特別編集 別冊Johnnys'Jr. +Jewelry.Box 』2017年12月10日発売、ホーム社、05項
  28. ^ 「ドラマ『ぴんとこな』玉森裕太、中山優馬、松村北斗、ジェシー」『Hanako』No.1045、2013年7月25日、マガジンハウス、115頁
  29. ^ 「SixTONES」『ザテレビジョンZOOM‼︎ vol.32』2018年週間テレビジョン5月18日号臨時創刊、角川書店、96頁
  30. ^ 「"らしさ"SixTONES」『POTATO』2016年5月号、学研プラス、79頁
  31. ^ 「Johnnys' Xmas fantasy SixTONES」『duet』2016年1月号、ホーム社、103頁
  32. ^ a b 「春ライブ パーフェクトBOOK ジャニーズ銀座2015」『POTATO』2015年6月号、学研マーケティング、157頁
  33. ^ 「東 SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦」『MyojoLIVE! 2017春コン号』、集英社、34-35頁
  34. ^ 「東 SixTONES × 西 関西ジャニーズJr. SHOW合戦」『月刊Songs』2017年4月号、ドレミ楽譜出版社、134頁
  35. ^ 「Dreamily」『POTATO』2006年12月号、学習研究社、115頁
  36. ^ a b 「『マンスリー We♡Jr.』Vol.8 ルイス・ジェシー 世界のLJになってやる!!」『Myojo』2012年11月号、集英社、86頁
  37. ^ 「ぽかぽか Hip Hop Jump」『WiNK UP』2009年5月号、ワニブックス、62頁
  38. ^ a b 「ジャニーズJr.の小箱 ジェシー」『読売中高生新聞』第2号、2014年11月14日、12面
  39. ^ 『劇場版「仮面ティーチャー」オフィシャル・ブック』 角川メディアハウス、2014年2月、105頁
  40. ^ 「スター育成バラエティ ガムシャラ!」『TVfan CROSS』Vol.10、共同通信社、2014年4月、90頁
  41. ^ a b 「ジャニーズJr. 50+50 Questions」『duet』2011年10月号、ホーム社、148頁
  42. ^ a b 「ここだけの… セキララ体験記」『Myojo』2013年8月号、集英社、150頁
  43. ^ 「d-SEARCH」『duet』2012年3月号、ホーム社、143頁
  44. ^ 「10月ドラマ FINAL SPECIAL『安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜』」『duet』2014年1月号、ホーム社、43頁
  45. ^ 「ぴんとこな」『ザテレビジョン』2013年25号、角川マガジンズ、21頁
  46. ^ 「Hip Hop JUMP」『duet』2010年10月号、ホーム社、113頁
  47. ^ 「from place to place... 3つのプライベートタイム」『WiNK UP』2012年4月号、ワニブックス、97頁
  48. ^ 「ジャニーズJr.の小箱 阿部亮平」『読売中高生新聞』第63号、2016年1月22日、12面
  49. ^ あらすじ”. 私立バカレア高校. 日本テレビ. 2016年7月27日閲覧。
  50. ^ 「私立バカレア高校 DEEPに徹底研究★」『POTATO』2012年5月号、学研パブリッシング、168頁
  51. ^ あらすじ”. スプラウト. 日本テレビ. 2016年7月28日閲覧。
  52. ^ 古河優 (2012年8月23日). “ジャニーズJr.の有望株ルイス・ジェシー、ドラマ初主演!ホラーミステリー「THE QUIZ」”. シネマトゥデイ. 2016年4月9日閲覧。
  53. ^ THE QUIZ”. 日本テレビ. 2016年7月28日閲覧。
  54. ^ キャスト & スタッフ”. ビブリア古書堂の事件手帖. フジテレビ. 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月9日閲覧。
  55. ^ 第1回 2013年1月14日(月)放送 あらすじ”. ビブリア古書堂の事件手帖. フジテレビ. 2016年7月28日閲覧。
  56. ^ 第11回 2013年3月25日(月)放送 あらすじ”. ビブリア古書堂の事件手帖. フジテレビ. 2016年7月28日閲覧。
  57. ^ キャスト/スタッフ”. 仮面ティーチャー. 日本テレビ. 2016年7月24日閲覧。
  58. ^ “キスマイ・藤ヶ谷が初の教師役 藤沢とおる原作漫画が実写ドラマ化”. ORICON STYLE (oricon ME). (2013年5月27日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2024967/full/ 2016年7月28日閲覧。 
  59. ^ 出演者”. ぴんとこな. TBS. 2016年7月24日閲覧。
  60. ^ あらすじ”. ぴんとこな. TBS. 2016年7月28日閲覧。
  61. ^ 出演者”. 安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜. TBS. 2016年7月24日閲覧。
  62. ^ あらすじ”. 安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜. TBS. 2016年7月28日閲覧。
  63. ^ あらすじ 第1話”. 安堂ロイド 〜A.I. knows LOVE?〜. TBS. 2016年7月28日閲覧。
  64. ^ 金曜LOADSHOW!特別ドラマ企画 仮面ティーチャー”. 日本テレビ. 2016年7月28日閲覧。
  65. ^ ストーリー”. お兄ちゃん、ガチャ. 日本テレビ. 2016年7月28日閲覧。
  66. ^ “「家政夫のミタゾノ」第一話にSixTONES・ジャニーズJr.のジェシーがゲスト出演!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2018年4月11日). https://thetv.jp/news/detail/143310/ 2018年4月11日閲覧。 
  67. ^ トピックス#40”. 世にも奇妙な物語. フジテレビ. 2018年11月2日閲覧。
  68. ^ “玉城ティナ、『世にも奇妙な物語』主演 SixTONESの4人と青春コメディー”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2122648/full/ 2018年11月2日閲覧。 
  69. ^ 相関図”. 『劇場版 私立バカレア高校』公式サイト. 劇場版「私立バカレア高校」製作委員会. 2013年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月9日閲覧。
  70. ^ 『劇場版「仮面ティーチャー」オフィシャル・ブック』 角川メディアハウス、2014年2月、68-70頁
  71. ^ “SixTONESジェシー、松村北斗、田中樹が映画初主演、ギャグ満載の青春群像劇”. 映画ナタリー. (2016年4月26日). https://natalie.mu/eiga/news/185040 2016年4月26日閲覧。 
  72. ^ “SixTONESジェシー:「ジャニーズの歴史に名を刻めてうれしい」「映画 少年たち」出演に喜び”. MANTANWEB. (2019年1月30日). https://mantan-web.jp/article/20190130dog00m200061000c.html 2019年2月6日閲覧。 
  73. ^ テレ朝チャンネル > バラエティ・音楽 > ガムシャラ J’s Party !!”. テレビ朝日. 2014年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月25日閲覧。
  74. ^ テレ朝チャンネル > バラエティ・音楽 > ガムシャラ J’s Party !!”. テレビ朝日. 2015年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月25日閲覧。
  75. ^ Rの法則 > R'sブログ  > はじめまして”. NHK. 2016年7月24日閲覧。
  76. ^ Rの法則 > 出演者紹介”. NHK. 2012年8月26日閲覧。
  77. ^ Rの法則「生放送・謎解きミステリー!!アナタの“ひらめき”が試される」”. NHK (2018年4月23日). 2018年6月3日閲覧。
  78. ^ Rの法則 > R'sブログ  > Rの法則に感謝ありが㌧♪♪(〃▽〃)ゞ♪♪”. NHK. 2017年3月29日閲覧。
  79. ^ Rの法則 > 料理レシピ  > 男子スイーツ部 キウイ&いちご”. NHK. 2017年4月5日閲覧。
  80. ^ YOUコントしちゃいなよ”. フジテレビ. 2016年7月25日閲覧。
  81. ^ ガムシャラ!”. テレビ朝日. 2016年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月9日閲覧。
  82. ^ 「SixTONES」ジェシー、滝沢秀明氏の推薦で「八王子リホーム」“弟子入り””. スポーツ報知 (2019年5月27日). 2019年5月27日閲覧。
  83. ^ らじらー! > 番組BLOG  > 4月14日のらじらー!サタデー”. NHK. 2018年4月14日閲覧。
  84. ^ 番組公式Twitter 2018年4月7日. 2018年4月14日閲覧。
  85. ^ 番組公式Twitter 2018年4月7日. 2018年4月14日閲覧。
  86. ^ “田中聖弟らジャニーズJr.がアイスCM”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年7月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120719-985868.html 2012年8月26日閲覧。 
  87. ^ 8月のおすすめフレーバー「ブラッドオレンジパッションソルベ」、「真夏の雪だるま大作戦!キャンペーン」、「ギフトボックス」”. B-Rサーティワンアイスクリーム. 2016年7月26日閲覧。
  88. ^ AOKIプレスリリース フレッシャーズ応援スーツフェア”. AOKI. 2016年7月26日閲覧。
  89. ^ 「CM NAVI」『WiNK UP』2014年4月号、ワニブックス、130頁
  90. ^ “ジャニーズJr.ジェシーが難民支援活動”. nikkansports.com. (2014年8月4日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140804-1345368.html 2016年4月9日閲覧。 
  91. ^ シダックス初のソーシャル・マーケティング体現プロジェクト「Heart & Smile 勇気プロジェクト2014」開始。歌唱動画投稿を通じて参加する寄付活動など、複数のプロジェクトを展開!”. シダックス (2014年8月8日). 2016年8月9日閲覧。
  92. ^ a b “ジャニーズJr.ジェシー「小さなことでも世界は動く」 SMAPの「ユーモアしちゃうよ」がプロジェクトソングに”. エンタメOVO (共同通信社). (2015年5月15日). http://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/998216 2016年8月9日閲覧。 
  93. ^ SMAPがプロジェクトソングを歌う!「Heart & Smile 勇気プロジェクト」第2弾始動! ~12月1日(月)より、シダックス店内でプロジェクトソングを先行配信!歌唱動画投稿や専用メニューの食事で参加できる寄付活動を開始~”. シダックス (2014年11月18日). 2016年8月9日閲覧。
  94. ^ 「僕のカラオケLIFE」『オリ★スタ』2015年12月28日号、オリコン・エンタテインメント、84-85頁
  95. ^ a b 「みんなの“一歩踏み出す勇気”を応援する! “勇気”と“笑顔”で真心あふれる未来へ!」『SPA!』2015年12月29日・1月5日合併号、扶桑社、141頁
  96. ^ 『新春 滝沢革命』パンフレット
  97. ^ 「Fly high!!」『POTATO』2009年4月号、学習研究社、101頁
  98. ^ 「夏をいただきま〜す」『POTATO』2009年9月号、学習研究社、131頁
  99. ^ 「ゆううつな新学期…でも、冒険は終わらない!」『duet』2009年10月号、ホーム社、124頁
  100. ^ 『DREAM BOYS』パンフレット、51頁
  101. ^ Concert/Stage「ジャニーズ銀座 2014」”. Johnny's net. ジャニーズ事務所 (2014年). 2014年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月16日閲覧。
  102. ^ 『ジャニーズ・ワールド』3度目の上演 Sexy Zone勝利「進化し続ける舞台をみせたい」”. ORICON STYLE (2014年10月29日). 2016年4月9日閲覧。
  103. ^ 『ジャニーズ銀座2015』”. 2015年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月9日閲覧。
  104. ^ 滝沢秀明と三宅健が初競演『滝沢歌舞伎2016』製作発表記者会見”. シアターガイド (2016年1月26日). 2016年4月9日閲覧。
  105. ^ 「冬コンBOOK」『duet』2007年3月号、ホーム社、45頁
  106. ^ 「ジャニーズJr.の大冒険!'07@メリディアン」『WiNK UP』2007年10月号、ワニブックス、72-73頁
  107. ^ 「ビックリ箱」『POTATO』2009年8月号、学習研究社、111頁
  108. ^ 「ジャニーズJr.夏休み全員集合 1日4公演!!」『duet』2009年10月号、ホーム社、160-161頁
  109. ^ EX THEATER ROPPONGI Schedule ガムシャラ!サマーステーション”. テレビ朝日. 2015年7月16日閲覧。
  110. ^ 作品データベース検索サービス”. JASRAC. 2017年4月5日閲覧。
  111. ^ 「SixTONES × Snow Man 舞台『少年たち そして、それから… 』@東京・日生劇場」『Myojo LIVE!』2018年夏コン号、集英社、41頁
  112. ^ 「7月号予告」『FINEBOYS』2014年6月号、日之出出版、188頁