シャフト・エンタープライズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
機動警察パトレイバー > シャフト・エンタープライズ

シャフト・エンタープライズは、『機動警察パトレイバー』に登場する、架空企業

当項目では、作品内で描かれている内容についてのみを記すこととす。

概要[編集]

全世界に展開する巨大多国籍企業であり、「つまようじからスペースシャトルまで」というキャッチコピーのもと、家庭用品から自動車化学製品、果ては武器兵器まであらゆる製品を製造・販売し、警備や人材派遣のサービス業も行っている。各国に独立した企業体を持って企業活動を行い、地域ごとに指揮管理するマネージャーが置かれている。

その一方、密輸人身売買武器爆発物などの所持、テロリストへの資金提供など非合法活動を組織的に行っているのではないかと、当局に疑いを持たれている。

極東地区[編集]

香港駐在の極東マネージャーが、シャフト・エンタープライズ・ジャパン、シャフト・エンタープライズ・コリアなど、極東地区の企業体を指揮管理している。

極東マネージャーは、豪華客船「長城号」(英名:GreatWall号)内にオフィスを構え、各国を巡っている。

日本法人[編集]

アーケード・ゲーム機やゲームソフトを開発する会社として知られている。東京に本社を持ち、土浦に研究所を持っているが、明確な経営情報が明らかにされておらず、企業活動には不明な点が多い。社長の氏名、素性などは明らかになっていない。

企画7課[編集]

表向きにはアーケード・ゲーム機やゲームソフトの製品企画や市場調査を行う部署である。企画7課課長の内海は、会社方針から外れる行動が多く社内からは批判も多いが、社長や極東マネージャーなど経営陣の信任が厚くその後ろ盾になっている。内海の部下は、チーフ格の黒崎を筆頭に、赤石、緑川、村崎ら高度専門技術者陣と、青砥、白井ら裏工作活動部隊の二系統に分かれている。監査部の査察により、社内のオンラインシステムを細工し、裏活動資金を捻出していたことが発覚した。

関連子会社[編集]

シャフト・セキュリティ・システム
シャフト系列企業の警備を請け負う子会社であり、会社防衛だけを目的として組織されている事実上の私兵組織である。通称SSS(スリーエス)。会社に都合の悪い人物の口封じや破壊活動などの非合法活動も行っているのではないかと公安当局に疑われているようである。特別な装備を備えた警備用車両を用いている。
シャフト・セキュリティ・サービス
一般向けの警備会社である。一般向けの多種多様なサービスを提供するため、装備や運用の柔軟さはシャフト・セキュリティ・システムを凌いでいる。また漫画版においてSSSがグリフォンの確保ため土浦研究所に向かっていることを察知した内海達が脱出する際、研究所の門で阻止しようとした車両はSSSではなくセキュリティ・サービスのものである。
パレット
人材派遣、就職斡旋などを行うシャフトの子会社。海外会社が就職希望者PRディスクにパスワードをかけた人身売買データを潜ませていたことがあり、国際的な人身売買に関わっているのではないかとの疑いが持たれている。
ホリ・セキュリティ・サービス
通称HSS。日本国内最大手警備会社。
テレビアニメ版に登場。

関係者として登場した人物[編集]

主な製品[編集]

レイバー[編集]

シャフト・エンタープライズ・ジャパン
シャフト・エンタープライズ・ヨーロッパ
シャフト・エンタープライズ・USA
不明

アーケード・ゲーム機[編集]

  • パトレイバー