機動警察パトレイバー 〜ゲームエディション〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
機動警察パトレイバー > 機動警察パトレイバー 〜ゲームエディション〜
機動警察パトレイバー~ゲームエディション~
ジャンル レイバーアクションゲーム
対応機種 PlayStation
発売元 バンダイビジュアル
人数 1人
発売日 2000年11月30日
テンプレートを表示

機動警察パトレイバー〜ゲームエディション〜』(きどうけいさつパトレイバー〜ゲームエディション〜)は、2000年11月30日バンダイビジュアル株式会社から発売されたPlayStationアクションゲーム

概要[編集]

全十話のオリジナルストーリーモードと3Dポリゴンの格闘モードを併用。プレイヤーは特車二課第二小隊のイングラム三号機の新人フォワード(パイロット)として、同じく配属となったバックアップの空谷みどりと共に事件解決に尽力することになる。

ストーリーモードは基本的にフルボイスだが、主人公の視点で進行するため、主人公のセリフはなく、名前や顔も登場しない(そのため、「巡査」やレイバーに搭乗中は「三号機」と呼ばれている)。

三号機の頭部がECM装置を装備した、所謂「メデューサ」タイプへ変更されるエピソードなど、テレビシリーズや『機動警察パトレイバー the Movie』『機動警察パトレイバー 2 the Movie』を繋ぐストーリーとなっている。そのため、細かい設定などはテレビシリーズと劇場シリーズの折衷的な採択がされており、どちらの世界観にも連なるものと自由に解釈できる。

格闘モードは相手に掴みかかった後にコマンド入力を行うことで、エルボージャイアントスイングといった多種多様なアクションを行うことが可能である。また、リボルバーカノンによる射撃モードも再現されている。射撃モード中は全く動けず、標的との距離が遠くなるほど照準がブレて命中させるのが難しくなる。格闘モード終了時に周辺への被害金額が、最終話終了後に総被害金額と総修理費が表示される。プレイ次第では、被害金額が億単位まで増加する場合もあるが、ゲームクリアへの影響はない。だが、任務失敗後にコンティニューを行わないと、「特車二課解体」というゲームオーバーを見ることになる。

各シナリオのラストに翌日の「新聞」としてマスコミ視点からの各エピソードの世間からの評価を見ることができる。

ゲーム版オリジナルの機体としてガネーシャが登場する。

なお、一枚絵では主人公を初めとするフォワード陣が被っているヘッドギアはテレビ版のものだが、会話ウインド内のアイコンでは劇場版二作目のものを被っている。

ストーリー[編集]

特車二課第二小隊は、人員不足を受け、養成学校を卒業したばかりの空谷みどりと主人公(名前の設定はなし)を新たに迎える。その矢先、横浜ベイブリッジにてレイバーによる破壊活動が発生する。三号機の活躍でレイバーの活動を停止させることに成功するが、コックピットのハッチを開けた途端自爆してしまう。しかし、調査の結果レイバーに誰かが搭乗していた痕跡はなかった。これに対し、後藤隊長は松井刑事に独自に調査を依頼する。

そして、この無人レイバー事件の裏には、ある野望を目論むアメリカ人技師、クリシュナ・アマルナートの影があることを掴む。

登場人物[編集]

※進士やひろみは未登場である。

ゲームオリジナルキャラクター[編集]

空谷はゲーム完成前に「東京ゲームショウ99」で事前に発表された資料では「空谷みあ」の名称で、製品版とは印象が大きく異なる容姿のイラストが添えられていた。また、三号機フォワードに関してもこの段階では「森園健」の名称と全身イラストが添えられていた。共にデザインは高田明美の手によるもの。それぞれのイラストはスタジオぴえろHP内の高田のコラムの過去ログで今も閲覧できる。

主人公(三号機フォワード)
本作の主人公。劇中ではその容姿と氏名が明らかにならず、隊員からも「三号機」(空谷からは他にも「巡査」とも)としか呼ばれる事が無かった。
後ろ姿は何度か登場し、髪は茶色で描かれている。また、第九話のエピローグにて目元は影で隠れているが、一応全身像が描かれている。ただし台詞はない。第三話の事件の新聞では元プロレスラーの酔っ払いの乗ったヘラクレス21を倒した後にサムズダウンポーズをしている写真が掲載されている。
空谷みどり
声:鶴野恭子
クリシュナ・アマルナート
声:若本規夫
本作の事件の首謀者。
とある紛争の続く国の出身であり、幼いころから戦場で育ち現地徴用の少年兵として戦闘に参加していた。14歳の頃に砲撃で、親兄弟と指をなくしている。その後は後方の施設送りとなるが、頭脳が明晰だったために17歳の時にアメリカ留学し電子工学を専攻する。博士課程を首席で卒業後に、アメリカに亡命した。技術士官として軍に入隊後は新型レイバー「ガネーシャ」の開発主任として、シャフト・ジャパンとの提携の関係で日本へとやってきた。だが、来日後に逃亡し、環境保護テロ組織「海の家」に参加。自らの開発した無人プログラムによって無人機化したレイバーによるテロに手を貸すようになる。その目的は、物語後半に明かされる。
作中、特車二課にハッキングを行う。
日我山
声:うえだゆうじ
第0話「月月火水木金金」にのみ登場する訓練生。同話で主人公と模擬戦を行う。それ以外に出番はない。

その他[編集]

  • PlayStation用ゲームソフト『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』に、本作の体験版が収録されている。登場するオリジナルキャラクターは「東京ゲームショウ99」で公開されたキャラクターである。ゲームシステムは本作とは異なり、よりアクション性の強い内容であった。本作第一話の台詞に若干、体験版からの名残が見られる。
  • 発売前の宣伝として、2000年10月に文化放送超機動放送アニゲマスター内のコーナーとして「こちらパトレイバー整備班」が放送された。パーソナリティは、千葉繁渡邉由紀。内容は、シバ シゲオが渡邉由紀演じる、番組オリジナルキャラクターで、新人整備士ワタベユリを鍛えるドラマ風トーク。最終回のゲストとして檜垣亮が招かれた。

製作スタッフ[編集]

関連項目[編集]