トゥ・ラヴ・ユー・モア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TO LOVE YOU MOREから転送)
Jump to navigation Jump to search
トゥ・ラヴ・ユー・モア
セリーヌ・ディオンシングル
初出アルバム『ラヴ・ストーリーズFALLING INTO YOUパリ・ライヴレッツ・トーク・アバウト・ラヴ
リリース
規格 CDシングルビニールシングル
録音 1993年
チャートマーカー・スタジオ、レコード・プラント
ジャンル ポップクラシック
時間
レーベル コロムビアエピック
作詞・作曲 デイヴィッド・フォスター、ジュニア・マイルス
プロデュース デイヴィッド・フォスター
ゴールドディスク
ミリオン(日本)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1995年12月度月間1位(オリコン)
  • 1996年度年間20位(オリコン)
セリーヌ・ディオン シングル 年表
ジャスト・ウォーク・ウェイ
(1995年)
トゥ・ラヴ・ユー・モア
(1995年)
(ユー・メイク・ミー・フィール・ライク)ア・ナチュラル・ウーマン
(1995年)
ミュージックビデオ
「To Love You More」 - YouTube
テンプレートを表示

トゥ・ラヴ・ユー・モア」(: To Love You More=もっとあなたを好きになる)は、1995年10月23日日本でリリースされたセリーヌ・ディオンシングル。オリジナル・ミックスクライズラー&カンパニーが参加している。作詞・作曲はデイヴィッド・フォスタージュニア・マイルス、編曲はデヴィッド・フォスターとクライズラー&カンパニー。

英会話イーオンのCMソングおよびフジテレビ系で放送されたドラマ「恋人よ」の主題歌に起用され、日本国内のみで100万枚以上売り上げてゴールド・ディスクを授与された。

概要[編集]

エピック・ソニー洋楽ディレクター担当だった宮井晶が、デビュー間も無いセリーヌ・ディオンのライブを見て、才能を確信。フジテレビドラマプロデューサーと共に日本オリジナル・シングル企画を立ち上げる。ドラマ『恋人よ』の主題歌用に書き下ろされた曲[1]デイヴィッド・フォスターが、ドラマの筋立てを読み書き下ろした[1]。3年がかりの企画で、宣伝費は1億円以上に達したとされる[1]ソニー・ミュージックエンタテインメント調べによると、日本でのシングル売上は150万枚に達した[2]

オリコンシングルチャートではアイリーン・キャラフラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング』以来12年ぶりとなる外国人ミュージシャンによる総合チャート1位を記録した[1]。オリコン洋楽シングルチャートでは1995年10月30日付から18週連続1位を獲得し、1996年の年間チャートで1位となった[3]。1996年1月22日付オリコンチャートで100万枚を突破した。オリコン調べによる洋楽シングル盤のミリオン達成はダニエル・ブーンビューティフル・サンデー』、マライア・キャリー恋人たちのクリスマス』以来3例目の記録であり、以降、達成者は現れていない(2017年1月現在)。

日本限定で発売された『ラヴ・ストーリーズ・スペシャル・エディション』(『ラヴ・ストーリーズ』の再発版)に収録された。その後は、『FALLING INTO YOU』のアジア版や、『パリ・ライブ』(アルバムのプロモーションのためカナダでこの曲がラジオシングル化)、『レッツ・トーク・アバウト・ラブ』のアメリカ版に収録されている。1999年にはブラジルでリリースされ、同年にトニー・モーランリミックスしたヴァージョンが日本で発売されるなど、幾度も再発売されている。

2007年には、パナソニック『愛情サイズ』CMソングとして使用された。

収録曲[編集]

日本版CDシングル

  1. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」 – 5:28
  2. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(インストゥルメンタル) – 5:28

1999年日本版CDマキシシングル

  1. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(トニー・モーランズ・クロスオーバー・エディット) – 4:53
  2. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(トニー・モーランズ・ポップ・エディット) – 5:53
  3. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(トニー・モーランズ・アイル・ビー…ウェイティング・ボーカル・ミックス) – 10:10
  4. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」 – 5:28

公式編曲版[編集]

  1. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(トニー・モーランズ・クロスオーバー・エディット) – 4:53
  2. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(トニー・モーランズ・ポップ・エディット) – 5:53
  3. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(トニー・モーランズ・アイル・ビー…ウェイティング・ボーカル・ミックス) – 10:10
  4. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(トニー・モーランズ・ダビング・ユー・モア・ミックス) – 9:35
  5. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(ラジオ・エディット) – 4:42
  6. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(インストゥルメンタル) – 5:28
  7. 「トゥ・ラヴ・ユー・モア」(アルバムバージョン) – 5:28

カヴァー[編集]

  • 米光美保が「恋人よ ~TO LOVE YOU MORE」という題名でカヴァーしていた。
  • 葉加瀬太郎-バイオリンによるインストアレンジ版がコンピレーションアルバム「image2」に収録
  • Sarah Geronimo(フィリピンの歌手・女優)

チャート・認定[編集]

演奏者[編集]

(オリジナル・ミックス)

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 「文化 洋楽シングルも躍進 タイアップを駆使 日本式宣伝でTV・CMに的」『日本経済新聞』1995年12月9日付朝刊、40頁。
  2. ^ ビルボード』誌1996年11月9日号、p.15。[1] (PDF)
  3. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  4. ^ セリーヌ・ディオンwithクライズラー&カンパニーのシングル売り上げランキング” (日本語). オリコン. 2010年8月27日閲覧。
  5. ^ [アーカイブされたコピー”. 2005年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月16日閲覧。 Canadian BDS Airplay Chart]]
  6. ^ Canadian BDS Adult Contemporary Chart]
  7. ^ Top Singles - Volume 65, No. 1, March 10 1997. Retrieved May 16, 2010.
  8. ^ Adult Contemporary - Volume 64, No. 21, January 27 1997. Retrieved May 16, 2010.
  9. ^ Quebec Airplay Chart
  10. ^ Hot 100 Airplay
  11. ^ [2]
  12. ^ [3]
  13. ^ [4]
  14. ^ 年度別ミリオンセラー一覧 1995年”. 日本レコード協会. 2010年3月26日閲覧。