内村さまぁ〜ず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
内村さまぁ~ずから転送)
移動: 案内検索
内村さまぁ〜ず
ジャンル バラエティ番組
放送時間 隔週月曜12:00更新(約60分)
放送期間 2006年11月1日 - 放送中
放送国 発信・受信
日本の旗 日本
受信
世界の旗 世界
制作局 内村さまぁ〜ず製作委員会
放送:E!TV内さま.com)
どちらとも#65から
出演者 内村光良ウッチャンナンチャン
さまぁ〜ず
三村マサカズ大竹一樹
ゲスト1組
ほか
外部リンク 内村さまぁ〜ず

特記事項:
#64までの制作はネオ、配信はミランカ
インターネットテレビ番組
テンプレートを表示

内村さまぁ〜ず(うちむらさまぁ〜ず)は、2006年11月1日より映像配信サイト・内さま.comで配信されているバラエティ番組。略称は「内さま」。過去作品のアーカイブは、ひかりTVDMM.com及びDMM.TV、ShowTimeで配信されている。また、2009年4月2日からは地上波テレビ局でも放送されている。

概要[編集]

毎回ゲストを「司会者」として迎え、出演者である内村光良さまぁ〜ずを相手に、行き当たりばったりなその場まかせの展開で送る「脱力系成り行きバラエティ」。出演者および主要スタッフはテレビ朝日のバラエティ番組『内村プロデュース』と一部共通し、インターネット配信番組ならではの制約の少ない、よりコアな番組として制作される。

インターネット配信[編集]

2006年11月1日から2009年6月30日まではミランカにて無料(要会員登録)配信を開始。最新回の無料配信のほか、過去数回分を有料で視聴することもできる。ミランカ開局以降、トップページの視聴回数ランキングで常時1位をキープするミランカの看板番組となっていた。1回の放送は約45分(CM除く)だった。

ミランカ配信サービス終了に伴い、2009年7月1日からは内さま.comにて最新回は会員登録不要で無料配信に変更、番組の更新は月に2回(1日、15日)更新される。バックナンバーは2009年12月16日までは「TSUTAYA DISCAS」にて配信していたが、2009年12月17日からは「LISMO Video Store」での有料配信に移行した。2010年4月30日からは「DMM.com」と「DMM.TV」、2010年6月15日からは「TSUTAYA TV」、2010年7月1日からは「J:COM オン デマンド」、2010年8月27日からは「ShowTime」でも有料配信を開始。

2011年1月1日(#101)更新分からオープニング及び番組ロゴが2代目に変更、画面アスペクト比は4:3から16:9に変更され、収録もハイビジョンに切り替わった。

内さま.comの月間の視聴数は30万回を超える。[1]

2013年2月(#151)より、番組更新が隔週月曜の12:00に変更された。また「ひかりTV」での配信も加わった。放送終了前の一発芸のコーナーは、無料配信中はひかりTVでの特典映像となり、内さま.comでの配信では見ることができなくなった。

DVD発売[編集]

2008年3月、1本に番組3回分を収録したDVDが3巻同時発売された。その後もこのDVDシリーズは3巻ずつ発売され、2012年7月までに計40本が発売されている(後述)。

2012年7月25日の「内村さまぁ〜ず vol.40」のリリースをもってギネス・ワールド・レコーズより「1つの日本のバラエティ番組におけるDVDリリース数(Most DVDs released by a Japanese style variety show)」のギネス世界記録に認定された[2]

地上波放送[編集]

2009年4月よりソニー・ミュージックエンタテインメントのプロジェクト「E!TV」のうちの1番組として独立局TOKYO MXテレビ神奈川で地上波での放送が開始された。 番組内容は過去に配信した作品のうちDVDに収録また収録予定の回を#100までは1回分を30分に編集して放送、#101からは1回分を30分ずつ2週に分けて放送している[3] なお#101放送前にインターネットでは有料生配信のみだった「内村さまぁ〜ず 5年目突入イベント」を2週に分けて放送したまたこの回からハイビジョン放送となった。 TOKYO MXでの#146放送前には地上波放送がインターネット放送に追いついてしまうため、地上波放送のみの企画として「音とか歌とかの問題を今回だけは特に気にしなくてイイ男達!!」と題して普段は著作権都合でカットされる音楽企画を行った。

出演者[編集]

ゲストMC・内容[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2014年
# 内容 ゲストMC その他の出演者 無料配信期間 収録DVD
175 可愛くて大好きな山根の結婚を照れずに積極的にお祝いしてもらいたい山根達!! 山根良顕(アンガールズ) ゴルゴ松本(TIM、VTR) 1月6日 - 20日 -
176 布団さえあればメチャメチャ楽しい時間を過ごせちゃう人達!! 青木さやか 1月20日 - 2月3日 -
177 谷田部の結婚式を勝手にクイズにして参加した気になりたい男達!! 我が家 ロッチ (VTR)
アイク・B・ヌワラ(超新塾、VTR)
2月3日 - 17日 -
178 冬の東京にいながらにして、より少しでも南国気分を味わい、それを思い出に残しておきたい男達!! 木本武宏 (TKO) 2月17日 - 3月3日 -
179 先輩方から芸能界で生き残るコツを教わりたいハマカーンと後輩達!! ハマカーン フレンチブル[5] 3月3日 - 17日 -
180 内村光良を尊敬してやまない後輩達!! キャイ〜ン 3月17日 - 31日 -
181 意外と多い岩井の趣味特技をじっくり見つつ、たまに芸に結びつけてあげたい澤部と先輩達!! ハライチ 3月31日 - 4月14日 -
182 俺の得意な手料理で内村さまぁ〜ずをもてなしたい男・竹山43歳!! カンニング竹山 4月14日 - 28日 -
183 小峠のマイカーで花見を思う存分満喫しちゃう男達!! バイきんぐ 4月28日 - 5月12日 -
184 夏まで待てない!芸能人水泳大会をやってみたい男達!! サンドウィッチマン 狩野英孝 5月12日 - 26日 -
185 超マジメなアンバランスを芸人として面白く再生してあげたい土田達!! 土田晃之 アンバランス 5月26日 - 6月9日 -
186 これが出来たら取っ払い!東MAXスタジオ!! 東貴博(Take2) 6月9日 - 23日 -
187 ほぼ同一人物と言える大竹さんと僕・中岡。そしてそれ以外の皆さん達!! ロッチ 6月23日 - 7月7日 -
188 若手時代を思い出しながらファミレスで時間を潰したい男達!! 東京03 7月7日 - 21日 -
189 尊敬する内村光良50回目の誕生日をグアムで楽しく祝いたい後輩達!! ウド鈴木(キャイ〜ン) 出川哲朗(手紙) 7月21日 - 8月4日 -

番組エピソード[編集]

番組内[編集]

  • 司会を務めた芸人は、恒例として放送終了前に一発芸(主にギャグ)を披露する。レッド吉田が司会のときは、『内村プロデュース』での人気コーナーでもあった、「今日のレッド」のタイトルが付く。#90では、メイン出演者の一人である内村が披露した。
  • 収録は2週間に1回のペース(#86のオープニングトークより、ちなみにその回は#85の収録行った3日後に収録)で行われ、約2か月前に収録されたものが配信されるそのためオープニングトークでは2か月後の配信日に合わせたエピソードを架空で話す(年末収録で正月は何をしたかや、オリンピック開催前に「流行語が生まれましたよね?」とそれぞれ流行語を発表したりする)が、最近は架空話がイマイチ盛り上がらないと「まだ○月(配信日2か月前)ですよ!」と開き直ることもある。また、#95によると四谷Specchioというレストランを収録場所として使用することが多々あり最近では3回に1回のペースで使用されている。
  • #1「仲良し3人組麻布十番アピールツアー!」において、MCのつぶやきシローから『私たち3人は、今から食べるカツ丼を最後今後一切、死ぬまでカツ丼を食べない事を誓います。』という念書にサインさせられ、東麻布にある蕎麦店「むさしや」で生涯最後のカツ丼を食べた。#15の冒頭、「モヤモヤさまぁ〜ず2(テレビ東京)」番組内で上記の「むさしや」に偶然入店することになったがカツ丼は食べなかったが、#26「5人揃えば潰しが利く男達!」のオープニングで、「死ぬまでカツ丼を食べない」誓いを三村・大竹ともに破ってしまったことを打ち明け(名古屋の番組で食べざるを得なかったという)、内村に陳謝した。
  • #11「何でも選手権!」における自らの働きを不甲斐無く思った内村が、収録後の酒の席で「(番組タイトルを)『さまぁ〜ず内村』にしよう」と酔った勢いで提案。翌#12「俺達!激写隊」の配信は『さまぁ〜ず内村』というタイトルとなった。同回ではタイトルバックほか、ナレーションや番組内の備品も全て『さまぁ〜ず内村』仕様に変更する徹底ぶり。しかしこの回において内村は自分でも納得のいく働きが出来たようで、次の回からは再び『内村さまぁ〜ず』に戻った。しかし、#48「俺達ちょいとムチャするぜ3」において、番組中使用されていた本音BOXの中のロゴは未だ『さまぁ〜ず内村』のままであった。
  • #60以降オープニングテーマが変更。内村、さまぁ〜ず、バナナマン他作成の番組オリジナル楽曲になった(ただし現在はそれ以前の曲に戻っている)。
  • 絵を書くときは、「デッサンの内村」(さささ画伯)、「アニメタッチの三村」、「リアルの大竹」と呼ばれている。
  • #23・#51・#69・#81・#106のゲストであるビビる大木は、テーマに沿ったお店を数店舗巡り評価する企画において、全店舗を巡った後に評価を調整するというスタイルになったことと、収録時の評価はイマイチだが、時間が経ってから考えてみると意外と良かったと言われることから「後に評価される男」「記録には残らないけど記憶に残る男」と言われている。
  • #61「俺達ちょいとムチャするぜ!4」において、ウド鈴木はワインショップでワインを飲みすぎ、店の中(レジの前)で嘔吐してしまった。さらに嘔吐した際、スタッフに少しかかってしまったのを申し訳なく思い、後日個人的にそのワインショップに買い物に行き、そして自ら番組制作会社ケイマックスに謝りに行った。
  • #92「早稲田大学でキャンパスライフを体感したい男達!」では、MCの小島の母校である早稲田大学内でロケをする予定だったが、早稲田大学側から「取材しても大学側に一切メリットがない」という理由で断られた。そのため、「早稲田大学周辺でキャンパスライフを体感したい男達!」とタイトルを改め、早稲田大学の周辺でロケを行った。その3年後、同じく早稲田大学が母校のかもめんたるがMCを務めた#173「大都会クイズ!早稲田を笑いで一杯にしたい男達!!」で、構内でロケを行った。
  • #100 「祝!内村さまぁ〜ず100回記念パーティを開催する男達!!」では、前日に今まで出演したゲスト全員(番組初期に出演した吉本芸人を除く)に招待状を送り、来れる人だけで100回記念パーティを開催しようという体の企画だったが、実際に呼んだゲストは出川のみで、出川で遊ぶ企画であった。
  • #161「小木博明の能力を皆に分かってもらいたい小木博明!!」でゴルフのヘッドスピード対決をするのに使用したゴルフセットは、『内村オフモード』の日村勇紀の回で内村が自腹で買わされたもの。約23万円したが妻にばれるのを恐れて家に持って帰れず、制作会社のケイマックスに置きっぱなしだったとのこと。

大自然クイズ[編集]

  • #25以降不定期に企画される「大自然クイズ・シリーズ」とは、ロケ開始から日没まで(照明なしで撮影出来ると判断できる限り)屋外で早押しクイズをして、最下位者がロケ終了後にある打ち上げの飲食代金を全額自腹負担するという内容。撮影中に通行人や犬が見切れても「自然だから」という理由で全く意に介さずクイズを続けたり、高得点クイズの「マニア10」、問題が分からないときのヘルプ(という建て前)の「出川カード」、光量が乏しくなってくると「ゲインアップ!(暗い部分に合わせて撮影画全体の明るさを上げること)」して、撮影技術者が撮影不可能と判断するまでクイズは続くなど見所は多数。又、3人がそれぞれのウラをかいて予定より早く到着しフライングスタートするパターンが#29「新春!超自然クイズ!」(内村がフライング)・#36「超大自然クイズ 春の陣」(さまぁ〜ずがフライング)でみられた。尚、同シリーズでは、クイズ出題者としてさまぁ〜ず三村の父がVTR出演したことがある。
  • 順位は以下の結果となっている。第1回から第8回の正解率は#141「超大自然クイズ2012!! 〜夏の陣〜」で、第9回は#167での全問終了後に公表されたもの。
回(配信回) 内村(正解率) 三村(正解率) 大竹(正解率)
第1回 (#25) 3位 (33%) 2位 (30%) 1位 (33%)
第2回 (#29) 1位 (37%) 2位 (34%) 3位 (26%)
第3回 (#36) 2位 (18%) 1位 (34%) 3位 (31%)
第4回 (#46) 2位 (43%) 1位 (35%) 3位 (29%)
第5回 (#70) 2位 (32%) 1位 (29%) 3位 (29%)
第6回 (#93-#94) 2位 (26%) 1位 (32%) 3位 (34%)
第7回 (#117-#118) 1位 (58%) 2位 (38%) 3位 (36%)
第8回 (#141) 2位 (35.6%) 1位 (39.7%) 3位 (30.9%)
第9回 (#166-#167) 3位 (30.1%) 1位 (32.2%) 2位 (33.1%)

その他[編集]

  • 『内村プロデュース』ではサングラスをかけて出演していた内村は、差別化を図るために番組内で伊達眼鏡をかけている。
  • 『内村プロデュース』の常連出演者だった芸人たちの間で「ネットで内Pが復活したらしい」と噂になっていたが、内Pレギュラーはパソコンに弱い者が多く、出川哲朗やレッド吉田などは楽屋で他の芸人に番組の様子を聞きまくったと、内PのDVD特典映像の中で語っている。
  • また、内Pでの縁も深くパソコンに強いふかわりょうは同DVD内で「怖くて一度も観ていない」と語っている。なお、本番組では内Pとの差別化の為ふかわを安易に出演させず、本人が「出してください」と言うまで出演させないというスタンスを採っていた。そしてふかわは3年後、#75にして遂に出演を果たした。
  • ビビる大木がゲストMCを務めた#23「東京喫茶店はしご旅!」では、エンディングに同番組スタッフで大木の元相方の大内登が特別出演。「5年振りのビビる復活」として2人でコントを披露した。以降、大木出演の回はエンディングでビビるのコントが恒例となっている。
  • 「ぶらりタクシー途中下車の旅(#2)」をはじめ、『内村プロデュース』時代からの「夢の回」と呼ばれる企画がしばしば登場する。内村曰く「内Pより夢になる確率が高い」とのこと(「夢の回」については「内村プロデュース」の項を参照)
  • アンガールズの山根はこの番組の大ファンであり、「全芸人の中で一番番組を見ている」と豪語している。山根曰く「何回かに一回おこる「夢の回」も、ファンのボクはたまらく面白い」とのこと(『Quick Japan』 vol.78より)。しかしながら、最近は遠ざかってしまっているらしい(#107より)。
  • インターネット配信のため著作権関連に厳しく、番組内で何か曲を口ずさんだだけで注意されている事が語られた。歌唱シーンがカットできない、あるいはカットしない方がオイシイ場合には該当シーン部分が無音にされてしまうが、番組開始当初の回では普通に歌唱シーンが収録されているものもある。尚、オープニング曲は著作権フリーの曲を年間契約で使用している[6]。#139ではヒロシのお別れギャグの際、ヒロシが普段使っているBGMは使えず、別曲に差し替えられた。
  • 番組開始当初の2007年序盤に配信された#5、#7、#8には吉本興業(現・よしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属の芸人が出演している。この3回はその後発売されたDVDには一切収録されておらず、DMM.comなどで行われているバックナンバーの有料配信にも含まれていない。また、テレビ放送もされておらず、テレビ版の公式サイトにおけるバックナンバー解説にも掲載されていない。この関係からか、以降の回で吉本所属タレントの出演自体もなくなっている。[7]
  • 2010年7月9日の『めざましテレビ』にて、DVD vol.20,21,22の宣伝が行われた。内村は、この中で印象に残っているのは狩野英孝が髪の毛に大縄跳びをくくり付け、首をまわした放送(#66, vol.21)と答えた。3人とも最後までこの宣伝はドッキリだと思っていた。
  • また、『内村プロデュース』の流れを汲んでいるせいか、下ネタやセクハラ行為に及ぶ事が多い。さまぁ〜ずは『内村プロデュース』『モヤモヤさまぁ〜ず2』でも下ネタ・セクハラ行為に及ぶので問題なかったが、今までそういった事をしなかった内村もセクハラ・下ネタに参加する事も増えている。ただし内村夫人(徳永有美)が夫の下ネタに非常に厳しい上に、毎回ネットで観ているので、状況上下ネタを行う場合、カメラに近づいて、「仕事だから」、「コラッ」、あまりに酷い場合は「もう観るのをやめよう」と夫人に懇願するのが定着している。また、大竹が結婚してからも、「仕事だから」と便乗している。ちなみに子供がいる三村はあまり言わない。

DVD[編集]

Vol.1-10までSony Music Direct、Vol.11からはアニプレックスで発売。1本につき3回分ずつ収録されている。基本的に発売は3本同時発売する形式をとっている。

前述の通り、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の芸人が出演した回は未収録となっている。

2012年7月25日に40巻を発売。上述したとおり、「1つの日本のバラエティ番組におけるDVDリリース数」としてギネス世界記録に認定された[2]

スタッフ[編集]

ネット局一覧[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送時間 備考
東京都 TOKYO MX 独立局 2009年4月2日 - 月曜 23:30 - 24:00 E!TV枠[8][9]
愛知県 テレビ愛知 テレビ東京系列 2009年9月29日 - 火曜 25:00 - 25:30 281日遅れ
福岡県 TVQ九州放送 2009年10月6日 - 水曜 25:00 - 25:30 282日遅れ
熊本県 熊本放送 TBS系列 2010年1月18日 - 月曜 24:43 - 25:13 427日遅れ[10][11][12]
鹿児島県 南日本放送 2010年3月29日 - 月曜 24:45 - 25:15 483日遅れ[13]
福島県 テレビユー福島 2010年3月31日 - 水曜 25:11 - 25:41 380日遅れ[14]
京都府 KBS京都 独立局 2010年4月7日 - 土曜 23:30 - 24:00 593日遅れ[15]
北海道 北海道テレビ テレビ朝日系列 2010年4月15日 - 火曜 25:20 - 25:50 407日遅れ[16]
香川県・岡山県 西日本放送 日本テレビ系列 2010年5月22日 - 土曜 25:20 - 25:50 474日遅れ
宮城県 東北放送 TBS系列 2010年10月12日 - 月曜 24:58 - 25:28 665日遅れ[17]
大分県 大分放送 2010年11月8日 - 月曜 24:58 - 25:28
山形県 テレビユー山形 2011年1月11日 - 水曜 25:08 - 25:38 716日遅れ[18]
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 2011年5月7日 - 月曜 24:54 - 25:24 861日遅れ[19]
広島県 中国放送 TBS系列 2011年10月24日 - 月曜 25:28 - 25:58 294日遅れ[20]
新潟県 新潟放送 2012年10月8日 - 月曜 24:58 - 25:28 392日遅れ[21]
秋田県 秋田放送 日本テレビ系列 2013年1月12日 - 土曜 25:50 - 26:20 355日遅れ[22]

過去に放送していた局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送時間 備考
神奈川県 テレビ神奈川 独立局 2009年4月3日 - 2010年3月26日 金曜 23:30 - 24:00 E!TV枠
青森県 青森テレビ TBS系列 2010年3月30日 - 2011年1月17日 火曜 23:50 - 24:20 [23]
長崎県 長崎国際テレビ 日本テレビ系列 2010年4月23日 - 2011年4月17日 日曜 25:50 - 26:20
愛媛県 愛媛朝日テレビ テレビ朝日系列 2010年11月19日 - 2011年10月14日 金曜 25:20 - 25:50 [24]
石川県 北陸朝日放送 2010年4月2日 - 2012年3月30日 金曜 25:50 - 26:20
新潟県 テレビ新潟 日本テレビ系列 2010年5月1日 - 2012年4月21日 土曜 25:25 - 25:55
静岡県 静岡第一テレビ 2010年4月4日 - 2012年6月27日 水曜 25:33 - 26:03
長野県 長野朝日放送 テレビ朝日系列 2012年10月26日 - 2013年3月22日 金曜 25:10 - 25:40

脚注[編集]

  1. ^ 運営会社であるケイマックス・ブラザーズHPより。http://www.kmaxbros.jp/service/uchisama.html
  2. ^ a b “「内村さまぁ〜ず」DVD40巻でギネス世界記録に認定”. ナタリー. (2012年8月31日). http://natalie.mu/owarai/news/75663 2012年8月31日閲覧。 
  3. ^ #141「超大自然クイズ2012!! 〜夏の陣〜」関しては3週に分けて放送、インターネット放送では未公開になっていた部分を含めた放送となった。
  4. ^ 収録日に大竹が入院中であったため出演していない。メールで送られた入院中の大竹の顔写真が映された。“さまぁ~ず大竹、急性虫垂炎で緊急手術”. SANSPO.COM. (2013年9月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20130917/owa13091705040002-n1.html 2013年10月28日閲覧。 
  5. ^ 新人内さまライブ優勝のご褒美による出演
  6. ^ 内村曰くクラシックは(著作権)フリーが多いらしい。
  7. ^ 吉本所属の芸人の回は、吉本興業の権利関係の問題で収録されていない。尚、ゲストが吉本所属芸人の話をする際に通常は写真が出るが実際の写真ではなく絵になっている。他事務所の芸人も権利関係の問題で絵になることがある。
  8. ^ 2010年3月までは木曜 23:00 - 23:30、2010年4月から2011年3月まで木曜 23:30 - 24:00
  9. ^ 2011年8月29日放送分時点で現在配信の回に追いついた。ただし3日後に最新回が配信されたのでほんの一時だけだった。
  10. ^ 2013年3月25日までは月曜 25:25 - 25:55に放送。
  11. ^ 2013年1月7日時点、#111(2011年6月配信分)を放送
  12. ^ 2013年1月2日(7:00 - 11:00)に#125 - #128、3月31日に#129、7月15日に#141(3週分)を一気に放送
  13. ^ 2012年5月14日までは月曜 24:40 - 25:10、同年10月8日までは月曜 24:50 - 25:20、2013年1月21日までは再び月曜 24:40 - 25:10に放送。
  14. ^ 水曜MIDNIGHT枠内で放送。第27回で打ち切り。第108回より放送再開。
  15. ^ 2011年3月30日までは、水曜 23:30 - 24:00、同年4月6日から9月28日までは、水曜 21:25 - 21:55、10月1日から2012年4月21日までは、土曜 23:30 - 24:00に放送。
  16. ^ 2010年8月26日までは、木曜 24:45 - 25:15に放送。2012年3月26日までは、月曜 24:15 - 24:45に放送。
  17. ^ 2012年3月までは火曜 25:30 - 26:00。2012年10月までは火曜 24:40 - 25:10。2013年3月までは月曜24:25 - 24:55の放送。
  18. ^ 2011年1月 - 9月までは火曜24:20 - 24:50の放送。2011年10月 - 12月までは火曜23:50 - 24:20の放送。2012年1月 - 6月までは金曜24:55 - 25:25の放送。2012年7月 - 12月までは金曜24:45 - 25:15の放送。<
  19. ^ 2011年5月の放送開始時は曜日・時間帯が不定期だったが、同年9月から2012年3月28日まで水曜 24:59 - 25:29、2012年4月5日から6月28日まで木曜 25:08 - 25:38でレギュラー放送。2012年7月から現在の時間に移動。
  20. ^ 2012年3月までは、月曜 24:50 - 25:20に放送。
  21. ^ テレビ新潟より放映権移動。10月8日より現在の放送日時で放送。
  22. ^ 2013年7月27日でいったん打ち切った後、同年10月19日より再開。
  23. ^ 末期は不定期放送。第44回で打ち切り。
  24. ^ #59から放送開始、その後#1に戻り順に放送。第41回で打ち切り。

外部リンク[編集]

TOKYO MX E!TV 木曜日 第1部
前番組 番組名 次番組
設立前だったので無し
内村さまぁ〜ず
(2010年3月まで23:00-23:30、2010年4月から30分繰り下げの23:30-24:00)
TOKYO MX E!TV 月曜日 第1部
内村さまぁ〜ず
-