Take2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Take2
メンバー 深沢邦之
東貴博
結成年 1994年
事務所 佐藤企画
活動時期 1994年 -
師匠 萩本欽一
出身 欽塾
出会い 欽ちゃん劇団
現在の活動状況 テレビ
芸種 漫才コントものまね
過去の代表番組 タモリのボキャブラ天国
健康DNA!!など
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

Take2(テイクツー)は、日本のお笑いコンビ。佐藤企画所属。「子供からお年寄りまでウケるわかりやすいお笑い」がモットー。

メンバー[編集]

来歴[編集]

萩本欽一主宰のコメディアン養成塾「欽塾」を経て「欽ちゃん劇団」に移り、そこで下積み中の1994年1月にコンビ結成。

深沢は女優田中美佐子1995年に結婚。東は東八郎の次男坊。そのため「魅惑のサラブレッド」の異名を持つ。

コンビ名は、「Takahiro And Kuniyuki Entertainers 2(2は二人組の意)」であるとされているが、コンビ名を決める際、たまたま「Take2(2回目撮り直しの意)」とかかれた台本が置いてあったからとも言われている。また命名の際、売れる人はタ行(とんねるず、ダウンタウン、ビートたけし...)や数字(萩本欽一、坂上二郎、三木のり平、...)が入っているというのを考慮したとも言われている(ちなみに他候補は、「二世と生地屋」「黒ひょうととびうお」)。

役者としての活動も多く、それぞれサスペンスドラマにおいて犯人役と被害者役の両方を経験している。

2002年2004年の間、Take2としての公式サイトが開かれていたが殆ど更新されなかった(現在は東、深沢別々に公式サイトが開かれている)。

コンビ仲は芸人仲間でネタにされる(「滑って、舞台降りたら殴り合いだろ?」と突っ込まれる等)ほど悪く、田中裕二爆笑問題)が2008年9月28日放送の『タモリのボキャブラ天国 大復活祭スペシャル』で共演した際には「コンビで出るの?!」と驚き、長年コンビを組んでいるとは思えないほどお互いやり辛そうにしているところでは「よそよそしいんだよ!」とツッコミを入れていた。当番組では番組限定で再結成した元コンビも何組かいたが、take2は「解散していないのにコンビ復活」といわれてしまっていた。収録日当日の16日深夜に生放送された『爆笑問題カーボーイ』では、太田光が「冷や冷やした、2人並んで大丈夫なのか」と発言している。また同時間帯に東主催で行われた打ち上げには、深沢は出席しなかったとのこと。

現在は個々の活動が中心になっており、コンビでのレギュラー出演はゼロとなっている。2012年3月30日の『はなまるマーケット』(深沢はコーナーレギュラー、東は薬丸裕英の司会代役)で1年半ぶりに共演し、2012年9月29日の『オールスター感謝祭』では久々に2人並んで回答者席に座って共演した。1年に2回共演したのは久々である。2013年2月にはツーショットの宣材写真を新たに撮り直している[1]

出演番組[編集]

過去[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

単独での出演は深沢、東それぞれの項目を参照。

本・ビデオ[編集]

  • Take2の スウィッチョン!(メディアファクトリー/エッセイ本)
  • Take2LIVE!!! フッてボケてツッコんで...(マーキュリー)
  • Take2LIVE ~えっ!?予定外!!~(マーキュリー)

「ものまねバトル」で披露したものまね[編集]

かぶりものや特殊メイクを駆使したものまねが多かった。

脚注[編集]

  1. ^ 2013年2月26日『ラジオビバリー昼ズ』オープニングトークより。

外部リンク[編集]