やまもとまさみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまもとまさみ
本名 山本聖実
生年月日 1974年2月21日(40歳)
出身地 愛知県名古屋市
血液型 B型
身長 180cm
方言 標準語
出身 マセキ芸能社の第1回オーディション
芸風 コント
事務所 佐藤企画
活動時期 1999年 -
現在の代表番組 ひるまにあん
FANFUN TALKIN'
過去の代表番組 日テレジェニック美女2
ゼベック・オンライン
配偶者 既婚
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴

2007年 R-1ぐらんぷり6位

2014年 R-1ぐらんぷり優勝

やまもとまさみ1974年2月21日 - )は、日本のピン芸人お笑いタレント)である。本名、山本 聖実(読み同じ)。男性。

愛知県出身。マセキ芸能社に所属していたが、フリーを経て現在は佐藤企画所属である。

R-1ぐらんぷり2014優勝者。

来歴[編集]

弥富高等学校卒業後、地元で自動車に乗っていて他の自動車に激突され、思わぬ形で大金が舞い込み、それを元手に上京。俳優、コメディアンではジム・キャリーのようになりたかったと語っている[1]

すぐにお笑いの世界に入ったわけではなく、まずは劇団のワークショップに通ったが、理由も聞かされず2時間近く、ジャンプをさせられたりとわけの分からない劇団だったため、すぐに辞める[1]

その後、知人の紹介でユースケ・サンタマリアなどが所属するテイクイット・エージェンシーに所属する。コントを書いてユースケの学園祭ツアーなどで発表していた。しかし、北海道での仕事の打ち上げでユースケに「お前、これからどうするんだ?」と聞かれ、初めて自分がお笑いの世界と遠いところにいたことに気付く。その後、マセキ芸能社の第1回オーディションに応募、合格[1]。2009年に旗揚げした東貴博の演劇ユニット「FIRE HIP'S」のメンバー。

2013年1月末付けで、こばやしけん太と共にマセキ芸能社から解雇された。翌2014年1月には東と同じ佐藤企画所属となる。

2014年3月4日、R-1ぐらんぷりで満票を獲得し優勝。

芸風・持ちネタ[編集]

主に1人芝居、コント。なぜかオカマ・女装ネタが多い。普段から身振り等がおばちゃんぽい。同じ事務所の先輩であるバカリズムによると、はまると面白いが基本スベるらしい。10個ネタをすれば8個スベるとのこと(R-1ぐらんぷり2007決勝記者会見より)。

また、よくセリフを間違える(「行動計画的に」を「計画行動的に」と言ってしまったり、「のワナに引っかかってしまった」を「のワナに引っかかってしまった」と言うなど)。

持ちキャラ[編集]

ジェイソン君
映画『13日の金曜日』シリーズのジェイソンに扮して、殺人をしに行く途中で色々なトラブルに巻き込まれる。主にTVではこのネタを披露することが多い。
SMの女王様
小道具はサングラスに短めのムチ。いろんなものに「このメス○○!」と言って突っ込みを入れる。本人曰く、本物のSMショーに取材に行ったら、いろんな意味で衝撃を受けたらしい。
足立区に住む主婦
ロングスカート姿に帽子を被り、犬のぬいぐるみを手に持ち、犬の「メロンちゃん」に話しかけつつ、周囲にいる人を小馬鹿にする。「メロンちゃん、○○ですねーって」。
オカマの店長、江口
基本的にパスタ屋の店長だがそうでないときもある。オカマではないときもあるが、基本的にオカマっぽい。バイト君のボケにくねくねと突っ込みを入れる。
エスパーまさみ
エンタの神様』で披露したキャラ。
修学旅行で顔に落書きされた先生
R-1ぐらんぷり2007の決勝で披露したキャラ。桂三枝(現・六代目桂文枝)からは「先生の生徒に対する愛を感じる」と評されたが、登場時の出オチ以上の笑いを見出すことは出来ず、5位の友近とは1点差、4位の土肥ポン太とは2点差で6位だった。
和食バイク
和食メニューを連呼してバイクの音を表現する。
ピンクバイク
シモネタを連呼してバイクの音を表現する。

出演番組[編集]

R1グランプリ2014優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2006年5月号『お笑いポポロ』のインタビューより

“『R-1ぐらんぷり』、やまもとまさみが初優勝 満票で12代目王者に!”ORICON STYLE (2014年3月4日)

外部リンク[編集]