児嶋一哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
児嶋 一哉
本名 児嶋 一哉
ニックネーム コジ
生年月日 1972年7月16日(42歳)
出身地 東京都八王子市
血液型 A型
身長 177cm
方言 標準語
最終学歴 東京都立日野高等学校
出身 スクールJCA一期生
コンビ名 アンジャッシュ
相方 渡部建
芸風 コント(ボケ)、イジられ・キレ芸
立ち位置
事務所 プロダクション人力舎
活動時期 1993年 -
同期 中川家たむらけんじケンドーコバヤシバナナマン
現在の代表番組 アンジャッシュ児嶋の今夜はイジらないで!!
他の活動 俳優
配偶者 既婚

児嶋 一哉(こじま かずや、1972年7月16日 - )は、日本お笑いタレント俳優お笑いコンビアンジャッシュボケ(キレ芸のときはツッコミ)担当。東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。

略歴[編集]

小学校では当時八王子で一番強いサッカークラブでキャプテンだった。中学校では陸上部(1500メートル)に所属。

お笑いを目指そうと思っていたが、当時東京にお笑いの養成所がなかった(1992年以前)ので第一歩のきっかけが分からなかった。そのため、同じ中学校先輩であるヒロミB21スペシャル)への弟子入りを考え、ヒロミの妹と児嶋が同級生だったこともあり、ヒロミの母親へ相談し、母親を通じて弟子入りを願うも断られる。その後、番組収録中のヒロミに会い、直接弟子入りのお願いをするも再度断られた。「オレなんかについてもしょうがないから自分で始めたほうがいいよ」と言われ、ヒロミも所属していたことがあるプロダクション人力舎が、スクールJCAを開校する事を知り入学を決意をする。

スクールJCAの一期生として入ったが、相方が見つからずピン芸人として1993年デビュー。その後「高校時代の人間から相方を探そう」と電話を掛けたが断られ続け、1994年に今の相方となる渡部とアンジャッシュとしてデビュー。今の相方は5人目だった[1]。渡部によれば児嶋が誘った最初の4人については、およそ芸人には向いていない同級生ばかりだったようである[1]

コンビ結成当初は渡部が5人目にもかかわらず「お前だけだ」と言い張っていたが、渡部はそれについて「騙された」と述べている。児嶋曰く「辞められたら困る」ため、コンビ結成当時は児嶋が大リーダーで全部ネタを書き、渡部を車で送り迎えし、渡部を褒めたり、近所の区民センターに申請して会議室をおさえたりと全部やっていて、渡部にとってはいたれりつくせりだった。その後「こいつ(渡部)、辞めないな」と児嶋が思った時点で立場が逆転した[2]

渡部が歩いていた一般的な道(神奈川大学卒業)を踏み外させた原因として、渡部の両親に嫌われ『児嶋』と呼び捨てで呼ばれていたようであり、これについて渡部は「(入学)当時はそうだった」「かわいそうになあ(両親が)」とコメントした[2]

2009年10月15日放送の『白黒アンジャッシュ』にて“コジの乱”と改名したが、2010年9月30日の放送にて本名に戻している。

2011年頃から、児嶋のイジられ芸やキレ芸に注目が集まり、ソロとしても活躍するようになった。

近年では俳優としての活動も多い。

人物[編集]

  • プロ雀士の資格(日本プロ麻雀協会)を持っており、麻雀サイト「こじまーじゃん」も開設している。取得した理由は、周りの人達に「すごい」と言われたいためだけであるが後輩には全くと言っていいほど興味を持たれていない[2]。麻雀に関してはかなり真剣に挑んでおり、大会での敗戦時にはプロに指導を乞うなど本気度が垣間見える。また、麻雀で培った読み能力や推理力も高く、『Numer0n』第5回大会ではアイテムを使い番組タイ記録となる3ターン勝利や、対戦相手の性格を読んで番組初となるシャッフル直後に的中させるなどを見せ優勝した。
  • 大型自動二輪の免許を持っており、バイクが趣味。かつて乗っていたFTRは「カスタムした」と豪語したが、カスタムはエンジンのHONDAマークのロゴを剥がしただけだった。[2]
  • しっかりした人物だと思われているが、実際はズボラで面倒くさがりな性格。休みの日も家にずっといることが多いらしい。またいわゆる天然ボケで、「1 - 3月まで英語で言え」と言われ「ジャニアリー、フェブラリー、ライブラリー」と言ってしまった。
  • 漫画『ONE PIECE』のファンだと公言している。明石家さんまに『ONE PIECE』を勧めたことがある。
  • たいしたルックスでもないが自分のことをイケメンと思っているらしく、ジャニーズ事務所履歴書を送ったことが2回ある。しかし、2回とも落選した[1]。しかし、まだ落選の通知が来ていないので、ジャニーさんは未だに迷っていると言っている[3]
  • 2004年のある時期、児嶋が学生時代いじめられていたという話が出た事があった。もちろん相方渡部のネタであるが、その昔話は雑誌やラジオなど様々な所で披露されていた。渡部いわく一軍がいけているグループだとしたら、児嶋は二軍の下請けの三軍的立場だった。児嶋本人曰く自分は一匹狼だと言っているが、高校時代を例えるなら狼の群れに走って追いつけない「ヨボヨボの狼」だと相方の渡部が言っている[2][2]
  • 相方・渡部によると、ネタ合わせの時などは饒舌で噛まないらしい。いわゆる「あがり症」で人前に出ると喋れなくなってしまい、だいぶ慣れてきたが未だにあがり症。エンタの神様リハーサルの最初のセリフを5回間違えたり、映画を紹介するときの"名探偵コナン"ですら噛んでしまう。その後ふがいない自分にイライラしてしまい周りの空気を悪くしてしまう。そのことについて相方や芸人仲間からは「もうお笑い辞めろ」と言われる[2]
  • スクールJCA一期生のオーディションで、応募者中唯一補欠合格であった(他の応募者は全員合格)。また、選考委員の斉木しげるは、パチスロの勝率が8割(当時)だったので、授業料が支払えると判断した。
  • 2010年9月30日放送の『アメトーーク!』「元コンビ芸人」では一番解散しそうなコンビにアンジャッシュが選ばれ、そのためにわざわざスタジオに出演した。選ばれた理由は最近渡部のピンの仕事が増えたことや、バカリズム曰く『R-1ぐらんぷり』は普通コンビの芸人は軽い気持ちで出場することが多い中、高校球児のような目で挑んでいたからだという。実際のところ、渡部のピン出演はコンビとしての仕事が尽きた時に選んだ苦肉の策であり、渡部は児嶋を追い詰めたくないがために事前に相談せず、児嶋もその考えを察していたという。
  • また自分が大好きで家では、自分が出た番組をチェックしている。またその際自分の言ったことや行動に笑っていない人をチェックして、その人を思い浮かべながら下記の通り体を鍛えている。
  • 2011年9月10日、15年付き合った元タレントの坪井志津香と結婚Twitterで報告した。
  • 人力舎には「児嶋がハマったものは廃れる」というジンクスがある。また周りの人が好きな物を好きになる癖があるようで、周囲は児嶋がハマることをとにかく恐れている。自分からハマることはほとんどない。
  • 若い頃、アンタッチャブル柴田英嗣などを家に呼んでおいて一言も喋らなかった。ひとりは寂しいが、いざ来られるとうるさいと言って絡まない。また、児嶋の留守中、柴田に開いてた窓から部屋の中に大量の石を投げられた[2]
  • 本人曰く最近ではボケというよりも「イジラレ」というポジションであると述べている[2]
  • 先述の弄られる原因として、ラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』において、おぎやはぎから「他人をイラつかせる行動をする」と、空気を読まない行動ばかりする事を指摘された。その最たる例として、ハワイに旅行に行った際に、二人が食事に誘っても『俺は米が良い』って言って、自炊し出したりした。『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』において児嶋と渡部が語るところによれば、昔から(天然気質を)隠し通して来たのだが近年になって段々ボロが出始め、「自分が思う自分ではなく、他人が思う自分を受け入れるべき」と児嶋も考えを改めたため現在のキャラに至ったとのこと。
  • すべらない話(『大輔宮川と準一河本のすべらない話』)とすべる話(『リンカーン』の企画)に両方出演している。(バナナマン日村も同様)
  • Twitterを使用しているものの、番組での言動により炎上することが多く、『中井正広のブラックバラエティ』ではアイドルにセクハラを行ったことで、『run for money 逃走中』に出演した際は他の人を囮として利用しようとしたり、善人のキャラクターを兵士に差し出すなどをして炎上しており、その後の番組にて「『死ね』や『芸能界辞めろ』などと言われるので大変」と語っている。最も、ブラックバラエティでは司会中居正広にそそのかされて行う「セクハラキャラ」というあくまでも番組内のみのキャラ付けであり、逃走中に関しても児嶋は善人だとは知らなかったため仕方ないともいえる。また、『ゴッドタン』の企画では「児嶋のTwitterはクソつまらない」とこき下ろされるのが定番となっている。
  • 占い師に、「人の運気を吸い取るため、児嶋本人は良いが、周りの人が疲れていく」と言われたことがある。
  • 味覚オンチである。牛肉豚肉鶏肉の区別やキャベツレタスの区別ができない[4]
  • かつては、テレビ本番前に10本吸うほどヘビースモーカーであったが、2013年2月18日より禁煙した[5]
  • 妻の影響でももいろクローバーZのファンとなった[2]

趣味[編集]

交流[編集]

  • 明石家さんまワッキーペナルティ)、じゃいインスタントジョンソン)とは麻雀仲間である。また小沢一敬スピードワゴン)の事は「最強のライバル」と認めており、「記憶力や観察力がとても高く、自身だけでなくその時の対局者全員の大まかな配牌や流れを記憶している、つまりその場の全員の状態や心境を把握できている」と評している。
  • アンタッチャブル柴田英嗣おぎやはぎ小木博明狩野英孝と仲が良い。
  • 過去にくりぃむしちゅー上田晋也の家に同居していた時期があり、今もプライベートで上田と仲が良い。
  • 明石家さんまとは週1回程会って麻雀をしている。また頻繁にメールをしあう仲でもあり、本人曰く「ある意味、一番仲がいい芸能人はさんまさん」と述べている[6]。また冗談で「『白黒アンジャッシュ』出てくださいよ」と言ったところ、さんまは「ええよ」と快諾したとのこと。収録日とさんまのスケジュールにズレがあり、現在まで出演は叶っていないが、さんまは「5ヶ月先までのスケジュールが解ったら教えて」と述べた(同番組は月1回に5回分の収録をしている)。ちなみにこの事を聴いたチバテレビのスタッフは慌て、「照明が暗いけど大丈夫だろうか」などの心配をしていたという。
  • 陣内智則とは誕生日を祝ったほど仲が良い。
  • バナナマンとも深い交流があり、設楽統に「日村さんよりダメな人間を初めて見た」などと言われている。TBSラジオの『バナナマンのバナナムーン』で日村とダメ人間対決をするなど、児嶋の初めて本格的に弄りだした番組とされている。また、設楽統を筆頭にダウンタウン松本人志有吉弘行など弄る芸人が増えた。
    • 松本に関しては松本が自分にハマッている事を主張しており、松本本人や芸人仲間からは否定されているが、それ以降ダウンタウン及び松本単独の関係番組への出演機会が増えている。

ダイエット[編集]

出演[編集]

コンビでの出演歴についてはアンジャッシュを参照。

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

webドラマ[編集]

ラジオ[編集]

ネット配信[編集]

CM[編集]

PV[編集]

ライブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 日本テレビアナザースカイ』 2009年12月11日放送分。
  2. ^ a b c d e f g h i チバテレビ白黒アンジャッシュ』 2012年5月29日放送分参照
  3. ^ 本来、ジャニー氏はジャニーズJrに適した人物にのみ手紙を送るため、選考は行っていない。
  4. ^ 2011年10月11日放送『リンカーン』より。
  5. ^ 2011年10月27日放送『アメトーーク』より。
  6. ^ さんまのまんま』出演時にて本人談。
  7. ^ 2011年10月22日 - 11月11日、ヒューマントラストシネマ渋谷限定公開。
  8. ^ “Acid Black Cherry「イエス」を元にした染谷将太主演ドラマ”. ナタリー. (2012年4月18日). http://natalie.mu/music/news/68039 2013年3月4日閲覧。 
  9. ^ アルバム「FATE(s)」収録作品。

外部リンク[編集]