アンデュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンデュ
NAGOYA GIRLS WIDE-SHOW
Chukyo TV Broadcasting.jpg
番組の生放送が行われていた中京テレビ本社
ジャンル 情報番組
放送時間 土曜 9:25 - 10:25(60分)
放送期間 2004年5月1日 - 2009年3月28日(251回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 中京テレビ
演出 池田京平
プロデューサー 栗田美和
出演者 辺見えみり
渡部建
児嶋一哉
KABA.ちゃん
セイン・カミュ
ほか
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

アンデュ』は、2004年5月1日から2009年3月28日まで中京テレビで放送された情報番組。全251回[1][2]。放送時間は毎週土曜 9:25 - 10:25、中京テレビ本社Bスタジオからの生放送[3]

概要[編集]

20代の女性をターゲットにしていた土曜午前の情報番組で、毎回最新のファッション情報やグルメ情報、映画情報や音楽情報などを紹介していた。

中京圏の民放テレビ局は各局ともに土曜午前にターゲットを絞り、競いあうようにローカル情報番組を放送しているが[4]、その中で中京テレビはトレンド情報に的を絞ったこの番組を放送し、各局に対抗していく形を取っていた。レギュラー陣にタレントを多く起用し、自社のアナウンサーを最低限の数に留めていた点も特徴として挙げられる。一時期名古屋のゴージャスな女性、いわゆる名古屋嬢が全国的に取り上げられたことがあるが、この番組もその時流に乗り、名古屋嬢らしいファッションを提供するブティックやヘアサロンを紹介していたことがある。なお、番組自体は生放送だったが、コーナーの進行に使用していた映像は全て事前収録のVTRだった。

番組は常に企画単位での小規模なリニューアルを繰り返していたが、2008年9月13日放送分をもって番組全体を大幅にリニューアル。それ以前からの出演者を含む4人を新たにリポーターに加え、以後は「芸能ニュース」と「街ネタニュース」の2つの企画を主軸に展開するようになった。さらにはタイトルロゴも一新し、以後は「NAGOYA GIRLS WIDE-SHOW」をサブタイトルに冠するようになった。しかし、番組はそれから半年で終了し、合わせて5年近くに及ぶ放送に幕を閉じた。

この番組の終了後、中京テレビは同時間帯の番組製作から撤退し、2011年3月まで読売テレビ製作の『あさパラ!』の同時ネットを行っていた。さらにその後、同時間帯は再放送枠になっていたが、2013年4月からは金曜午後枠で放送されていた自社製作番組『ラッキー!!』が移動してきたことで一時的に自社製作枠へと復帰した。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 辺見えみり - 放送第1回目から最終回まで出演。
  • 渡部建アンジャッシュ) - 放送第1回目から最終回まで出演。
  • 児嶋一哉(アンジャッシュ) - 放送第1回目から最終回まで出演。
  • KABA.ちゃん - 放送開始からしばらくの間、辺見たちとともに司会を担当していた。2004年9月に番組を卒業。
  • セイン・カミュ - 当初はコーナー担当者だったが、KABA.ちゃんの降板を機に司会に参入した。しかし、彼も途中降板し、以後司会は3人体制になった。

レギュラー[編集]

  • 尾原秀三(当時中京テレビアナウンサー) - 放送開始から約10か月間出演[5]。その後は長らく番組に出演していなかったが、2009年1月10日放送分をもって復帰した。以後は最終回まで出演。
  • 遠藤友理奈 - 当初はエンディングの天気情報コーナーを担当していたが、コーナーの終了後は番組本編のアシスタントを担当するようになった。また、番組内のNTTドコモのCMも担当していた。2008年6月28日放送分をもって番組を卒業。
  • 久保順子 - 遠藤に替わって2008年7月から出演。番組内のNTTドコモのCMも担当していた。
  • 金山泉(当時中京テレビアナウンサー) - 2008年12月まで出演していたが、翌年2月に毎日放送へ移籍することが決まっていたために番組を卒業。
  • 田岡咲香(当時中京テレビアナウンサー) - 2008年9月から最終回まで出演。
  • YO!YO!YOSUKEZIP-FMミュージック・ナビゲーター)

準レギュラー[編集]

  • 虻川美穂子北陽) - VTRのみの出演で、スタジオ生出演は無かった。
  • 伊藤さおり(北陽) - 虻川と同様にVTRのみの出演。
  • 佐藤啓(中京テレビアナウンサー) - 原則、北陽担当のVTRコーナーの進行を担当。

スタッフ[編集]

  • 構成 - 加藤智久、浅野範子、山内正之
  • ナレーター - 前田麻衣子(中京テレビアナウンサー)、高橋重憲(当時中京テレビアナウンサー)
  • 音効 - 東海サウンド
  • ディレクター - 山本晃生、浅野正裕、笠井知己、後藤範子
  • 演出 - 池田京平
  • プロデューサー - 栗田美和
  • 製作著作 - 中京テレビ

コーナー[編集]

番組終了時のコーナー[編集]

  • ナゴヤ芸能ニュース
  • ナゴヤ街ネタニュース
  • アンジャッシュの会社訪問(不定期)
  • 北陽ウォーカー(不定期)
  • 週末星占いRanking → 週末お出かけ占い

途中まで実施していたコーナー[編集]

  • Fashion Pick Up!! - 毎回1人の女性芸能人をクローズアップし、その人物が身に着けているファッションアイテムの販売店を紹介していたコーナー。
  • DELI Cafe - 名古屋市内にある女性向けの飲食店を紹介していたグルメ情報コーナー。
  • HAIRSALON MANIA - 名古屋市内にあるヘアサロンを紹介していたコーナー。
  • TREND RANKING → TREND NEWS - 旬の売れているアイテムを紹介していたコーナー。美容関連商品の情報に集中する傾向にあった。
  • WEEKEND WINDOW SHOPPING - 毎回4Mデパート各店の販売品を紹介していたコーナーで、「名古屋のデパートがスタジオにやってきた」をキャッチフレーズにしていた。
  • アンデュモード塾 → アンデュビューティー塾 - 綺麗になりたいと願う一般女性を募集し、彼女たちにスタイリストやメイクアップアーティスト、エステティシャンなどを付けてその願いを叶えていたコーナー。
  • 週刊アンデュ → エンタメLive - 売れ筋の音楽CDや映画をランキング形式で紹介していたコーナー。
  • 特集コーナー → アンデュプラン
  • アンデュアンケート - サカエチカのクリスタル広場付近で一般女性に声を掛けてアンケートを取り、その集計結果をランキング形式で発表していたコーナー。アンケートの内容は芸能人をテーマにしたものが多かった。
  • トレンディー児嶋のコレどーよ!?
  • 映画ランキング → えみりの気になるシネマ
  • Thane's Rich & Cheap → セインのデートの王子様 - いずれもセイン担当のVTRコーナー。
  • GOOD JOB BOYS → ウチイチ! → いただきニューオープン - いずれもアンジャッシュ担当のVTRコーナー。
  • クイズ北陽ウォーカー → 北陽Worker → 北陽のイケメンコレクション - いずれも北陽担当のVTRコーナー。

関連メディア・関連番組[編集]

  • 番組はPC向けの公式サイトのほかに、携帯電話向けの公式サイトも運営していた。番組が紹介した店でこの携帯サイトのクーポン画面を見せると、その店で割引サービスを受けることができた。
  • 2007年9月29日、番組プロジェクトの一環で制作していた恋愛ドラマ『ツナガルココロ 〜3つの愛の物語〜』が番組本編の終了直後に放送された。主演は北乃きいで、番組本編で司会を務めていた辺見・渡部・児嶋の3人もこのドラマに出演していた。

脚注[編集]

  1. ^ 5年間の思い”. アラフォー女子アナのラッキー!!ブログ (2009年3月28日). 2012年11月12日閲覧。
  2. ^ 「アンデュ」最終回”. 佐藤啓の部長短信 (2009年4月1日). 2012年11月12日閲覧。
  3. ^ 田岡が『アンデュの裏側』をお伝えします。”. 今週のスポットライト (2008年12月1日). 2012年11月12日閲覧。
  4. ^ 当時東海テレビは『スーパーサタデー』を、CBCテレビは『晴れドキ』→『なるほどプレゼンター!花咲かタイムズ』を、メ〜テレは『WAYAYA丼』→『WAYAYAあはっ!』を、テレビ愛知は『情報満載』→『ハヤルンダモン宮殿』を放送していた。中京テレビが同時間帯の番組製作から撤退した後も、他の4局は引き続きローカル情報番組を放送し続けている。また、辺見はその後、東海テレビの『ぷれサタ!』(『スーパーサタデー』の後番組)でゲストコメンテーターを務めていた。
  5. ^ ありがとう!アンデュ!”. 尾原秀三公式ブログ 「頑張れ!!シュウゾウ」 (2009年3月28日). 2012年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]

中京テレビ 土曜9:25枠
前番組 番組名 次番組
名探偵ホームズ
(9:30 - 10:25、2本立て)
アンデュ
(2004年5月1日 - 2009年3月28日)
あさパラ!
(9:25 - 10:30 / 11:25、読売テレビ製作)